いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

各種ランキング(2017/7/3) 杉田優勝記念スペシャルバージョン

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ch191です。 今回は7/3付の各種ランキングについてですが、杉田優勝を記念してスペシャルバージョンでお送りします。

ではまず先週の振り返りを杉田多めで。

250 アンタルヤ (1 ティエム、2 ロレンツィ、3 ベルダスコ、4 フェレール) W 杉田 F マナリノ SF セッピ、バグダディス

今年新設の大会で、シード7人(第5シードカチャノフがドロー後棄権)中6人が初戦敗退という波乱の中、杉田が初代王者に輝きました。 日本人3人目(松岡、錦織に次ぐ)のツアー優勝者となり、グラスコートでは日本人初のツアー優勝を果たしました。 また、同一シーズンでグラスコートのチャレンジャー、ツアータイトルの両方をとるのは史上初の快挙です。 2回戦では第4シードのフェレールにフルセットで勝ち、QFでは若いアルトマイヤーにベーグルを焼く完勝、SFでは対戦相手のバグダディスが棄権するほどの灼熱の戦いを制し、ツアー初の決勝進出。 同じく初優勝がかかるマナリノ(決勝は3度目)が相手でしたが、第1セット第1ゲームで硬さからか0-40といきなりブレークのピンチ。 しかしここをサーブからの組み立てでしのいでキープすると、直後の相手のサービスをブレーク。 これで流れに乗って第6ゲームでもブレークに成功し、一気に6-1でセットアップ。 第2セットも第3ゲームで先にブレークに成功しますが、初優勝へ執念を見せるマナリノにすぐブレークバックされます。 第6ゲームもブレークされて1ブレークダウンとなりましたが、杉田は落ち着いていました。 粘りのプレーで直後にブレークバックし、その後は両者サービスキープが続きタイブレークへ。 マナリノのダブルフォルトで先にミニブレークするも、杉田も簡単なボレーミスが出て追いつかれます。 3-3の場面ではリターンエースを決められて、タイブレークでも先にリードしながら追いつかれて追いかける展開に。 マナリノにサービスを2本キープされるとセットポイントを握られる場面でしたが、なんとここで2本ともミニブレークして再逆転。 粘り強いストロークでマナリノのミスを引き出すという、杉田の持ち味が出た2ポイントでした。 続くポイントをサービスポイントで取って、迎えたチャンピオンシップポイント。 ここでもボディ気味の素晴らしいサービスで、押し込まれたマナリノのリターンがネット。 ゆっくりとコートに倒れこみ、歓喜の瞬間を迎えました。 GS直前週でトップ選手があまり出ておらず、シードも早期敗退が相次ぐというラッキーな部分があったとは思います。 ですが、優勝を勝ち取れた最大の要因は、杉田の実力以外の何物でもありません。 30代でキャリアハイを更新し、初優勝を果たす選手が出てきていることを考えると、28歳の杉田も、これからTop30、Top20を十分目指せるポテンシャルを持っていると思います。 この優勝を起爆剤として、まずはGS初勝利を、そして今後ますますの活躍に期待したいです。

一方敗れたマナリノはまたしてもタイトルに手が届きませんでした。 それでもキャリアハイを記録した2年前以来のツアー決勝進出。 芝を最も得意としており、ウィンブルドンでは4年前にGS自身最高の4回戦まで勝ち上がっています。 ウィンブルドン初戦は芝巧者のロペスが相手で厳しいですが、勝てば2回戦で杉田とリマッチの可能性も。 見てみたい気もしますが果たして…

250 イーストボーン (1 ジョコビッチ、2 モンフィス、3 イスナー、4 ジョンソン) W ジョコビッチ F モンフィス SF ガスケ、メドベデフ

こちらは上位2シードが順当に勝ち上がり、ジョコビッチが年初のドーハ以来の今季2勝目、通算68勝目を挙げました。 急遽WCで参戦したジョコビッチでしたが、オールストレート勝ちでウィンブルドンに弾みをつけました。 昨年歯車が狂うきっかけとなった芝の聖地で、リベンジを果たすことはできるでしょうか。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

―大会レポート― 第1日 ケガ心配なし!錦織がストレートで好発進【ウィンブルドンテニス2017】

錦織が1時間11分の完勝、最後はベーグルで102位チェッキナートを圧倒!(ウィンブルドン2017・1回戦)【0 to zeroのhorizon】

まるで軽めの練習のよう!錦織GSでここまでの圧勝劇は過去にあった!?1時間11分で身体問題なし!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:33
  • 累計のページビュー:3319193

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. 各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版) ※6/29追記
  5. レースランキング(2016/9/12)
  6. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  7. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  8. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  9. 前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正
  10. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss