チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)

第19回シッティングバレーボール全国親善交流大会in白馬

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年7月30日(土)~31日(日)、長野県北安曇郡白馬村のウイング21で 開催されたこの大会は、日本パラバレーボール協会主催で、 毎年7月に実施されている親善交流大会です。

男子17チーム、女子7チーム、障がいの有無にかかわらず総勢約200人が出場。 小学生から50歳代ぐらいまでの人々が集い、真剣な眼差しのなかにも時折笑顔が垣間見え、 ”シッティングバレーを楽しむ”という、まさに交流大会という雰囲気だ。 (本大会は男女別に実施するが、女性は男性チームに混ざることが可能)

試合の大切な場面、子どもに選手交代しボールを渡してサーブを任せる。 成功も失敗も励まし褒める。 子どもたちにとってこのような経験をすることが、自然とノーマライゼーションが 身につくきっかけになっているのかもしれない。

シッティングバレーは単なる「障がい者スポーツ」ではなく、 ユニバーサルスポーツとして老若男女が”成長できる環境”であると感じた。

本大会に出場していた「東京プラネッツ」の加藤正選手(47歳)に話をお聞きした。 加藤選手は骨肉腫で7歳の時に左大腿(だいたい)部を切断したが、 高い身体能力で車いすバスケットボールなど多くの競技をこなし、 1988年ソウルパラリンピックは競泳で出場の経験を持つ。 そして1998年長野パラリンピックのアイススレッジスピードレースで銀メダル獲得。 2006年トリノパラリンピックではアイススレッジホッケーでも活躍した選手。

”パラリンピックは夏1回、冬4回出場したけど、規模の大きな夏の大会にもう1度出場したい” という想いから、シッティングバレーボール競技の挑戦が始まった。

「47歳という年齢なので体力への不安もあるが、気力はある。 この競技を選んだのは188センチの長身を活かせると思ったから。 まだ競技を始めて1年未満だけど、日本代表に選ばれることを目標に 日々トレーニングしています。」とのこと。

シッティングバレーボールは2016年リオパラリンピックでは男女共に出場を逃したが 2020年東京パラリンピックでは日本代表の一員として 笑顔でコートにいてほしいと思う選手である。

<シッティングバレーボールとは・・・・> 床に臀部(お尻)の一部をつけたまま行う6人制のバレーボール。 ボールは公認のバレーボール球を使用するが、コートの広さは 一般のバレーボールコートよりも狭く(サイドライン5m、エンドライン6m)、 座位で行えるようネットの高さも低く設定されている(男子1.15m、女子1.05m)。 試合は国際バレーボール競技規則に準じてラリーポイント制・5セットマッチ (3セット先取で勝利)で行われる。サーブ、ブロック、スパイクなどの際は、 立ち上がったり飛び跳ねたりして床から臀部を浮かしてはならないが、 レシーブの際だけ短時間の臀部の離床が認められている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
シッティングバレーボール
タグ:
障がい者スポーツ
パラスポーツ
シッティングバレーボール

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016年7月度 高田裕士・千明選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

「2020年のパラリンピアン」全国特別支援学校ボッチャ大会 ボッチャ甲子園【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

「見えない壁だって、超えられる。」モンキーマジック小林代表講演会【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

2016愛知県車いすテニス大会 in NAGOYA【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

「想いを乗せ天高く飛んで行け」第20回全日本障害者・高齢者フライングディスク競技大会【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

「全員が主人公」第20回ひと・人・ヒトヨット大会2デイズin蒲郡【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

「プロフェッショナルとして」 2016 JPFAエリートプログラムin Kobe(電動車椅子サッカー)【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

「真剣に向き合う」肢体障害者ボウリング交流戦【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

ブロガープロフィール

profile-iconchalleath

  • 昨日のページビュー:22
  • 累計のページビュー:69709

(07月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「当たり前にある世界基準」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  2. 「リオへと続く大分の道」第65回別府大分毎日マラソン大会
  3. 「輝きを増す選手たち」DUNLOP KOBE OPEN
  4. 「更なる高みへ」 デフバレーボール女子日本代表合宿レポート
  5. 「この速さについてこれるか」第1回日本IDハーフマラソン選手権大会
  6. 「スポーツが繋ぐ世界」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  7. 「安定した技術と心の強さ」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  8. 「輝きを育てる仲間」日本ろう者テニス協会強化合宿
  9. 「成長と夢を感じる戦い」DUNLOP KOBE OPEN 国内ジュニア車いすテニストーナメント
  10. 「世界ナンバーワンを視野に」デフバレーボール日本女子代表強化合宿

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss