いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

2016四大陸選手権 1日目データまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、ch191です。 前回の記事では予想をはるかに超える支持をいただき、本当にありがとうございます。 これからもよろしくお願い致します。

では四大陸選手権1日目のデータ(主に女子SP)をまとめたいと思います。

まずは女子SPの結果から。(上位10位まで、PBはパーソナルベスト、SBはシーズンベスト)

1位 宮原知子         日本  72.48 PB 2位 村上佳菜子        日本  68.51 PB 3位 長洲未来         米国  66.06 SB 4位 本郷理華         日本  64.27 5位 パク・ソヨン       韓国  62.49 PB 6位 李子君          中国  60.04 7位 アレイン・チャートランド カナダ 59.71 8位 キム・ナヒョン      韓国  58.40 PB 9位 グレイシー・ゴールド   米国  57.26 10位 チェ・ダビン       韓国  56.79

なんと長洲も入れると日本人がTOP4を独占しました。

宮原は貫禄の演技で公式戦初の70点台をマークしました。 実はPCSはGPファイナルの時より少し落ちた(少しいつもより慎重だったせい?)のですが、なぜPBをマークできたのか。 その一番の要因は3Fの修正です。 今シーズン、宮原は出場した試合のSPの全てで、3Fが!もしくはeを取られていました。 不思議なことにFSではほとんど取られていないので、どうしたんだろうと思っていたのですが、+0.80という大きな加点を得る、文句なしの出来でした。 その他の要素でもほとんどがGPファイナルの時より加点をもらい、TESは40点に迫ろうかという勢いでした。 FSの出来次第では、まだ8人しか達成していないトータル210点台の可能性もあります。 いや、今の彼女なら間違いなく達成してくれるだろうと信じています。 初の国際タイトルへ、死角は全く見当たりません。

村上は2年前優勝した思い出の地でPBを更新する会心の演技で宮原と約4点差の2位につけました。 2Aは危なかったですが、3F、3T+3Tは高さのある非常に質のいいジャンプで、それぞれ+1.20、+1.30という大きな加点を得ました。 また、PCSでも8点台を4項目で揃え、首位の宮原に次ぐ点数を獲得しました。 浅田が欠場することを受けて急きょ出場が決まって難しい面もあったと思いますが、彼女のいいところがすべて出ました。 ここ2年ほどFSはずっと苦しんでいますが、調子は良さそうですし、トータル200点台の可能性もあります。 良い形でシーズンを締めくくることはできるでしょうか。

長洲は久々にいい演技を見たなぁという印象です。 ケガで苦しむ時期が長かったですが、3Lo以外はクリーンに滑り切りました。 22歳とベテランの域に入りつつある彼女ですが、まだまだその実力は健在ですね。 四大陸選手権5年ぶりのメダルへ、FSでも素晴らしい演技を期待したいですね。

本郷はやや慎重になったか、最初のコンビネーションで回転不足を取られてしまい、演技全体にいつもの躍動感がなかった気がします。 PCSが抑えられ気味だったのがその証拠です。 ただ、全日本から難易度を上げた構成で大きなミスをしなかったおかげで、上位との差はさほどありません。 2年連続の表彰台へ、攻める演技を見せてほしいですね。

ゴールドは2度の転倒でまさかの9位スタート。 調整がうまくいかなかったのでしょうか。 ただ、ここから巻き返せるのが彼女の強いところ。 四大陸で初の表彰台へ、まだまだ諦める点差ではありません。

その他で目立ったのは韓国勢の躍進です。 出場3選手がすべてトップ10入り、しかも2人がPBをマークしました。 2年後の平昌五輪に向けて、強化が進んできているのでしょう。 FSでも上位争いに食い込めるでしょうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

高梨沙羅が第15戦で圧倒的勝利! W杯総合優勝を決める!【0 to zeroのhorizon】

四大陸選手権 女子ショート【フィギュアスケート今日もTV観戦】

Shanghai Game!!!!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:860
  • 累計のページビュー:3008540

(06月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. レースランキング(2016/9/12)
  5. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  6. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  7. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  8. 前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正
  9. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望
  10. 全日本フィギュア滑走順決定!最終滑走は町田と本郷 ※演技構成を見て多少修正

月別アーカイブ

2017
06
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss