いろいろな試算をゆる~くやってみる。

紀平梨花選手の魅力は本当にトリプルアクセルだけ?プログラム構成を検証

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、ch191です。 前回記事では大きなミスを犯してしまい、大変失礼いたしました。 今回は女子史上7人目となる3Aを決めた紀平梨花選手のプログラム構成について、少し検証してみたいと思います。 というのは、たまたまフリーの演技を見ることができ、そのすごさを体感したからです。

まずは紀平選手について、簡単なプロフィールを。 兵庫県出身の14歳で、まだ中学2年生。 宮原選手や本田選手といったワールドクラスの選手を育てている、濱田美栄コーチと田村岳斗コーチに指導を受けています。 昨年は全日本ノービス1位、その資格で出場した全日本ジュニアではフリーで3Aに挑戦し、転倒してしまいましたが、総合11位に入りました。 満を持してジュニアGPシリーズデビューとなった今シーズン、第2戦チェコ大会で185点台の高得点をマークし、いきなり2位表彰台。 そして、先日の第5戦スロベニア大会のフリーで3Aを成功させ、フリーではジュニア歴代3位となる128.31点をマーク。 合計でもジュニア歴代4位となる194.24点でシリーズ初優勝を飾り、同時にJGPファイナル進出も決めました。

ということで、本当にすごいことを成し遂げた紀平選手ですが、マスコミはやはり3Aだけを取り上げています。 ある程度フィギュアの知識がある方ならわかると思いますが、ジュニアではSPで3Aを入れることはルール上できません。 ですが、紀平選手は2戦とも60点台後半という、ジュニアではかなり高い得点をマークしています。 これは、3A以外のジャンプの要素、ジャンプ以外のスピン・ステップでも得点が取れるという何よりの証拠です。 結論として、紀平選手の魅力は3Aだけではないということです。

では本題の検証に入りましょう。 今回はFSに絞りたいと思います。 まずはジャンプの構成です。(カッコ内はジャンプの基礎点、xがついているジャンプは演技後半で基礎点が1.1倍になっている)

3A(8.50)⇒3Lz+3T(10.30)⇒3Lo(5.10)⇒2A+3T(8.36x)⇒3F+2T+2Lo(9.24x)⇒3S(4.84x)⇒3Lz(6.60x)

3回転を8本飛ぶという、いわゆる「エイトトリプル」の構成です。 基礎点の合計は52.94。 これはシニアでも最高レベルに匹敵します。(同じくエイトトリプルだったソチ五輪時の浅田選手は53.06) 3Aもそうですが、3Lzを2本入れて、しかも演技の最後に持ってくるあたりにジャンプへの自信が感じられます。 実際、着氷がやや詰まったところはあったものの、すべてプラス評価。 特に2A+3Tは+1.40という大きな加点を得ています。 ということで、現時点でも相当なレベルにあることがお分かりいただけたかと思いますが、これでもし練習ではできていると言われている3A+3Tを組み込んで、3Aを2本飛ぶという構成になったら… 考えただけでもワクワクしますね。

そして、ジャンプ以外の要素ですが、スピンはすべてレベル4を獲得。 ステップはレベル3でしたが、+2をつけるジャッジもいました。 宮原選手や本田選手を見ていてもわかりますが、濱田コーチの門下生は、本当に基礎がしっかりできているなぁと感じます。

結果、TESだけで見れば(おそらく)ジュニア史上初の70点台となる71.74点をたたき出したのです。 これは昨シーズンの世界選手権で当てはめてもメドベデワ(77.76)、宮原(73.54)に次ぐ3番目。 しかも、ジュニアですのでコレオシークエンス(2.00+α)が入っていないことから、さらに得点の高さが際立ちます。 もちろん、PCSの方はこれからだと思いますが、すでに4項目で7点台をマークしており、ジュニアデビューしたての選手としては高い評価を得ていると言えます。 年齢制限で平昌オリンピックには出場できませんが、将来が非常に楽しみな選手がまた一人出てきました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

16-17GPシリーズ 男女シングル展望【いろいろな試算をゆる~くやってみる。】

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦 対日大1回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対慶大1回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:1215
  • 累計のページビュー:2757086

(03月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  3. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  4. レースランキング(2016/9/12)
  5. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  6. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  7. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  8. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望
  9. 全日本フィギュア滑走順決定!最終滑走は町田と本郷 ※演技構成を見て多少修正
  10. レースランキング(2016/8/1)

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss