アスターカップ(仮)

ヨーロッパラウンド終了

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスがイタリアGPで無情?にもトークンを使い新しいパワーユニットを導入してきた。 僕は「スパでペレスに抜かれそうになってメルセデスが見せしめのためにトークン使ってきたのかー?」とか思ったけどあれって2016年シーズンのベースになるエンジンらしい。 川井ちゃんの話を聞くと来シーズンもメルセデス無双が起こりそうな予感…

イタリアGPのことを振り返る。 ロズベルグは古いパワーユニットを使わないといけない状況で予選4番手スタート。 そのおかげでフェラーリはハミルトンにはかなわなかったが予選で2番手3番手をゲットした。 僕はこのグランプリのハイライトはここだったと思う。 やはり決勝でのペースはハミルトンに迫る力は全くなかった。

ライコネンはスタートを失敗し最後方までドロップ。 完全なドライビングエラー。緊張したのかな?

セブは古いパワーユニットのロズベルグを上手く翻弄しトラブルを誘発。 トップには及ばなかったが好レースを見せてベッテル。だが手を尽くした感。

 

やはり言いたくなるのはタイヤの内圧問題。 やはりベルギーであんなことがあったのでそういう規定を作るのは分かる。 GP2の予選ではその規定を破った2人のタイムが抹消されたらしい。 これがいつのタイミングで内圧に違反があったのか気になる。

ハミルトン&ロズベルグの件。 >FIAの調査の結果、チームがタイヤを装着した際には規定値の範囲内であったが、タイヤブランケットの電源を外した後、大幅に温度が下がり、FIAがグリッド上で測定を行う際に内圧が低下していたということが分かった。そのためチームの手順に誤りはなかったという結論となり、メルセデスにペナルティは科されなかった。

それどーなんよ!? おめーいつ測ってんだよ、ってw こういう規定を作るならしっかりいついつ測って下回ってたらアウトー、ってしなきゃ。 そりゃーピレリもある程度マージンをもって数値を決めてるはず。 だから少々下回ってもすぐ破壊ってことはないだろうけど… やるならちゃんとしてほしいですね。

そんなわけでヨーロッパラウンドが終了。 ほぼほぼハミルトンのタイトル獲得は決定。 ロズベルグは奇跡を信じるしかない。 こっからの見所…を探すのが大変。 なにかあります?(笑) いつも期待してるのはリカルドのオーバーテイクをヒュルケンベルグのステルス上位フィニッシュ。 あとは最近徐々に速くなりつつあるロータス勢。 モンツァでは共にスタート直後の1コーナーでぶつけられジエンド。 あまりにも残念だった。 ライコネンのスタート失敗もあって上位をかき混ぜることが可能だったと思う。 いろいろお金の問題があるだけに応援してたんだが…

 

シンガポールは雨の予報があるらしい。 プラス大気汚染の問題があって(インドネシアの山火事の影響)もしかしたら開催できない?って話まで出てきている。 視界の問題より健康被害も起こりうるというのが問題。 果たしてどうなるか。 開催されて雨が降ると楽しいレースになるぞー(笑)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

DRPボランティア活動2015年9月度【ドリームレーシングプロジェクト【DRP】レースレポート】

イタリアGP・ライコネン何してんネン!!【暇人の暇つぶし。】

FIA-F4選手権第8戦レースレポート【ドリームレーシングプロジェクト【DRP】レースレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconcescstyle

  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:53174

(08月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. メルセデスが遅い!
  2. ヨーロッパラウンド終了
  3. 最高のクロスとゴラッソ
  4. まさかの無敗チーム
  5. 瀬戸山関連
  6. 代表ウィークを挟んで
  7. 第5節
  8. はじめますゾ
  9. WCCFヤッテマス。

月別アーカイブ

2016
03
02
2015
11
09
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss