「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

中央大学学友会体育連盟機関紙「中大スポーツ」によるブログです。 体育連盟所属の48部会の活躍を紙面とは違う、試合結果と試合経過を伝えることに重視してお送りします。毎月1回の連載も掲載中!中大スポーツの情報を知るなら、まずは当サイトで! ※写真、記事の無断転載を禁止します。

chuosports

中央大学学友会体育連盟に所属する「中大スポーツ」新聞部の公式ブログです。
  • 昨日のページビュー:344
  • 累計のページビュー:4613640
  • (01月15日現在)

最新の記事

スケート部・日本学生氷上競技選手権大会3位決定戦対関大戦

12・29 テクノルアイスパーク八戸  インカレ3位!4年生勝利で締めくくる  準決勝敗退から一夜明け、関大との3位決定戦が行われた。4年生にとっては大学最後の試合だが、東洋大に負けた悔しさを1日で切り替えるのは容易なことではない。しかし、「いつも以上に良い雰囲気だった」と八戸監督。「最後は勝って笑いたい」(稲村悠人・商4)。4年生が中心となってチームを盛り上げた。普段出場機会が少ない選手も多く......続きを読む»

【お知らせ】ブログ移転について

 平素より「中大スポーツ」新聞部ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。  スポーツナビ+のサービス終了に伴い、「中大スポーツ」新聞部ブログは2018年1月1日より移転いたします。WEBサイトアドレス(URL)を下記の通り変更させていただきます。 旧Webサイト:http://www.plus-blog.sportsnavi.com/chuosports 新Webサイト:http://1......続きを読む»

スケート部・日本学生氷上競技選手権大会(ホッケー部門)準決勝対東洋大戦

12月28日 テクノルアイスパーク八戸 東洋に涙の敗北 決勝進出ならず  試合終了のブザーが無情にも鳴り響く。選手たちは天を仰いだ。2-4。あと2点が遠かった。  今大会、1回戦から無失点で勝ち進み、「この試合の第1ピリオドまではすばらしい内容」(八戸監督)だった。しかし、第2ピリオドに痛恨の3得点を許すと、流れは東洋大に傾いた。その後1点を返すも、最終ピリオドにダメ押しの追加点を与え、目標の優......続きを読む»

バレーボール部・天皇杯全日本バレーボール選手権大会ファイナルラウンド 対トヨタ自動車サンホークス

12月15日 東京体育館 フルセットの接戦を制し、Vプレミアチームとの対戦に挑む スタメン(サーブローテーション順) 25WS 中野竜(総1) 3MB 平田亮介(経4) 12WS 谷口渉(法3) 4WS 武智洸史(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3) 27Li 土岐大陽(経4)  地区予選を勝ち上がってきた高校生からVプレミアのチームまで、さま......続きを読む»

連載第67回・バスケットボール部

 連載第67回目はバスケットボール部です。バスケットボール部は今季リーグ戦で一部昇格を決め、これからの活躍に注目が集まっています。今回は久岡幸太郎(商3)、肥後将俊(経3)、大﨑翔太(総2)、足立翔(商2)の4人にバスケや私生活について話を伺ってきました! ▲左から肥後、大﨑、足立、久岡の4人 ーーバスケを始めたきっかけ 久岡「小学校の時マラソン大会で二個上の姉が優勝して、それで姉がバスケに勧......続きを読む»

連載第66回・スケート部

 連載第66回目はスケート部です!11月末にリーグ戦を終えひと段落がついたスケート部。今回は小泉智也主将(法4)、坂本颯(法4)、蓑島圭悟(法3)、金子将太朗(法3)の4名にアイスホッケーの魅力や普段の私生活、12月末に控えるインカレについてなど様々なお話しを伺ってきました! ▲左から小泉主将、坂本、蓑島、金子 ――競技を始めた時期ときっかけは何ですか。 金子「幼稚園の5歳くらい、スケートは4......続きを読む»

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会3位決定戦 対東海大

12月3日 大田区総合体育館 東海大にストレート勝ちで、全カレを笑顔と涙の3位で締めくくる スタメン(サーブローテーション順) 1WS 石川祐希(法4) 3MB 平田亮介(経4) 2OP 大竹壱青(商4) 4WS 武智洸史主将(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3) 27Li 土岐大陽(経1)  先日行われた準決勝で敗れた中大は3位決定戦に出場し......続きを読む»

バドミントン部・第71回全日本バドミントン選手権大会

11月28日~12月3日 駒沢オリンピック公園体育館 最後の大舞台で五十嵐ベスト8  日本一を決める、全日本総合バドミントン選手権大会。全国的に注目度も高いこの大会で、中大からは五十嵐優(法4)と予選から勝ち上がった大関修平(商4)が出場し、熱戦を繰り広げた。  予選では大関が2勝収め、本戦に出場。しかし初戦から、昨年の王者の西本(トナミ運輸)と対戦となり、ヤマ場を迎える。西本とは高校、大学と......続きを読む»

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会準決勝 対筑波大

12月2日 大田区総合体育館 フルセットの末敗れ、決勝進出ならず スタメン(サーブローテーション順) 1WS 石川祐希(法4) 3MB 平田亮介(経4) 2OP 大竹壱青(商4) 4WS 武智洸史主将(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3) 27Li 土岐大陽(経1)  まさかの展開だった。先に2セットを連取したのは中大。しかし、そこから筑波大が驚......続きを読む»

硬式庭球部・全日本学生室内テニス選手権大会

11月30日、12月1日 江坂テニスセンター 望月・正林の2年生ペアがベスト4! ▲リラックスした雰囲気で試合に臨んだ  学生ランキング上位者に参加資格が与えられるこの大会。ダブルスで望月勇希(法2)・正林知大(商2)組がベスト4入りを果たした。 ▲バックハンドを狙う望月  1回戦で夏関優勝ペアである斎藤・千頭組(早大)を7-5、6-1のスコアで下した望月・正林組。続く準決勝の相手は坂井......続きを読む»

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会準々決勝対学芸大

12月1日 大田区総合体育館 学芸大に完勝! 次戦は難敵筑波大 スタメン(サーブローテーション順) 1WS 石川祐希(法4) 3MB 平田亮介(経4) 2OP 大竹壱青(商4) 4WS 武智洸史主将(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3) 27Li 土岐大陽(経1)  順調に準々決勝まで勝ち進んだ中大。べスト4を懸けて学芸大と対戦した。今季対学芸大......続きを読む»

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会3回戦 対順大

11月30日 大田区総合体育館 チーム力の向上示す8強入り スタメン(サーブローテーション順) 1WS 石川祐希(法4) 3MB 平田亮介(経4) 2OP 大竹壱青(商4) 4WS 武智洸史主将(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3) 27Li 土岐大陽(経1)  全日本インカレ3回戦。ここからは、普段からリーグ戦、練習試合などでしのぎを削る関東1......続きを読む»

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会2回戦 対京産大

11月29日 墨田区総合体育館 1セット落とすも立て直す力で2回戦突破! スタメン(サーブローテーション順) 1WS 石川祐希(法4) 3MB 平田亮介(経4) 2OP 大竹壱青(商4) 4WS 武智洸史主将(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3) 27Li 土岐大陽(経1)  前日、札幌大に圧倒的強さを見せ快勝した中大。しかし、2回戦は快勝とはい......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対明大2回戦

11・26 ダイドードリンコアイスアリーナ 準優勝に終わるも明大に今季初勝利  1点に泣いた。前節の東洋大戦で黒星を喫した中大は同率首位から2位に転落。3点差以上をつけて勝利しなければ優勝はない。そんな絶体絶命のピンチの中での白熱した試合となった。東洋大戦での敗戦を機に選手たちには変化が。「何か言われたわけじゃないけど一人一人が自発的に行動するようになった」(齊藤大知・法2)。気持ちを入れ替え臨......続きを読む»

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会1回戦 対札幌大

11月28日 墨田区総合体育館 役者揃った中大 四連覇へ好スタート スタメン(サーブローテーション順) 1WS 石川祐希(法4) 3MB 平田亮介(経4) 2op 大竹壱青(商4) 4WS 武智洸史主将(法4) 18MB 水野将司(法2) 5S 山下紘右(商4) 9Li 柳田貴洋(法3) 27Li 土岐大陽(経1)  秋季リーグ戦は4位に終わった中大。全日本インカレを前に海外挑戦をしている石川......続きを読む»

アメリカンフットボール部・関東大学アメリカンフットボールリーグ戦対立大ラッシャーズ

11月26日 横浜スタジアム TOP8で初の4勝! 最終節を勝利で飾る ▲試合終了後涙を見せる佐藤主将  3勝3敗でリーグ戦最終節を迎えた中大ラクーンズ。TOP8初の4勝を懸けて立大ラッシャーズと対戦した。第1Qに2回のタッチダウンを決め流れに乗ると、終始試合の主導権を握っての快勝。昨年度のリーグ戦、春のオープン戦と2連敗していた立大に対し、26-10の大差をつけての勝利となった。 ▲「......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対東洋大2回戦

11月23日 ダイドードリンコアイスアリーナ 東洋大に黒星 リーグ戦優勝遠のく ▲うなだれる選手たち  2回戦で初めて土がついた。リーグ戦優勝が遠のく、痛い黒星だ。第1ピリオド序盤で見せた好調さとは裏腹に、第2、第3ピリオドではまるで別人がプレーしているかのようだった。3-3と勝敗がつかず、GWSに突入。三者失敗に終わった中大に対し、一人目が成功した東洋大に軍配が上がった。最終戦の明大相手に、......続きを読む»

卓球部・全日本学生選抜選手権大会

11月24、25日 大阪・東和薬品RACTABドーム サブアリーナ 大会ごとに成長続ける吉田が堂々のベスト8入り!    全日学でベスト16入り(ランク入り)を決めた選手と強化部、各学連推薦、留学生を合わせた計38名が8ブロックに分かれリーグ戦による予選を行い、各ブロックの上位2名が決勝トーナメントに進み、優勝者を決めるこの大会。中大からは定松祐輔主将(文4)、宮本幸典(文4)、一ノ瀬拓巳(法2)......続きを読む»

ラグビー部・関東大学リーグ戦 対流経大

11月18日 江戸川陸上競技場 前半に5トライを許し、選手権へ向け手痛い敗戦  残り2戦のリーグ戦。どちらかの試合で勝利しなければ、中大の大学選手権出場が危うくなる。そんな状況の中での、苦しい敗戦となった。相手の外国人選手を抑えられず、前半だけで5トライを取られてしまう。後半には中大のペースに持ち直したものの、前半での失点が痛く、17-41で敗北。「準備したがうまくいかなかった」(松田監督)。 ......続きを読む»

バスケットボール部・全日本大学バスケットボール選手権大会 対白鴎大

11月21日 大田区総合体育館 一時は大量リードも逆転負けで、今シーズン最後の試合に  インカレ2回戦は白鴎大と。白鴎大は春のトーナメントで準優勝しており、今年最も勢いに乗るチームの一つである。リバウンドやフィジカルが強い相手だが、ディフェンスから流れを呼び、前半はリードを奪う。しかし、第3ピリオドで中大のシュートが入らなくなると、一気に逆転を許し、その後も追い付くことはできずに敗戦。4年ぶりの......続きを読む»

バスケットボール部・全日本大学バスケットボール選手権大会 対静岡産業大

11月20日 港区スポーツセンター インカレ初戦制す!  4年ぶりのインカレに臨んだ中大は初戦を静岡産業大と対戦した。序盤緊張からかパスが噛み合わず相手にボールを取られてしまう場面もあった。しかし、第2ピリオドからはいつもの中大のペースを取り戻し、持ち前のディフェンス力を発揮。85-54で勝利した。 ▲シュートを放つ#13中村功平(総3) スターター #6柿内輝心主将(法4)、#24小林千......続きを読む»

フェンシング部・全日本学生フェンシング選手権大会 5日目

11月18日 駒沢オリンピック公園屋内球技場  サーブルに続きエペも優勝! 中大旋風起こした5日間  インカレ最終日、エペ団体が12年ぶりの連覇を達成。また、サーブルの白井寛夢主将(法4)が最優秀選手賞を受賞するなど、団体二冠を果たした中大の強さを知らしめる大会となった。 決勝の相手は、エペ個人戦それぞれ1位、2位の中村と村山率いる法大。中大は昨年の王者ではあるものの、かつての4年生が二人......続きを読む»

フェンシング部 ・ 全日本学生フェンシング選手権大会 4日目

11月17日 駒沢オリンピック公園室内球戯場 サーブル団体優勝!今年四冠目達成!  インカレ4日目。サーブル個人覇者の白井寛夢主将(法4)率いる団体サーブルが優勝。フルーレ団体は法大相手に一歩及ばず準優勝。また、エペ団体は翌日の3回戦へ駒を進めた。  「個人より団体でタイトルを取りたい」と個人戦後も団体での優勝を語った白井主将。チームの4人はサーブル個人入賞者。  2回戦の対立教大は45-2......続きを読む»

フェンシング部・全日本学生フェンシング選手権大会 3日目

11月16日 駒沢オリンピック公園屋内球技場  エペで山田が入賞! フルーレ団体は明日の決勝へ  折り返しとなったインカレ3日目。エペ個人戦では、山田森太郎(文3)が5位に入賞。また、フルーレ団体戦では男子が準決勝で明大に勝利し、明日の決勝への切符を手にした。  予選で得たシード権で2回戦から出場となった山田。3回戦では予選1位の安(早大)相手に終盤接戦になったが15−13で逃げ切った。だが準......続きを読む»

フェンシング部・全日本学生フェンシング選手権大会 2日目

11月15日 駒沢オリンピック公園屋内球技場  「一戦一戦集中」 白井主将、最後のインカレで初優勝!  先月の関カレで個人ベスト4を独占、団体でも優勝と、圧巻の強さを見せつけた男子サーブル陣。今大会では上位入賞が期待された二人がベスト8止まりするなどの事態もあったが、白井寛夢主将(法4)が安定した強さを見せ、インカレ初優勝を果たした。  関カレ優勝の渡邊裕斗(商2)は、海外遠征での疲れからか、......続きを読む»

フェンシング部・全日本学生フェンシング選手権大会 1日目

11月14日 駒沢オリンピック公園屋内球技場  勝負のインカレ開幕 一年生コンビがフルーレで入賞  ついに開幕した全日本学生フェンシング選手権大会。1日目、フルーレ個人戦では永野雄大(法1)が6位に、菅原康平(商1)が8位入賞を果たした。  予選プール全勝で1位通過と調子のいい永野は、シード権で2回戦から参加。その2回戦では7点連取で15-4と相手を寄せ付けないフェンシングを披露した。  ......続きを読む»

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対早大2回戦

11・12 ダイドードリンコアイスアリーナ 早大に苦戦強いられるも「気持ちで勝った」  『守りが堅いチーム』早大に苦戦を強いられた。第2ピリオドが終わった時点で点数は2-2。「どっちが勝ってもおかしくない試合」(小泉智也主将・法4)だったが、最後は中大が「気持ちで勝った」(小泉主将)。 〈第1ピリオド〉  開始約5分、先制点を挙げた中大。パワープレーのチャンスで宮本明朗(総1)がディフェンスを......続きを読む»

アメリカンフットボール部・関東大学アメリカンフットボールリーグ戦対明大グリフィンズ

11月12日 横浜スタジアム TOP8で初の4勝へ タイブレークを制し最終戦につなぐ! ▲タイブレークでタッチダウンを決め喜ぶ選手たち  第5節まで終え、2勝3敗の中大ラクーンズ。残り2戦となり、舞台は横浜スタジアムに移った。中大は第1Qでフィールドゴールを許し、勝ち越すことがないまま第4Qまで苦しい展開が続く。しかし、29番WR野田篤生(文4)のタッチダウンで追いつき、同点となり試合はタイ......続きを読む»

相撲部・第95回記念全国学生相撲選手権大会

 11月4、5日 堺市大浜公園相撲場  集大成のインカレ、無念のベスト8  アマチュア相撲の聖地・堺で行われた今大会。ここ2年、団体で3位入賞を続けてきた中大は18年ぶりの優勝に挑んだが、好調だった予選から一転し、優秀8校トーナメントでは緊張から中大らしい相撲が取れずベスト8。悔いの残る試合となった。  16校中、得点・勝ち数の多い上位8校を決める予選では、3回・九情大戦のみ2勝3敗で落すもそ......続きを読む»

バスケットボール部・第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 順位決定戦対日大①

11月7日 駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場 後半失点を重ね、第1戦を落とす     先月行われたリーグ戦で2部優勝と1部昇格を決めた中大は、1部との順位決定戦へ進んだ。今試合は全3戦を先に2勝したチームが勝利となる。中大と順位を争うのは1部10位の日大だ。前半、中大は序盤から攻め、リードを奪う。しかし次第に日大に強力なオフェンスを見せつけられ、持ち前のディフェンス力を発揮することができ......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 103 104

このブログの記事ランキング

  1. 陸上競技部・東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  2. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 監督、部長、コーチ、主務、新主将
  3. 陸上競技部・第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会コメント集
  4. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対東海大
  5. 陸上競技部・駅伝監督交代記者会見
  6. 陸上競技部・第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 区間エントリー選手発表
  7. バレーボール部・天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会 2回戦 対サントリーサンバーズ
  8. バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大
  9. 陸上競技部・10000m記録挑戦競技会
  10. 陸上競技部・第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 コメント集 往路選手

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
06
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss