いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ch191です。 今回はレースランキング、後半戦ランキング、MSランキングの3本立てでお送りしたいと思います。 その中にファイナルの話題も散りばめながらいきたいと思います。 いつも以上に長文となりますので、体力に自信のある方は最後までお付き合いください。

まずは、ファイナル進出者が決定したレースランキングについて。 それでは早速、11/7付のレースランキングです。(point change、rank chnageとも10/31時点からの変動)

残り2枚の切符をつかんだのはやはりチリッチとティエムでした。 チリッチはバーゼル(W)、パリ(SF)の2大会で860ptを荒稼ぎし、ナダルまで抜いてキャリアハイの7位まで上がりました。 前半戦終了時にはなんと29位に沈んでいたチリッチでしたが、後述の後半戦だけのランキングでは5位と驚異の爆発力を見せました。 ファイナルでも非常に怖い存在だと言えます。

そしてティエムは全米後ケガに苦しみ、わずか10ptしか稼げませんでしたが、前半戦の貯金を生かして逃げ切ったという格好です。 23歳1か月でのファイナル進出は2009年のデルポトロ(21歳1か月)以来の年少記録となるので快挙であることに違いはないのですが、パリでのプレーを見る限り本調子には程遠く、ファイナルに出られるかどうかも微妙な感じがします。 それは別として、ティエムにとって来年は真価が問われる年になります。 2年前ファイナルに初めて出場した錦織が、昨年苦しんだように、上位選手に研究され、下位選手からは追われる立場になるからです。 今年の出場試合数では終盤失速することを身を持って知ったと思うので、試合数を調整しつつ、いかにMS以上の大きな大会で今年以上の成績を残していけるかがポイントです。 まずは大量失効が控える来年の前半戦で、上位シードをキープできるかが課題となりそうです。

ベルディヒはパリでQFまで進み、あと1勝まで迫りましたが、マレーに惜敗して7年連続のファイナルを逃しました。 終盤戦、東京からの3大会連続で初戦敗退に終わったことが結果的に大きく響きました。 ただラオニッチ、モンフィス、ティエムの3人がコンディション不良という状況なので、「~に代わりまして空気」…あると思ったのですが、補欠に入ることを拒否したとのこと。 おそらく盲腸が完治していないためだと思いますが、個人的には6年連続ファイナリストとしてのプライドの表れと取っておきます。

ゴフィンはR16でチリッチとの直接対決に敗れ、初のファイナルはならず。 トップ10入りも来年に持ち越しとなりました。 前半戦8位で折り返したゴフィンでしたが、中盤戦での失速が響き、追い上げ届かずという感じです。 ただ、私がTop8の目安としたMandatoryで年間2000pt以上稼いだことは大いに評価できると思いますし、飛躍のシーズンだったといえます。 東京で準優勝を果たしたように、Non-Mandatoryの大会で取りこぼしを減らし、ポイントの底上げを図ることができれば、来年早い段階でのTop10入り、そして初のファイナルが見えてくるはずです。 また、今年も補欠1番手に回ったことで、代打で出られる可能性は大いにありますし、もし出られたら、来季は8位以内で出るんだ、というモチベーションにしてもらいたいと思います。 大いに期待したいところです。

さて、ファイナル進出ラインの話はこれぐらいにして、今大会はやはりなんといってもマレー悲願の1位奪取でしょう。 しかも、パリMS初優勝で快挙に華を添えました。 122週続いたジョコビッチ政権がこんなに早く終わるとはだれが予想できたでしょうか。 ただ、後述する後半戦だけのランキングを見れば、その差は歴然としています。 地元イギリスでの開催ながら、過去SFが最高と鬼門ともいえるファイナルは、考えられうる最もタフな組み合わせとなりましたが、それでもあっさり全勝で1位通過してしまうような気がします。 果たして、年間1位でシーズンを終えることはできるでしょうか。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ

コメントありがとうございます。

普段作っているものの延長になっているものが多かったので、特段今回が大変だったわけではないのですが、最初はものすごく苦労しました。
また、普段載せていない部分も含めたものを掲載させていただく機会があるかもしれません。

私はテニスをやったことが全くない人間なので、プレー内容の分析などはとてもではありませんができません。
また、典型的な理系人間なので、ポイントなど、数字関連のデータの分析の方が向いている、というか好きなんですね。
とはいえ専門的な統計学の知識などは持ち合わせていませんので、傾向などを読み取ってふわーっとした感じでゆるーくやってます。
ちょっと今回は気合を入れすぎましたが…

それではukk_chu_renさんの今季の総括記事を、楽しみにしています。

「レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ」へのコメント

ch191さん

お疲れ様でした。
データ表の作成に、トップ2を始め、かなり広い範囲で主要選手の状況を纏められ、大作でしたね。ch191さんはサクサク作り上げられたかもしれませんが、私ならそうとうな時間がかかるし、間違いもかなり出そうな内容でした。
的確に表現されていて、私も、そうだったなと思い返しながら、今期の頭の整理になりました。
またの記事を楽しみにしています。
私も、ツアーファイナル終了後、今期の総括を書いてみようと思っています。これが、なかなか骨が折れるんです。
今後もよろしくお願いします。

こんな記事も読みたい

スタッツ分析と錦織に期待するもの ATPワールドツアー・ファイナルズ2016【change-the-flow】

兵庫ノアCH2016 本戦に出場した日本選手は15人 8強に残った3選手は!?【0 to zeroのhorizon】

WTAプレイヤーは男子テニスプレイヤーと練習していればそれでいいのかを考えてみる。【女子テニスも熱い】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3313451

(11月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. 各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版) ※6/29追記
  5. レースランキング(2016/9/12)
  6. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  7. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  8. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  9. 前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正
  10. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss