いろいろな試算をゆる~くやってみる。

スポーツ報道のありかたと今後の日本スポーツ界

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ch191です。 予定では全日本フィギュアの感想を書く予定だったのですが、すでにたくさん書かれている方がいますし、新年一発目の記事としてふさわしいものにしようということで、今回は「スポーツ報道のありかたと今後の日本スポーツ界」について書いていこうと思います。 「スポーツ報道」という大きな括りにしましたが、どうしてもフィギュア寄りになってしまうことはご容赦ください。

さて、今回この記事を書こうと思った経緯ですが、突発的に書こう!と思ったわけではなく、以前から一部のスポーツ報道と各競技団体のスタンスについて、違和感と苛立ちを覚えていました。 いつかこれは記事にしたい、と思っていたのですが、なかなかタイミングがありませんでした。 そんな時に目にしたのがnocturne様の以下の記事でした。

浅田真央選手は進化している 追いつかなければならないのは世界の方だ

確かな知識に裏付けされた鋭い視点、そして何よりフィギュアスケートに対する深い愛情がひしひしと伝わってきて、本当に感動しました。 それと同時に、書くことをためらっていた自分が恥ずかしくなり、やはり書かなければ、と思った次第です。

では本題に移りたいと思います。 まずスポーツ報道についてですが、一部とはいえ目に余る記事や報道が見受けられます。 なぜそんな記事や報道が出てしまうのかを自分なりに考えてみた結果、大きく3つの要素が欠けているためだと結論付けました。

1つ目は「記者の取材不足と知識不足」です。 競技の様子を伝える記事なのに、明らかに書いた記者が実際には見ていないだろうと感じたり、どこかからコピペしただけだろうと感じる記事が散見されます。 下手したら自分の方がもっとマシな記事が書けるんじゃないかと思うときさえあります。 また、間違った情報を平気で流していたりします。(過去にはコメント欄で間違いを指摘したことも。。。) 何も知らない人は、その間違った情報を信じてしまう可能性があります。 そして今はそれが簡単に拡散してしまう時代です。 正しい情報を正確に伝えるのがメディアの役割である、ということを再認識してもらいたいと思います。

2つ目は「長期的なものの見方の欠如」です。 確かに結果は大事です。 ですが、なぜ目先の結果だけにこだわるのでしょうか。 例えば浅田真央選手。 彼女は1年の休養を経て今シーズン競技に復帰してきたわけですが、当初の考え方としては、2018年の平昌五輪を見据えての復帰だと思います。(あくまでも「当初の考え方」です) だとすると、まだ2年以上もあります。 にもかかわらず、GPシリーズが始まる前から「結果を出せなければ引退か」みたいな報道があったり、始まってからもNHK杯で「3位に終わる」という書き方をしたり、極めつけはGPファイナルで「振るわず、最下位に沈む」。 合計194.32点という得点を見て言っていますか? これは決して悪い点数ではなく、むしろ高い部類に入る点数です。(GPシリーズの方では間違いなく表彰台に立てる点数) この点数で最下位になってしまうことが「異常」なのであって、戦えるレベルに戻ってきていることは明らかです。 現世界女王トゥクタミシェワさえ出場を逃したファイナルに出場できていることがその一番の証明です。 「全日本は引退覚悟だった」という本人のコメントがありますが、果たして本当に本人の意思だけでこの考えに至ったのでしょうか? そして、この「長期的なものの見方」ができていないのはメディアだけではありません。 各競技団体などにも同じことが言えます。 例えば、女子水球で、当初は五輪最終予選に派遣しないという方針だったようです。(先日、一転派遣することになったようですが) 確かに約500万円という予算の問題と、五輪に出場するのは難しいという見方はあるでしょう。 しかし、選手育成という観点から考えれば経験を積ませるこの上ない機会です。 その500万円を、東京五輪を見据えた「先行投資」であるという考え方がなぜ最初から出てこなかったのでしょうか? 文部科学省もそうです。 五輪開催の3年前にあたる、昨年2月の冬季五輪のマルチサポート事業のターゲット競技の指定で、フィギュアスケートは男子が最高ランクのA、女子が最低ランクのC(それまではA)になりました。 鈴木選手が引退し、浅田選手が休養、GPファイナルに出場できたのは繰り上げとなった本郷選手のみ、という状況を見て決定したと思われますが、3年後のことをそのときの状況だけで決めるのはどうなのでしょうか。 むしろジュニアGPファイナルに3選手が出場し、樋口選手が銅メダルを獲得したということを評価し、せめて「メダル獲得が期待される、または複数のメダル獲得の可能性がある」Bランクに留めるのが妥当だったというのが私の見解です。 Cランクになった後、宮原選手が世界選手権、GPファイナルでともに銀メダルを獲得、樋口選手が世界ジュニア選手権で銅メダル、今年もジュニアGPファイナルには3選手が出場し、本田選手がジュニアGPファイナルで銅メダルを獲得するなど、シニアでもジュニアでも国際大会での活躍が目立ってきました。 この状況を見ても「メダル獲得の可能性がある」程度のCランクのままでいいのでしょうか? 今年、ターゲット競技の指定は中間見直しが行われることになっていますが、果たしてどうなるでしょうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
スポーツ報道
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

スポーツ報道のありかたと今後の日本スポーツ界

>>rakubou様

コメントありがとうございます。

お金のことに言及をされていますが、これは競技によってかなり差があるのが現状だと思います。
やはり例がフィギュアスケートになってしまいますが、ISU公認の大会以外では賞金が出ません。(最も高額で世界選手権優勝の約540万円)
したがって、先日行われた全日本フィギュアでは、選手には賞金が一切入って来ないのです。(むしろエントリー費がかかります)
競技会の賞金だけで生活するのはまず無理であり、スポンサーのバックアップがなければ高額な諸費用をまかなうのは難しいのが現状です。
お客さんが集まって潤うのはスケート連盟です。
ですが、特別強化選手でも支給される金額は月20万円程度だそうです。
またラグビーもトップリーグの試合で、チケットが完売していたにもかかわらず空席が目立ったり、スーパーラグビーに参戦するメンバーから畠山選手などトップ選手が漏れたりなど、協会の不手際が目立っています。
ですので、せっかく注目が集まっても、各競技団体が選手をサポートする体制が整っていないとあまり意味がないと考えます。

次に、浅田選手のファンの件ですが、「やってくれるだけで有難い、好きなようにやればいい」と考えている人が多いのは事実だと思います。
もちろん、当の浅田選手は復帰してきている以上、相当な覚悟をもって必死になってやっていると思います。
ですが、ファンがそのような思いに至るのは、浅田選手が周囲の過度な期待に応えようとして、自分を追い詰めているのが、試合後のコメントなどから読み取れるからだと思うのです。
私も浅田選手は大好きな選手ですし、長い目で応援していきたいという立場ですが、競技会に出場している以上は、その大会その大会で結果を残してほしいとは思っています。
ですので、それが浅田選手への過度な期待につながったり、ほかの選手への敬意を欠くことにならなければ問題ないと思います。
全日本で上位に入った宮原選手、本郷選手をはじめ、樋口選手を筆頭にしたジュニア世代の台頭は、今後の日本女子フィギュア界にとって明るい材料だと思いますし、素直に喜ぶべきところだと思います。
特定の選手のファンになることは自然なことで、それ自体が悪いことではありませんが、全体を見る目というのを忘れないようにしないといけませんね。

スポーツ報道のありかたと今後の日本スポーツ界

はじめまして。

そうですねいい加減な報道が多いとは思います。

でも、スポーツがお金になるのは、その競技の試合等をお金を払って見に来る人がいるからです。でなければ、スポーツをやったからと言って何かものを作っているわけでもないですし、観客のいないところでどんなに新記録を出してもお金にはなりません。
そのパフォーマンスを観にどれだけお客が集まるか。それによってスポーツ選手がスポーツで生活きるのです。
ですから、そういう意味で、スポーツも芸能的要素があるのは仕方ないですし、むしろそういう扱いされていろんな意味で注目されるのは、早々悪いとは思いません。
そのスポーツが注目されるきっかけになれば、選手たちは、それなりに納得するはずです。

また、「アスリートに対する敬意の欠如」とおっしゃっていますが、私はそれを浅田選手のファンに感じます。
競技会でどんな結果でも好きなようにやればいい、復帰してくれるだけで嬉しい。
気持は分かりますが、競技会は浅田選手だけではありません。
他の選手は結果を出そうと必死になっている競技会で、浅田選手には、やってくれるだけで有難い、と言う風潮、ありませんか?

他の選手に失礼ですし、浅田選手のも失礼だと思いますが、いかがでしょう。

スポーツ報道のありかたと今後の日本スポーツ界

>>dontstopmenow様

コメントありがとうございます。
なるほどと思い読ませていただきました。
おっしゃるとおり、様々な側面から見ないといけないですね。
記者の給料はだんだん悪化していると聞きますし、「使い捨て」になってしまうのは、そもそも良い人材が集まって来ないからというのも原因なんだと思います。
そうなると、そもそもの記者のレベルの低さが成果主義と相まって、「コピペは悪い」といった意識を希薄にし、楽な方へ逃げていった結果、ロクな取材もしないまま、読者が食いつきそうなネタしか書かないようになった、といったところでしょうか。
考えているだけで、問題の根深さに嫌気がさしてきました…
それと同時に、私たち読者も正しい「見る目」を養っていかないといけないと改めて感じさせられました。
東京五輪までまだ4年以上ある、とポジティブにとらえて、少しでも状況が改善されることを期待したいですね。

スポーツ報道のありかたと今後の日本スポーツ界

ご指摘すべてその通りだと思いますが、その原因としてはおそらく、記事を書いている記者たち自身が、勉強する時間も与えられず、基本使い捨てに近い感じで、短期的視野で成果ばかりを求められるからなのでしょう。例えば浅田真央と聞いたら最もインパクトがあるのは「優勝」か「引退」しかないわけです。もっと言えば「熱愛」があればさらにオイシイわけで、高橋大輔との報道とか、宇野昌磨を「年下の恋人か」みたいに報じた記事もありましたね。そういう記事を取って来い、とハッパをかけられ続けるのでしょう。だからと言って同情的に見て許すわけにはいきませんし、報道に携わる者1人1人の自覚から正していただかないといけませんが、しかし末端の記者だけを責めても無理で、これはスピード社会で余裕がなくなった中での構造的な問題であり、デスクとか社全体の方針とか視聴率がとかスポンサーがどうこうとか、解決のためにはそういうとこまで見ないと難しいなと思った次第です。

こんな記事も読みたい

スケート部・日本学生氷上競技選手権大会(ホッケー部門)決勝対日体大戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ヘンリック・クリストッファーセン今季3勝目 W-CUPアデルボーデンSL【アルペンスキー撮影記】

アデルボーデンGSはキャンセル【アルペンスキー撮影記】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2646673

(02月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  3. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  4. レースランキング(2016/9/12)
  5. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  6. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  7. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  8. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望
  9. 全日本フィギュア滑走順決定!最終滑走は町田と本郷 ※演技構成を見て多少修正
  10. レースランキング(2016/8/1)

月別アーカイブ

2017
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss