チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)

スポーツ医

~リハビリの天井~ 義肢装具サポートセンター・レポート③

義肢装具サポートセンターに訪れる患者は明確なゴールを持っている人が多い、と梅澤氏は語り、その理由として「仕事や日常生活をする上で、耐えうる状況を(第三者が)作ってくれなかったから」と語った。 義肢装具に対する医師の知識不足、技術の地域格差、義肢装具に関わる医療従事者の人員不足等の理由から孤立してしまった患者たちが、インターネットやTV・新聞を通じて当施設を訪れるそうだ。 また、一般的な病院では......続きを読む»

~義足で『走る』こと~義肢装具サポートセンター・レポート②

前章では義足で「歩く」動作について着目したが、「走る」動作はどうなのか。 現在、義足は各部品を独立した部品で組み立てる「骨格構造」が主流であり、下腿義足(膝部で切断した人が付ける義足)の場合、断端部を収納するソケット、機能パーツである足部、それらをつなぎ長さを調整するパーツで構成される。 さらに大腿義足(大腿骨で切断した人が付ける義足)の場合は、ソケットと足部の間に膝継手パーツが追加される。 ......続きを読む»

義肢装具サポートセンター・レポート①

東京都荒川区の南千住駅からほど近い場所に“義肢装具のメッカ”がある。 公益財団法人鉄道弘済会義肢装具サポートセンターだ。 義肢装具サポートセンターは、1969年に「東京身体障害者福祉センター」として発足した、義肢装具の製作から義肢装着訓練まで、一貫した諸サービスを提供する民間における国内で唯一の総合的なリハビリテーション施設である。 施設に訪れる患者の経緯は、交通事故や労災事故などの外傷、動脈......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconchalleath

  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:71336

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「当たり前にある世界基準」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  2. 「リオへと続く大分の道」第65回別府大分毎日マラソン大会
  3. 「輝きを増す選手たち」DUNLOP KOBE OPEN
  4. 「更なる高みへ」 デフバレーボール女子日本代表合宿レポート
  5. 「この速さについてこれるか」第1回日本IDハーフマラソン選手権大会
  6. 「スポーツが繋ぐ世界」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  7. 「安定した技術と心の強さ」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  8. 「輝きを育てる仲間」日本ろう者テニス協会強化合宿
  9. 「成長と夢を感じる戦い」DUNLOP KOBE OPEN 国内ジュニア車いすテニストーナメント
  10. 「世界ナンバーワンを視野に」デフバレーボール日本女子代表強化合宿

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss