いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

スポーツ報道のあり方について その2~若い選手の未来を潰すな~ ※11/25追記

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、ch191です。 今回はスポーツ報道についての苦言シリーズ(?)第2弾です。(よろしければ第1弾”スポーツ報道のありかたと今後の日本スポーツ界”も合わせてご覧ください) 主に日本の女子ジュニアフィギュア選手に対する報道についての苦言です。 最近、特に目に余るようになってきたので我慢しきれず書くこととなりました。 以前のものと内容が重複する部分がありますが、そこは大目に見ていただければと思います。

まず、現在の女子ジュニアの状況を考えると、世界的に見ても「ロシアと日本の2強」といって差し支えないと思います。 ジュニアGPファイナル進出者を見ると、3年連続でロシアと日本が3枠ずつを分け合っており、今年に至っては成績上位10人までをロシアと日本で独占しています。 それぐらい日本女子ジュニアのレベルは高いです。 にもかかわらず、なぜ特定の選手だけを持ち上げようとするのでしょうか。 そう、今年の世界ジュニアで優勝した本田真凜選手です。 芸能界でも活躍する妹を持ち、きょうだい全員がフィギュア選手という上に、容姿端麗、実力も折り紙付きと来れば注目が集まるのは仕方がないのかもしれません。 ですが、他にも実力のある選手がそろっているにもかかわらず、あまりにも本田選手ばかりに注目が集まりすぎていると思うのです。

例えば、先日の全日本ジュニアを制した坂本花織選手を、報道各社は「平昌の新星」と称していますが、すごく違和感を感じます。 昨シーズンは足の疲労骨折の影響で思うような滑りができませんでしたが、2年前の全日本選手権では若干14歳で6位に入るなど、すでに才能の片鱗を見せていました。 「新星」とうたうのならばせめてこの時でしょう。 迎えた今シーズン、JGP横浜で187点台という、ジュニアでは極めて高い得点で本田選手を抑えて優勝しました。 にもかかわらず、報道されるのは「本田選手が負けた」ということばかり。 ひどいものでは坂本選手が優勝したということすら書いていないようなものもありました。 そして、今回もどちらかといえば本田選手の記事の方が目立ちました。 さらに「平昌の新星」という書き方… 乱暴な言い方をすると、「なんでスポーツ記者であるお前らより、一般人である俺の方が知ってるんだよ」って感じです。

ある意味、上記の坂本選手よりもひどい扱いだったのは2位に入った白岩優奈選手です。 ジュニアデビューとなった昨シーズン、シリーズ2連勝でJGPファイナルに出場(5位)し、全日本ジュニアで2位。 全日本選手権では若干14歳で村上佳菜子らを抑えて5位、世界ジュニアでも4位と、大舞台でも結果を残し続け、その強さに驚かされました。 しかし、今年4月に左足を骨折し、2カ月練習ができなかったため今シーズンは出遅れ、2年連続のJGPファイナルは逃してしまいました。 そんな逆境を乗り越えて見せたのがあの演技です。 演技後の彼女のうれしそうな表情を見て、涙が出そうになりました。 しかし、某テレビ局では、スポーツ番組であるにもかかわらず、白岩選手をほぼ完全に無視していました。 盛んに取り上げていた本田選手よりも1つ上の順位である彼女を。 それこそ、2位じゃダメなんでしょうか? また、見出しに「白岩」が入っている記事は1つもありませんでした。 正直あきれてものが言えません。 ※追記※ 11/25に白岩選手に関する記事が出ました。(フィギュア白岩優奈、ケガから復活 勇気の2位…真凜も目を潤ます) こういう記事を見ていると、日本のメディアもまだまだ捨てたもんじゃないなと思えます。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツ報道
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

スポーツ報道のあり方について その2~若い選手の未来を潰すな~

>>ああああ様

コメントありがとうございます。

私は「競技のことはよくわかんないけど可愛いから、かっこいいから応援する」といったファンが増えているのは、メディアに扇動されているからだと考えています。
あおるだけあおっておいて、ダメだったらとことん落とす。
客観的に見たら名誉棄損で訴えられるレベルだと思います。
「言論の自由」を盾にして、何でも言っていいと思っているようならあまりにも無責任です。
これはたちの悪い「集団いじめ」と同じだと思います。
「相手の気持ちを考える」、ただそれだけで解決する問題だと思うのですが、利益などが絡むと簡単なことが見えなくなってしまうんでしょうかね…

スポーツ報道のあり方について その2~若い選手の未来を潰すな~

>>sudati様

コメントありがとうございます。

日本から拠点を移した方がいいというのは、まさにおっしゃられる通りだと思います。
フィギュアでも羽生選手はオーサーコーチの下、カナダのトロントを拠点としています。
ただ、ジュニアの段階からそれをするのはかなり難しいと思います。

また、競技会に出ているフィギュア選手はテニスと違ってアマチュア扱いですので、賞金もそこまで多く稼げるわけではありません。
スポンサーについてもらわないと、資金的に世界を転戦するのは難しいので、メディアとのつながりがある程度必要なのは事実です。

しかし、日本のメディアは選手のプライベートなところまで干渉しすぎています。
錦織選手のコメントを書かれているように、芸能人とアスリートの区別が全くなされていません。
いい加減、そういったところがメディア離れを引き起こしている一因になっているということを自覚してほしいものです。

スポーツ報道のあり方について その2~若い選手の未来を潰すな~

全面的に同意というか、フィギュアはよく知らないのですが昔の安藤美姫選手をおかしくしてしまったのもメディアのせいだと思っています。ただ忘れてはいけないのが、芸能人の妹でルックスも良いフィギュア界の妖精みたいな存在を求めているのは一般人であるということですよね。ブログ主様も最後に追記されていますが、結局はメディアの受け手がバカだからメディアは彼らを煽り立て、スターを作り上げては壊していくことで利益を上げているわけですから。そして、大衆に向かって賢明であるように呼びかけることがどれだけ虚しいことか。他の方が書かれているように、メディアや大衆には何も期待せず、海外で生活するのが最も良い方法でしょうね。

スポーツ報道のあり方について その2~若い選手の未来を潰すな~

スポーツで世界と戦うには錦織選手みたいに、日本から拠点を移したほうがいいのかもですね。
あくまでイメージですが、アメリカではスポーツ選手を芸能人扱いしていない気がします。
何かの記事で錦織選手が「日本だと買い物もできない」みたいなことを言ってたと書いてあるのを読んで、日本って駄目だなあと思ったものです。

こんな記事も読みたい

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦 対東洋大2回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

16-17GPシリーズ 男女シングルGPファイナル進出争い(第5戦終了時)【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

【湘南アイスホッケー部】関東大学リーグ戦第8戦【東海スポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:1077
  • 累計のページビュー:3009616

(06月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. レースランキング(2016/9/12)
  5. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  6. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  7. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  8. 前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正
  9. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望
  10. 全日本フィギュア滑走順決定!最終滑走は町田と本郷 ※演技構成を見て多少修正

月別アーカイブ

2017
06
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss