観るの大好き♪

オリンピックで成績を残すのに必要なもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

女子2枠が決定する瞬間が近づいてきています。


坂本選手と樋口選手は演技が終わっても気が気でない気持ちで発表を待っていると思います。


いろんな方が直後に記事を書いてくださっていますが、本当に悩ましい状況になってしまいました。
スケート連盟からも、「オリンピックで良い成績をあげられるかどうか?」を基準に・・・とコメントがでているようです。


そこを考えると、なんとなく坂本選手が有利なのかな?という気がしてきます。

今までの実績を総合したら確実に樋口選手が有利です。

今年に入ってからの連続200点越えも素晴らしく、あれだけ踊れる日本人選手はなかなかいませんし、技術も文句なしに世界レベルです。


坂本選手は、実績や安定感では樋口選手にはまだ及びません。

でも過去の五輪の結果をみると、急激に伸びてきたライジングスター(伏兵と言われることも多いですね)は強いと思うのです。


そして坂本選手はまさに今五輪に向けて急激に覚醒し、まさにタイミングがぴったり。

この「タイミング」は五輪を狙う選手にとっては大きな意味を持ちます。


例えば安藤美姫選手。

彼女はまぎれもなくトップ選手の一人でしたが、何故か五輪シーズンの次の年にものすごく調子が上がっていたんですよね。 (これが2回ありました。)

メダルの実力がありながら、五輪最高位は5位。


そして、今年は三原選手。 (個人的にかなり応援していたので、タイミングと選曲の不運は未だに気になっていますが・・・)


ソチの前年までのパトリックチャン選手も。


フィギュアスケートは競技生活がとても若いころに終了してしまうので、この「タイミング」が合った選手が最高の力を発揮することが多いと感じています。


そこを重点的に考えると、驚くほどの成長をまさにオリンピックに向けてしている坂本選手が好成績を残す確率が高いと思うのです。
もう一つの理由は、樋口選手と坂本選手の「心の問題」です。


どちらもオリンピックは初めてになりますし、世界レベルの大会の経験数が多い樋口選手にとっても、他の大会とは全く違うと思います。

もし代表に選出されたらひょうひょうと物事を感じて受け止めているように見える坂本選手のほうが、平常心で演技ができるのではないか?と思うのです。

樋口選手は今までの試合を見る限りでは坂本選手よりも複雑に感じたり受け止めたりしてしまうのではないかな?と。


あとはエース宮原選手との相性です。

坂本選手の特技は「誰とでもすぐに仲良くなれること」だそうです。

表彰台の二人はすでに旧友のようで、直前までライバルとして戦ってきたのがウソのように見えました。

オリンピックには団体戦もありますし、チームワークを作るにも坂本選手のほうが全体の指揮が上がるかもしれません。


今はより高さや幅のあるダイナミックなジャンプが世界では評価されているようにも思います。

成長のタイミング・心の持ち方・他の選手との調和を考えるとどうしても坂本選手が選出されることによりワクワクしてしまうのです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

樋口 選手の今後に期待

樋口 選手は,メドベージェワ 選手と親友になれるほどの社交性を持っていますから,それをうまく氷上に持ってくれば,また違ったメンタルが形成されるような気がします。また,繊細さをちょっと鈍感にすることも,時に必要なんでしょうね。

あと,昨シーズン,表現力を上げようとして技術が中途半端になり,どっちつかずになったことが,今シーズンここ一番で尾を引いていると感じています。まず徹底的にジャンプの精度を上げて,表現力は後からでいいというのが私の持論で,そうすれば自信の付き方が違ったんじゃないかなと思います。

ただ,今シーズンは表現力が上がって PCS が伸びたことは確かなので,そこはうまくいったとも解釈できますから,今までの戦略をどう総括して今後どうするかは,なかなか悩ましい問題だと思います。

素材は間違いなく一級品ですから,本人が言う「倍返し」に期待しましょう。まずは世界選手権で昨季の借りを返してくれることでしょう。

オリンピックで成績を残すのに必要なもの

MAKK様。
こちらこそいつも読ませていただいています。コメントありがとうござます。
樋口選手については、実力からしたら、もう世界でメダルをとってもいいのにな・・・といつも思っていました。
彼女のスケーティングのスピードはコストナー以上で、ジャンプも表現力もひとつひとつ見たらトップの選手に大きく劣るところはないのに、と思っていたんです。
でも試合のときに出るコメントや、彼女の表情から、いつもなにかに「壁」を感じていたんです。
樋口選手は強気・勝気のイメージがつきがちですが、とても繊細に気が回る子で、思考回路が複雑なのかな・・・と思います。
対して坂本選手には「壁」のようなものを全く感じません。
樋口選手とは違うタイプの、もっとオープンな賢さを持っていると思うんです。
(似ても似つかないタイプに見えますが、宮原選手に似ていると思うんです)
今まで突き抜ける成績を上げている人たちを見ていると、この「オープン」な雰囲気が漂っている方が多いと思うんです。
突き抜けるか突き抜けないか?の分かれ目はそこなのかな?と思うようになりました。

坂本選手が代表になり、オリンピックもワクワクしながら見ることができそうです。

樋口選手は今シーズン秀逸なプログラムで、魅力が本当にうまく出ています。
オリンピックではないですが、世界選手権で、突き抜けることを期待して応援しようと思います。

坂本 選手に託した理由

choppi さん,こんにちは。スポナビブログメンバーとして,いつも拝見しております。

「心の問題」というご考察に感銘を受けました。私もこの点は危惧していましたし,樋口 選手は大舞台に弱いという結果が出てしまっているので,その結果がまた心に影響して…というスパイラルに陥っていなければいいなぁと感じていました。

スケ連が総合的判断の中にこの問題を含めたかどうかはわかりませんが,坂本 選手ならきっとやってくれると期待しますし,樋口 選手には今回のことをバネに,メンタルを鍛えて引き続き世界で活躍してほしいですね。

こんな記事も読みたい

【FS終えて】どうなる?女子シングル五輪代表2枠【情熱的氷滑芸術】

『僕は』宮原と樋口だと思います。【観戦のすゝめ】

緊急投稿:フィギュアスケート Road To 平昌 スケ連は坂本花織を選ぶ勇気があるだろうか【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-iconchoppi

  • 昨日のページビュー:62
  • 累計のページビュー:568904

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 年始に真央ちゃん関係の報道する人たちへ
  2. 新葉ちゃんはポスト「真央」にはなれない
  3. 「格付け」PCSはどうも腑に落ちない・・
  4. やっぱり別世界だった真央ちゃん
  5. もっとエモーショナルに!で思った・・・
  6. 真の強者・真央ちゃん知子ちゃんのすごさ
  7. やっぱり真央ちゃんが好き!
  8. スケート連盟の判断は「見捨てない」、情けではないと思う。
  9. 待ってました!!!
  10. 限界なわけない!!

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
05
04
03
02
2016
12
11
03
02
01
2015
12
11
10
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss