いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

インディアンウェルズMS振り返りとエントリーランキング(2017/3/20)

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます、ch191です。 今回もインディアンウェルズMSの振り返りと、3/20付のエントリーランキングについて。

ではまずはインディアンウェルズMSを振り返りたいと思います。

MS1000インディアンウェルズ(1マレー、2ジョコビッチ、3ワウリンカ、4錦織) W フェデラー F ワウリンカ SF カレノブスタ、ソック QF 錦織、クエバス、ティエム、キリオス

波乱を多く含む展開の中、優勝したのはフェデラーでした。 インディアンウェルズでは5年ぶり5度目の優勝で、ツアー通算では節目となる90勝目を挙げました。 前哨戦のドバイでは2R敗退と奮わなかっただけに少し心配されましたが、結局1セットも失わずに、それどころか被ブレークも決勝ワウリンカの1回だけという完璧なサービスゲームで頂点に駆け上がりました。 2強に陰りが見えるだけに、このままのペースならNo.1返り咲きも見えそうな勢いですが、過去2勝しているマイアミではどうなるでしょうか。

準優勝のワウリンカも前哨戦では1コケだったのですが、徐々に調子を上げていき、決勝までたどり着きました。 相手のSFMを2回迎えるという、最大のピンチだった4R西岡戦を乗り越えたのは大きかったと思います。 マイアミは過去QF進出すらないほど苦手にしていますが、第1シードで迎えられるというメリットを生かすことができるでしょうか。

ソック、カレノブスタはともにMS初のSFまで進みました。 ソックは昨年の上海、パリと2大会連続でQFまで進んだのが記憶に新しいところですが、カレノブスタはQFすらありませんでした。 2人とも今年は好調で、ソックは24歳、カレノブスタは25歳。 ちょうど脂がのってくるころで、さらなる飛躍が期待されます。

錦織は2年連続のQF。 苦手としているインディアンウェルズですが、ここ3年は全て4R以上まで勝ち上がっています。 確かに4Rまでのプレーがよかっただけに、QFソック戦の負け方を見ると、精神面が…という論調になるのは致し方ないのかもしれません。しかし、俯瞰的な見方をすれば、そこまで楽なドローではなく、決して得意なサーフェスでもない中であっさりQFまで上がれたというのは、評価していいのではないかと思うのです。 また、今年は誰がどう見ても波乱が多くなっていますが、錦織がどうこうというより、上記のソックやカレノブスタ、ディミトロフ、キリオスといった、Top10以下の選手のレベルが上がっているという見方もできるのではないでしょうか。 私は昨年準優勝で、第2シードで迎える得意のマイアミが本当の勝負だと思っています。 ここであっさり負けるようなことがあれば、今年は苦しい1年になるのかなあと思わざるを得なくなりますが、シードキープして2年連続の決勝まで行ったら、ちょっと噛み合ってなかっただけだったんだなと思えます。 後でも触れますが、錦織は世界ランキング4位のプレーヤーです。 もう少しだけ長い目で見ていきませんか?

そして、今大会は西岡の活躍に触れないわけにはいかないでしょう。 予選1回戦をストレートで勝った後、予選決勝でイマーに敗れるも、LLで本戦入りを果たし、そのイマーにリベンジして初戦突破。 2Rでは自分より40cm以上大きいカルロビッチから3ブレークを奪ってストレート勝ち。 3Rベルディヒ戦では、第1セットを1-6で落とし、第2セットも第4ゲームから4ゲームを連取されて2-5。 2ブレークダウン、さらにはベルディヒのSFMという絶望的な状況から盛り返して、最後はエースという、ドラマチックな試合展開にふさわしい、最高の幕切れで大逆転勝利を収めました。 MS初の4Rとなったワウリンカ戦でも第1セットを先取して、最終セットではSFMを2度迎えるなど、互角以上の試合を展開しました。 最後は力尽きたものの、日本のファンはもちろん、見ていた観客をも魅了してくれました。 本当に今年の西岡の活躍は目覚ましいものがあります。 昨年3Rまで進んだマイアミでも本戦からの出場となり、活躍が期待されます。 このままツアーレベルで戦い続けてほしいですね。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

インディアンウェルズMS振り返りとエントリーランキング(2017/3/20)

>>きたきたきつね様

コメント、ご指摘ありがとうございます。

錦織に関しては、なんだか乗り切れていないという印象を私も受けます。
得意のマイアミできっかけをつかんでくれるといいですね。
西岡と両方が活躍するのが理想ですけれども。。。

ランキング試算の方は修正させていただきました。
いつもはそんなにミスはしない方なのですが…
乗り切れていないのは私も同じかもしれません。

インディアンウェルズMS振り返りとエントリーランキング(2017/3/20)

こんにちは。
錦織君は、最近なんだか不完全燃焼な感じで終わるのが多い気がしますね。。。
その分全部西岡君に持っていかれてるのでしょうか(笑)

ランキング試算のFが720ptになってますので修正お願いしますm(__)m

インディアンウェルズMS振り返りとエントリーランキング(2017/3/20)

>>suzuka1984様

コメント、ご指摘ありがとうございます。
ツアーファイナルのポイントを計算に入れるのを忘れておりまして、ご指摘の通り、ラオニッチの方が上になります。
お詫びして訂正させていただきます。

インディアンウェルズMS振り返りとエントリーランキング(2017/3/20)

ちょっと失礼します
錦織QF敗退・ラオニッチ2R敗退でポイントが並んだ場合、ラオニッチの方が上回ると思いますが?

こんな記事も読みたい

マイアミ・オープン2017 ドローが決定 第2シードの錦織圭、西岡良仁の組み合わせは…!?【0 to zeroのhorizon】

絶好調のレジェンド、フェデラーとの一騎打ち!?錦織は得意のマイアミで最大のチャンスを活かせるか?!~2017マイアミ ドロー前展望~【KEI ENERGY】

【2017IW SF】ソックに対する錦織とフェデラーの違い & 今期の錦織選手はまだまだこれから!【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:23887
  • 累計のページビュー:3195709

(07月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. 各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版) ※6/29追記
  5. レースランキング(2016/9/12)
  6. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  7. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  8. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  9. 前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正
  10. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望

月別アーカイブ

2017
07
06
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss