「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

フェンシング部・関東学生フェンシングリーグ戦 サーブル

このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月15、16日 駒沢オリンピック公園

 リーグ戦全勝優勝! 前王者法大下し王座出場決定!

 中大サーブル陣は、今年も強かった。新体制になってから初めての団体戦となった今大会。昨年インカレ決勝で惜しくも敗れた法大を含め、全試合で10点差以上をつけ5年ぶりの優勝。リーグ戦上位2校に与えられるへ全日本学生フェンシング王座決定戦への出場権を勝ち取った。

 リーグ戦初日の専大、日体大を難なく倒し、2日目初戦の相手は早大。序盤から1-5と積極的に攻め流れを掴むと、リードを保ったまま迎えた5セット目。お互いに2点を取ったところで山北格也(経3)が左足首を負傷するのアクシデントが起こる。痛みをこらえプレーを続けるも、このセットは9点を奪われ、21-25と点差を詰められる。だがその後も、ピンチに焦ることなく着実にリードを広げ、終わってみれば31-45と快勝。初日に引き続きいい滑り出しとなった。

 2戦目の日大戦では渡邊裕斗(商2)のプレーが光った。リーチを活かした鋭い動きで1、2回り目は5点を連取。ユニバーシアード代表の実力を見せつけ、相手の得点を許さなかった。後半日大が追い上げを見せるも、逃げ切って45-32。中大の優勝はほぼ見えていた。

▲得点を重ねる渡邊

 最後の相手は6年前の中大優勝以来、関東リーグの頂点に君臨し続けてきた法大。昨年インカレでも2点差で優勝を奪われた因縁の相手だ。だが、相手の不調もあり、2回り目の時点で20-9と倍以上の点差を付け突き放す。  迎えた最終セット。白井寛夢主将(法4)が先制するも、即座に相手にも1点取られてしまう。するとそこで白井がタイムを要求。靴ひもを結びなおし、気持ちを入れ替えたあと、怒涛の4点連取で18点差をつけ圧勝。5年ぶりのV奪還となった。

▲優勝の瞬間。叫ぶ白井主将

 次の舞台は来月の王座。悲願のインカレ優勝を見据えた中大サーブル陣の躍進は止まらない。

 ◆試合結果◆

男子サーブル ・1部リーグ

◯中大45-28専大●

◯中大45-30日体●

◯中大45-31早大●

◯中大45-32日大●

●法大27-45中大◯

写真・記事 「中大スポーツ」新聞部



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェンシング部
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconchuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:498
  • 累計のページビュー:4375186

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  4. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  5. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  6. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  7. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  8. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  9. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手
  10. 陸上競技部・上尾シティハーフマラソン

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss