いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

16-17GPシリーズ 第1戦スケートアメリカ 男女シングルまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

GPシリーズ開幕戦、スケートアメリカのデータをまとめておきたいと思います。 まずは女子からいきましょう。 結果は以下の通り。(カッコ内はSP+FSの得点、その横の数字はSPとFSの順位)

1 アシュリー・ワグナー     196.44(69.50+126.94) SP1  FS2 2 マライア・ベル        191.59(60.92+130.67) SP6  FS1 3 三原舞依           189.28(65.75+123.53) SP3  FS3 4 ガブリエル・デールマン    186.63(64.49+122.14) SP4  FS4 5 グレイシー・ゴールド     184.22(64.87+119.35) SP3  FS5 6 浅田真央           176.78(64.47+112.31) SP5  FS6 7 セラフィマ・サハノヴィッチ  163.84(56.52+107.32) SP8  FS7 8 パク・ソヨン         161.36(58.16+103.20) SP7  FS8 9 ロベルタ・ロデギエーロ    149.13(52.62+ 96.51) SP9  FS10 10 村上佳菜子          145.03(47.87+ 97.16) SP10 FS9 11 アンゲリーナ・クチヴァルスカ 134.97(47.80+ 87.17) SP11 FS11

リプニツカヤがけがで欠場となったものの、そうそうたるメンバーがそろったシリーズ開幕戦を制したのは地元アメリカのワグナーでした。 ジャンプで回転不足をSP、FS合わせて3度取られたり、スピンやステップでもレベルを取りこぼしたりと、まだまだ改善すべき点はあるとはいえ、それでも190点台後半に乗せてしまうのはさすが。 その高得点を支えているのは他選手を圧倒するPCSの高さです。 ほとんどが8点台後半で、FSのINでは9点台をマークするなど、貫録を見せました。 彼女にとってはシーズン初戦だったのですが、すでにある程度曲を自分の物にしているように感じたのは私だけではないはずです。 5年連続のファイナルに向けて好スタートを切りました。

2位に入ったのはこちらも地元アメリカのベル。 今大会最大のサプライズといっても過言ではないでしょう。 なにしろアンジェラ・ワンの欠場により急きょ出場が決まり、昨シーズンまでのPBは160点そこそこだった選手です。 それが今シーズン、9月のUSインターナショナルクラシックで184.22とPBを大幅に更新して宮原に次ぐ2位。 そして今回、そのPBをSP、FSともにさらに更新しました。 PCSは地元補正かな?と思うぐらい高めに出ていましたが、目立つミスはなかったですし、ジャンプは非常に質が高いものを持っているなと感じたので、TESは納得の数字でした。 今のところ今大会のみの出場なのでファイナル進出は無理ですが、今回のようにけが等で枠が空けば2大会目に出られる可能性もあります。 アメリカにまた期待の選手が現れました。

そして3位にはシリーズデビュー戦となる17歳の三原が入りました。 これもベルほどでないにせよサプライズだったとは思います。 ですが、プレビュー記事でも挙げたとおり、昨年JGPファイナルに残るほどの実力がある上に、今シーズンもすでに9月のネーベルホルン杯で189点台のPBで、トゥクタミシェワやデールマンらを抑えて優勝をしていました。 今回も189点台の得点でPBを更新しての3位なので、表彰台に上がるべくして上がったと言えます。 また、JGPファイナルの時期に若年性特発性関節炎という難病を発症し、4か月も競技から離れざるを得ないという困難を乗り越えての結果ですから、本人の喜びもひとしおでしょう。 そして何より、憧れの選手と公言する浅田真央と同じ舞台に立てたということが、大きくプラスに働いたことは間違いありません。 演技を見て一番感じたのはジャンプの高さ。 3Lz+3Tという、高難度のジャンプも難しくなさそうに見えたのがとても印象的でした。 さらに、スケーティング技術の高さにも驚きました。 実際、PCSもほとんどが7点台後半と、シニア1年目の選手としては非常に高い評価を受けました。 そして、何より大舞台にも動じない精神力です。 プレッシャーを感じているというより、何よりも大好きなスケートを楽しんでいることが表情や動きから感じられ、微笑ましく見ていました。 病気の影響で、滑り込みがまだ足らないと思いますので、後半のスタミナが今後の課題だと思います。 ワグナー、ラジオノワ、本郷、トゥクタミシェワなどの強豪がそろう中国杯の結果次第ではファイナル進出もあり得ますので、ぜひ頑張ってほしいですね。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アレクシ・パンテュロー セルデン初制覇 W-CUP開幕戦【アルペンスキー撮影記】

円熟期を迎えた二人のベテラン【専らフィギュアスケート】

昨季総合女王ララ・グートが勝利 W-CUP開幕戦セルデン【アルペンスキー撮影記】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:1321
  • 累計のページビュー:2774746

(03月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  3. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  4. レースランキング(2016/9/12)
  5. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  6. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  7. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  8. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望
  9. 全日本フィギュア滑走順決定!最終滑走は町田と本郷 ※演技構成を見て多少修正
  10. レースランキング(2016/8/1)

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss