観るの大好き♪

オリンピックの魔物

このエントリーをはてなブックマークに追加

何故か前年の「絶対王者」は金メダルに縁がない。

そんな話を耳にしていたところ、流れたニュース。

「メドベージェワ選手の骨折」


ロシアの選手たちは他国と比べても「命がけ」の度合いが大きいと思う。

金メダルを取るか取らないかでその後の人生が大きく変わるのだから。
マヨネーズが5キロや10キロのバケツで売られているような国ですさまじいダイエットをして、 血のにじむような練習をしていることを考えると、切なくなる。
フィギュアスケートは競技年数が本当に短くて、オリンピックに絶好調のシーズンが当たるとは限らない競技。


過去にも金メダル有力候補が金をとれないことは沢山ありました。


ソチのパトリック・チャン。 彼を超える選手はまずいないだろうと思われたシーズン前半。

急成長した羽生君がグランプリファイナルから優勝するように。 絶対王者だったチャンに「ゆずるに抜かれる悪夢を見る」とまで言わせてしまう出来事でした。
女子では、優勝候補だったキムヨナ・真央ちゃん・リプニツカヤ選手ではなく、 国内試合に強いソトニコワが金メダルをさらいました。


トリノのスルツカヤ選手。 彼女もグランプリファイナルを迎えるまでは絶対女王として金メダルの第一候補でした。 そこで15歳だった真央ちゃんに優勝をさらわれます。

その後迎えたオリンピックで、また日本の荒川選手に金メダルをさらわれてしまいます。


長野オリンピックのミシェルクワン ため息の出るようなスパイラルを武器に、直前まで絶対女王だったクワン。 すい星のごとく現れた重力がないかのようにジャンプを飛ぶ、若いリピンスキーに優勝をさらわれます。

メドベージェワはさすがにゆるがないかもしれないな?と思う強さをほこっていました。 でもなんだか今年はジャンプが・・・と思っていた方も多いと思います。

それが骨折だったとは・・・

セーラームーンが大好きで無邪気に笑っていた頃の面影がなくなりつつあった彼女。 国の期待も一身に背負ってしまって、体の負担を考える余裕もなかったのかもしれない。

ちょっとの痛みなら我慢して出る。

選手たちの悲痛な覚悟と思い。


ひどい捻挫をしてまで試合に出たいと直前まで願った羽生君の気持ち。 インフルエンザ明けでふらふらした状態でも、転倒しながら演技した宇野君の気持ち。

オリンピックシーズン前だったけど、疲労骨折した知子ちゃんの気持ち。


オリンピックには魔物がいるというけど、本当の魔物はオリンピックにかける強すぎる選手たちの思いなのかもしれない。

フィギュアスケートの選手はみんなとても若いから、若さに任せて限界を超えても頑張ってしまう。

国内争いが激しい日本やロシアではなおさら。


選手は命がけ。 だから見ごたえがあるのかもしれないけれど、出るべき人がちゃんと出られる。 そんなオリンピックになるように、心から願っています。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

三原 届かず,フェルナンデス 復調【フランス大会感想】【情熱的氷滑芸術】

小林潤志郎のW杯初優勝2つの効果【スポーツ えっせい】

オリンピックシーズンの曲選びの大切さ。【観るの大好き♪】

ブロガープロフィール

profile-iconchoppi

  • 昨日のページビュー:939
  • 累計のページビュー:545542

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 年始に真央ちゃん関係の報道する人たちへ
  2. 新葉ちゃんはポスト「真央」にはなれない
  3. 「格付け」PCSはどうも腑に落ちない・・
  4. やっぱり別世界だった真央ちゃん
  5. もっとエモーショナルに!で思った・・・
  6. 真の強者・真央ちゃん知子ちゃんのすごさ
  7. やっぱり真央ちゃんが好き!
  8. スケート連盟の判断は「見捨てない」、情けではないと思う。
  9. 待ってました!!!
  10. 限界なわけない!!

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
05
04
03
02
2016
12
11
03
02
01
2015
12
11
10
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss