いろいろな試算を少し本格的にやってみる。

GPシリーズ 中国杯 女子シングルSP ~史上稀に見る大混戦~+本田真凛選手の報道について(苦言シリーズ最終章)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、ch191です。 スポナビブログがサービス終了とのことで、ショックではあるのですが、私自身の更新頻度は格段に落ちてしまっている現状を鑑みると、仕方ないかなと納得してしまっている自分もいます。 さて今回は中国杯の女子シングルSPについてと、本田真凛選手の報道について苦言を呈したいと思います。

まずはSP上位選手と日本勢の結果を示します。(得点の横はTES+PCS-減点)

1.デールマン    70.65(37.51+33.14-0.00) 2.樋口       70.53(37.68+32.85-0.00) 3.ラジオノワ    70.48(37.17+33.31-0.00) 4.ザギトワ     69.44(39.01+31.43-1.00) 5.トゥクタミシェワ 67.10(35.67+31.43-0.00) 6.本田       66.90(35.01+31.89-0.00) 7.三原       66.90(34.66+32.24-0.00)

首位のデールマンから7位の三原までわずか3.75点差という、稀に見る大混戦となりました。 まず指摘しておかなければならないのは、全体的に採点が辛かったということ。(特にPCS) ロステレコム杯に出場していた樋口やラジオノワが分かりやすいですが、2人とも全体的な出来は今回の方がよかったにもかかわらず、PCSは低くなっているのです。 34点(1項目平均8.5)を超える選手は出ず、Top7では2点差以内に全員が収まっています。 その点で言えば、本田は戦えるレベルまで上げて来れたかなという印象です。(1項目平均7.21→7.97) PCSではザギトワとトゥクタミシェワを上回ったというのは、価値があると思います。

TES面でいうと、基礎点では後半にジャンプをそろえ、3Lz+3Lo、3F、2Aという、3A抜きでは最高難度の構成を持つザギトワが抜けていますが、転倒があった分TESは40点を超えませんでした。 その他の選手もスピンやステップでのレベルの取りこぼしや回転不足などがあり、TESも全体的に伸び悩んだ印象です。(全てのスピン・ステップがレベル4かつ全項目GOEプラス評価はラジオノワのみ)

3.75というのはあってないような差であり、全員に優勝のチャンスがあるのは言うまでもありません。 参考までにFSのPBを掲載します。

デールマン    142.41 樋口       145.30 ラジオノワ    139.53 ザギトワ     147.17 トゥクタミシェワ 141.38 本田       133.26 三原       146.17

本田がやや見劣りしますが、これはコレオシークエンス(2.00+α)がないジュニア時代のPBであり、その頃からPCSも上がっていることを考えると、ノーミスなら十分勝負にはなると思います。 フリーの強さや今季の実績などを考慮すると、樋口、三原、ザギトワの3人が優勝候補と言えそうです。 もちろん、ふたを開けてみないとわかりませんが…

では、本田真凛選手の報道について。 私は以前、以下のような記事を書きました。 よろしければご参照ください。 スポーツ報道のあり方について その2~若い選手の未来を潰すな~

この記事を書いたのは今から約1年前ですが、1年経った今、危惧していたことは現実になりました。 確かに、彼女がジュニア時代に残した実績は客観的に見ても素晴らしいものです。 世界ジュニア優勝、シニアの全日本で4位、ジュニアで2人しかいないトータル200点超えなど・・・ ですが、だからと言ってシニアデビューの年に目立った活躍ができる保証はどこにもありません。 むしろ、ジュニア時代に実績がある選手でも、いきなり活躍するのは難しいのが普通です。(メドベデワ、浅田真央など、ごく一部の例外を除いて) 昨シーズンのシニアデビュー組の三原と樋口も、大きな実績が出せたのはシーズン後半。 今大会SPのザギトワのPCSを見ても分かるように、シニア1年目の選手が最初からPCSで各項目8点台後半を連発!なんてことはまずありえないのです。(ちなみにメドベデワのシニア1年目、GPS初戦のSPのPCSは31.26) したがって、ザギトワのように基礎点でアドバンテージがあるわけではない本田は、よほど完成度の高い演技をしない限り、台乗りすら難しいというのは分かっていたことです。 左臀部に痛みを抱えており、体調が万全でないというのならなおさらです。 また、現状を客観的に見れば、彼女が五輪切符をつかむ可能性は、宮原、三原、樋口の3人に比べると低いのは明らかです。 にもかかわらず、過剰なまでの報道が、彼女の期待値を必要以上に上げ、世論を必要以上に煽る。 そして、スケートカナダのように、期待値を大きく下回る結果となると、メディアは必要以上に落とし、アンチがさらに増え、必要以上に彼女をたたく者が現れる。 私はそのような人たちに声を大にして言いたい。 悪いのは彼女ではない、彼女のイメージを勝手に作り上げたメディアであると。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツ報道
フィギュアスケート
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

GPシリーズ 中国杯 女子シングルSP ~史上稀に見る大混戦~+本田真凛選手の報道について(苦言シリーズ最終章)

コメントありがとうございます。

>受け手側が賢くなるのであればメディアに対して静観することです。

では静観して何かが変わるのでしょうか?
メディアの現状をよく思われていないことは私と同じだと思いますが、静観するということは、そのような現状を「黙認」するとも解釈できると思います。
それは、選挙に行かずに日本の現状や政治に文句を言う人と同じではないでしょうか。
何かを変えたり良くしようと思うのならば、行動を起こすしかないと思います。

GPシリーズ 中国杯 女子シングルSP ~史上稀に見る大混戦~+本田真凛選手の報道について(苦言シリーズ最終章)

コメントありがとうございます。

特定の選手にスポットを当てる記事はあってもいいと思います。
もちろん、信憑性があるものでなければなりませんが。。。
例えば、目を引くために今回の本田選手のSPを「ノーミス!」と書くのは明らかに間違っていると思います。
見た目にミスはなくとも、回転不足はれっきとしたミスだからです。

私の考える「公平性」は、結果を伝える記事について、結果に忠実な書き方をすることです。
順位がつく競技であれば上から順に書く、といったごくごく当たり前のことです。
今回の中国杯でも、順位の上では樋口⇒三原⇒本田の順なのですが、ひどいものでは本田しか書いていないものもありました。
フィギュア熱が上がったことは功績としていいと思いますが、レベルの低い記事も多くなったことで、よくわかっていない人(例:なんであんなにこけたのに順位上なの?、本田しか知らない、など)を数多く生み出したことも事実。
私は罪の方が大きいと思います。

GPシリーズ 中国杯 女子シングルSP ~史上稀に見る大混戦~+本田真凛選手の報道について(苦言シリーズ最終章)

コメントありがとうございます。

近年で見れば、シニア1年目でオリンピックに出た選手はいませんし、来期以降が本当の勝負だと私も思います。
表現力に関しては天性の物を持っている、稀有な選手であることには違いないと思いますので、長い目で見てあげたいですね。

色気があるというのは私も違うと思います。
演技をしている時と普段の姿にギャップがある、というのが正しいのではないかと。
いわゆる「スイッチが入る」ということで、それなら褒め言葉になるのかなと思います。

人の視線を集めるのが好き、というのは「プレッシャーを楽しめるタイプ」という意味で重要なことだとは思います。
ただ、「16歳の小娘が何を生意気に」と捉える人も少なくないでしょうね…
良くも悪くも天真爛漫なんでしょう。

本当の意味でマスコミに抗議するのであれば、本人が声を上げるのが一番なのですが、競技に集中しなければならない以上、現実的ではありません。
何も言ってこないことを分かって「書いたもの勝ち」と思っているようなので、無責任極まりなく、許せないですね。

GPシリーズ 中国杯 女子シングルSP ~史上稀に見る大混戦~+本田真凛選手の報道について(苦言シリーズ最終章)

はじめてコメントさせていただきます

仰るようにスポーツ界だけではなく他の分野でも今のマスコミ、メディアの現状は腹立たしくもあり悲しい事が現実です。
過熱からの煽り、逆にメディアの期待に沿わない結果、言動による批判や叩き
SNSの普及によりそれに輪をかけてネット上では酷い事になっています。

本当にスポーツ、選手を愛する者であれば、選手への想い、応援、叱咤、激励などは個人個人が想うことであり直接当人に伝えられないのであれば自分自身の心の中で自己解決するものだと思っています。
それを不特定多数が閲覧できるSNSやブログにアップすることに何の意味があるのでしょうか?黙って心の中応援できませんか?
受け手側が賢くなるのであればメディアに対して静観することです。

そういう意味では連動されておりあなた達ブロガーもメディアと同罪です。

こんな記事も読みたい

スポナビ+ブログサービスが来年の1月末で終了するそうなので、「無期限休止」していましたがお知らせでございます。【銀盤の舞—フィギュアスケートエトセトラ—】

フィギュアスケート Road To 平昌  中国杯SP感想【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

中国大会(中国杯,グランプリシリーズ第3戦)プレビュー【情熱的氷滑芸術】

ブロガープロフィール

profile-iconch191

あらゆるスポーツを好みます。
今アツいのはテニスとフィギュア。
気の向くまま、不定期で更新します。
【フィギュア用語】
SP=ショートプログラム
FS=フリースケーティング
PB=パーソナルベスト(自己ベスト)
SB=シーズンベスト
TES=技術点(それぞれの要素の合計点)
PCS=構成点(以下5項目の合計に一定の係数をかけたもの。)
SS=スケート技術
TR=要素のつなぎ
PE=動作/身のこなし
CH=振り付け/構成
IN=曲の解釈
GOE=出来栄え点(-3~+3まで7段階評価、基礎点にこれが加減されたものがその要素の得点となる)
A=アクセルジャンプ
Lz=ルッツジャンプ
F=フリップジャンプ
Lo=ループジャンプ
S=サルコージャンプ
T=トウループジャンプ
数字の後のx=演技後半による1.1倍後の得点であることを示す
<=アンダーローテーション(1/4回転以上1/2回点未満の回転不足 基礎点が70%に)
<<=ダウングレード(1/2回転以上の回転不足 1回転分少ないジャンプの基礎点になる 例:3F<<は2Fの基礎点で算出)
e=エッジエラー(フリップジャンプ・ルッツジャンプを正しいエッジで踏み切っていない場合につく 基礎点が70%に)
  • 昨日のページビュー:46
  • 累計のページビュー:3320485

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 前半戦終了!レースランキングを改めて考察(Top8とそれ以下の力関係)
  2. 全日本フィギュアフルデータまとめ ~データが物語る、女子の回転不足の多さ~
  3. 錦織の成績とレースランキング考察(ローマMS終了時)
  4. 各種ランキング(2017/6/26)とウィンブルドンシード(確定版) ※6/29追記
  5. レースランキング(2016/9/12)
  6. レースランキング(2016/11/7)他、ランキングデータまとめ
  7. 全豪振り返り+エントリーランキング(2017/1/30)+3月MSまでの試算
  8. レースランキング(2016/10/17) ファイナル争いはさらに熾烈に。
  9. 前半戦終了。各種ランキング(2017/6/12)とウィンブルドンシード考察 ※6/14加筆修正
  10. 16-17GPシリーズ 男女シングル展望

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
12
11
10
06
05
03
02
01
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss