いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

先週の3大会とエントリーランキング(2017/3/6)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、ch191です。 今回も先週の振り返りと、3/6付のエントリーランキングについて。 先週の振り返りについては、今回から少しレイアウトを変えたいと思います。(今までは字だらけで見づらかったと思いますので…) 大会名のあとに1~4シードと、結果を書きます。

ではまずは先週の大会を振り返りたいと思います。 先週は500が2大会、250が1大会の計3大会が行われました。

500 アカプルコ(1ジョコビッチ、2ナダル、3チリッチ、4ティエム) W クエリー F ナダル SF チリッチ、キリオス

アカプルコで14連勝中のナダルに土をつけて、クエリーが約1年ぶりの通算9勝目を挙げました。 500での優勝は、500だったころのメンフィス以来で、実に7年ぶりのことです。 このところ成績が振るわず、Top30からも陥落していたクエリーですが、昨年のウィンブルドンではジョコビッチを破り、昨年の同大会でも錦織を破るなど、はまった時は本当に強いです。 地元で行われるMS2連戦にも期待できそうです。 一方敗れたナダルですが、SFまではすべてストレートで勝ち上がるなど、やはり調子は良さそうです。 次戦インディアンウェルズMSは過去3勝を挙げており、昨年も錦織を破ってSFと相性は抜群。 4年ぶりの優勝、あると思います。 キリオスはこれで2大会連続のSFとなりました。 しかも、QFでは初対戦のジョコビッチにストレート勝ち。 このパフォーマンスが続けば、今年中のTop10入りも現実味を帯びてきそうです。 そしてジョコビッチですが、キリオス戦の第2セット5-6からのサービスゲームでは4ポイント連続で落とすなど、らしからぬ負け方でした。 ただ、2Rではデルポトロとの死闘を制しており、復調の兆しも見せています。 昨年連勝を果たしたこの3月MSが、今後を占う重要な戦いになりそうです。 また、西岡の活躍も光りました。 1Rでは前週優勝のソックを逆転で破り、2Rもトンプソンにフルセットで勝って500初のベスト8。 敗れたQFでも2セットともナダルから先にブレークを奪うなど、非常に可能性を感じさせる内容でした。 今季は出場したのが全てツアーレベル以上の大会で、しかもデビスカップ以外は初戦負けがありません。(ブリズベンは予選を勝ち上がって、1R負け) まだ21歳、更なる飛躍に期待したいです。

500 ドバイ(1マレー、2ワウリンカ、3フェデラー、4モンフィス)

W マレー F ベルダスコ SF プイユ、ハーセ

マレーが大会初優勝となる通算45勝目を挙げました。 QFではコールシュライバーに7度もマッチポイントを握られるという苦しい場面もありましたが、MSに向けて弾みがつく優勝となりました。 インディアンウェルズMSは昨年3R敗退で、モンテカルロを除くと現行のMSで唯一優勝がないなど相性は決して良くないですが、今のマレーならそんな相性など関係なく勝ち上がっていきそうな気がします。 ベルダスコはアグ、モンフィスという実力者を破って5年ぶりとなる500決勝まで進みました。 33歳となった今でも強烈なフォアハンドは健在で、マレーからも先にブレークを奪いました。(惜しむらくは第1セット第8ゲーム、自サーブ40-0から5連続でポイントを失いブレークされたところ) コールシュライバーやハーセもそうですが、今大会はベテラン勢の活躍が目立ちました。 プイユは前週の準優勝に続いてまたも好成績。 QFで当たるドローだったフェデラーが2Rで敗れるというラッキーもありましたが、状態はかなり上向きと見ていいでしょう。 MSも期待が持てます。 一方、スイスの2人、ワウリンカは初戦敗退、フェデラーは2R敗退となりました。 2人とも優勢に試合を進めていたのに逆転されるという、少し年齢を感じさせるような負け方でした。 MSではどうなるのでしょうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ノーマークの第4シードから頂点を狙う!砂漠の町で錦織はどこまで勝てるのか?!~2017 IW展望、どこよりも気が早い2017全仏シード争い展望も~【KEI ENERGY】

WTAクアラルンプールとWTAアカプルコ【女子テニスも熱い】

3/8BNPパリバ・オープン2017が開幕 錦織のマスターズ初戦! 優勝を争うライバルは!?【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:38
  • 累計のページビュー:2863897

(05月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. レースランキング(2016/9/12)
  5. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  6. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  7. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  8. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望
  9. 全日本フィギュア滑走順決定!最終滑走は町田と本郷 ※演技構成を見て多少修正
  10. レースランキング(2016/8/1)

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss