いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

レースランキング(2016/8/1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ch191です。 今回もレースランキングについて。 では早速昨日8/1付のレースランキングです。

ご覧のTop20の中でも、マレー、ナダル、フェデラー、クエバス、バウティスタ=アグ、ツォンガ、フェレールと7人も欠場した中で行われたカナダMS。 優勝したのはやはりといいますか、ジョコビッチでした。 キャリアゴールデンスラムに照準を合わせ、失意のウィンブルドンから見事にカムバックしてきました。 マレーとの差を1815ptとし、1位の座をまた安定させようとしています。 リオでも間違いなく金メダル候補筆頭でしょう。

ラオニッチは地元で自身初のMS優勝を目指しましたが、QFでモンフィスに屈しました。 それでもGS・MSでのQF以上は6/8と、やはり成績は安定しています。 このまま調子を維持できれば、キャリアハイの3位が現実味を帯びてきます。

錦織はドローに恵まれたとはいえ準優勝、大きな大きな600ptを獲得し、ナダルを抜いて4位に浮上しました。 これにより、3位ラオニッチとの差を420pt詰めて、510pt差としました。 Mandatoryのポイントも4000ptペースに戻ってきました。 年間3位に向けて、やはり全米が大きなカギを握りそうです。

ティエムはよもやの初戦敗退で、下位との差を詰められてしまいました。 再三になりますが、Non-Mandatoryで加点が見込めない以上、Mandatoryで頑張らないとファイナルが厳しくなってきます。 リオはスキップするので、しっかり休んでシンシナティ・全米に照準を合わせてほしいところです。

ワウリンカとモンフィスはともにベスト4で360ptを加算しました。 ワウリンカはMandatoryのMS4大会でわずか200ptしか稼げていなかった(モンテカルロは180pt)ので、ようやくMandatoryが50%を超えました。 ファイナルへ一歩前進といったところ。 一方モンフィスはワシントンと合わせて860ptの荒稼ぎで、またファイナル圏内に戻ってきました。 今年の勝率.750は全選手中7位と、上位選手とも戦えています(今大会でもゴフィンとラオニッチに勝利)ので、初のファイナルへ、コンディションがカギを握りそうです。

ベルディヒはシードキープしましたが、QFの180pt止まりでは少し物足らなくなってきました。 Mandatoryでは取りこぼしがほとんどなく、QF以上が6/8と安定していますが、実はその6回中5回がQF止まり。 Non-Mandatoryで取りこぼしまくっているのとともに、突き抜けきれない原因となっています。(そのため今年はいまだ未勝利) ウィンブルドン(SF,720pt)のような大きなポイントがあと1,2回ほしいところです。

ゴフィンは3回戦でモンフィスと当たってしまい、フルセット負け、第7シードを生かしきれませんでした。 今シーズンは前半戦から好調で、ファイナル争いにも加わっているゴフィンですが、Mandatoryで全体6番目のポイントを稼いでいる一方、Non-Mondatoryは取りこぼしが多く、6大会埋まっているにもかかわらず、わずか365ptしか取れていません。 まだ何とか踏みとどまっている状況ではありますが、8位モンフィスとの差が460ptと徐々に開きつつあります。 ベルディヒと同じく、1大会での大きなポイントがほしいところです。

ということで、出場した上位勢は軒並みQF以上で、下位との差を広げる結果となりました。 フェデラーは残念ながら今シーズン全休を表明したため、ファイナル争いは実質10位のゴフィンまでに絞られてきた感じです。 残る大きな大会は、シンシナティ、上海、パリのMS3大会と全米の4大会。 ボーダーラインを巡る争いがどう動くのか、本当に目が離せません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

レースランキング(2016/8/1)

とんでもないです、自分でやる勇気がなくて半ば押し付けるような格好になってしまい、本来私には何も言う資格はないのでそこまで気になさらず…
「4-8-6」が瞬間「4-9-5」になり、さらにまた「4-8-6」に戻るというだけでも面倒なのに、カナダで欠場者が続出したのでマスターズの出場義務免除も絡んで意味が分からないことになってますので仕方ないです。
私はオリンピックが落ち着いて、シンシナティのドローが出たころに記事を上げようと思いますので、落ち着いて見直してみてくださいね。

「レースランキング(2016/8/1)」へのコメント

すみません。こちらから、

ワウリンカ、15カナダを引いていませんでした。
ナダルは、モンテカルロが500以下の試合数に入るので、ブエノスアイレスは入らないのかと思っていました。
ラオニッチ、またカナダを抜くのを忘れています。

有り難うございました!

「レースランキング(2016/8/1)」へのコメント

感覚観戦です。先程は有難うございました。
非表示にしましたので、ここからお詫びとお礼を申し上げます。
今回はかなりデカイのをやってしまいました。
自分でも、もう一度見返してみます。

レースランキング(2016/8/1)

こちらこそ、参考にしていただいてありがとうございます。
マスターズの義務免除があるので、間違えないかといつもひやひやしていますが、またシンシナティ後にアップしようと思っております。

本文では触れなかったのですが、ナダルの体調は大きなカギを握りそうですね。
ただ、リオでは3種目とも出るとのことなので、大丈夫なんだと思います。
ナダルが万全なら間違いなくファイナルに残ってくるでしょうから、すごく楽しみにしています。
リオでのプレーが一つ、試金石になりそうですね。

こんな記事も読みたい

【2016MSカナダF】錦織選手、3度目のMSタイトル挑戦、残念!でも体調不良の中、良く頑張った!【"テニス"感覚観戦】

WTAプレイヤーの仕草に注目してみる【女子テニスも熱い】

《楽しいテニス観戦》【ℹ︎ LOVE TENNIS❣️】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3318897

(12月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. 各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版) ※6/29追記
  5. レースランキング(2016/9/12)
  6. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  7. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  8. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  9. 前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正
  10. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss