いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

全米の話題から見えるATPツアーの問題点

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、そしてお久しぶりです、ch191です。 ここ1か月、繁忙期だったことと、ランキング表のデータが一部飛んでしまうという絶望的なアクシデントがあり、更新できない状態にありました。 ランキングデータは復旧でき次第、再開する予定ですが、今回は今年の全米で話題になっていることを取り上げてみたいと思います。

それはシャラポワの問題です。 すでにplusoneblueさんが取り上げていますが、私は少し違った視点で見ていきたいと思います。 現在146位と、本来は本戦に出るためには予選を勝ち抜かなければならないランキングであるにもかかわらず、WCで本戦に出場した上に、1Rから敗退する4Rまで、すべてセンターコートで試合が組まれたのです。 この問題を掘り下げていくと、別の大きな問題が見えてくるように思えるのです。

シャラポワがドーピング問題で出場停止処分を受けたことは周知の事実です。 ドーピングを肯定する気は一切ありませんが、ルールに則り、処分を受けた上で復帰することに問題はないはずです。 したがって、今回の全米も予選から出場して、それを勝ち抜いた上で本戦に出場するのであれば、問題にはならなかったでしょう。 手順を踏まずに、あっさり出場できてしまったからこそ問題なのです。 WCで出場することに関しては、それを与えた主催者に一番問題がありますが、シャラポワ本人にも問題があると思います。 そんなにGSに出たいのであれば、それこそ“ねだるな、勝ち取れ!”と思うわけです。 ドーピングという過ちを犯してしまった以上、それぐらいの厳しさは、周りも本人も持つべきでしょう。

しかし、センターコートに試合を組んだことに関しては完全に主催者側の問題です。 第2シードのハレプが相手だった1Rはまだしも、ウィンブルドン優勝者である第3シードのムグルッサを差し置いて、ノーシード同士である2Rや3Rもセンターコートに持ってくるのは、明らかに恣意的です。 全米オープンって、そうでもしないと集客できないほどの大会なんだろうか、と思ってOOPを見ていると。。。 そうか、これは女子だけの問題ではないのかも、と思えてきたのです。 シャラポワは初戦が第2シードだったことからも分かるように、ボトムハーフに入りました。 男女とも、QFまではボトム⇒トップの順で1日ごとに試合が行われていきます。 男子のボトムハーフといえば…第2シードのマレーが開幕直前に欠場を表明し、残った有力どころであるサーシャやチリッチ、ツォンガらも早期敗退。 ナダルやフェデラーらがいるトップハーフに比べて明らかに見劣りするとなれば… この発想には、集客を意識した商業的な側面が露骨に見えます。 ただでさえセンターコートのチケットはべらぼうに高いわけですから、それに見合う価値のある試合が組めないと客を呼べないだろう、という。 だからと言って、1日に5~6試合ほどしかない貴重なセンターコートの枠を1つ潰してしまう理由にはならないでしょう。 何より、ムグルッサのような他の有力選手が物理的な影響を受けます。

センターコートで試合ができるのは名誉なことですが、他のコートにはない利点を見落としてはいけません。 それは「唯一屋根がついていること」です。 今大会も2日目に雨が降って、ほとんどの試合が延期になりました。 しかし、センターコートでの試合は6試合とも予定通り消化されました。 つまり、センターコートなら開始時刻が遅くなることはあっても、次の日に延期になることはありません。 そのこと自体が日程的な有利不利を生むのではないかという意見もありますが、強い選手の「特権」であると考えれば、それこそ自分の実力で「勝ち取った」権利であり、納得がいくというものです。 問題は、その権利が与えられるべき選手が他にいたにもかかわらず、「集客」という理由が優先されたことです。 これは「アスリート・ファースト」ならぬ「マネー・ファースト」。 現役選手から文句が出るのも無理はありません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

全米の話題から見えるATPツアーの問題点

すみませんまず重箱の隅を突くようなところからなのですが。

>そんなにGSに出たいのであれば、それこそ“ねだるな、勝ち取れ!”と思うわけです。
 シャラポワのWCは強請ったわけではないと思います。強請るな、勝ち取れというのは本戦出場の権利についてだと思いますが、彼女は過去の実績や人気で勝ち取ったわけですね。まぁそれを蹴って出場していたらより良かったのはその通りだと思います。私個人は大して気にしないですが。

>強い選手の「特権」であると考えれば、それこそ自分の実力で「勝ち取った」権利であり、納得がいくというものです。
 テニスとはプロスポーツであり見たい人がいてこそ多額の賞金が支払えます、そういう意味では人気というのは非常に重要なプロスポーツ選手の実力です。繰り返しになりますが、彼女は過去の実績や容姿などで人気を得て、それにより勝ち取ったわけです。もちろん純粋に現在の実力で判断しろ、という意見も間違いではないと思いますし、シャラポワが全戦AAでやったのはやりすぎというのもごもっともだと思います。そのあたりは運営しているUSTAの判断にかかってますが、まぁお金を取れると判断したのでしょうね。

>Mandatoryと呼ばれるGSやMSの上位ラウンドです。
 これは私の無知ゆえなのですが、GSはMandantoryと呼ばれるんでしょうか?GSに関しては出場してもしなくても、ポイント計算に入ってきますが、MSと違い上位選手の義務ではありません(そのようにATPのルールブックで定められています)。そういう意味でMandantoryという言葉が少し不思議に感じます。フェデラーが全仏を休んだように、これからは上位選手がGSを欠場するのもトレンドになるかもしれませんね。


 さて、ここからは総論的な話になりますが、極端に言えば拝金主義は結構な話ではないでしょうか。テニスの大会の賞金が非常に上昇してきたのは結局のところBIG4などが出場し続けてきたからです。テニスの賞金をゴルフなどにより近い水準まで押し上げることで、有望な若者の選択肢となる可能性が高くなり、今後もテニス界が維持できるのかなと思います。上位選手だけではなく、下位選手の生活もある程度保証されなければ、なかなかプロの競技人口も増えませんしね。もちろんご承知だとは思いますが、マネーファーストはATPのためだけではなく、選手のためでもあるわけです。選手協会が強く出場義務に反発しないのはそれを理解しているからです(あと、ご承知のように、フェデラーはお風呂で膝を打って怪我したのが、WBの転倒で悪化したわけですし、更に言えば36歳なので彼の欠場と出場義務を関連付けるのも適切ではないかなと。そもそも彼にはもうMSの出場義務がありませんし。)。ナダルも、今回欠場した上位選手の多くが30歳以上だから、もう若くないし不思議なことじゃないというふうに言ってましたね。まぁ錦織とラオニッチは30以上じゃないですが。(素人考えですが、錦織は本気でMSやGS優勝したいなら、もう少しフェデラーを見習ってピーキングしてほしいですね。全部の大会頑張ってたらそりゃ身体もたないしなかなか勝てるもんじゃないですよね。)
 と、極端に書きましたが、収益を確保しつつ調整する余地は残されていると思います。テニスの高速化を抑えるような(サーフェス、球、ガット等についての)レギュレーションを取り入れる、連続するMSに関してはどちらかのみでよいとする、ポイント計算で考慮される大会数を減らす、大会内での試合日程を考えるなどなど色々あり得るとは思います。WTAでも昨年批判が持ち上がっていました。ATPもあれやこれや下部の大会で試してるので、MS決勝が3セットマッチに変更されたように、そのうちテニスがまた違うスポーツへと変化するかもしれませんね。

 テニスの大会運営も様々なことを考慮した上で徐々に変化していっています。一部の上位者が勝ち続けて疲労が蓄積するのに配慮して、いきなり全体を変更することは多くのテニス選手にとって良くないことかもしれません。例えばポイント2年制は若手や勢いのある選手にとって不利だという理由でフェデラーは反対しましたね。ブルークレーは多くの選手に嫌われましたが、芝の大会もいらないって人もいます。セットを取るのに必要なゲーム数を減らすのは意外と実現するかもしれませんが、少し寂しい気もします。私個人としては、テニスの高速化をある程度抑え、怪我の予兆などを感じたら即棄権してあとは各人適当に手を抜いてくれればそれでいいのではなどと思ったり。

 話は少し違いますが来年みんなが復帰して勢力図がどうなるか楽しみです。

全米の話題から見えるATPツアーの問題点

コメントありがとうございます。

地元選手優遇は、地元の観客が一番多いことを考えると、ある程度は仕方ないと思います(クエリーやビーナスなど、シードがついているならまだ許容範囲かと)
単純なランキングだけでなく、過去の大会実績なども考慮されるでしょうから、そう単純な話でないのは分かるのですが、難しいところですね。

日程消化の問題から、試合が全く消化できない日を作るのは、屋根が全くない全仏を見ればリスクが大きいのは明らかです。
かといって全コートに屋根をつけるのは現実的でなく、芝のウィンブルドンでは開閉式でない屋根は絶対に設置不可能です。
不公平が出ることを勘案するのであれば、それこそ実力通りのコート振り分けになっていないといけないはずなのです。

Mandatoryの大会数を減らすのは不可能だと思いますが、連続開催にならないようにするなど、日程を変更することは可能だと思います。
GSやMSにトップ選手が揃っていないのは、見ている方としても寂しいですし。。。
そのネックになっているのが、実はデビスカップのような気がします。

104週だと、特に若手のランキング上昇を大きく阻害する可能性が高いと思います。
公傷制度(プロテクトランキング)という救済措置がある以上、ランキング制度は現状のままでいいのではないかと。

全米の話題から見えるATPツアーの問題点

各種のセンターコート問題は、今回のシャラポワだけでなく地元選手優遇など集客目的が大きいのが実情でしょう。
ランクに公平にするなら同様に一緒に排除するしかないでしょうね。

ついでに屋根と日程消化の問題だが、公平に解決するなら全部屋根アリにするしかないだろうね。
全部のコートで屋根アリにするのはテニスの根幹を揺るがすかもしれないから、
やろうとしても反対の声が多いんだろうな。当然お金のかかる開閉式なんてできない。
今もチャレンジのないコートが大半だし、こっちも大半がインドアに近い常設の屋根になるだろう。


後半のツアーの過密スケジュールについてどうするかだが、
現実問題としてGSの4大大会を3大大会にするとか、MSを3つ位削るとかは不可能だろう。
現実にできるとしても出場義務の緩和がせいぜいだろう。
大会の総数の減少は選手も運営もファンも望まないだろう。
人間はロボットでない、すべての大会にでれるものではない、と受け入れるしかないのだろう。

そういえばツアーのランキング制度を52週から104週にしようという話が議題になったが、
却下になったという話をどっかで聞いたことがある。あれは誰が提案したんだっけ?
それについてもよしあしあるが、怪我で長期欠場して戻った時に役に立つことができるかもね。
今も復帰規定は少しはあるけど。

こんな記事も読みたい

【USオープン2017 DAY9】アメリカ勢の活躍に沸く全米、 ビーナスはクビトバとの新旧芝女王対決制す【こちらテニマガ編集部、ただいま取材中】

シャラポワへの特別待遇【ノータイトル!】

全米OP QFの展望とボトムハーフのこと。【サンチェス・ピスファン】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:38
  • 累計のページビュー:3304598

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. 各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版) ※6/29追記
  5. レースランキング(2016/9/12)
  6. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  7. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  8. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  9. 前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正
  10. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss