いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

祝四大陸優勝!三原舞依選手の魅力とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、ch191です。 今回は、前回の記事(スポーツ報道のあり方について その3~なぜ、早急に判断したがるのか~)に追記するような形で、先日の四大陸選手権で優勝した三原選手について書きたいと思います。 このたびのメディアの態度に怒っているので、言葉の使い方が雑になっているところがありますが、ご了承いただければと思います。

前回の記事で私はこのように書きました。

「五輪3枠確保に暗雲」という書き方は、間違っているとまでは言わないものの、結論を出すのが早すぎるという印象を受けます。 まず何より、樋口選手と三原選手に失礼です。 日本の女子フィギュアのレベルを過小評価しすぎではないでしょうか。 先述の通り、昨シーズンとは状況がかなり変わってきています。 そして、四大陸選手権があります。 今年はヨーロッパ以外の主力級の選手がそろいますので、世界選手権に向けた良い試金石になることは間違いなく、この結果を見ずに結論を出すのは早急すぎます。

結果はご存知の通り、三原選手が200点越えのPBで優勝です。 私はこの結果を予測していたわけではありませんが、2人のどちらかは「表彰台に乗る」とは思っていました。(そして個人的に三原選手の方に期待していた) 「だから言ったじゃん」というのが正直な気持ちです。

そして案の定、メディアは手のひら返しをしてきました。 出発時にはほとんど見向きもしていないくせに、優勝して帰ってきたら取材陣が殺到する。 挙句、「新エース候補誕生」とか、見る人が食いつきそうな見出しで必要以上に煽る。 一番ひどいと思ったのは「五輪3枠取りへ光」と書いた記事。 「光」と書くということは、それまでは「闇」(暗い、暗雲)だったということですか? また記事の中身は、やはり浅田、安藤、宮原に次ぐ日本女子4人目の200点台だとか、浅田以来の初出場初優勝だとか、他選手との比較での論調が多くなっていますが、優勝したことを称える記事を書くのであれば、そこに至るまでの過程(今シーズンの成績やこれまでの努力)とそのメンタルの強さにスポットを当てるべきで、純粋に彼女の良さ、魅力をもっともっと取り上げてほしいと思います。

さて、これ以上愚痴っても仕方がないので、ここからは三原舞依という選手の良さについて、個人的に思うところを書きます。 まず技術的な部分に関しては、ジャンプに癖がなく、ミスが少ないというところではないかと思います。 ほとんどの選手は、ルッツとフリップのどちらかに苦手意識を持っていて、いずれかでアテンション(!)かエッジエラー(e)を取られることが多いです。 そのため、SPのトリプルジャンプで3Lzと3Fの併用を避ける選手は少なくありません。 しかし、三原選手は3Lzと3Fをクリーンに飛べています。(今大会のSPで3Lzと3Fを併用し、何も取られず加点がつくジャンプを飛べたのは三原選手とチェ・ダビン選手だけ) よって、3Aを除いた中では最高難度の構成を組むことができ、それに自信を持って挑むことができているのです。 そして、ミスが少ないことも彼女の大きな武器です。 今シーズンのトータルスコアは、ISU公認大会では初戦で出した189.03を下回ることがなく、滑るたびに得点が上がっていっているのです。(以下参照) 189.03(ネーベルホルン杯)⇒189.28(スケートアメリカ)⇒190.92(中国杯)⇒200.85(四大陸)(ちなみに全日本では198.17) 今回の四大陸は、PCSが全体的に低めに出ている印象でしたが、それでも大台を超えたことは、TESの高さを物語っていると思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツ報道
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

祝四大陸優勝!三原舞依選手の魅力とは?

>>kariaさん

コメントありがとうございます。
確かに、シンデレラになぞらえると、みんなを振り向かせたと考えることができるかもしれませんね。

私も、今シーズンはカナダのオズモンド選手が強いので、さすがに優勝するとは予想していませんでした。
これだけの国際舞台で自分の力を発揮できるのは、やはり逆境を乗り越えてきたメンタルの強さに起因していると思います。

表現面で足りないところがあるのは事実だと思います。
ただ彼女はまだシニア1年目で、17歳とこれからの選手であるのもまた事実。
世界選手権では、たくさんの観客の前で滑ることのできる喜びを力に変えて、「三原舞依」という名前をどんどん世界に売って行ってほしいと思います。

祝四大陸優勝!三原舞依選手の魅力とは?

私は逆に見向きもされなかったことが良かったことだと思います。
これぞシンデレラ。皆が振り返る美しい女性になりました。

私は当初、他のメンバーを見たときに彼女は3位か4位、樋口選手は5位、6位だと思ってました。
三原選手は国際大会で3位、4位、全日本3位と安定した成績を収めていたので。
しかし、ここから殻を破るのは容易ではないと思ったのですが、予想を遥かに上回る輝きを魅せました。
これから追われる立場になるでしょう。
ここからは今後のことを。
200点は五輪銅落選ラインで、宮原選手やメドベージェワ選手の舞と比べると、全体的な品質、細かさ、感情、ジャンプの質が1段か2段足りないように感じました。
これらの成長は時間がかかるものですが、彼女はフィギュアに重要な楽しむ心を持っているので大丈夫だと思います。

さぁ、最後に…彼女が世界の風を、強さを目の当たりにしてどう変わるのか。身体が震えて動かないのか。さらに花開くのか。
夢のような世界に連れて行って欲しいです。時計の針はまだ24時を指してません。

こんな記事も読みたい

2017四大陸を終えて part2 男子は「真・四回転時代」に!【スコッチを片手に】

2017四大陸を終えて part1 シンデレラ・ガールの優勝、そして女子は「飽和の時代」に・・・【スコッチを片手に】

ルッツ・ジャンプが決めた勝敗(2017四大陸選手権 男子/女子)【Magic Moment !】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:751
  • 累計のページビュー:2773426

(03月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  3. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  4. レースランキング(2016/9/12)
  5. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  6. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  7. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  8. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望
  9. 全日本フィギュア滑走順決定!最終滑走は町田と本郷 ※演技構成を見て多少修正
  10. レースランキング(2016/8/1)

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss