チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)

challeath

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:71210
  • (11月29日現在)

最新の記事

パラバドミントンの普及を目指して~第27回福岡障がい者バドミントンオープン大会~

6月10、11日(土、日)に福岡県福岡市南区塩原の福岡市南体育館で第27回福岡障がい者バドミントンオープン大会が開催された。本大会は、障がい者のバドミントン大会としては全国から参加者が集うとても大きな大会である。今年で27回目を迎えるが、北海道からも選手が参加しており知名度も大きくなってきていることがうかがえた。 参加資格は中学生以上の障がい者となっているが、車いすのクラスであるCクラスには車......続きを読む»

『パラリンピアンの宝庫!』木山由加のUniversity of Illinois滞在記4

5月19日、Fast Cowの日がやってきた。開催は夕方からである。陸上のシーズンインとして、本大会を選ぶアメリカの選手も多くいる。本大会は、イリノイ大学でコーチをしているAdamコーチが設立した大会であることもあり、アメリカの選手がほとんどである。牛がレーサーに乗っているロゴや、大会のネーミングもAdamコーチの立案だ。 大会はCarroll Stadiumで行われた。インディ・イレブンという......続きを読む»

『パラリンピアンの宝庫!』木山由加のUniversity of Illinois滞在記3

 本日の天気も快晴、気温は日本よりも少し高いくらいで、湿度はちょうど良い。  なぜ、長時間のフライト、言語の壁があろうとも、木山はアメリカにこだわるのか。その理由を聞いてみた。  「アメリカでは、練習のOnとOffの切り替えが日本よりもはっきりしている。大会が近くなれば競技の話もするけれど、生活の中では障害クラス関係なくフラットに話ができる。先輩も後輩も関係なく。コーチに対する絶大な信頼関係を......続きを読む»

【2017 FIPFA World Cup 日本代表最終合宿】

2017年6月10日(土)、11日(日)の二日間、ニチイ学館神戸ポートアイランドセンターにて電動車椅子サッカー日本代表の最終合宿が行われた。 選手たちは7月のWorld Cup本番に向けセットプレーやフォーメーションの確認、強化試合などで最終調整を行った。 コンディションは上々のようだ。 さて、皆さんは電動車椅子サッカーをご存知だろうか。 電動車椅子サッカーとは、電動車椅子の前にフットガ......続きを読む»

『パラリンピアンの宝庫!』木山由加のUniversity of Illinois滞在記2

イリノイ大学の練習は朝が早い。 5:30には起きて、8:00にはスタートする。 チームを率いるのは、自身もパラリンピックの出場経験のあるAdamコーチだ。大学で教鞭もとっている。  競技場までの移動は大学から自走していく。一般道を列になり、車いすレーサーの後ろに2m強ほどの高さもある旗を立て、道が悪かろうがリスが出てこようが、気にも留めず走る。競技場までは約2km。往復で4kmほどである。 ......続きを読む»

『パラリンピアンの宝庫!』木山由加のUniversity of Illinois滞在記1

2017年5月13日土曜日、日本からの乗り継ぎを含めると約16時間のフライトを経て、木山はアメリカ合衆国にあるシャンペーン空港にいた。2014年に1度イリノイ大学を訪れ、練習に3日間参加したことはあるものの、今回が2回目、それも数日ではなく2週間である。滞在中にはFast Cow Invitationalの大会もある。 「Welcome to the University of Illino......続きを読む»

「感じる世界レベル」車いすテニス Japan Open

2017年5月16日(木)~21日(日)に、福岡県飯塚市で、車いすテニスのJapan Openが開催された。この大会は、ITF(国際テニス連盟)Super Seriesに該当する、日本国内では最高峰の大会で、国内外からトップ選手が集結した。 大会3日目には、男女シングルスのベスト4、クァード(四肢麻痺)シングルスとダブルスのファイナリストが出揃った。 日本人選手では、5連覇を狙う上地結衣選......続きを読む»

トランジション中に見え隠れする戦略!義肢をどう使う?2017年世界パラトライアスロンシリーズ in 横浜

2017年5月13日(土)、神奈川県横浜市山下公園周辺の特設会場にて、2017年世界トライアスロンシリーズ横浜大会が開催された。パラトライアスロン参加者は総勢72名。オリンピック・パラリンピックメダリストをはじめとする、世界のトップアスリートが横浜に集結し、白熱したレースを繰り広げた。秦由加子選手や土田和歌子選手、谷真海選手など女性選手、佐藤圭一選手なども出場した。 パラトライアスロンは一般......続きを読む»

パラカヌー日本代表・瀬立モニカ選手トークショー「ノーリミッツスペシャル2017上野」Vol.3

GW中に開催された「ノーリミッツスペシャル2017上野」ではパラアスリートのトークショーも行なわれた。 カヌー(パラカヌー)日本代表選手「瀬立(せりゅう)モニカ選手」のトークショーではリオパラ出場決定となった時のエピソードなどを語ってくれた。 GW中に開催された「ノーリミッツスペシャル2017上野」には数多くのパラリンピアンが登場し、様々なイベントが実施された。 2日目にはカヌー(パラカヌー......続きを読む»

「サッカーなら、どんな障害も越えられる ~レオピン杯・アンプティサッカーより~」

5月13日(土)~14日(日)、アンプティサッカーの大会である第4回レオピン杯 Copa Amputee が大阪市の花博記念公園、鶴見緑地球技場にて行われた。アンプティサッカーとは切断者サッカーという意味であり、ゴールキーパーは上肢切断者、フィールド内のプレーヤーは下肢切断者でチームが構成されていた。フィールドプレーヤーは杖(ロフストランドクラッチ)を使用してプレーし、フィールドの大きさやゴー......続きを読む»

限界を超えろ!国内最大級イベントが上野で開催!!「ノーリミッツスペシャル2017上野」Vol.2

5月6日、7日の2日間にわたって行われた「NO LIMITS SPECIAL 2017 上野」。パラリンピック競技の魅力を多くの方々に伝えるべく、東京都が主催しているイベントだ。2回目となった今年は、上野恩賜公園に様々な競技の体験ブースが置かれ、いろいろな企画を通してパラ競技をより身近に感じられる場となった。 最終日のこの日は、16時から「幅跳び決戦!世界記録に挑戦&フィナーレイベント」が行......続きを読む»

「NO LIMITS」限界は無い!!「ノーリミッツスペシャル2017上野」Vol.1

2017年5月6日(土)7日(日)上野恩賜公園竹の台広場には多くのパラリンピアン、オリンピアンが集結し「ノーリミッツスペシャル2017上野」が開催されていた。 このイベントは東京都主催で開催されているパラリンピック体験イベント「NO LIMITS CHALLENGE」のスペシャル版で今回で2回目の開催となる。 初日には東京都の小池都知事らも登場し、松岡修造さん、平井理央さん司会の息の合った進行で......続きを読む»

「小林幸子必殺「ラスボス超人拳」炸裂!?”超人スポーツ体験会”」

4月29日、30日の両日に、千葉県の幕張メッセで「ニコニコ超会議2017」が開催された。総来場者数は154,601人。ネット上での来場者数は5,059,967人を記録した。会場には歌舞伎、相撲、将棋、音楽、ゲーム、アニメ、ボカロ、政党、企業、最新技術などの体験や観覧ができる100を超えるブースが集結し、来場者はそれぞれ目当ての企画を楽しんだ。  超人スポーツの中でも人気の“HADO”は、動き......続きを読む»

日本の障がい者サッカーを変えていきたい「ジヤトコ×横浜F・マリノス フトゥーロカップ」

4月15日土曜、16日日曜。 ジヤトコ×横浜F・マリノス フトゥーロカップが開催された。 会場は裾野市にある時之栖スポーツセンター。 目の前には富士山が優雅に見られる会場だ。 大会当日は晴天に恵まれ、選手たちは自身の力を出し切り、熱戦が繰り広げられた。 本大会は知的障がい者サッカーの選手たちがプレーし、活躍することができる数少ない大会の一つだ。 横浜F・マリノスとジヤトコが共同開催してい......続きを読む»

挑戦する人を応援する プロネクサスグループ主催 リオパラリンピック パラローイング日本代表 駒崎茂選手講演会

3月上旬。 東京都港区に本社を置く株式会社プロネクサスにてパラアスリートの講演会が行われた。 講演会に登壇したのは、リオパラリンピック パラローイング日本代表の駒崎茂選手。平日の講演会ではあったが、大勢の従業員が講演会会場へ駆けつけた。 3月上旬。 東京都港区に本社を置く株式会社プロネクサスにてパラアスリートの講演会が行われた。 講演会に登壇したのは、リオパラリンピック パラローイング日本......続きを読む»

「スポーツは最高のコミュニケーション」(第16回JDFAデフリーグ大会)

2017年4月22日・23日 東京都品川区大井ふ頭中央海浜公園第二球技場で「第16回JDFAデフリーグ大会」が行われた。 デフサッカーとは、聴覚障がい者を対象としたスポーツである。国際的には、聞こえが良い方の耳が55dB以上の人が対象となっている。ルールは健常者のサッカーと同じだ、一点だけ違うところがある。写真を見てもらえばわかると思うが、普通線審が持っているフラッグを主審も持っている点だ。これ......続きを読む»

「勇気と希望を与える」車いすテニスinブルボンビーンズドーム

2017年4月20日〜4月23日にかけて「DUNLOP KOBE OPEN 2017」が、兵庫県三木防災公園内ブルボンビーンズドームで行われた。今大会では女子シングルス8連覇中の上地結衣選手や、今大会が怪我からの復帰戦となる国枝慎吾選手など、リオパラリンピック出場経験のあるトップアスリートが出場した。そして、会場となったブルボンビーンズドームは国際的規模の大会から市民大会まで幅広く利用され、テ......続きを読む»

「国際盲人マラソン2017」

2017年4月16日(日)、快晴の中、かすみがうらマラソンは開催された。  スタート時の気温は20.8度。強い日差しもあいまって、選手にとっては暑い中のレースとなった。しかし、集まった19,594人のランナーの熱気はそれ以上に熱かった。今年で第27回目、世界30の国と地域、国内47都道府県からのエントリーがあった本大会。マラソンブームが到来する前から、続く人気の大会だ。  猪木コールの正体は......続きを読む»

「Warm Blue 2017 障がい者サッカー体験レポート」

4月1日はエイプリルフール 日本でもお馴染みのウソをついてもよいとされる日。  では、4月2日は何の日かご存知だろうか。  「世界自閉症啓発デー」である。  ニューヨークの自閉症支援団体「Autism Speaks」が2010年にはじめて以来、自閉症を理解してもらうための日として、日本でも徐々に浸透しつつある。  SNSではハッシュタグ「#WB2017」や「#MAZEKOZE」で検索をする......続きを読む»

まるで宇宙!車椅子型VRレーサー体験

 2017年3月17(金)~31日(金)、赤坂サカスにて開催された「ママサカス2017」にて「TEAM BEYOND PLAY FIELD 2017」が実施された。  TEAM BEYOND(チームビヨンド)とは、「パラスポーツを通じて、みんなが個性を発揮できる未来を目指すTOKYO発のチーム」をコンセプトにしている。記者は最終日の31日に参加した。31日は、TEAM BEYONDブースでの景品......続きを読む»

『大会リポート』名古屋ホイールチェアマラソン2017

2017年3月12日午前9時、名古屋ウィメンズホイールチェアマラソンの号砲が鳴った。 この大会は国内外から約2万人が参加する世界最大の女子マラソン大会、名古屋ウィメンズマラソンと同日に、同コースの一部(10.5km)を使用して行われる。出場するのは身体に障がいがあり、日常的に車椅子を使用する女性である。選手はレーサーと呼ばれるレース仕様の車椅子に乗り、名古屋市内を駆け抜ける。本大会には11名の女......続きを読む»

第6回全国車椅子バスケットボール全国選抜大会 大会リポート

2017年3月4日(土)、5日(日)の両日、千葉ポートアリーナにて”第6回長谷川良信記念・千葉市長杯争奪車椅子バスケットボール全国選抜大会”が開催された。 この大会には関東を中心に全国から6チームが参加し、予選から接戦が繰り広げられた。 決勝戦は、埼玉の埼玉ライオンズと、愛知のワールドBBCの対戦となった。 本大会3連覇を狙う埼玉ライオンズは準決勝、篠田匡世(持ち点3.5)の外角からのシュート......続きを読む»

「東京パラリンピックへのスタートダッシュ」2017国際親善女子車椅子バスケットボール大会レポート その2

2月9日から2月11日にかけて、大阪市中央体育館で2017国際親善女子車椅子バスケットボール大会が開催された。本記事では、大会3日目、最終日の3位決定戦のレポートをお届けする。 大会最終日、日本代表チームは前日惨敗を喫したイギリスとの3位決定戦に臨んだ。前日の試合では相手の#11ケイティー モロー(4.5)に20点、#15ロビン ラヴに18点の大量得点を許し、1Qは勝ち越したものの2Qのみのスコ......続きを読む»

「新しいチームの形」2017国際親善女子車椅子バスケットボール大会レポート その1

2月9日から2月11日にかけて、大阪市中央体育館で2017国際親善女子車椅子バスケットボール大会が開催された。2007年から開催され今年で11回目を迎えるこの大会は、大会前日の地域親善交流会や大会中には車椅子バスケットボール体験会が開催されるなど、車椅子バスケットボールの普及と発展にも取り組んでいる大会である。今年は例年参加している日本、オーストラリアに加え、リオパラリンピック第4位のイギリス、リ......続きを読む»

「サッカーなら、どんな障害も越えられる」JIFF インクルーシブフットボールフェスタ2016(イベント②:障がい者サッカー体験会)

2016年12月24日、東京都多摩市にあるフットサルステージ(多摩センター)にてJIFF インクルーシブフットボールフェスタ2016が開催され、主となる2種類のイベントが実施された。そのうちの一つが障がい者サッカー体験会であり、小学生と保護者の約20組の他、ゲストである元日本代表監督岡田武史氏、JIFFの北澤豪会長、日本代表ゴールキーパー川島永嗣選手、障がい者アスリートらが参加して、大いに盛り上が......続きを読む»

木山由加選手の練習に潜入!@岡山

リオパラリンピックに陸上競技400m(車いすT52)で出場した木山由加選手の練習が12月16日、晴れの国、岡山で行われた。   2016年の夏のリオパラリンピック、10月30日の大分国際車いすマラソンと、大きな大会を終え、今は「冬」のトレーニングに取り組んでいるという。木山選手の専門は100m、400mである。現在は体幹トレーニングをメインにし、来シーズンに向けた体の基礎を作りながら、週1回ほど......続きを読む»

悲願の平昌パラリンピック出場を目指して 2016 IPC アイススレッジホッケー世界選手権Bプール

2016年11月29日~12月3日の5日間、北海道苫小牧市にてアイススレッジホッケーの世界選手権が行われた。日本、チェコ、スロバキア、イギリスの4カ国で行われる大会だ。 日本は2010年のバンクーバーパラリンピックに銀メダルを獲得したものの、2014年のソチパラリンピックでは出場を逃している。 2018年の平昌パラリンピックの出場は悲願なのである。 今回の世界選手権では、上位3チームが平昌パラ......続きを読む»

文部科学大臣杯第14回(2016)日本車椅子ハンドボール競技大会レポート

2016年11月12日、13日 宮城県仙台市泉総合運動場 泉体育館にて「文部科学大臣杯第14回(2016)日本車椅子ハンドボール競技大会」が開催された。 車椅子ハンドボールとは健常者と障がい者が混ざりチームを構成する。 車椅子に乗って競技する以外は通常のハンドボールと大きくルールは変わらない。 1チームは6名で構成され、1チームに障がい者または女性が必ず1名入っていないといけない。今回は東北、関......続きを読む»

「未来へつながる 白熱の2日間」全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会2日目レポート

2016年11月5日、6日に「第27回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会」がグリーンアリーナ神戸で開催された。参加チームはSCRATCH、ELFIN、GRACE、Brilliant Cats、カクテル、パッション、九州ドルフィンの7チーム。 大会2日目のレポートをお届けする。 今大会の2日目は、5~7位順位リーグの2試合と、3位決定戦、決勝戦が繰り広げられた。 決勝戦。 センターコートに......続きを読む»

「サッカーなら、どんな障害も越えられる。」JIFF インクルーシブフットボールフェスタ2016(イベント①:インクルーシブフットボール)

 2016年12月24日、東京都多摩市にあるフットサルステージ(多摩センター)にてJIFF インクルーシブフットボールフェスタ2016が開催され、主となる2種類のイベントが実施された。そのうちの一つがインクルーシブフットボールであり、小学生約60人の他、ゲストである元日本代表監督岡田武史氏、JIFFの北澤豪会長、日本代表ゴールキーパー川島永嗣選手、障がい者アスリートらが参加して、大いに盛り上がるイ......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8

このブログの記事ランキング

  1. 「当たり前にある世界基準」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  2. 「リオへと続く大分の道」第65回別府大分毎日マラソン大会
  3. 「輝きを増す選手たち」DUNLOP KOBE OPEN
  4. 「更なる高みへ」 デフバレーボール女子日本代表合宿レポート
  5. 「この速さについてこれるか」第1回日本IDハーフマラソン選手権大会
  6. 「スポーツが繋ぐ世界」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  7. 「安定した技術と心の強さ」2016 TAIWAN OPEN-LIONS CUP UNIQLO WHEELCHAIR TENNIS TOUR ITF2
  8. 「輝きを育てる仲間」日本ろう者テニス協会強化合宿
  9. 「成長と夢を感じる戦い」DUNLOP KOBE OPEN 国内ジュニア車いすテニストーナメント
  10. 「世界ナンバーワンを視野に」デフバレーボール日本女子代表強化合宿

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss