チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!

2005年の日本シリーズ第1戦の思い出 あの選手の方がいなかったらロッテは勝てなかった

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日木曜日は12月21日。12月も20日を過ぎた。あと10日で2017年も終わりだ。

  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  

少し前の話だが、同じくインターネットのとあるスポーツ関連のサイトで、タイトルに気になる文言があった。 「ドラフト1位の苦悩」? 「期待の大型内野手」? タイトルに具体的なお名前はない。チームも、現役の選手かどうかもわからない。はてどなたのことだろう。さっそくクリックして読んでみた。 甚だ僭越ながらこの場をお借りして紹介させていただきたい。 タイトルは、  「ドラフト1位の苦悩。期待の大型内野手が『打ち方を忘れた』状態とは」 別途アドレスを記載させていただく。

私のひいきの千葉ロッテでかつてプレーされていた渡辺正人さん。その名前を聞いて私が思い出すのは、2005年の阪神との日本シリーズである。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  

2005年のシーズンのペナントレースで、ロッテの当時のボビー・バレンタイン監督は日によって選手やポジションや打順を目まぐるしく入れ替えた起用を行っていた。それらはことごとく成功し、ロッテはシーズンを通じてパ・リーグで上位から2番目の成績をあげ、プレーオフで福岡ソフトバンクを破ってリーグ優勝を収める大きな要因となっていた。 そんななか、現在は阪神でプレーしている西岡剛は主にセカンドとショートのどちらかのポジションで起用されることが多かったが、同じくショート守ることが多かった小坂誠さんがシーズンの終盤に故障で戦線を離脱されてしまってからは、西岡がショートに半ば定着した感があった。 それからセカンドを守ることが多かった堀幸一さんは、プレーオフのセカンドステージの第5戦の試合途中で負傷退場し、日本シリーズの出場が危ぶまれていた。 千葉マリンスタジアム(当時)で開催された日本シリーズの第1戦のナイトゲーム。ロッテのスターティング・ラインアップに、9番バッターでセカンドを守る渡辺さんの名前があった。

第1戦は1回裏に今江敏晃(当時)のソロホームランで先制したロッテがその後も着実に加点して、終盤にスタジアムを覆った深い霧によってコールドゲームとなり、結果として10対0でロッテが勝利したのだが、序盤ではロッテと阪神のどちらに試合の趨勢が向かうかまだわからなかったというのが正直なところである。 3回表か4回表だったと思うのだが阪神の攻撃で、ロッテの先発ピッチャーだった清水直行さんが出塁を許し、ツーアウトで二塁にランナーを置いて、左のバッターボックスに赤星憲広さんを迎えた。 この時点でロッテのリードは1点。チャンスを広げられて同点に追いつかれでもしたら面倒だ。 赤星さんのたたきつけるバッティングで、高く跳ねたゴロがセカンドの方向へ転がる。セカンドの渡辺正人さんが猛然と前に走ってきて、ボールを掴むやいなやクルッと上半身をひねり、一塁へランニングスロー!  アウト! スリーアウトでチェンジだ。二塁ランナーは残塁となり、阪神は無得点に終わった。

地味だったかもしれないがこのプレーは大きかったと思う。清水さんもキャッチャーだった里崎智也さんも安心したのではないだろうか。見ているいちロッテファンの私も胸をなで下ろしたものだ。

ピンチのあとにチャンスありとはよく言ったもので、その裏のロッテの攻撃で、先頭バッターだった渡辺さんは阪神の先発ピッチャーだった井川慶さんからレフト前へクリーンヒットを放って出塁した。 続く西岡がピッチャーの横へ絶妙にセーフティーバントを決めてチャンスを広げ、続く今江がライトへタイムリーツーベースヒットを放ち、渡辺さんは2点目のホームを踏んだ。

ネットの記事では決して順風満帆とは言えない現役の選手だったころを述懐されておられる渡辺さんであるが、この2005年の日本シリーズの第1戦での活躍は、シリーズを通じて最優秀選手に選ばれた今江に勝るとも劣らない輝きを放っていたと個人的に思っている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
元プロ野球選手
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

セ、捕手ランキング(主観です)と、三人でNo.1捕手陣な横浜について雑感 1【いろいろ所持雑感】

ファイターズさんに手渡されたドラゴンズのプロテクトリストは「インパクトがある」らしいですなあ、、、ドキドキですね。【落合博満さん(元ドラゴンズ監督&GM)好きは否めない。】

新外国人投手 ディエゴ・モレノの活躍の可能性 【ラテンアメリカの虎】

がんばれ大木貴将! 2005年のパ・リーグのプレーオフ セカンドステージ第5戦の思い出【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

2017年のシーズンの パ・リーグのベストナインを見て思ったこと【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

ロッテファンの私にとって、ロッテファンは誇り。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

師走のあわただしいこの時期に ロッテの球団にぜひ教えてほしいこと【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

2018年の来シーズン 新外国人のピッチャーのお2人の活躍に大いに期待する【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

ブロガープロフィール

profile-iconchooto_hamper

関東地方在住。年齢40代後半の男性。近年、諸事情によりスタジアムでのプロ野球観戦を自粛。
現在のひいきのチームは千葉ロッテ。

幼少のころプロ野球大百科を買ってもらい、以来毎年年鑑に目をとおすのが楽しみになる。

初めてスタジアムで観戦したのは、後楽園球場(当時)での日本ハム(当時)とロッテとのデーゲーム。
その時の入場券の写真が日ハムの富田勝さんと野村収さんのツーショットで、ともに生えぬきの選手でないというのが印象的。

テレビ好き。漫画好き。お笑い好き。映画と音楽は好みに偏りがある。

※2018年1月31日のブログサービス終了に伴い、当ブログは下記のアドレスに移転いたします。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げる次第です。
http://blog.livedoor.jp/chooto_hamper/
  • 昨日のページビュー:49
  • 累計のページビュー:871583

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. あるのか? ないのか? 2018年の来シーズンを見すえたロッテのトレード
  2. 誰かあのネット記事の間違いを指摘してあげてくれ
  3. 本当にロッテファンの風上にも置けないヤカラなのです
  4. しらないというのはおそろしいことだ 球団のスタッフの方編
  5. 早くも日本シリーズの対戦相手が確定したようだ
  6. ロッテのまだ見ぬ外国人選手に思いをはせる
  7. 弟よ 私は先刻まであの元プロ野球選手の訃報を知らなかったのだ
  8. 2017年のドラフト会議が終わって ちょっとだけホッとしたこと
  9. 弟よ 落合博満さんの著書に登場したあの方が退団したのだそうだ
  10. いいことを思いついたぞ! これで今シーズンの残り試合は全ていただきだ! 

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss