「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

レスリング部

レスリング部・全日本学生レスリング選手権大会

8月25日~28日 大阪・金岡公園体育館 日坂得意のグレコで初戦敗退も フリースタイルで3位  グレコローマンスタイルとフリースタイルの熱戦が各階級で4日間にわたり繰り広げられた。中大勢はベスト8にフリースタイル65㎏級で大橋武士(法2)、70㎏級で尾形颯(商1)が入った。そして125㎏級で日坂侃生(法4)が3位を勝ちとった。 ▲3位になり微笑む日坂  グレコローマンスタイルでは一人も2日......続きを読む»

レスリング部・全日本選抜レスリング選手権大会

5月28日 代々木第二体育館 日坂「勝つしかなかった」 リベンジを果たしベスト8 ▲リベンジを果たした日坂  オリンピック代表候補など全国から選ばれた選手しか出場できないこの大会。グレコローマン130㌔級で日坂侃生(法4)が昨年、敗れた相手に勝利し、ベスト8入りを果たした。「去年より成長できていると思う」と語った日坂がしっかり結果を残した。 ▲攻め込む日坂  初戦の相手は昨年、敗北を喫......続きを読む»

レスリング部・東日本学生レスリングリーグ戦

5月11~13日 駒沢体育館 昨年から順位を3つ上げ、大健闘の10位 ▲勝利し、ガッツポーズを観客席に見せる尾形  大学レスリングにおいて唯一の団体戦である東日本学生リーグ戦。昨年は予選グループで1勝もできず、13位に沈んだが、今大会は神奈川大に勝利し、順位決定戦でも2勝1敗の成績を挙げ、10位でリーグ戦を終えた。昨年から順位をジャンプアップさせた立役者は尾形楓(商1)、インターハイ団体優勝......続きを読む»

レスリング部・JOC全日本ジュニアレスリング選手権大会

4月23、24日 横浜文化体育館 1年生が健闘もベスト8止まりに終わる ▲3回戦でフォールを決める大谷 17~20歳の選手が出場できる男子ジュニアの部に、中大からは17人がエントリー。全国から同年代の猛者が出る大会で、中大の最高成績はベスト8にとどまってしまった。そのベスト8に進んだのは大谷夏輝(商1)と山根光司(法1)。二人とも入部したばかりの1年生であった。  大谷はフリースタイル55......続きを読む»

レスリング部・東日本学生レスリング秋季新人選手権大会

11月25日 駒沢体育館 曽根川が苦しみながらも70㎏級でベスト4!  大学選手権から10日。新人戦で曽根川侑(法2)がベスト4入りを果たした。下級生の選手中心で行われるこの大会で中大勢トップの成績を。「自信はなかった」が粘り苦しみながら勝ち進み、見事な結果を残した。 ▲ベスト4に輝いた曽根川  曽根川は2回戦から苦しんだ。試合序盤から決め手を欠き、一か八かで攻めたタックルでの得点で相手を......続きを読む»

レスリング部・全日本大学レスリング選手権大会

11月14、15日 大阪・金岡公園体育館 4年生引退 表彰で飾れず ▲日大の前田と対峙する高橋主将  初日は57、65、74、97㎏級の4階級が行われた。この日4年生で唯一の出場となった57㎏級の高田賢治(文4)は大会2日前に足の外側と内側を負傷。前日まで歩くのもやっとの状態と、万全ではない中での出場となった。「力押しで小学校からそのままデカくなった感じ」と、小技を絡めない自身のプレースタイ......続きを読む»

レスリング部・全日本学生レスリング選手権大会

8月18~21日 駒沢体育館 4人がベスト8入り  4日間でグレコローマンスタイル、フリースタイルでの熱い戦いが行われた。中大勢はフリースタイル57㎏級で植松勇斗(法1)、86㎏級で佐藤聖翔(法3)、125㎏級で宗信考(経4)、日坂侃生(法3)の4人がベスト8という結果を残した。  曽根田監督は「去年よりいい。でも満足してはいけない結果」と振り返った。大会の前半、1,2日目でグレコローマンス......続きを読む»

レスリング部・東日本学生レスリング春季新人選手権大会

6月24~26 駒沢オリンピック公園体育館 武士 フリーで表彰台  2年生までが出場できる新人戦のフリースタイル65㎏級で、新入生の大橋武士(法1)が3位に入賞した。中大から出場した13名のなかで、唯一の表彰となった。「一人表彰がいたから、なしよりはいいね。下級生は全体的に体力不足。このままでは通用しない」(曽根田監督)。夏の強化期間を過ぎれば、インカレ、大学選手権など大規模な大会が続く。指揮官......続きを読む»

レスリング部・全日本選抜レスリング選手権大会

6月19日 代々木第二体育館 日坂、判定負けで2回戦敗退  全日本社会人選手権で四連覇の経験を持つ曽我部(日亜化学工業)に、行く手を阻まれた。リオ五輪の選考を兼ねた全日本選抜に中大勢で唯一出場した日坂侃生(法3)。シードで2回戦から登場し、社会人相手に粘るも、0-2で判定負けを喫した。 ▲スタンドでの攻防  「強かったっす」。試合後、中大関係者の待つ席に戻ると、うつむきがちに重い口を開いた......続きを読む»

レスリング部・東日本学生レスリングリーグ戦

5月20〜22日 駒沢オリンピック公園体育館 主将全勝もリーグ上位入賞ならず  3日間に渡って行われたリーグ戦。中大はランダムに振り分けられた最初のブロックで3連敗を喫し、上位争いのブロックに入ることができなかった。その後の13位から16位を争う連戦では連勝をしたが、悔いが残る結果となった。 ▲初戦の日大戦。高橋主将は柏田に勝利すると、右手を上げてポーズを決めた  「自分は全勝できたけど、......続きを読む»

レスリング部・JOC全日本ジュニアレスリング選手権大会

4月25、26日 横浜文化体育館 JOC杯 表彰なしに終わる  JOC杯は25、26日に横浜文化体育館で行なわれ、中大からはフリー、グレコローマンスタイルに合わせて14人が出場した。ジュニア選手の強化育成の一環として行われているこの大会。下級生にとっては、今シーズン最初の全国規模の大会となる。入賞者は出なかったものの、1年生6名を含めた出場メンバーは、日頃の練習の成果を確かめた。 ▲3回戦試......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:432
  • 累計のページビュー:4384818

(08月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  4. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  5. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  6. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  7. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  8. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  9. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手
  10. 陸上競技部・上尾シティハーフマラソン

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss