観るの大好き♪

オリンピック代表選考基準と三原麻衣選手

このエントリーをはてなブックマークに追加

女子のほとんどが見た目ノーミスのすごいグランプリファイナルが終了しました。

そして、あと半月で、運命の代表決定の瞬間がやってきます。


※お断りしておきますが、このブログは私の完全なる「主観」だけで書いていますので、「それは違うだろ!」的なご意見のある方はご自身のブログでお願いいたします。(このブログも終了しますし、コメントなどはもう見ていませんので)

私が(というよりは、皆さん同じかも)当初、代表になるだろうな・・・と思っていたのは、骨折が回復することを条件に知子ちゃん・三原麻衣ちゃん・樋口新葉ちゃんの3人でした。

そして、今ネットのニュースや、スポーツ番組の予想から三原麻衣ちゃんが外れてしまっています。

ランキングや、今季の最高スコア・グランプリシリーズやその前の大会の結果から出てくるのは、新葉ちゃん・知子ちゃん・坂本花織選手・本郷理華選手なのです。

まいちゃんの名前は数字上の判断基準から外れてしまっているのです。

ということは、三原麻衣選手が代表に選ばれる条件は全日本優勝しかないということになります。

ここで、候補者全員のいいところと、不安要素をあげてみます。

まず、現在(多分ね)第一候補の宮原選手。

怪我以前よりも伸びるようになったスケートと、ありえないほど端正な身のこなし。 確実にレベル4を取れる非の打ち所の無いスピン。

エッジワークも正確で端正。演技構成点もやっぱり高いですね。

ジャンプが決まれば減点のしようがない堂々のエースです。

不安要素をあげれば、ジャンプです。加点がもらえても控えめで、回転不足の頻度が他の代表候補に比べて多いけど、それもこれからさらにレベルアップしてくることは間違いなさそうですね。


そして現在2番手とみられる新葉ちゃん。

とにかくスピードがあり、ジャンプもダイナミック。 早いリズムの情熱的な曲を、日本人離れした表現力と表情で楽しく見せてくれます。 そして、今年はまだ200点を切っていないことも強み。 更に彼女は全日本にめっぽう強い気がします。

不安要素をあげれば、今年のピークが早すぎたのでは?というところ。 宮原選手ほどの安定感はないように思いますので、オリンピックまでキープできるか?がカギになってくると思います。


そして、数字上名前のあがってきている坂本花織選手。

スケーティングとジャンプの技術がすばらしく、特にジャンプの大きさはスケートアメリカでも歓声があがるほどでしたね。 人間的にもすべてにおいて受け止め方がまっすぐで、私自身、今一番応援している選手の一人。 技術力は本当に申し分ないと思います。

今シーズン、これからもぐんぐん伸びてくることが簡単に予想できます。

不安要素をあげれば、シニア慣れがまだ不十分なところと、シニア経験が浅いのもあり、演技構成点がまだ低めであること。 緊張しやすいところ。


そして本郷選手。 調子がいいときの伸びやかさや、ダイナミックさは圧倒されますが、ジャンプの回転不足で泣かされていますね。 荒川・羽生両金メダリストと一緒の仙台出身なので、全日本までにジャンプの修整がどこまでできるかを期待します。



そして表題に挙げた三原選手。

もし、知子ちゃんの調子が上がってこなければ、間違いなく第一候補と考えていた方は多いのでは?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

GPF2017に見る平昌五輪男子シングルの戦い方【専らフィギュアスケート】

グランプリファイナル プレビュー【情熱的氷滑芸術】

連載第66回・スケート部【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconchoppi

  • 昨日のページビュー:62
  • 累計のページビュー:568904

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 年始に真央ちゃん関係の報道する人たちへ
  2. 新葉ちゃんはポスト「真央」にはなれない
  3. 「格付け」PCSはどうも腑に落ちない・・
  4. やっぱり別世界だった真央ちゃん
  5. もっとエモーショナルに!で思った・・・
  6. 真の強者・真央ちゃん知子ちゃんのすごさ
  7. やっぱり真央ちゃんが好き!
  8. スケート連盟の判断は「見捨てない」、情けではないと思う。
  9. 待ってました!!!
  10. 限界なわけない!!

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
05
04
03
02
2016
12
11
03
02
01
2015
12
11
10
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss