観るの大好き♪

怪我明け!宮原知子ちゃんの復活!

このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK杯のショートが終了しました。

羽生君の怪我は心配ですが、逆境に強い彼のことですから、オリンピックはやってくれる!と信じて回復を待ちたいですね。


今回は、成績よりも、希望が沢山見えた気がします。


ジュニアにあがりたての友野くんは足さばきなどの修整は必要かな??と思いましたが、 見ていて元気になれるパワーを感じる演技!


これから、階段をしっかり上っていける明るさと前向きさも感じました。


そして、かなり個性的な佐藤君も印象に残る素敵な演技を見せてくれました。



男子で脅威なのはここに来て安定感を増しているロシア勢ですね。

前回のコリヤダ選手と言い、基礎がもともと素晴らしい選手たちが着々とジャンプを安定させてきています。



ソチ前から始まった強化の結果が今出てきているのをヒシヒシと感じますね。


アメリカの選手たちの個性あふれるまるで物語を見ているような演技も素敵でした!



そして、女王メドベージェワ。


オリンピックまでは心配ないかと思いますが、あんなに細かった彼女に体型の変化が出てきたかも??と思うのは私だけでしょうか? (特に太ももから腰のあたりが・・・)

今回は80点を超えず。

スケーティングもあれ??スピードが落ちたかな?と思うところもちょこちょこありました。



そして、思わず涙がでてしまったのは長洲未来選手! トリプルアクセルに3-3の構成に挑戦してくれました!

この記事は他の方が書いてくださっているのですが、女子のトリプルアクセルの基礎点は本当に変えて欲しいと切に思います。 どれだけの価値があることか?は今まで飛べた選手の人数を考えたら明らかだと思うのです。



そして、ちょっと緊張した白岩選手、上り調子でダイナミックな本郷選手。

相変わらずため息がでてしまうコストナー選手。

は想像どうりの結果でした。


気になるのはロシアの3番手になるかも??と思ったツルスカヤ選手。 動作があまりにも美しく、怪我でのブランクを感じさせない魅力的な演技でした。 すでに大人の色気もただよっていますね。


そして、本題に入ります。(長すぎでしたね)



復活の宮原知子選手。

今回のショートではジャンプにミスがでましたが、やっぱり全日本優勝候補の筆頭には変わりないことを確信しました。
あまりにスキのない身のこなしと、全選手中でスピード・ポジションともナンバーワンのスピン。

そして、リハビリ中に4キロ増えたという体重は演技に大きさと、スケーティングに「重さ」を加えて、 以前よりも見ごたえのあるものに変化していました。

彼女の後では、女王メドベージェワさえも演技が荒くみえてしまいます。

彼女の端正な演技にぴったりの和のプログラムもとってもいい!

グランプリシリーズは試合勘を取り戻すための場として、全日本でまた「ミスパーフェクト」をみせて欲しい。

そう思わせるショートでした。

女子の代表争いはますます熾烈になってきます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

フィギュアスケート Road To 平昌 羽生NHK杯欠場 代表選考について私見【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

長洲未来選手 本気のトリプルアクセルを見逃してはならない!【フィギュアスケートを楽しく観たいから】

日本大会(NHK杯,グランプリシリーズ第4戦)プレビュー【情熱的氷滑芸術】

ブロガープロフィール

profile-iconchoppi

  • 昨日のページビュー:83
  • 累計のページビュー:510098

(11月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 年始に真央ちゃん関係の報道する人たちへ
  2. 新葉ちゃんはポスト「真央」にはなれない
  3. 「格付け」PCSはどうも腑に落ちない・・
  4. やっぱり別世界だった真央ちゃん
  5. もっとエモーショナルに!で思った・・・
  6. 真の強者・真央ちゃん知子ちゃんのすごさ
  7. やっぱり真央ちゃんが好き!
  8. スケート連盟の判断は「見捨てない」、情けではないと思う。
  9. 待ってました!!!
  10. 限界なわけない!!

月別アーカイブ

2017
11
10
09
05
04
03
02
2016
12
11
03
02
01
2015
12
11
10
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss