Cher démon rouge

ウェイン・ルーニー、イングランド代表からの引退を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

2003年 17歳という若さで母国の代表に呼ばれた ワッザこと ウェイン・ルーニー

まだ当時はユナイテッドの選手ではなかったワッザ

だから、スリーライオンズ好きの私として若いゴムボールのように弾力性のあるプレイを魅せてくれるワッザを応援してました

あれから、14年の時が流れ、ユナイテッドへ入団し、感謝しかない程の多大な貢献をしてくれて、不可能だと思われていたクラブレコードも更新してくれたワッザ

それは、代表でも……

代表キャップ数 119 (ピーター・ヒルトン 125キャップに次いで、歴代2位) 代表ゴール数 53 (サー・ボビー・チャールトンの49ゴールを抜いて歴代1位)

出来る事なら、キャップ数も更新してもらいたかったですが、ワッザは代表引退を決意したそうです

ユナイテッドから古巣エバートンへ移籍した理由の一つに、W杯出場があるのかと思ってました

だから、「試合に出る」事にこだわり、ユナイテッドを離れることを決めたんだとね

だけど、ワッザは代表監督のサウスゲートから声がかかった時にスリーライオンズからの引退を決意したことを明かしたと言います

えーーーっと、、、私のワッザに対する愛情は 暑苦しくうざったく病的な溺愛・寵愛だと自覚してますので、あれこれ書き綴るのは控えます (。-_-。)

また、ワッザの決断を尊重もします

私は、今日まで「これでもか!? いや、まだまだ足りないぞ!!」というぐらいにワッザのプレイを現代の通信技術・情報技術を使って見てきました

アゴのたるみ、背中まわりのゆるみ、肩から胸板ら辺の肉付きからコンディションの良し悪しまで何となくわかるようになるまで見続けて来ました

エバートンに戻ったワッザは、私から見たらあと一つ二つはギアを上げれると思ってます

それでも、開幕から2試合連続ゴールを決めたのは、精神的に安定しており、エバートンのエンブレムを付け、大好きな青いユニフォームを着てプレイ出来ているという充実感で満たされており、それを存分に楽しみ、そしてエバトニアンへ恩返しに似た感情でいるからではないかと思います

ワッザは、代表引退を決断するのはもの凄く悩んだと言います

悩むでしょ、そりゃ!!

ワッザはスリーライオンズの一員である事に、名誉と誇りを感じて、ユナイテッドでプレイするのと同じかそれ以上に強い気持ちで戦ってきた訳だしね

だけど、ワッザのような気持ちがある後輩たちは、今どれぐらい居るかな?

ワッザの先輩たちは皆、強い気持ちで代表として戦ってきてたから、ワッザの引退が「最後の戦士」とはなってほしくない

あっ、なんか違う話になっちゃった 笑

私の絶対的アイドル スコルジーこと ポール・スコールズ は代表引退が早かった

まだ出来たし、まだまだ見ていたかったけど、家族との時間やクラブへの貢献度などを考慮しての決断でした

ベックスはスコルジーとは対照的に、代表に長く貢献したいとプレイをし続けてくれた

リオは、持病の腰が万全だったらベックスのようにしてたかもしれない

ランパードやジェラードは、ベックスのようでいて、スコルジーのようでもあった

でも、皆スリーライオンズに対して熱かった!! 激アツだった!!

ワッザはワッザらしい激アツだった!!!!

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Manchester United
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【お返事】 ウェイン・ルーニー、イングランド代表からの引退を発表

hananoさん

コメントありがとうございます

お隣からお越し頂き、ありがとうございます (^-^)ゞ

実は、エバートンの2試合はワッザがいるので見てるんです、私 笑

本当に楽しんでいるワッザの姿を見れて、心より嬉しく思ってます

ただ、私の当ブログでのポリシーとしては、ものすごく大好きな選手であったとしてもユナイテッドを離れた選手については書き綴らないようにしています

特に、試合内容だったり、出来・様子だったりなどは、今その選手が在籍しているチームを応援しているサポーターに対して失礼なことをしていると感じてしまうので・・・

なので、イングランド代表の時だけがと考えていたのですがね~

ま、、、それもこれも私の一方的な言い回しや書き方が「招いてしまう」事がないように気を付けているだけなのですが 苦笑

でも、何かがあれば言わせて頂きます!! 書かせて頂きます!! 叫ばせて頂きます!!

ありがとうございます 笑

また是非お越し下さい

ウェイン・ルーニー、イングランド代表からの引退を発表

たぶん二度目まして。シティ寄りの女子です。
シティ寄りですが、イングランドファンでもあります。
代表引退は惜しいですね‥。もう見れないんですね。
いつ決めたのかな。
シティ vs エバトンでは、笑顔でシルバとじゃれ合い、
ペップ監督に肩を抱かれ、「ダービーじゃなくなった
せいか、穏やかになったなあ」(いい意味で)と思って
ました。
エバトンに行っても、レジェンドは レジェンドです。
今後もたまにはルーニーへの愛を叫んで下さい。

こんな記事も読みたい

バルセロナどうなりますかね?【蹴球。独り言】

バルセロナ:ハッキング被害、補強の遅延、主力選手からの不満【ジョルディのバルセロナ通信】

ルーニーのメモリアルゴール!しかし惜しくもドロー。【なんと言おうがEverton】

ブロガープロフィール

profile-iconcholo-reddevils

以前、cholo というハンドルネームで 『J'aime le sport』 というタイトルでブログをさせて頂いていましたが、今度は cholo-reddevils という名で、『Cher démon rouge』 をはじめさせて頂きます

主に、イングランド・プレミアリーグに所属しているマンチェスター・ユナイテッドの事について書かせて頂きますが、他のスポーツに関しても書くこともあるかと思いますので宜しくお願い致します (^口^)

また、私の書く文章の中で、特定の選手やクラブを "愛称" で書くことが多々あります

例えば・・・

◆ マンチェスター・ユナイテッド = ユナイテッド
◆ サー・アレックス・ファーガソン = ファギー
◆ ライアン・ギグス = ギグシー
◆ ポール・スコールズ = スコルジー
◆ デイビッド・ベッカム = ベックス
◆ ロイ・キーン = キーノ
◆ ウェイン・ルーニー = ワッザ
◆ クリスチャーノ・ロナウド = ロン

など・・・「例えば」が、多いですが 笑

読みづらい事もあるかと思いますが、私の気持ちを伝える上で愛称を使わせて頂く方が「気持ちが乗る」のでご了承ください m(_"_)m

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1723721

(09月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. スコールズが考える 今「マンチェスターユナイテッド」に必要な3選手
  2. なに!!(。-`ω-) ユナイテッドに勝てるだと!!  シンジよ、言うようになったじゃないか 笑
  3. どんな結果になろうとも、今シーズン終了と共に ルイ・ファン・ハール と決別すべき!!
  4. ちょ、、、ちょっと待って・・・このネタは "鼻血" が止まらんぞ!! ~ユナイテッドのフロント大改革案~
  5. ファン・ハールに「カタチ」がないのか? それともユナイテッドに「カタチ」がないのか?
  6. ジョゼ・モウリーニョ 2度目のチェルシー監督を解任
  7. マンチェスターユナイテッド新監督 ジョゼ・モウリーニョ 初の会見で良いことを言ってくれました!!
  8. ま、まさか!? マタ、、、え!? エレーラも、、、デ・ヘアは大丈夫???
  9. "ロロ" そろそろ母国を離れ、またドーバー海峡を渡って来ないか?
  10. 一番良くない結果 ~ユナイテッドvsチェルシー~

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss