いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

16-17GPファイナル 男女シングルプレビュー(当たらない予想つき)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ch191です。 今回は、いよいよ今週末に開幕するGPファイナルをプレビューしてみたいと思います。 では男子シングルから。

まずはシリーズのポイント表です。

NHK杯優勝の羽生、2位のチェンがファイナルの切符をつかみ、有力だったブラウンがまさかの7位に終わったため、リッポンに6枚目の切符が与えられました。 この結果、ファイナルの顔ぶれは新旧世界王者3人(フェルナンデス、チャン、羽生)に、勢いのある若手2人(宇野、チェン)、そしてベテランのリッポンとなりました。 チェンとリッポンは予想外でしたが、それ以外の4人は順当かなという気がします。 フェルナンデスは3年連続5回目、チャンは2年連続8回目、羽生は6年連続6回目、宇野は2年連続2回目、チェンとリッポンにとっては初のファイナルとなります。 では、6人のシリーズでのスコア平均をまとめたものを以下に示します。(黄色は6人の中で各項目最高値、比較のために昨シーズンのものも)

合計平均を全体的に見ると、明らかに昨シーズンよりスコアが上がっており、また一段レベルが上がったことを感じます。 2種類以上の4回転を組み込むことが当たり前となり、1種類なら相当高い完成度が求められることが分かります。

2年連続の1位通過を果たしたフェルナンデスは、5回目の挑戦で初のファイナル優勝を狙います。 シリーズ成績を見てもSPのTES以外は全て最高値を叩き出しており、2シーズン前からシリーズでは目下5連勝中。 シリーズ初戦ではいきなりFS200点台をマークするなど、非常に充実しています。 持ち前の表現力に安定感が加わり、TESは合計で昨年より15点以上も高くなっています。 さらに強さを増した世界王者が、また新たな称号を手にすることができるのでしょうか。

2位通過のチャンは5年ぶりのファイナル優勝がかかります。 地元で行われたスケートカナダでは昨年と同じく羽生を抑えて優勝、中国杯も制してシリーズ2連勝を飾りました。 今シーズンはFSでついに4Sを組み込んで4回転3本の構成に挑んでおり、中国杯では4Sで転倒がありながらFSで196.31をマークしています。 まだ4Sの成功はありませんが、回転不足も取られていないため、成功すれば自身2度目の200点台が十分視界に入ってきます。 気になるのはSPでクリーンな演技がまだできていないこと。 やや苦手としている3AがSPでは一度も成功しておらず、3Lzが2Lzになる、SPでは致命的となるミスもあります。 昨シーズンもSPで苦しんだところがあるので、ファイナルでもSPがカギになってくるかもしれません。

3位通過の羽生はファイナル3連覇中で、シングル選手では史上初となるファイナル4連覇がかかります。 スケートカナダでは2年連続でチャンの後塵を拝しましたが、NHK杯は今シーズン唯一のトータル300点台を叩き出して圧勝しました。 今シーズンから組み込んでいる4Loはまだ完璧とはいきませんが、それ以外の要素は試合を追うごとに完成度が上がってきていますし、それでいてまだ底が見えません。 おそらく、今シーズン一番照準を合わせているのは世界選手権での王座奪還で、ファイナルも通過点でしかないと思います。 4Loに注目が集まりますが、むしろそれ以外の要素でいかに取りこぼさないかがカギだと思います。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

GPシリーズ2016まとめて観戦記 ~男子の選択~【俺は本当はデブじゃない】

高梨が別次元のビックジャンプ、伊藤が続き、日本勢が1、2フィニッシュ!(女子ジャンプ・ワールドカップ・第1戦)【0 to zeroのhorizon】

羽生選手とプリンスについて語ってみよう【Magic Moment !】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:156
  • 累計のページビュー:2846489

(04月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  3. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  4. レースランキング(2016/9/12)
  5. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  6. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  7. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  8. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望
  9. 全日本フィギュア滑走順決定!最終滑走は町田と本郷 ※演技構成を見て多少修正
  10. レースランキング(2016/8/1)

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss