いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版) ※6/29追記

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます、ch191です。 今回は6/26付の各種ランキングと、確定したウィンブルドンシードについて。

ではまず先週の振り返りを簡単に。

500 ハレ (1 フェデラー、2 ティエム、3 錦織、4 A.ズベレフ) W フェデラー F A.ズベレフ SF ガスケ、カチャノフ

シード8人中5人が2回戦までに姿を消すという波乱の展開の中、フェデラーが通算92勝目を挙げました。 ハレではなんとV9を達成したことになります。 「ロジャー・フェデラー通り」がこのハレにあるのも頷けます。 先週はまさかの初戦敗退を喫しましたが、きっちりと修正してくるあたりはさすがの一言。 ウィンブルドンでも、間違いなく優勝候補筆頭となりそうです。

A.ズベレフは地元の声援を受けて決勝まで勝ち上がりましたが、フェデラーに完敗で2年連続の準優勝。 芝初タイトルとはならなかったものの、芝への適性を感じます。(試合数は少ないものの、勝率は3つのサーフェスで一番高い) ちなみにミーシャと組んだダブルスでも準優勝。 ウィンブルドンでも活躍に期待です。

そして21歳のカチャノフが500初のSFに進出。 昨年ツアー初優勝を飾ったロシア期待の若手ですが、先日の全仏でも若手レース対象者の中で最高の4Rに進出するなど、このところ急速に力をつけてきているように感じます。(今やロシアでNo.1) 芝の力は未知数ですが、ウィンブルドンでも台風の目になるかもしれません。

錦織は2Rで途中棄権。 ベルダスコとの初戦を見る限り、調子は悪くなさそうだったので残念という他ありません。 これでハレでは3年連続の棄権。 ハレの芝と絶望的に相性が悪いと思わざるを得ません。 全治1週間とのことで、ウィンブルドンには間に合いそうですが、果たしてどこまで回復するのでしょうか。

500 ロンドン (1 マレー、2 ワウリンカ、3 ラオニッチ、4 チリッチ) W ロペス F チリッチ SF ミュラー、ディミトロフ

こちらもシード8人中5人が2回戦までに姿を消し、特に上位3シードが揃って初戦敗退するという波乱の中、優勝したのはノーシードのロペスでした。 3年前の決勝でMPを握りながら敗れて準優勝だった同大会のリベンジを果たし、約1年ぶりとなる通算6勝目です。 初戦で第2シードのワウリンカにストレート勝ちし、QFからは全てフルセットでシード選手を3連破しました。 くしくもハレで優勝したフェデラーと同学年の35歳。 衰え知らずの大ベテランがウィンブルドンでも魅せてくれるでしょうか。

チリッチはロンドンで5年ぶりの優勝にあと一歩届かず準優勝でした。 決勝では被ブレーク0、さらにトータルポイントでも上回っており、MPを握りながらも勝てませんでした。 これもテニスの面白いところでしょうか。 ただ、後半戦に強いチリッチが早くも発動気味。 過去3年連続QFと相性のいいウィンブルドンで、今度こそSFの壁を破れるでしょうか。

そして心配なのはともに初戦敗退に終わったマレーとラオニッチ。 マレーは今後大量失効が続きますが、早ければウィンブルドン後の1位陥落もありえます。 また、ラオニッチはウィンブルドンF(1200pt)の失効が控えるため、早期敗退でTop10陥落も現実味を帯びてきます。 2人ともここで踏みとどまらないとズルズルいきそうな気がしますが果たして…

それでは6/26付のエントリーランキングです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版)

>>lovely_crossさん

コメントありがとうございます。

もっと言えばカチャノフはQFでルブレフに負けていてもノーシードでした。
ベルダスコは芝ポイントを加味すればロレンツィを上回るので、31シード相当だったのですが…

フェレールがノーシードというのは、考えてみるとかなり衝撃的ですね。
フェレールがGSでノーシードとなるのは2005年全豪以来、なんと12年ぶり。
ウィンブルドンはQFが最高で、GSで最も勝率が低い大会ではあるのですが、同世代のフェデラーやロペス、ミュラー、ロレンツィなどの活躍を見ると、まだまだ頑張ってほしいとは思うのですが…

各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版)

錦織選手がハレでQF進出していれば、カチャノフはノーシードでベルダスコが32シードになったかと思います。
ベルダスコ、シモン以外に、フェレールもノーシードの中では、対戦したくない相手かと思います。

各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版)

>>ukk_chu_renさん

コメントありがとうございます。

そうです、結果的にはハレQFで錦織は第8シードでした。
8に入るメリットは4Rでチリッチに当たらないことと、3Rでロペスやガスケに当たらないことでしょうかね。
ただ、3Rデルポトロorミーシャ⇒4Rサーシャという可能性もあるので、結局ドロー次第のような気がします。
ティエムのドローにも注目したいですね。

レースランキングですが、私はサーシャまでの5人以外はまだ分からないと思います。
それぐらい、まだマレーとジョコビッチは不安定だと。
ウィンブルドンで大きく動くことは間違いなさそうですが、昨年のように最終盤までもつれるような気がしています。

「各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版)」へのコメント

ch191さん
ウィンブルドンシードの確定版、有難いです。
錦織選手は、ハレ2回戦に勝っていれば、8シードに入っていたという事でしょうか。まっ、でも今は9〜12でも余り変わりがない感じですね。
レースランキング、まだ気が早いですが、上位7人は堅い感じがしますね。
現在8位のゴフィンの1枠を、何人かで争う形かという気がします。
可能性の高い順に、錦織(判官贔屓)、チリッチ、ラオニッチ、ツォンガ、ゴフィン、プイユ、デミトロフ、、如何でしょうか?

こんな記事も読みたい

【2017ATP500ハレF】圧巻のフェデラー! 新?旧王者の素晴らしい決勝戦【"テニス"感覚観戦】

満身創痍の錦織圭 それでもウィンブルドンでの勝機はある【akimizuブログ】

おそるべしフェデラーのクオリティ 芝の王者は健在 ゲリー・ウェバー・オープン2017決勝【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:112
  • 累計のページビュー:3268245

(09月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. 各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版) ※6/29追記
  5. レースランキング(2016/9/12)
  6. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  7. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  8. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  9. 前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正
  10. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss