サッカー馬鹿蔵の戯言

「勝って兜の緒を締めよ」、奢るなかれ

このエントリーをはてなブックマークに追加

J2リーグ戦第13節大分対名古屋の一戦は4-1で大分が勝利した。 大分というチームは不思議なものでここは格上だろうと思うようなチームに勝ったりいい試合をする。 逆にここは落とすことはないだろうと思った試合を落としたりということが昔からあるように思う。 今日の試合や先日の湘南戦などがその際たるものかもしれない。

個々の力は明らかに名古屋のほうが上だったと思う。 違うと思ったところは、「あと半歩」を出して、パスをカットしたり奪ったりするところだ。 前半の半分くらいまではそういう場面ばかり目に付いた。 敢えて言うならオールドネームが多かった分スピード面で大分が勝ったのかもしれない。

そういえばこの試合もよく走れていたと思う。 その中でもハットトリックを決めた後藤選手はすばらしかった。 前線でラストパスを出したりシュートを打ったかと思えば、次のシーンではゴール前でディフェンスをしていた。 J1のような個人別走行距離のデータはないが、彼は恐らくチーム1ではないだろうか。 昨年のJ3で成績を残し、「覚醒」と言われ、J2でも好調を維持している。 今日のゴールは元日本代表の楢崎選手の守るゴールで決めたものであり、一層の自信になったのではないか。 彼の2点目、冷静に楢崎選手をフェイントでかわして流し込むシュートには特にしびれた。 勿論ゴールはひとりで決めるものではないが、フィニッシャーがいてこそその前のパスが生きるわけだから、彼の存在の大きさは計り知れない。 今やいなくてはならない選手になった。 目ざといチームは来期や後半の巻き返しのための移籍リストに入れていることだろう。

他の選手もよく頑張ったと思う。 1点目を決めた小手川選手だが、北九州時代に見せていた動きで前線をかき回していた。 決めたゴールも位置取りがよかったし、冷静に流し込んだ姿が頼もしかった。 彼には前線が似合う。

ゴールこそなかったが、伊佐選手もよく動いていた。 2人のボランチもよくなった。 川西選手のやわらかいパスはよいアクセントになるし、相手の嫌がるところに出ていたと思う。 相棒が川西選手になってからの鈴木選手もよくなってきたと思う。 思い切りよく前線で攻撃参加するようになったと思うのだが、気のせいだろうか。 山岸選手も前々節の松本戦での3人(4人)抜きや精度の高いクロスを見せてくれるようになり、左サイドからの攻撃を牽引している。 ディフェンス陣の竹内選手と鈴木選手の安定感は半端ない。 片や名古屋から移籍してくれた選手、片や名古屋からのオファーを断って残ってくれた選手と2人にとっては因縁の一戦だったが、1失点に抑えてくれた。 福森選手も頑張っていたが、今日もイージーミスが目に付いた。 最終ラインのミスは失点に繋がることを肝に銘じて、更に精進してもらいたい。 それが自身のキャリアアップに繋がるはずだから。

上福元選手だが、今日は1失点と及第点だと言えるが、相変わらず無用心なボール使いが見られる点は勘弁していただきたい。 最後に右サイドに入った岸田選手だが、クロスの質がイマイチの感が拭えない。 途中から入った岩田選手も然りで、現時点での大分のウィークポイントだと思っている。 もともと清本選手や松本選手がやっていたポジションで、彼らが故障しているから止むを得ないのかもしれない。 だが、チームにはピンチでも選手個人にとってはチャンスであるはずだ。 チャンスをものにするためには自分が技を磨くしかない。 故障者が戻ってきたときにピッチに立つために何をなすべきか、今一度見つめ直してみてはどうか。

4点とって快勝した試合で書くことではないかもしれないが、今が良ければよいわけではない。 いつかは「J1」、それが私の望みだから、先を見据えた戦いをしてほしいと思っている。 大分はJ2最下位からスタートしたチームで対戦相手はすべて格上で当たり前に勝てるチームなどない、という気持ちを持って今後のリーグ戦に臨んでもらいたい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【現時点での力量差】アビスパ福岡-ファジアーノ岡山(J2第13節 2017/5/13@レベスタ)【すべてはファジのため】

サポートショップ制度について(全クラブチェック) 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

レオシルバを無視したJリーグの調査の仕方には、到底納得できない【情熱を真紅の鹿と共に】

凡事徹底が生む力【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

サッカーを考える切る脳力を養う【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

J2第11節 大分 対 松本山雅【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

J2第10節 大分 対 京都【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

J2大分の応援文化の形成過程(下)【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

ブロガープロフィール

profile-iconchamuscamagic2008

サッカーのプレー経験はありません。
戦術理解も足りません。
求めるものは心に響くプレーです。

そんな素人が素人目戦でサッカーを語ります。
  • 昨日のページビュー:41
  • 累計のページビュー:210389

(05月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 限りなく重い敗戦
  2. 勝ち点の重み… これでいいのかプレーオフ
  3. 見るに堪えない試合
  4. 必然の降格
  5. J1リーグ1stステージ第16節を見て
  6. 漸く!?監督交代
  7. 残念な快勝と「4」の凋落
  8. 若手選手の海外移籍に思う
  9. 嫌な予感
  10. 崖っぷち…

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
12
11
10
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss