「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

ハンドボール部

ハンドボール部・全日本学生ハンドボール選手権大会1回戦 対関西大

11月3日 石川・いしかわ総合スポーツセンター 「俺たちを超えてゆけ」 初戦敗退も4年生「感謝の1年」  試合終了を告げる無情なブザーが鳴り響く。選手たちは静かに天を仰いだ。涙は出なかった。インカレ初戦、西の雄、関西大と対決した中大。「いつものプレー」をさせてもらえないまま、60分が終わった。「もっとやりたかった」と玉榮悠主将(文4)。初戦敗退、この試合をもって、4年生は引退を迎える。 ▲試......続きを読む»

Cを背負う者番外編・ハンドボール部

森田啓仁(法3) 憧れを追って  憧れの背中はまだ遠いが、精一杯追い続けている。秋季リーグ戦を3位で終えた中大ハンドボール部。インカレに向け、エースの北詰明未(商3)を中心に攻守のバランスが取れたチームに仕上がった。昨年度は、北詰と杉岡尚樹前主将(平29年卒・現トヨタ車体BRAVEKINGS)のWエースが活躍しベスト4進出を果たしたインカレ。今年度、卒業した杉岡氏のポジションを埋めるのは、森田啓......続きを読む»

ハンドボール部・秋季関東学生ハンドボールリーグ戦 対日体大

9月23日 国士大多摩体育館 3位フィニッシュ 「勝ち切る力」付けいざ集大成のインカレへ  3位という結果よりも、大きな成果を得た勝利となった。最終戦で中大は日体大と対戦。「良い内容ではなかった」(名冨光輝・商2)と選手は言うものの、ラスト30秒で奪った1点のリードをきっちりと守り抜き勝利。春と同じ3位でリーグ戦を終え、インカレのシード権も獲得した。 ▲ゴール後の名冨  前節は大敗を喫した......続きを読む»

ハンドボール部・秋季関東学生ハンドボールリーグ戦 対筑波大

9月17日 茨城・水海道総合体育館 流れ変えられず痛恨の大敗  前半で勝負を決められてしまった。前日に勝利した勢いのままに4連勝を狙った中大だったが、序盤に出鼻をくじかれる展開となった。前半で付いた9点差を縮められず、大敗。「これで選手たちが学んでくれるといいけどね」(実方監督)。勝ち点10で4大学が並び、中大は現在総合4位という混戦模様を呈す1部リーグ。来週の日体大戦が正念場となる。 ▲勝......続きを読む»

ハンドボール部・秋季関東学生ハンドボールリーグ戦 対日大

9月16日 明大和泉体育館 薄氷の3連勝 強豪日大から勝利もぎ取る  目の前にあった勝利のチャンスを、つかんで離さなかった。ここまで3勝1敗2引き分けで3位の中大は、得失点差で2位につける日大と対戦。一時は大幅にリードするも終盤に怒涛の追い上げにあう大接戦の末、1点差で勝ち切った。「勝ててよかった」と、選手も実方監督もほっと胸をなでおろす勝利。6年、13シーズンぶりのメモリアルな白星で、インカレ......続きを読む»

ハンドボール部・秋季関東学生ハンドボールリーグ戦 対明大

9月10日 日体大健志台体育館 今季初連勝 来週の山場へ吉兆  「中大らしさ」が戻ってきた! 前日に久々の2勝目を挙げた中大は、今季いまだ勝利のない明大と対戦。押される時間帯はあったものの、前後半共に中大ペースで試合を進め、10点差の快勝。守備の中心ポジション、ポストプレーヤーでありながら攻撃でも5得点と大活躍の東立拡(経4)は「いい雰囲気でやれた」と充実の表情を見せる。次週には春リーグで敗戦し......続きを読む»

ハンドボール部・秋季関東学生ハンドボールリーグ戦 対東海大

9月9日 国士大多摩体育館 久々2勝目 4位浮上  待ちに待った2勝目は、総力でつかんだ。開幕2戦目で国士大に敗れ、そこから2連続のドロー。「試合はそこまで悪くないが勝ち切れない」(実方監督)試合が続いていた。加えてスタメンに負傷者。チームの右サイドを2人とも入れ替え、東海大に挑んだ。 ▲スタメン抜擢で躍動も自己評価は「60点」と控えめな大崎  代わりのスタメン抜擢は、大崎浩市(商3)、中......続きを読む»

ハンドボール部・秋季関東学生ハンドボール戦対早大

9月3日 日大八幡山総合体育館アリーナ 2勝目ならず 2戦続けての引き分けに終わる  待ちわびた2勝目は早大の猛攻に阻まれた。後半終盤までもつれた大接戦は、試合終了間近の早大の同点ゴールで引き分けに終わった。    まさに一進一退の攻防だった。序盤は中野尚(法4)、北詰明未(商3)のシュートが順調に決まり、流れに乗った中大は15-14の1点リードで前半を終えた。 ▲先制点を奪った中野、前半の......続きを読む»

ハンドボール部・秋季関東学生ハンドボールリーグ戦対順大

9月2日 日大八幡山総合体育館アリーナ 中大らしいプレーできず 春季リーグ戦2部の順大に引き分ける  1勝1敗で臨む秋季リーグ3戦目。勝ち越したい中大だったが、「流れを持っていかれた」(北詰明未・商3)と今季から1部昇格を果たし勢いに乗る順天堂大学にあと1点が出なかった。 ▲この日8得点の玉榮主将  前半はエースの北詰明未(商3)を中心に20点の大量得点。また途中前半9~10分にかけては速......続きを読む»

ハンドボール部・秋季関東学生ハンドボールリーグ戦対法大

8月26日 日大八幡山総合体育館アリーナ ディフェンス強化で快勝 春からの成長を実感  いよいよ秋季リーグが開幕した。春リーグを通しての課題はディフェンスの強化。「ディフェンスに重点を置いて練習した」と玉榮悠主将(文4)が春からの練習を振り返る。その練習が実を結び、37―26の大差で開幕戦の勝利を飾った。 ▲この日9得点の北詰。エースの得点力は健在。  「出だしから中大らしさを出すことがで......続きを読む»

ハンドボール部・秋季関東学生ハンドボールリーグ戦対国士大

8月27日 日大八幡山総合体育館アリーナ 2点差惜敗 連勝ならず  春のリベンジを目前に、高い壁ががっちりと立ちはだかった。開幕戦を11点差で快勝し迎えた国士大戦。中大は前半後半ともに互角の戦いを見せるも、及ばず敗戦。春リーグでは1点差で敗れているだけに雪辱を期した一戦だったが、ミスがかさみ、選手は「自滅です」と口を揃えた。 ▲佐野利器(法3)のシュートを阻む国士大の高い壁  序盤は先行さ......続きを読む»

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対明大

5月14日 国士大多摩体育館 エース北詰大爆発! 昨年度インカレの雪辱果たす  春リーグも残すところ2試合。今節中大は明大と対戦した。昨年度のインカレでは延長戦の末に敗北しているだけに、「因縁みたいなものがあった。負けられない相手」(森田啓仁・法3)。そのリベンジを果たした。前半から守備が機能し、失点はわずかに8。後半追い上げを許すが、リードを守り切った。この試合ではエースの北詰明未(商3)が大......続きを読む»

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対筑波大

5月13日 国士舘大学多摩体育館 激戦はラストプレーの名冨弾でドロー決着  正真正銘の「ガチンコ勝負」(玉栄悠主将・文4)だった。優勝には勝利しかない中大は、現在リーグ2位の筑波大と対戦。筑波大は日本代表の徳田が代表合宿から復帰し、中大もけがで戦列を離れていた佐野利器(法3)がベンチ入りと、互いにベストメンバーで挑んだ一戦となった。中大のリードで一進一退の攻防を繰りひろげるも、終盤に逆転される。......続きを読む»

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対法大

5月5日 日大八幡山体育館 僅差ものにし連勝 次節筑波大戦へ弾み  指揮官は胸をなでおろした。「やっとこういう試合運びができた」(実方監督)。今節中大は法大と対戦。相手は黒星が先行しているものの、上位校相手にもしぶとい戦いを見せている。リードするも追い付かれ追い抜かれる、1点差で敗れた立教大戦のような展開となったが、同じ轍は踏まなかった。3点差での勝利に、「初めて僅差をものにできた」と中野尚(法......続きを読む»

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対立教大

4月30日 日体大健志台体育館 守備立て直せず… 今季2敗目喫す 「やっちゃいけないミスが全部出た。悪い時の中大」。司令塔の中野尚(法4)が肩を落とした。今季未勝利の立教大と対戦した中大。「どこか下に見ているところがあったんだと思う」と玉栄悠主将(文4)が語るように、終始攻守に精彩を欠き敗戦。特に32失点と守備面での課題を露呈した。 ▲名冨のシュート。要所でのゴールが光った。  快調かに思......続きを読む»

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対早大

4月23日 明大和泉体育館 10点差の快勝! 全員活躍で4位浮上  ここまで1勝1敗の中大。相手に流れがある時間帯の戦い方に不安を残す。しかし、今節は早大と対戦しそれらの不安を一蹴した。終始ゲームを支配し、流れを手放さず快勝。後半にはメンバーを全員入れ替えたが、出場した全選手が活躍した。これで中大は4位に浮上。「全員で勝ち取った1勝」と玉栄悠主将(文4)も頬を緩めた。 ▲この日8得点のエース......続きを読む»

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対東海大

4月16日 日本大学八幡山体育館 今季初勝利 打ち合い制す  連勝街道の第一歩となるか。中大が東海大相手にリーグ戦初勝利を挙げた。互いに初戦を落とし、初勝利を求めた一戦。流れの波が交互にやってくるオープンな展開となったが、前半のリードを守り切った。「課題はあげたらキリがないけど、勝てたのは良かった」と北詰明未(商3)。待ちわびた1勝に選手も胸をなでおろした。 ▲シュートを決めた北詰のガッツポ......続きを読む»

ハンドボール部・春季関東学生ハンドボールリーグ戦対国士舘大

4月15日 日本大学八幡山体育館 インカレ王者の壁高くリーグ戦黒星スタート   「事実上の決勝戦」(実方監督)は惜しくも1点差で敗れた。春季リーグ開幕戦、昨年のインカレ王者国士舘大と対戦した中大。前半は終始リードを保って試合を進め5点差を付けるが、後半にひっくり返され敗戦。黒星スタートとなった。「どこか心の余裕が出てしまった」と中野尚(法4)。実方監督も、「勝てましたね」と苦笑を浮かべた。 ......続きを読む»

ハンドボール部・全日本学生ハンドボール選手権大会準決勝 対明大

11月22日 アスティとくしま 延長の末敗北でベスト4 4年生「最高の試合」で有終の美を飾る ▲最後のシュートを止められうつむく北詰  16年ぶりの準決勝進出を果たした中大。相手は春季リーグ戦で優勝し、秋季リーグ戦で敗北している明大だ。中大は最大5点ビハインドを付けられてしまうが、粘りを見せ同点で前後半60分を終えた。延長戦で惜しくも1点及ばず32ー33で敗れてしまったが、18年ぶりとなるベ......続きを読む»

ハンドボール部・全日本学生ハンドボール選手権大会準々決勝 対大体大

11月21日 アスティとくしま 西日本王者に辛勝! 16年ぶり準決勝進出 ▲勝利の瞬間、チーム全員で喜びを分かち合った  快進撃を続ける中大は準々決勝で西日本インカレ王者の大体大との対戦となった。中大は前半から攻守がかみ合い、主導権を握り続ける。後半終盤、追い上げられ、1点差まで詰め寄られるが、しのぎ切り28ー27で勝利。これで準優勝となった平成12年以来の準決勝進出となった。 ▲ディフ......続きを読む»

1 3 4 5 6

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:553
  • 累計のページビュー:4598398

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. 陸上競技部・第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  4. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  5. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  6. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  7. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  8. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  9. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  10. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss