チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)

月別アーカイブ :2015年12月

「歩みを重ね、そして未来へ」アイススレッジホッケークラブ選手権2015岡谷大会

2015年12月19日(土)~20日(日)にかけて、長野県岡谷市にあるやまびこの森アイスアリーナで、「アイススレッジホッケークラブ選手権2015岡谷大会」が開催された。 アイススレッジホッケーは、スレッジと呼ばれるそりに乗って行うアイスホッケーだ。主に下肢に障害のある人を対象としている。 出場チームは、長野サンダーバーズ、東京アイスバーンズ、北海道八戸バーバリアンズの3チーム。この大会では3チーム......続きを読む»

「卓球ニッポン、ここに在り」第38回全国ろうあ者卓球選手権大会

2015年12月26日(土)に、埼玉県越谷市の越谷市総合体育館で「第38回全国ろうあ者卓球選手権大会」が開催された。全国ろうあ者卓球選手権はろうあ者卓球の最高峰であり、全国から21名の精鋭達が集結した。 なお本大会の優勝者は来年7月にトルコで行われる第3回世界ろう者卓球選手権大会の日本代表に選出されるため、会場は熱気に包まれた。 そんな会場の中、男子選手の中でひときわキレの良さを見せていたのが伊藤......続きを読む»

「世界トップアスリートと障がい者スポーツを体験しよう」アイススレッジホッケー体験会

2015年12月27日(日)に、愛知県常滑市にあるイオンモール常滑ワンダーフォレストきゅりお内にあるワンダーリンク(スケートリンク)にて、「世界トップアスリートと障がい者スポーツを体験しよう」と題して、アイススレッジホッケー体験会が行われた。 アイススレッジホッケーはパラリンピックの正式競技で、日本代表は2006年のバンクーバーパラリンピックで銀メダルを獲得している。 イベントはアイススレッジホッ......続きを読む»

「未来を作るネットワーク」第6回サポネット札幌大会

2015年12月26日(土)に北海道札幌市で「第6回サポネット札幌大会」が開催された。 「サポネット札幌大会」はサポーターズネットワークフットサル札幌大会の略で、精神障がいの支援者たちが中心となり、この大会をスタートさせた。これまでに札幌で2回、芽室(北海道)、盛岡(青森県)、高知でそれぞれ1回と複数の地域で開催されている。 今大会の主催は札幌フットサル連盟で、北海道精神障害者スポーツサポーターズク......続きを読む»

「誰もが楽しめる場所」Border Free Soccer 2015

2015年12月20日(日)に埼玉県立障害者交流センターで、「Border Free Soccer 2015」が開催された。 主催は埼玉県脳性麻痺7人制サッカー協会で、イベントでは埼玉県で活動している脳性まひ者7人制サッカークラブのAS.UNITEDや神奈川県川崎市のアンプティサッカークラブFCアウボラーダ川崎の選手たちが参加し、一般参加者と一緒にサッカーを楽しんだ。 イベントには特別ゲストとして元......続きを読む»

「的確な判断、氷をよむ力」車いすカーリング 東京634

車いすカーリングチームの東京634は長野県で行われているカーリングのあさまリーグに参加している。あさまリーグは健常者、障がい者関係なく参加できるリーグ戦で、東京634以外にも信州チェアカーリングクラブがあさまリーグに参加している。 リーグ戦が行われている「カーリングホールみよた」(長野県北佐久郡)は、元々工場であった建物をカーリング場に作り変えている。カーリングのコート3レーンが敷かれており、地域に......続きを読む»

「惹きつける力」クロスカントリー、バイアスロン 佐藤圭一さん

今回はクロスカントリー、バイアスロン日本代表であり、2016年のリオデジャネイロパラリンピックではトライアスロンでの出場を目指しているクロカン王子こと「佐藤圭一」選手にインタビューをお願いした。 少年時代の性格、サラリーマン時代の生活、競技を始めたきっかけ、クロスカントリー/バイアスロンを選んだ経緯、趣味や普段の生活等など。詳細については別の機会で必ずお伝えするとして、今回の記事で伝えたいことがあ......続きを読む»

「静寂の中で」車いす陸上 木山由加さん

車いす陸上T52の韋駄天は、仲冬にもかかわらず暖かい日差しが差し込む競技場に、爽やかな風とともにその姿を現した。 チャレンジド・アスリート木山由加さんは、岡山県笠岡市にある陸上競技場をメインの練習場としている。 ウィークデイの午前中、そこは彼女一人の孤独な戦いの場でもある。 岡山国体に合わせて設立されたとても綺麗な競技場は、アスリートにとっては最適な練習環境にも関わらず、指導者もなく、孤独に、た......続きを読む»

「全てが見逃せない一瞬!」第19回日本シッティングバレーボール選手権大会

2015年12月12日(土)~13日(日)に兵庫県神戸市の王子スポーツセンターで「第19回日本シッティングバレーボール選手権大会」が開催された。 シッティングバレーボールはパラリンピックの正式種目にもなっている、座って行うバレーボールだ。国際大会では切断や関節障がいの方が主な対象となるが、座った状態であれば障がいの有無に関係なく行うことができるため、日本国内では健常者も含めてたくさんの人がシッティン......続きを読む»

「自然との対峙、感じる楽しさ」日本障害者フィッシング協会主催 フィッシング体験大会

トラウトとの格闘に集まった面々は実に様々。 老若男女、車いすや筋ジストロフィー、ダウン症の戦士も沢山集結したこの戦いは、自然を相手に数時間にも及び、気力・体力・忍耐力の全てが求められる、けれども皆が楽しめる、世界各地で行われているメジャースポーツなのだ。 日本障害者フィッシング協会の林様のお誘いで、12月6日(日)にジョイバレー千葉(千葉県山武郡)で行われた「フィッシング体験会」にお邪魔させてもら......続きを読む»

「世界へ羽ばたけ!」第1回ドリームカップ車いすテニス選抜ジュニアチーム戦

2015年12月12日(土)~13日(日)に、江坂テニスセンター(大阪)で「第1回ドリームカップ車いすテニス選抜ジュニアチーム戦」が開催された。 この大会は、国枝慎吾選手のコーチである丸山弘道氏主催のジュニアの団体戦で、小学校3年生から高校2年生までの16人が東西に分かれて対決するという全国大会だ。 参加選手は、東日本代表と西日本代表に分かれてシングルスとダブルスで対戦。勝敗は代表チームごとの総獲......続きを読む»

「信じることから生まれる可能性」車いす陸上 佐藤健さん

午後の江戸川陸上競技場で快走するレーサー。 レーサーとは陸上用の車いすのことで、速い選手になると自転車をも凌ぐスピードでフルマラソンを走りきる。 シルバーと黒のシンプルな装いでトレーニングに励む佐藤健さんは、陸上歴4年のアスリートだ。冬季にはチェアスキーのアルペンも行っている。普段は、週1回のオフ以外は毎日ランや筋力トレーニングを行っている。 今回は、受傷をして車いす生活になる前からスポーツが大好き......続きを読む»

「広がる楽しさ、肌で感じる走快感」第33回JBMA神宮外苑ロードレース

2016年12月6日(日)に東京都渋谷区にある明治神宮外苑で「第33回JBMA神宮外苑ロードレース」が開催された。 JBMAとは今大会を主催している日本盲人マラソン協会(Japan Blind Marathon Association)の略で、日本盲人マラソン協会では、マラソンを中心とした視覚障がい者陸上の普及や、大会の開催、国際大会への選手派遣などを行っている。 今大会は10kmマラソンと5km......続きを読む»

「白熱した戦い、2020年へ加速」第16回車椅子マラソンin横須賀 日産カップ追浜チャンピオンシップ

年末も差し迫る12月6日(日)、横須賀市にて「第16回車椅子マラソンin横須賀 日産カップ 追浜チャンピオンシップ」が開催された。 この大会は横須賀市追浜に工場を構える日産自動車が地域を挙げて開催するイベントで、追浜駅前から日産自動車追浜工場までの公道を閉鎖して3周(21.0975キロ)する。 今回で16回目となるこのイベントは、今回も多くのアスリートが集結し、強風の中熱い戦いが繰り広げられた。 ......続きを読む»

「繋げ!日本の夢と希望!」パラ駅伝in TOKYO 2015

2015年11月29日(日)に、東京都世田谷区の駒沢公園で「パラ駅伝in TOKYO 2015」が開催された。 日本財団パラリンピックサポートセンターが主催するこのイベントには、SMAPや宝塚歌劇団のトップスターもかけつけ、会場を盛り上げた イベントには関東を中心に全国から19チーム152名が集結。合計約20kmを一人2.5kmずつに分けて8人でリレーは行われた。 視覚障がいのランナーからスタート......続きを読む»

「集中力が生み出す0.1mmの戦い」第28回全日本ライフル射撃競技選手権大会

2015年11月28日(土)~29日(日)に長崎県小江原射撃場で「第28回全日本ライフル射撃競技選手権大会」が開催された。 今大会では、エアライフル、エアピストル、ビームライフル、ビームピストルの4種目が行われた。種目は距離や弾数により更に細かく分けられる。 ○用具と工夫 選手達は自分に合った専用の射撃台を使って射撃を行う。車いすの選手の場合、日常用の車いすに射撃台をそのまま取り付けている選手もい......続きを読む»

「その背中は子供たちの夢となる」障がい者バドミントン 小倉理恵さん

2020年からパラリンピックの正式競技となるバドミントン。今回は、車いすバドミントンの小倉理恵選手の練習にお邪魔し、インタビューを行った。 場所は埼玉県所沢市にある所沢サン・アビリティーズ。小倉さんの活動地は埼玉県が中心で、週3回の練習を定期的に行っている。バドミントン経験者である旦那さんと2人のお子さんもバドミントンを行っているバドミントン一家だ。 ○バドミントンを始めたきっかけ 「友人に誘わ......続きを読む»

「こんなバスケ知ってる?」車椅子ツインバスケットボール近畿選手権大会

○「なんでゴールが2つあるんだろ?」 ●「バスケを楽しむために創られた新らしいスポーツともいえるけど、むしろバスケの一つの楽しみ形だよ。」 ○「どういうこと?」 ●「昔、野球が低迷していた時代に”DH”って導入したでしょ。あれは球団がルールを変更するというケースだったけど、つまりは楽しむための試み(営利向上という側面も当然あるけど)ということで、ツインバスケも、バスケを楽しみたい人たちがクリエ......続きを読む»

「ヒーロー達がそこにはいた」第5回日本アンプティサッカー選手権大会

2015年11月22(日)~23日(祝月)、富士通スタジアム川崎(神奈川県川崎市)にて、「第5回日本アンプティサッカー選手権大会2015」が行われた。 この大会は全国各地に拠点を置く6チームが日本一を目指して競い合う国内最大の大会である。また、選手にとっては、来年2016年の世界大会に出場する日本代表選出をアピールする重要な大会でもある。 一日目は2グループに分かれてのリーグ戦、二日目は最終順位を......続きを読む»

「新しい天下布武」第13回全国身体障害者グラウンド・ゴルフ大会

岐阜城を頂に構える金華山の麓、かつて16世紀には楽市楽座で賑わい、全国の品物だけでなく様々な人々が往来し、文化の隆盛を誇ったこの土地は、その精神を現代のスポーツシーンにおいても発揮し、新たなスポーツ文化のためのイノベイトを続けている。 「グラウンド・ゴルフ」なんとなくイメージできる競技ではありながらも、初めて観戦、取材することとなった今回の「第13回全国身体障害者グラウンド・ゴルフ大会」は、岐阜メ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconchalleath

  • 昨日のページビュー:17
  • 累計のページビュー:69725

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「当たり前にある世界基準」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  2. 「リオへと続く大分の道」第65回別府大分毎日マラソン大会
  3. 「輝きを増す選手たち」DUNLOP KOBE OPEN
  4. 「更なる高みへ」 デフバレーボール女子日本代表合宿レポート
  5. 「この速さについてこれるか」第1回日本IDハーフマラソン選手権大会
  6. 「スポーツが繋ぐ世界」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  7. 「安定した技術と心の強さ」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  8. 「輝きを育てる仲間」日本ろう者テニス協会強化合宿
  9. 「成長と夢を感じる戦い」DUNLOP KOBE OPEN 国内ジュニア車いすテニストーナメント
  10. 「世界ナンバーワンを視野に」デフバレーボール日本女子代表強化合宿

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss