チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)

「伝統と誇りをかけた戦い」第30回記念全日本視覚障害者柔道大会

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月22日(日)に「第30回記念全日本視覚障害者柔道大会」が開催された。 パラリンピック出場選手も多く参加するこの大会は、毎年柔道の聖地である講道館で行われている。

視覚障害者柔道は、障がいの程度に関わらず体重別で行う。男子は7階級、女子は6階級に分かれている。 試合は、選手が組んだ状態からスタートし、場外の枠が近づくと主審は「場外、場外」と選手たちに伝える。選手の入退場は副審が付き添って行い、試合はスムーズかつ安全に進められる。 61名の参加者の中には視覚聴覚両方に障がいの選手もいる。こういった選手にはガイドヘルパーの方が触読手話や指点字で試合の競技の進行や試合状況などを伝える。 今大会はインドとスウェーデンからの参加もあり、選手にとって刺激のある大会となったに違いない。 1988年ソウルパラリンピックから正式競技になった視覚障害者柔道は、以後コンスタントにメダルを獲得している。2016年リオデジャネイロ、そして2020年東京パラリンピックと、日本のプライドをかけて選手たちは世界に挑戦し続ける。

■結果 ○男子 60kg級 廣瀬 誠 66kg級 藤本 聰 73kg級 永井 崇匡 81kg級 北薗 新光 90kg級 廣瀬 悠 100kg級 松本 義和 100kg超級 正木 健人 ○女子 48kg級 半谷 静香 52kg級 土屋 美奈子 57kg級 三輪 順子 63kg級 NICOLINA PERNHEIM(SWE)



日本視覚障害者柔道連盟

チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEAEH(チャレアス)

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
視覚障がい者柔道
タグ:
チャレンジド・スポーツ
障がい者スポーツ
障害者スポーツ
視覚障害者柔道
柔道

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

世界ジュニア柔道選手権優勝 舟久保遥香【矢嵜雄大『柔道日記 JUDO LIFE』】

全日本学生柔道体重別団体優勝大会の結果だけを眺めて【柔道の面白さと魅力を伝えるブログ】

【オススメ柔道漫画1】帯をギュッとね!【柔道の面白さと魅力を伝えるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconchalleath

  • 昨日のページビュー:273
  • 累計のページビュー:62531

(12月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「当たり前にある世界基準」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  2. 「リオへと続く大分の道」第65回別府大分毎日マラソン大会
  3. 「輝きを増す選手たち」DUNLOP KOBE OPEN
  4. 「更なる高みへ」 デフバレーボール女子日本代表合宿レポート
  5. 「この速さについてこれるか」第1回日本IDハーフマラソン選手権大会
  6. 「スポーツが繋ぐ世界」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  7. 「安定した技術と心の強さ」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  8. 「輝きを育てる仲間」日本ろう者テニス協会強化合宿
  9. 「成長と夢を感じる戦い」DUNLOP KOBE OPEN 国内ジュニア車いすテニストーナメント
  10. 「世界ナンバーワンを視野に」デフバレーボール日本女子代表強化合宿

月別アーカイブ

2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss