チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)

「楽しいサッカー」 開催第40回記念インクルージョンカップ6人制フットサル

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月10日(土)、東京都府中市にある府中スポーツガーデンにおいて、「開催第40回記念インクルージョンカップ6人制フットサル大会」が開催され、東京近隣の13チームが参加した。当大会は、東京都知的障害者育成会のスポーツ推進事業でもある。

大会のコンセプトについては、 前記事『「共生社会の実現へ」 開催第40回記念インクルージョンカップ6人制フットサル』をご覧いただきたい。 当記事では、大会の様子をお伝えしたい。

当大会は、東京近郊の13チームが参加した。 クラブチームが2チーム、残りは通勤寮等の施設で結成されたチームである。

定刻の9時に開会式が開催され、社会福祉法人東京都知的障害者育成会の永田直子副理事長より開会の挨拶がなされた。 選手達は今から始まる熱戦を前に少しソワソワしながらも、永田副理事長のお言葉に真剣に耳を傾けていた。

開会式が終了した後、9時半に初戦のキックオフの笛が鳴った。 当大会は、6チーム、7チーム毎のグループリーグを戦ったのち、各グループで順位を決め、同じ順位のチーム同士が決勝トーナメントを戦い、最終的な順位を決める。

選手達は、笑顔も見せつつ、真剣だ。 相手にゴールを奪わせまいと体を投げ出し守備をする。 中には、ボールを持った相手をターンさせまいと、レフリーに見えないように相手のユニフォームを掴むプロ顔負けの選手もいる。(見つかればファールだが) そして何よりゴールが決まった時は、その喜びの感情を体全体で表現する。 また、選手以上にベンチにいる家族や他のチームメートも喜びを爆発させる。 その喜び方は、優勝が決まった試合のようであり、見ていて本当に気持ちが良い。 それだけサッカーが、そして自分達のチームが好きなのであろう。

どの試合も見所があり、全ての試合をレポートしたい気持ちではあるが、 その中でも一番手に汗を握った決勝戦の様子を伝えようと思う。

決勝戦は、「ホワイトシックス立川(A)」と「ZIZZOZU(B)」の2チーム。 両チームとも、グループリーグでは、圧倒的な強さで勝ち上がって来た。

決勝戦は、まさに真剣そのもの。 それまでは少しほのぼのとした試合もあったが、 決勝戦に限っては、念のためレフリーがイエローカードとレッドカードを用意したほどだ。 例年、この決勝戦は激しい戦いが繰り広げられている。

先制したのは「ZIZZOZU(B)」。しかしすぐさま「ホワイトシックス立川(A)」が追い付く。両チームとも、相手ゴールへ後一歩のところまで迫るが、両チームともディフェンスラインがしっかりとしており、最後の最後で体をしっかりと張る。 フットサルの場合、ゴールキーパーから一気に逆襲という場面も多く見られるが、 速攻が難しいと判断するや、ディフェンスラインから丁寧にパスを繋ぎ、ビルドアップをしている。 ZIZZOZU(B)の選手が素早いターンから1枚剥して突破するシーンを、 後ろからのタックルでチャレンジするなどの激しいシーンも見られた。 (もちろんファールである。ただし故意ではなかったためカードは出なかった) 結局、両チームとも決めきれず1対1のまま前後半が終わった。 3分間のVゴール形式の延長戦でも決着はつかず、勝負はPK戦へ。 勇気ある両キーパーの活躍もあり、手に汗握る展開が続いたが、PK戦の末「ZIZZOZU(B)」が優勝した。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
6人制フットサル
タグ:
パラスポーツ
障がい者スポーツ
6人制フットサル
フットサル

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016年8月度 高田裕士・千明選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

車いすテニス 男女ともメダルに向けて前進 国枝慎吾は8強、上地結衣は4強進出!(リオ・パラリンピック)【0 to zeroのhorizon】

リオパラリンピックのレジェンドたち【暇人の観戦記】

2016シーズン開幕【パッツ サイクル カープ AND MORE】

ラクロス部・関東学生ラクロスリーグ戦 対慶大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

馬術部・関東学生馬術争覇戦2部 1回戦対東農工大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

リオパラリンピック 車いすテニス・ドロー 日本選手の組み合わせが決定! 国枝慎吾、上地結衣らがメダルを目指す!【0 to zeroのhorizon】

「王者の貫禄」第54回近畿身体障害者野球西近畿大会【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

ブロガープロフィール

profile-iconchalleath

  • 昨日のページビュー:38
  • 累計のページビュー:61944

(12月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「当たり前にある世界基準」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  2. 「リオへと続く大分の道」第65回別府大分毎日マラソン大会
  3. 「輝きを増す選手たち」DUNLOP KOBE OPEN
  4. 「更なる高みへ」 デフバレーボール女子日本代表合宿レポート
  5. 「この速さについてこれるか」第1回日本IDハーフマラソン選手権大会
  6. 「スポーツが繋ぐ世界」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  7. 「安定した技術と心の強さ」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  8. 「輝きを育てる仲間」日本ろう者テニス協会強化合宿
  9. 「成長と夢を感じる戦い」DUNLOP KOBE OPEN 国内ジュニア車いすテニストーナメント
  10. 「世界ナンバーワンを視野に」デフバレーボール日本女子代表強化合宿

月別アーカイブ

2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss