いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

全ては真央ちゃんからだった~浅田選手引退に寄せて~

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ch191です。 今回はもちろん、浅田選手の引退について。

2005年のGPファイナル。 FSのくるみ割り人形は12年たった今でも鮮明に思い出されます。 高校生だった当時の私は、スポーツ観戦とクラシック音楽が好きで、フィギュアスケートを好きになる要素はすでに十分ありました。 しかし、本格的に見始めるきっかけを作ってくれたのは間違いなく浅田選手のあの演技でした。

その後も彼女は日本フィギュアスケートの歴史を塗り替え続けました。 史上最多となる4度のGPファイナル優勝。 女子では唯一となるGPシリーズ全大会優勝。 世界選手権でも日本女子最多3度の優勝。 その功績は、決して色あせることはありません。

ソチ五輪後も休養を経て、現役を続けたのは唯一の忘れ物を取りに行きたかったからではないでしょうか。 そう、オリンピックの金メダルです。 結果的に、金メダルは取ることができなかった。 しかし、バンクーバー五輪での3回のトリプルアクセル。 ソチ五輪で見せてくれたエイトトリプル。 金メダルには縁がなかったかもしれないけれど、4年に1度の特別な舞台で見せてくれた演技は、今でも人々の記憶に深く刻まれています。

そして、そのDNAは確実に、今の日本女子の若い世代に受け継がれています。 浅田選手をあこがれと公言する三原選手は、先日の世界選手権でSP15位からFSで素晴らしい演技を見せて5位になりました。 ソチ五輪で順位を16位から6位に上げた浅田選手と同じく、FSで10人を抜いたのです。 FSの滑走時間も全く同じ、日本時間の午前1時41分だったとか。 何か運命じみたものを感じずにはいられませんでした。 さらに紀平選手は、日本女子としては浅田選手以来となるトリプルアクセルに成功しました。 公式戦でトリプルアクセルを決めた女子選手はいまだに7名で、うち4名が日本選手なのです。(伊藤みどり、中野友加里、浅田真央、紀平梨花) これからも、日本女子のトリプルアクセルの歴史は、脈々と受け継がれることでしょう。

真央ちゃん、今まで本当にお疲れ様でした。 まずはゆっくり休んでください。 そして、たくさんの感動をありがとう。 これからのあなたの人生が素晴らしいものとなることを、心から祈っています。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

全ては真央ちゃんからだった~浅田選手引退に寄せて~

コメントありがとうございます。

国内外問わず、これだけ多くのスケーターからコメントを寄せられるということが、彼女の偉大さを何より物語っていると思います。
フィギュアスケートの注目度を上げた功績は計り知れませんが、それに比例して背負うものもどんどん重くなっていって…
それだけに、引退会見で「悔いはない」と言い切ってくれたことに、救われる思いがしました。

私個人の唯一の心残りは、現役の間に一度も生で演技を見に行けなかったことです。
ただ、すでにアイスショーの出演も決まっているようですし、プロスケーターとなった真央ちゃんを、いつか必ず見に行きたいと思っています。

「全ては真央ちゃんからだった~浅田選手引退に寄せて~」へのコメント

やっぱり!この記事を書いておられましたね。
真央ちゃんは競技人としても素晴らしいスケーターで、国内のみならず、世界中のスケーター、ファンから憧れの存在であり続けました。ロシアのリプニツカヤ、現女王メドベーデワ達にとっても憧れのスケーターでしたね。
そして、競技人のみならず私たちの記憶に深く刻み込まれるタレントでした。ここ数日のテレビ番組を見るたび、目頭が熱くなり困ります。
引退を惜しまれるスポーツ選手は、今までに数多くいましたが、真央ちゃんは別格ですね。今までの日本人選手にないスタイルの良さ、海外の選手にひけをとらないばかりか、上回っていました。表情も愛らしく、こんなに私たちを魅了し続けたプロスポーツ選手はいませんね。
ソチ五輪のフリー、その年の世界選手権のショート、合わせれば、、等オリンピックでは巡り合わせに恵まれませんでしたが、本当に記憶に残る選手でした。こんなに愛された選手がいたかな?と振り返っても思い浮かびません。
長年の努力や功績を讃えたいですね!

こんな記事も読みたい

唯一無二のスケーター、浅田真央【競技場の片隅から】

浅田真央選手現役引退を発表。試練を乗り越え続けた努力の天才!【フィギュアスケートを楽しく観たいから】

引き際のタイミング-浅田真央選手の引退発表を受けて【面白き 事もなき世を 面白く】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3268245

(09月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. 各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版) ※6/29追記
  5. レースランキング(2016/9/12)
  6. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  7. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  8. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  9. 前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正
  10. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss