いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正

このエントリーをはてなブックマークに追加

お久しぶりです、ch191です。 まず、このブログを楽しみにしてくださっていた方に深くお詫び申し上げます。 言い訳になりますが、この1カ月半、仕事が忙しすぎてとても記事を掲載できるような状況ではありませんでした。 ですが、仕事も少し落ち着き、シーズン前半がちょうど終わったタイミングということと、ウィンブルドンのシード順も気になるので、6/12付の各種ランキングについて掲載させていただきます。

ではまず全仏の振り返りを簡単に。

GS 全仏 (1 マレー、2 ジョコビッチ、3 ワウリンカ、4 ナダル、5 ラオニッチ、6 チリッチ、7 ティエム、8 錦織) W ナダル F ワウリンカ SF マレー、ティエム QF ジョコビッチ、チリッチ、錦織、カレノブスタ

上位8シードのうち、ラオニッチ(4R)以外の7人がQF進出という、まれに見る波乱の無い展開の中、ナダルが前人未到のV10を果たしました。 失セット0でのGS優勝は2008年、2010年の全仏に続く3度目の快挙で史上最多に並び、失ゲーム35は1978年の全仏優勝のボルグ(32ゲーム)に次いで2番目に少ないという、まさに記録づくめの優勝でした。 クレーキングが帰ってきた、いやさらにパワーアップして手が付けられなくなったという感じです。 2005年からの4連覇、2010年からの5連覇に続き、またここから全仏連覇記録を作っていくのでしょうか。

ワウリンカはGS決勝4度目にして初黒星。 それでもQFまでの勝ち上がり、SFのマレーとの激闘は、GSでの彼の強さを再認識するには十分でした。 ウィンブルドンでは、かつてサンプラス、ヘンマン、フェデラーなどを指導したポール・アナコーンとタッグを組み、生涯グランドスラムを狙います。

マレーは復調を印象付ける戦いぶりでベスト4。 特に、QF錦織戦(後述します)でのカムバックが象徴的でした。 得意の芝シーズンに向けて、明るい兆しです。

ティエムは2年連続のベスト4。 QFでは昨年のSFで敗れ、先日のローマでも完敗していたジョコビッチに初勝利。 今年のクレーで稼いだポイントは実に2570ptでナダルに次ぐ多さ。 また、今年クレーでナダルに唯一勝っています。 ティエムが新クレーキングになる日はそう遠くないかもしれません。

錦織は2年ぶり2度目のベスト8。 比較的タフなドローを勝ち上がってシードキープ。 しかし、QFマレー戦では第1セットを取りながら、その後失速して逆転負けを喫しました。 個人的意見として、マレー側から見た勝因は、第2セット途中から思考をシンプルにしたことだと思います。 「返ってきたボールをとにかく深く返す」というただ一点に集中することで、第1セットのような錦織に押し込まれる展開が減り、ミスでポイントを落とすことが少なくなりました。 そのことが錦織に焦りを生み、リズムを狂わせた。

一方、錦織側から見た敗因はそれ(精神面)だけではなく、体力面にもあったと思います。 途中でガス欠を起こした原因として、全仏直前のジュネーブに緊急参戦したことが挙げられます。 参戦を決めた直接的な背景には、ケガでバルセロナをスキップし、マドリード、ローマで試合数をこなせなかったことがありますが、さらにさかのぼって2月の南米クレーシーズンで試合数をこなせなかったことも、遠因であると思います。

本人や陣営としては、今年から南米クレーを回るスケジュールに変更するなど、間違いなく全仏に照準を合わせていたでしょうから、ベスト8という結果に納得はしていないでしょう。 ですが、客観的に見ればシードキープできたことはポジティブにとらえてもいいと思います。 4R、ないしは3R敗退まであり得ましたし、何より手首の状態が不安視された中で、錦織らしい攻撃的なプレーが見られた。 昨年同様、今年もクレーでの戦い方に手ごたえはつかんでいるはずです。 スケジューリングも含め、来年のクレーシーズンに向けた糧としてほしいです。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スライス頻度の低下は女子テニスのレベルの低下なのか考えて見る。【女子テニスも熱い】

錦織の芝シーズン。【Fight!! Kei NISHIKORI】

錦織の6月のスケジュール 6/19~ゲリー・ウェバーOP2017へ、フェデラー、ティエム、ズべレフも同大会へ!【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:45
  • 累計のページビュー:3304281

(11月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. 各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版) ※6/29追記
  5. レースランキング(2016/9/12)
  6. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  7. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  8. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  9. 前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正
  10. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss