陸上狂技マガジン

【Read】わらじの数は、裾野の広さ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

わらじの数は、裾野の広さ。

“二足のわらじを履く”という言葉がある。

日本のジュニアスポーツは、わらじを履き分けづらく出来ている、様に見える。 というのも、春夏秋冬それぞれにドラマがある様に思えるからである。日本のスポーツには四季がある。

「それは“観る側”の目線だ」と言えるだろうか?今の時代、“観た者がする”のだ。

ドラマが悪いとは思わない。 意図されたものでなければ、ドラマは憧れを生む。

だからこそ、わらじを履き替えれば生まれるドラマもある、様に思う。

わらじの数は裾野の広さ。

ただし、持ち過ぎには注意。さもないと、どれも足に馴染まない。

PS:

“二刀流” “二足のわらじを履く”

大谷翔平の活躍で、前者がすっかり有名になってしまったが、 (私も含めて)二つの言葉は何となしに同義として使う事も多いのではないか、と思った。 「二つ(時にそれ以上)の物事を兼務する事」。 果たしてそうだろうか。

“二刀流”は両手に一本ずつ、計二本の剣を持つ事であり、 “二足のわらじを履く”は異なる二種類、つまり片足に二つずつわらじを履く事である。 前者は同時並行が可能で、後者は不可能(無理をすれば可能かもしれないが不格好)である。 従って、深意は異なるのではないだろうか…と。

前者は“同一スポーツにおける器用さ”、後者は“複数スポーツの選択肢”を表している様にもとれないだろうか…と。 その様な観点から、“二刀流”はどこかエリート的な響きがあり、 “二足のわらじを履く”の方がよりポピュラーな響きに感じた。 それでは、わらじの数こそ、スポーツ強化の土台ではないか。

因みに“二足のわらじを履く”は英語で“wear two hats”、“(大谷翔平の)二刀流”は、 海外メディアでは“two-way player”と表現されるらしい。 欧米では、これは同義語として扱われているんだろうか。

などと、キリのない事を考えている。

種目選択の余地拡大には、私は賛成です。


【メモ】 「14歳まではいろいろなスポーツをしよう NBAの提言に見る日米の違い」 http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/10/22/kiji/K20161022013577570.html —————————————————————-



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

埼玉県吉川市インディアカ協会です【吉川市インディアカ協会 公式ブログ】

馬術部・全日本学生馬術大会障害競技【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

2016 Peace Cup第27回国際交流車いすテニス大会 2日目【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

ブロガープロフィール

profile-iconchuo7010

スポーツ(特に陸上競技)に関して【DO(する)】【WATCH(観る)】【READ(読む)】【THINK(考える)】という観点から備忘録として書いております。
  • 昨日のページビュー:101
  • 累計のページビュー:8892

(01月02日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【Think】21人の悩める男〜箱根駅伝観戦記vol.0『前夜』〜
  2. 【Watch】ヒールとベビーフェイス
  3. 【Read】ノンフィクションにおける死について。マラソンランナー円谷幸吉の話。
  4. 【Read】わらじの数は、裾野の広さ。
  5. 【Watch】国民的狂事〜箱根駅伝観戦記vo

月別アーカイブ

2017
01
2016
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss