いろいろな試算をゆる~くやってみる。

16-17GPシリーズ 男女シングル展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィギュアカテゴリではご無沙汰しておりました、ch191です。 最近はずっとテニスにお熱だったのですが、今のところGPシリーズのプレビュー記事らしきものがありませんので、僭越ながら書かせていただきます。

さて、すでにオリンピックのプレシーズンとなる重要な16-17シーズンが開幕していますが、本格的な開幕となると、やはりこのGPシリーズからということになるでしょう。 では男女シングルの展望、そしてファイナル進出予想をしていきたいと思います。 ちなみに昨年の答え合わせは以下の通りです。

男子(予想) 1.羽生(30pt) 1.フェルナンデス(30pt) 3.テン(28pt) 3.チャン(28pt) 5.ボロノフ(26pt) 5.無良(26pt)

羽生とフェルナンデスが2連勝、テンとチャンが1位と2位で、上位4人が優勝を独占し、ボロノフと無良が2位2回という予想です。 無良は期待を込めてという感じですが、最低でも24pt(2位+3位or1位+4位)ないと厳しいかなと思います。 もちろん、村上や宇野、小塚にもチャンスはありますし、4年連続の日本勢3人以上ファイナル進出もあると思います。 いい意味で予想を裏切ってくれることを期待したいですね。

男子(結果)3/6 ○1.フェルナンデス(30pt) ○2.羽生(28pt) ×3.宇野(28pt) ×4.金(26pt) ○5.チャン(22pt) ×6.村上(22pt)

一応半分正解。 ただ、内訳はフェルナンデス以外ボロボロ。 いい意味で予想を裏切ってはくれましたね。 宇野、金ら新世代の台頭も目立ちました。

女子(予想) 1.トゥクタミシェワ(30pt) 1.浅田(30pt) 3.ラジオノワ(28pt) 3.宮原(28pt) 5.ゴールド(26pt) 6.本郷(24pt)

トゥクタミシェワ、浅田が2連勝、ラジオノワ、宮原は1位と2位で、上位4人が優勝を独占し、ゴールドが2位2回、本郷が2位+3位で滑り込みという予想です。 はっきり言って願望がかなり入っていますが、無くはないと思います。 ここにないメンバーではワグナーが有力、リプニツカヤは調子次第で、村上もPBに近い演技ができれば十分可能性はあるかなと。 一番読めないのはメドベデワで、いきなりファイナルもありそうです。

女子(結果)4/6 ○1.ゴールド(28pt) ×2.メドベデワ(28pt) ○3.宮原(26pt) ○4.浅田(26pt) ○5.ラジオノワ(26pt) ×6.ワグナー(24pt)

4人当たったのは満足。 メドベデワとワグナーは示唆していたものの読み切れず。 2連勝がいなかったのは少し意外でしたが、ファイナルの結果を見れば納得でしたね。 かつてないほどのハイレベルなシリーズでした。

では今年は女子シングルからいきたいと思います。 まず、以下が参戦予定表になります。(上から昨シーズンのGPシリーズでの成績順。太線以下はシリーズデビューor復帰した選手)

日本勢は新たに3人がシニアデビューとなりますが、全員2戦エントリーというあたりに、層の厚さを感じます。

第1戦(スケートアメリカ)では地元アメリカのゴールド、ワグナーのダブルエースがいきなり登場し、浅田、村上の日本勢や、リプニツカヤ、サハノヴィッチのロシア勢らを迎え討ちます。 優勝候補は昨年のファイナリスト3人(ゴールド、ワグナー、浅田)ですが、過去に大きな実績を持つ選手もおり、正直誰が勝ってもおかしくないぐらいハイレベルです。 シーズンを占う1戦になるといっても過言ではないでしょう。 サハノヴィッチはシリーズデビューとなりますが、若干16歳ながらJGPファイナルと世界ジュニアでそれぞれ2位2回、PBは191点台を持っているという素晴らしい実績の持ち主。 昨年は不調でしたが、ポテンシャルは十分ある選手なので、シニアでどこまで通用するのか楽しみです。 また、日本からはもう一人、シリーズデビュー戦となる三原舞依が登場します。 昨シーズンはJGPファイナル出場を果たしており、PBも182点台とジュニアでの実績は十分持っている選手です。 どこまで上位に食い込むことができるでしょうか。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

16-17GPシリーズ 男女シングル展望

コメントありがとうございます。

すみません、修正しました。
テニスにお熱だったことがバレバレなミスをしてしまいました…

16-17GPシリーズ 男女シングルス展望

シングルスという言い方はフィギュアスケートの世界ではあまりしないのではないでしょうか?
公式にはあるのでしょうか?少なくとも自分は初めて聞く言い方です。
ともすれば、間違えやすいとは思いますが

こんな記事も読みたい

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦 対日大1回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

スケート部・関東大学アイスホッケーリーグ戦対慶大1回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

いよいよ開幕!!FREEBLADESが走り出します!!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2757086

(03月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  3. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  4. レースランキング(2016/9/12)
  5. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  6. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  7. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  8. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望
  9. 全日本フィギュア滑走順決定!最終滑走は町田と本郷 ※演技構成を見て多少修正
  10. レースランキング(2016/8/1)

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss