チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)

「課題を達成し、新たな自分を発見」ハンドサッカーin神戸

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年2月20日(土)に神戸市立青陽東養護学校(兵庫県)で、ハンドサッカーの講習会「ハンドサッカーin神戸」が開催された。主催は社会福祉法人日本肢体不自由者協会。 ハンドサッカーは昭和53年に東京都の府中養護学校でスタートし東京都を中心に広がった。平成20年に「第1回ハンドサッカーフェスティバル」が開催され、平成21年に日本ハンドサッカー協会が設立された。 講習会は共催の日本ハンドサッカー協会により行われ、午前中はハンドサッカーのビデオを用いた講義、午後からは実技が行われた。

ハンドサッカーは軽度障がいから重度障がいまで全ての人が一緒に行うことのできるボールを使ったチーム体スポーツだ。手が使える選手は手を=「ハンド」、足が使える選手は足を=「サッカー」という考え方から「ハンドサッカー」という名前が生まれた。サッカー同様に相手ゴールにボールを入れて、合計得点を競う。 1チームは7人で編成される。ポジションは、フィールドプレイヤー、スペシャルシューター、ポイントゲッター、ゴールキーパーの4つで、身体機能や認知・判断の力に応じて決定する。 自立歩行・走行ができる選手から電動車椅子の選手まで程度も様々なプレーヤーが一緒に行うため、ルールは工夫されている点が多い。

フィールドプレイヤーは障がいの度合いにより5秒もしくは10秒のボール保持時間が決められている。上肢の麻痺などでボールをキャッチすることが困難な選手は、ボールが身体や車椅子などに触れた場合でもボール保持として認められる。 ハンドサッカーでは、メインとなるゴール(メインゴール)に加えて、サイズの小さいサブゴールが設置されており、ポジションによりシュートをするゴールが変わる。 スペシャルシューターはボールを保持した状態でスペシャルシューターエリアに入ることで、バスケットボールのフリースローのようにフリーでサブゴールへシュートするチャンスが2度与えられる。 ポイントゲッターはボールがわたることでメインゴールへのシュートチャンスが1度与えられる。 フィールドプレイヤーはサブゴールへのシュートはできない。

スペシャルシューターとポイントゲッターのポジションには重度障がいの選手が入ることが多く、重度障がいの選手たちにとってはシュートの動作自体が「課題」となる。選手は事前にシュートで使用するボールと投げ方、シュートに要する時間を設定する。課題はチームで設定することができるため、勝利を追及するのであれば容易に得点が取れる設定をするのだが、参加者たちのシュートを見ていると決定率はおおよそ50%程度で、決して簡単な課題設定をしていないことが分かる。 今回の講習会では大きなゴムボールやボッチャを用いてシュートの課題が行われた。中でも「ラジコンでボールを運んでシュートをする」という課題では、ラジコンが直進的な動きだけでなく回転運動の設定がされているため難易度が高く、参加者たちは悪戦苦闘をしながら操作をしていた。失敗をすればするほど成功をした時の喜びは大きく、シュートが決まると敵味方関係なくシューターには拍手が送られた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハンドサッカー
タグ:
障害者スポーツ
障がい者スポーツ
養護学校
特別支援学校
ハンドサッカー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

「最後に見えた日本の意地」2016国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会3日目【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

「見えてきた課題と次への目標」2016国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会2日目【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

松井コアトレーナーの体幹トレーニング!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

2015年の大学アメフト観戦総括(他大学編)【さすらいのスポーツ観戦記】

2016年1月度 高田裕士・千明選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

「スタートした2020への戦い」2016国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

大波乱【暇人の観戦記】

見る側にとっては、楽しい時間は早く過ぎてしまい、シーズンオフはやたらと長い【Bigfieldの「自然体の研究」】

ブロガープロフィール

profile-iconchalleath

  • 昨日のページビュー:38
  • 累計のページビュー:61944

(12月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「当たり前にある世界基準」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  2. 「リオへと続く大分の道」第65回別府大分毎日マラソン大会
  3. 「輝きを増す選手たち」DUNLOP KOBE OPEN
  4. 「更なる高みへ」 デフバレーボール女子日本代表合宿レポート
  5. 「この速さについてこれるか」第1回日本IDハーフマラソン選手権大会
  6. 「スポーツが繋ぐ世界」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  7. 「安定した技術と心の強さ」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  8. 「輝きを育てる仲間」日本ろう者テニス協会強化合宿
  9. 「成長と夢を感じる戦い」DUNLOP KOBE OPEN 国内ジュニア車いすテニストーナメント
  10. 「世界ナンバーワンを視野に」デフバレーボール日本女子代表強化合宿

月別アーカイブ

2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss