「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

スケート部

スケート部・日本学生氷上競技選手権大会3位決定戦対関大戦

12・29 テクノルアイスパーク八戸  インカレ3位!4年生勝利で締めくくる  準決勝敗退から一夜明け、関大との3位決定戦が行われた。4年生にとっては大学最後の試合だが、東洋大に負けた悔しさを1日で切り替えるのは容易なことではない。しかし、「いつも以上に良い雰囲気だった」と八戸監督。「最後は勝って笑いたい」(稲村悠人・商4)。4年生が中心となってチームを盛り上げた。普段出場機会が少ない選手も多く......続きを読む»

スケート部・日本学生氷上競技選手権大会(ホッケー部門)準決勝対東洋大戦

12月28日 テクノルアイスパーク八戸 東洋に涙の敗北 決勝進出ならず  試合終了のブザーが無情にも鳴り響く。選手たちは天を仰いだ。2-4。あと2点が遠かった。  今大会、1回戦から無失点で勝ち進み、「この試合の第1ピリオドまではすばらしい内容」(八戸監督)だった。しかし、第2ピリオドに痛恨の3得点を許すと、流れは東洋大に傾いた。その後1点を返すも、最終ピリオドにダメ押しの追加点を与え、目標の優......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対明大2回戦

11・26 ダイドードリンコアイスアリーナ 準優勝に終わるも明大に今季初勝利  1点に泣いた。前節の東洋大戦で黒星を喫した中大は同率首位から2位に転落。3点差以上をつけて勝利しなければ優勝はない。そんな絶体絶命のピンチの中での白熱した試合となった。東洋大戦での敗戦を機に選手たちには変化が。「何か言われたわけじゃないけど一人一人が自発的に行動するようになった」(齊藤大知・法2)。気持ちを入れ替え臨......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対東洋大2回戦

11月23日 ダイドードリンコアイスアリーナ 東洋大に黒星 リーグ戦優勝遠のく ▲うなだれる選手たち  2回戦で初めて土がついた。リーグ戦優勝が遠のく、痛い黒星だ。第1ピリオド序盤で見せた好調さとは裏腹に、第2、第3ピリオドではまるで別人がプレーしているかのようだった。3-3と勝敗がつかず、GWSに突入。三者失敗に終わった中大に対し、一人目が成功した東洋大に軍配が上がった。最終戦の明大相手に、......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対早大2回戦

11・12 ダイドードリンコアイスアリーナ 早大に苦戦強いられるも「気持ちで勝った」  『守りが堅いチーム』早大に苦戦を強いられた。第2ピリオドが終わった時点で点数は2-2。「どっちが勝ってもおかしくない試合」(小泉智也主将・法4)だったが、最後は中大が「気持ちで勝った」(小泉主将)。 〈第1ピリオド〉  開始約5分、先制点を挙げた中大。パワープレーのチャンスで宮本明朗(総1)がディフェンスを......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対法大2回戦

11・3 ダイドードリンコアイスアリーナ 後半戦3連勝! 勝因はゴーリーの好セーブ  後半戦第3戦目の相手は法大。第1ピリオドでは何度かピンチを迎えるも、金子将太朗(法3)の好セーブ連発により失点を0に抑える。後半から少しずつ流れを取り戻し、着実に得点を重ねていく中大。第3ピリオドで2失点するも、追いつかれることなく試合を5-2で終えた。 〈第1ピリオド〉  序盤から何度も攻め込まれ、なかなか......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対日大2回戦

10・29 ダイドードリンコアイスアリーナ 大量得点で圧勝!二試合連続完封勝利!  後半戦2試合目は、強豪明大を破り勢いに乗る日大と対戦。中大は1回戦で11-1と大勝しているものの「気を抜かないように臨んだ」(坂本颯・法4)。今回も12点という大量得点をあげ、危なげなく圧勝。積極的な攻めと堅い守りでまたも完封勝利を収めた。秋季リーグ戦「三連覇」の文字が少しずつ見えてきた。 〈第1ピリオド〉  ......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対慶大2回戦

10・22 ダイドードリンコアイスアリーナ 慶大をゼロに抑え、後半戦好調な滑り出し    今リーグ戦、二度目の完封勝利となった。「守りの意識を高く持てていた」(八戸監督)ことが慶大をゼロに抑える要因となった。守りを意識しながらも、中大の攻撃が緩むことはなかった。全てのピリオドで得点するなど、終始中大ペースで試合を進め3-0で勝利した。 〈第1ピリオド〉  序盤、中大の反則が続き相手にチャンスを与......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対明大戦1回戦

10月15日 ダイドードリンコアイスアリーナ 明大の壁は高かった 1回戦を黒星で終える ▲倒れ込むゴールキーパー金子将太朗(法3)  秋季リーグ戦の折り返し地点の明大1回戦。春のトーナメント戦決勝での悔しさを晴らそうと臨んだが、2-5で敗れた。1回戦を落とし、リーグ戦優勝へ向けて一歩後退だ。 〈第1ピリオド〉  開始5分足らずで、最初の得点を決められてしまう。だが中大も負けじと1点を返す。「意......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対東洋大1回戦

10・8 ダイドードリンコアイスアリーナ 東洋大相手に完封勝利!  前半戦も残り2戦となった。この日の相手は、昨年の秋季リーグ戦で唯一黒星を喫した東洋大。その難敵相手に「今シーズンで一番良い試合ができた」(坂本颯・法4)と終始流れをつかんだ中大が、東洋大を0点に抑え快勝した。 ▲この試合2得点の活躍した坂本 〈第1ピリオド〉  「いい流れで入れた」(八戸監督)と開始わずか15秒、齊藤大知(......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対早大1回戦

10・1 ダイドードリンコアイスアリーナ 中盤逆転されるも何とか逃げ切り、勝利!  日体大戦から2週間。「試合の感覚をあけないため」(八戸監督)先週末に日光にて練習試合を実施し、万全の状態で臨んだ早大戦。中盤追い上げられるも何とか逃げ切り、5連勝を収めた。因縁のライバル、明大とはいまだ同率首位のまま、次の東洋大戦を迎える。 〈第1ピリオド〉  開始1分で今大会絶好調の沖澤拡(商3)が先制点を挙......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対日体大1回戦

9・18 ダイドードリンコアイスアリーナ   日体大に勝利するも苦戦を強いられる  開幕3連勝で迎えた対戦相手は日体大。危なげなく勝ち切りたいところだったが、思わぬ苦戦を強いられた。 〈第1ピリオド〉  試合が動いたのは開始10分。3セット目沖澤拡(商3)の放ったパックがGKの背中に当たりゴール。今リーグ戦2点目を決めた。「ずっと1セット目頼りのゲームが続いていたので、こういうゲームがあっても良......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対法大1回戦

法大に3-1で勝利 課題残す   開幕3連勝だ。中大はペナルティーの多さに苦しめられたものの、序盤の貯金を守り切った。 〈第1ピリオド〉  坂本颯(法4)の先制点は、ゴールのレッドライン上という角度のないところから、キーパーにあてて入れるという技ありシュート。またその1分後には再び坂本が、残り30秒には齊藤大知(法2)が決めた。第1ピリオドで得た四つのパワープレーのうち、三つを得点につなげた。「序......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対慶大1回戦

9月9日 ダイドードリンコアイスアリーナ 初戦を無事突破!  春のトーナメント戦に次ぐ秋のリーグ戦。春では決勝戦で敗れ準優勝に終わったが、そのリベンジを果たすとともに優勝を勝ち取るべく秋リーグに臨んだ中大スケート部。初戦の相手は昨年と同様に慶大。彼らは今夏アイスホッケーの本場であるカナダで遠征を行い、地元大学との合同練習も経験しているが、優勝を目指す中大としては初戦を難なく突破したいところだ。 ......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケー選手権大会決勝 対明大戦

4月30日 ダイドードリンコアイスアリーナ 中大、敗れる    6年連続の決勝カードは、明大に軍配が上がった。第1ピリオドで2点を先制したものの、続く第2ピリオドで一挙に4点を決められた。最終ピリオドで追加点を挙げたが、差は縮まらず5-3で敗れた。「勝てる試合だった」(坂本颯・法4)。「不甲斐なさすぎて涙も出ない」(金子将太朗・法3)。課題が多く残る大会になった。 ▲5点目を決められ、敗戦が確......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケー選手権大会 準決勝対日体大戦

4月23日 ダイドードリンコアイスアリーナ 完封勝利! 因縁の相手、明大との決勝戦へ  先の試合で得点差がついた時の気の緩みが課題に挙げられた中大。今試合では終始リードを保ちながらも得点を許すことはなく、1週間で対応して見せた。また一年生徳光陸(文1)がハットトリックを達成する快挙も。万全の体制ではないものの、いま持てる最大限の力で明大相手にインカレの雪辱を晴らす。 ▲得点を喜ぶ選手たち ......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケー選手権大会対慶大戦

4月16日 ダイドードリンコアイスアリーナ 勝利するも課題の残る試合に  春大会2試合目は慶大と対戦。4-0で第2ピリオドを折り返し、完封勝利なるかと思いきや、第3ピリオドで一挙に3点を返され、ひやりとする展開に。激しい攻防戦の末、5-3で勝利し、危機一髪で準決勝に駒を進めるも課題の残る試合となった。「(昨年度二冠を達成し)練習をやっていても変な安堵感があった。良い意味で危機感が出たのではないか......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケー選手権大会1回戦対神奈川大

4月8日 ダイドードリンコアイスアリーナ 新チーム 初戦を完封勝利で飾る   再び三冠を目標に動き始めた新チーム。初戦の相手は神奈川大。「結構攻撃も噛み合った」(蓑島圭悟・法3)と第1ピリオドから8点を決め、トータルシュート数が81-11と終始主導権を握った中大。相手に1点も許さない隙の無い守備で、12-0と完封勝利で初戦を飾った。 ▲7点目を決める小泉智也主将(法4) 〈第1ピリオド〉 ......続きを読む»

スケート部・日本学生氷上競技選手権大会(ホッケー部門) 決勝対明大戦

1月9日 北海道・白鳥王子アイスアリーナ 明大に惜敗 2年連続三冠達成ならず  偉業は達成されなかった。昨年と同じカードとなった、インカレ決勝対明大戦。追い付いたと思えば離され、最後は5-6で試合を終えた。「ただ明大が上手かった。それだけ。やることはやった」(加藤槙之助主将・総4)。 〈第1ピリオド〉  開始3分、パワープレーの機会をきっちり生かし、先制。ところがキルプレーを強いられたところで......続きを読む»

スケート部・日本学生氷上競技選手権大会(ホッケー部門)準決勝対東洋大戦

1月8日 北海道・白鳥王子アイスアリーナ 接戦を制し三冠に王手!  氷点下の北海道で迎えた大会3日目。準決勝の相手は秋リーグで唯一黒星を喫した相手、東洋大。取られたら取り返す白熱した試合をみせた。同点で迎えた残り時間約8分、蓑島圭悟(法2)が決勝点を決め、4-3で勝利。秋リーグの借りを返した。 ▲シュートを狙う乾 ** **〈第1ピリオド〉  「最初の5分うちの流れでやれた」(監督)と序盤か......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4614487

(01月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. 陸上競技部・第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  4. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  5. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  6. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  7. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  8. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  9. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  10. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss