いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

先週の3大会とエントリーランキング(2017/2/27)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、ch191です。 今回も先週の振り返りと、2/27付のエントリーランキングについて。

ではまずは先週の大会を振り返りたいと思います。 先週は500が1大会、250が2大会の計3大会が行われました。

500のリオデジャネイロでは、錦織を含むシード5人が初戦敗退となる波乱の中、決勝でティエムがカレノブスタを下し、昨年6月以来の通算8勝目を挙げました。 これで決勝では8勝2敗で勝率8割と、無類の強さを誇っています。 また、クレーではこれが6勝目と、やはり相性が良いことを示しました。 全豪後、やや不調気味だったティエムですが、ディフェンディングチャンピオンとして迎えるアカプルコに弾みをつけた形になりました。 一方敗れたカレノブスタですが、昨年からの好調を維持しているという印象です。 昨年は年初67位でしたが、ツアー初優勝を含む2勝を挙げ、一気に30位まで上がってシーズンを終えていました。 ベテランの活躍が目立つスペイン勢の中ではまだ若い25歳で、今後も活躍が期待されます。 そして先述の通り、錦織は地元ベルッチに敗れて初戦敗退となりました。 世間では全仏に向けて悲観的な見方が多くなっていますが、私はどちらかというとプラスにとらえています。 なぜなら、これが欧州クレーシーズンではないからです。 本番がそこであると考えれば、まだ1カ月以上の期間があります。 それだけあれば、今回の2試合でよかったところ、よくなかったところをしっかり陣営で精査することができるはずです。 今回の2敗を無駄にしないためにも、欧州クレーシーズンで好成績を残すための糧としてほしいと思います。

250のデルレイビーチでは、地元ソックが今季2勝目となる通算3勝目を挙げました。 デビスカップ以来の試合となったソックでしたが、決勝まですべての試合をストレートで勝ち上がるなど、好調を維持しているようです。 今週のアカプルコにも参戦しますが、面白い存在になりそうです。 そのソックと決勝で対戦するはずだったラオニッチは、SFでハムストリングを痛めた影響で棄権となってしまいました。 昨年もケガに苦しんだ印象があるラオニッチですが、今年もそうなってしまうのでしょうか。 今週参戦予定だったアカプルコを欠場し、インディアンウェルズに備えるようですが、果たして間に合うのでしょうか。 そして、注目していたデルポトロはSFまで勝ち上がり、ラオニッチにストレートで敗れました。 ただ、復帰戦としてはまずまずの結果だったと言えます。 今週のアカプルコでのプレーも注目です。 西岡は2Rでジョンソンに敗れましたが、2戦連続初戦を突破。 ツアーレベルでも徐々に戦えるようになっています。 今週のアカプルコも予選を突破して、本戦入りを果たしています。 初戦がソックと厳しいドローですが、頑張ってほしいです。

250のもう1大会、マルセイユでは地元フランス勢同士の決勝となり、ツォンガがプイユを下して2週連続優勝を飾りました。 そこまで楽なドローではありませんでしたが、見事に通算14勝目を地元で飾りました。 今年32歳を迎えるツォンガですが、フィジカルさえよければやはり強いですね。 一方敗れたプイユですが、年初から不調が続いていただけに、地元で復調の気配を見せました。 QFでは若手有望株のメドベデフ、SFでは同胞の先輩ガスケに勝利しての準優勝なので、なかなか価値があると思います。 今週のドバイで真価が問われそうです。 そして、昨年の覇者キリオスはSFでツォンガに敗れましたが、今大会ツォンガから唯一セットを奪うなど、全豪時からはよくなっているような感じです。 今週のアカプルコでは大暴れできるでしょうか。

それでは2/27付のエントリーランキングです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

今週の3大会とランキング(17・2・28)【サンチェス・ピスファン】

WTAドバイとWTAブダペスト【女子テニスも熱い】

群雄割拠の戦国時代、IWのシードを掴むのは?!錦織の今後は?! ~2017アカプルコ、ドバイ、サンパウロ~【KEI ENERGY】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:38
  • 累計のページビュー:2863897

(05月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. レースランキング(2016/9/12)
  5. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  6. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  7. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  8. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望
  9. 全日本フィギュア滑走順決定!最終滑走は町田と本郷 ※演技構成を見て多少修正
  10. レースランキング(2016/8/1)

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss