いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、ch191です。

全仏オープン、男子はジョコビッチが悲願のキャリアグランドスラムを達成、女子は若干22歳のムグルッサがセリーナを破ってGS初優勝を飾り、幕を閉じました。 どちらも違った意味で新しい時代に突入していきそうな、そんなことを感じさせる大会だったのではないでしょうか。

さて、ちょうど全仏が終わり、シーズン前半戦が終わったことになります。 ということで、今回はローマMS後でも触れましたが、レースランキングについて。 以下、20位までを示します。(前回同様Mandatoryのポイント、割合も)

2016/6/6付レースランキング(Top20)                Mandatory 1.ジョコビッチ    7950 7600(95.6%)→ 2.マレー       4725 4090(86.6%)→ 3.ナダル       2930 1010(34.5%)→ 4.錦織        2680 2040(76.1%)→ 5.ティエム      2600 1180(45.4%)↑1 6.ラオニッチ     2335 1905(81.6%)↓1 7.ワウリンカ     2325 1100(47.3%)↑1 8.ゴフィン      1725 1450(84.1%)↑1 9.モンフィス     1675  775(46.3%)↓2 10.ベルディヒ     1540 1260(81.8%)↑2 11.バウティスタ=アグ 1445  630(43.6%)↓1 12.キリオス      1340  820(61.2%)↓1 13.クエバス      1208  290(24.0%)↑1 14.フェレール     1170  765(65.4%)↑1 15.フェデラー     1140  810(71.1%)↓2 16.ツォンガ      1080  585(54.2%)↓1 17.ガスケ       1060  720(67.9%)↑10 18.プイユ        984  601(61.1%)↓1 19.トロイツキ      945  380(40.2%)↑2 20.コールシュライバー  930  120(12.9%)↓2

ジョコビッチは全仏優勝でファイナル進出を確定させたので、太字にしてあります。 昨年同時期(7585pt)を超える勢いで、年間グランドスラムの挑戦権も維持しています。(全豪⇒全仏の連続優勝は、ジム・クーリエ以来24年ぶりの快挙、ナダルは全仏を取れなかった2009年に唯一の全豪優勝、フェデラーの唯一の全仏優勝も2009年) また、GS4大会連続優勝も達成しました。(正式名称はノンカレンダーイヤーグランドスラムですが、ジョコスラムと言うべきでしょうか) 1969年のロッド・レーバー以来、47年ぶりとなる3人目となる年間グランドスラム、そして今年は男子では史上初となる年間ゴールデン・スラム(GS+五輪金)、さらに前人未到の年間スーパー・スラム(GS+五輪金+ツアーファイナル優勝)もかかっていますが、一番の難関を乗り越えたジョコビッチならやってしまうかもしれません。

マレーも全仏初優勝はならなかったものの、昨年同時期(4480pt)を超える勢いで、好調をキープしています。 ジョコビッチの年間グランドスラムを阻止するのは、地元のウィンブルドンで最も芝を得意とする(キャリア勝率.841、ウィンブルドン1回とロンドン五輪優勝)マレーになるかもしれません。

ナダルは手首のケガでまさかの3R敗退になってしまいましたが、レースランキングでは3位をキープしています。 ウィンブルドンの前哨大会は欠場が決まっており、ウィンブルドンに出られるかどうかは微妙な状況です。 強かったナダルが戻ってきつつある今シーズン、ここで無理してほしくはないですが、早く万全の状態で復帰できることを祈りたいと思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ミスのないテニスの確立 全仏オープンF。【change-the-flow】

This week TCH ~2016 スヘルトヘンボス、ノッティンガムなど~【KEI ENERGY】

【2016全仏F】ジョコビッチ 偉業達成おめでとう! 錦織選手 この王者に立ち向かって行こう!【"テニス"感覚観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:2766
  • 累計のページビュー:3316216

(11月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. 各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版) ※6/29追記
  5. レースランキング(2016/9/12)
  6. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  7. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  8. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  9. 前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正
  10. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss