ジャンル別一覧:サッカー日本代表

ようやく、秋春制問題が終焉。田嶋会長の野望は潰えた。

【東京ドームに計画停電を!】

朝日新聞が、以下のような記事を掲載しました。 『J実行委、シーズン移行見送りへ メリット少ないと判断』 Jリーグは20日に開いた実行委員会で、 シーズンを現行の春~秋から夏~翌春に 移す案を採用しない方針を決めた。 日本サッカー協会の田嶋幸三会長から シーズン移行の提案を受けて検討してきたが、 降雪地にあるクラブの競技場や練習場の整備、 また観戦環境の確保などを含め、リーグに とってメ......続きを読む»

攻撃についてはかなり手強そうなオーストラリア。 【 ドイツ vs オーストラリア 】

【FCKSA66】

試合 :コンフェデ2017 グループB 第1節 開催日:2017年6月19日 結果 :ドイツ勝利 スコア:「3-2」 得点者:スティンドル ロギッチ ドラクスラー(PK) ゴレツカ ユーリッチ 【 ドイツ 】 FW バーグナー MF ドラクスラー スティンドル MF ヘクトル ルディ ゴレツカ ブラント DF リュティガー ムスタフィ キミッヒ GK レノ FW ベルナー MF ド......続きを読む»

天皇杯らしい一戦〜湘南vs国士舘大学(6月21日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

湘南と国士舘、う〜ん、共通点といえば、たぶん国士舘の多摩にあるキャンパスは神奈中バスだと思うのだが。。。 ■前半 やっぱり天皇杯ですからね、そこかしこに天皇杯らしさってものが転がっている。例えば、それは試合開始前の選手紹介だとか、煽りだとかのそっけなさ。ただただ機械的に選手の名前がアナウンスされていく世界に出会えるのは、もはや天皇杯くらい。90年代のJリーグは、わりと機械的だったんですけどね。そ......続きを読む»

日本代表の課題を解決できる柴崎岳の成長

【Viva La sports】

今、リーガのプレイオフを戦っている柴崎を見てると、確実に戦える選手になっている。 まず守備。 奪い切る事ができるし、 奪われても即座に奪いにいき、 キープもできるから、 縦に速いテネリフェのサッカーに順応している。 しかも、昇格ギリギリの戦いをしてる事で経験値が上がる。 さらにJリーグでの軽いプレーもなく、ミスをしたら即座に自分で取りに行く。 Jではそこまで必死ではない。 なぜなら、プレースピ......続きを読む»

イラク戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。今野泰幸。酒井高徳。 】

【FCKSA66】

長友佑都 こういう状況においても、超人的な運動量を発揮して、というのが長友の武器の1つだが、さすがにそれを期待するのは酷だったと思う。ベテランになってきて、より攻守のバランスや試合の状況を考えてプレイするようになってきた、という事もあるので。但し、これまでずっとやってきた香川や本田、あるいは、そういうタイプとは違う選手がSH(ウイング)で起用された時に、良い連携を作るのが少し遅い気がする。 ......続きを読む»

曲者スフィーダ〜ニッパツシーガルズvsスフィーダ世田谷(6月17日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

横浜と世田谷ですからね、そりゃもう、“東横線ダービー”で問題ないでしょう。   ■前半 山本絵美がシーガルズに加入してから、もう何年経ちますかね。3年くらい? この選手の加入がなければ、なかなかシーガルズの試合そのものの観戦機会がなかったのであるまいか。もはや大ベテランですけど、チームの中心として奮闘しております。おそらくスタートポジションは4231のトップ下だったと思われますが、流れが悪い時間帯......続きを読む»

日本代表 イラク戦 メモ程度

【ニコ小鉢その2(仮)】

もう4日前の試合のことなので、少しだけ。 猛烈な陽射しと暑さの中で、勝ち点1を取れたことは収穫だと思います。 先制点を生かせず、上手くゲームコントロールできなかった部分は悔しかったですが。 勝ち点1をつけての首位の状態で、豪州・サウジとの「決勝戦」を迎えることは、理想的な展開。 日本代表の選手、特に海外組の選手には、今はしっかり休んで、次に備えてほしいと思います。 本田圭佑:当たり前のことの再確......続きを読む»

日本代表イラク戦でのマスコミ評について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】  先日の日本代表のアウェーイラク戦ですが、予想どおり死闘になりました。1-1のドローという結果は、日本にとってどうだったのか、あれからいろいろ考えています。マスコミ報道もいろいろ読みました。読めば読むほど深刻な状況に陥っている事がよくわかりました。元々初戦のUAE戦で負けて、ジンクス等でかなり難しい状況に追い込まれたはずが、その後の勝利でいいところまで浮上しました。その時の当ブログの......続きを読む»

【侍青の風】イラク戦採点 守備重視が悪いとは言わないけど、するなら完封してほしい!

【サムライブルーの風】

今回のイラク戦(FIFAランク120位)の 日本代表の出場選手と所属クラブ、 採点と出場試合数とゴール数は以下のようになる。 (日本代表選手の採点は、  攻撃と守備でそれぞれ行い、  6.0、5.0となっていたら、  攻撃が6.0で守備が5.0ということ。平均は6.0点) (+と-の後の数字は+が良いプレーの数で、-が悪いプレーの数) 日本代表(FIFAランク45位) GK 川島(メスの主......続きを読む»

イラク戦が引き分けに終わった一番大きな理由。

【東京ドームに計画停電を!】

サッカーにおいて、日本が世界トップクラスと互角に渡り合えるスキルは、非常に少ないです。 フィジカルの強さ、球際、高さ、プレッシャーが掛かった中でのパス精度、シュートの速度と精度、ロングパスの速度と精度、ドリブルのキレ、、、 どれを取っても、世界トップクラスとは差があります。 ですが、唯一、日本代表が世界トップと互角に渡り合えるだろうスキルがあります。 それは、暑熱対策です。 2006年ドイツW杯......続きを読む»

第24節&第25節 希望&前進 VSシリア VSイラク

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

サッカーとは希望。 6/7 キリンチャレンジカップ 日本VSシリア @味の素スタジアム 試合結果 JPN 1ー1 SYR 得点者 マルドキアン(SYR)  48分 今野泰幸(JPN)    58分 6/13 ワールドカップ アジア最終予選 イラクVS日本 @ジャヒード・ダストゲルディ・スタジアム/イラン 試合結果 IRQ 1ー1 JPN 得点者 大迫勇也(JPN)  8分 カーミ......続きを読む»

イラク戦選手評価 【 大迫勇也。久保裕也。本田圭佑。原口元気。井手口陽介。遠藤航。 】

【FCKSA66】

大迫勇也 日本の選手の中では良かった方だと思うが、やはり、酷暑、悪いピッチ、それに勝てなかったかなと。しかし、1得点は決めたし、PKかもというシーンも作ったので、及第点のパフォーマンスではあったと思う。やや気になるのは、本田を意識しすぎているのかな、という部分で、特にカウンター攻撃になった時には、もっと自分で行ってしまって良いと思う。長い距離をドリブルしてシュートまでという力もあると思うので。 ......続きを読む»

イラク戦 【 消耗戦で試された日本の底力。その結果はイラクに引き分け。

【FCKSA66】

試合 :ロシアW杯アジア最終予選 第8戦 開催日:2017年6月13日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:大迫勇也 カミル FW          大迫勇也 MF   久保裕也   原口元気   本田圭佑 MF       井手口陽介 遠藤航 DF  長友佑都 昌子源   吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣 FW          大迫勇也 MF   久保裕......続きを読む»

なでしこジャパンvsベルギー 親善試合

【球マニアのBLOG】

なでしこ 1-1 ベルギー 【得点者】 なでしこ:菅澤(69分)  ベルギー:(72分) リアルタイムではなかったが”3バック”という情報だったので楽しみに見始めた。が、その想いはすぐに消えた(苦笑) 現なでしこの主力は熊谷と阪口で、そこに横山が加わってきている状態だが、3バックをやるなら絶対に中村がスイーパーだろ!?個人的には中村がいることで初めて”3バック”ができるとさえ思っていたし、中......続きを読む»

首脳陣のパニックが失点を生んだイラク戦。

【Viva La sports】

まずイラク戦の引き分けは、 最悪でない。 ホームで負けたUAE戦に比べれば、 まだ妥当だ。 イラクはテクニックがあり、 強い。 オリンピック代表も苦しめられた事を考えれば、 最悪ではない。 ただ勝てた試合である。 まず準備が悪い。 暑いのはわかっていたはずで、 ならば何故、日本で合宿をしたのか? 試合をしたのか? 中東で合宿をはる事は考えられなかったのか? 時差問題、暑さには少なくても 日本に......続きを読む»

ハリル・ジャパン悪条件の中、最低限の勝ち点1を確保

【スポーツ えっせい】

 日本時間の昨日テヘランで行われた18W杯アジア最終予選のイ ラク戦で、日本代表は8分に本田圭佑の右CKから大迫勇也のヘッ ドで先制したものの72分にDFの連携ミスから追い付かれ1-1で 引き分けた。  これで日本は8試合を消化し5勝2分1敗の勝ち点17として勝 ち点16のサウジアラビア&オーストラリアに1の差を付けグループ Bの1位で、8月31日と9月5日に行われる上位2チームとの連戦に......続きを読む»

イラン戦

【no title】

引き分け… 特に目立ったミスはポジションと勝手ながら分析してみました。 最近代表で好調だった久保を左にしたのか。 縦への推進力がない本田を右にして、原口をトップ下にしたのか。 厳しい懐事情の代表にとって、ボランチが普段と違うメンバーなら尚更、他のメンバーは『いつもの』ポジションで挑むのが妥当だと感じる一戦。 左右両方できても、微妙なズレがあり連携がうまくいかない事も考えずに戦うのであれば、 引き分......続きを読む»

2017:A代表:ワールドカップアジア最終予選:8戦目:A:vsイラク「過酷な環境によるアクシデントへの対応に失敗し、勝利を逃すも王手」

【蹴鞠談議2】

イラクvs日本:1-1 得点者:15大迫 勇也(4本田 圭佑)、19マフディ・カミル 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 A:日本 監督 ヴァヒド・ハリルホジッチ:3.5 スタメン 15大迫 勇也:2.5 11久保 勇也:3.0、8原口 元気:2.5、4本田 圭佑:2.5 14井手口 陽介:3.0、6遠藤 航:2.5 5長友 佑都:2.5、3昌子 源:2.5、22......続きを読む»

2-74 コーナーキックの事情 国際親善試合 ベルギー代表 1-1 なでしこJAPAN

【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

フリーキックのクリアミスを菅澤選手が拾って先制したものの、 ロングボールからの側線速攻でクロス上げられてのヘッディングで引き分け。 この試合、なでしこJAPANは、前半は市瀬選手・熊谷選手・高木選手の3バックを試した。 大柄でパワー勝負するタイプでは無く、スピード豊かなタイプのセンターバックが豊富な日本女子サッカーでは、十分有り得るシステムだと思う。 ただ、なでしこリーグの各チームはほとん......続きを読む»

困難な状況で試される監督の手腕と選手たちの個の力。

【FCKSA66】

1 試されるハリルホジッチ監督の手腕。 怪我人やコンディション不良の選手が相次ぎ、試合の地は酷暑で、とても困難な状況。特に「4-1-2-3」の鍵である香川が負傷で離脱し、同じく「4-1-2-3」の鍵であると同時に長谷部の代役としても存在が大きかった今野のフィジカル・コンディションが不安定で、更には山口も負傷が有りフィジカル・コンディションが悪く、中盤の中央はかなり厳しい状況に。但し、システム変......続きを読む»

日本vsイラク ロシアW杯最終予選第8戦

【球マニアのBLOG】

日本 1-1 イラク 【得点者】 日本:大迫(8分)、イラク:カミル(72分) 中立地とはいえホーム扱いのイラクまでもが何人も足を痛めた状態だったので、ホントに過酷な状態だったと思う。正直、ここまで厳しい状況になろうとは予測できなかったと思うし、それ自体は致し方ない気もする。 問題はCKからの1点のみで、それ以外ではほとんどチャンスを作れなかったことにある。山口がプレイできなくなった時点でアン......続きを読む»

【侍青の風】痛恨の引き分けも、まだグループ首位。最後の大一番でドラマを見せてくれ!(イラク戦 1-1)

【サムライブルーの風】

得点者 大迫1 代表通算得点 大迫6 気温37℃の猛暑と、 決して良いとは言えない芝のコンディション。 そのことを考えれば、 守備のブロックをしっかり作って、 イラクの攻撃を受け止めるという戦術は 理解できるものだった。 W杯本番で強豪国とぶつかれば、 当然、こういう守備的なサッカーを しなければならない時間帯もあるだろう。 それを考えれば、最終予選の中で、 守備的なサッカーを体感するの......続きを読む»

まぁしょうがないよね

【しみずにっき】

ワールドカップ予選のイラク戦 タイトル通り、なんというかまぁ しょうがないかっていう試合に見えました。 シリア戦に続いて眠気に襲われること数回。 ぐっだぐだでしたね。 だって37度ですよ、37度。 素人ですけど30度だって試合してたら吐きそうになるのに そりゃプロだってああなりますよ それぞれの怪我が大したことがないことを願うのみですね。 ナイター設備がしょぼいとか、放送時間の関係かはわか......続きを読む»

イラク戦(A)の採点

【「読裏クラブ」のワンツー通し】

それでは、イラク戦(A)の採点です。 GK 川島 7.0 あれは納めて欲しかったなぁ~。まぁ最後にイラクの足が出てきてボールがちょっと弾んじゃったわけだけどね。それ以外は特に可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。ただちょっと何でもないシュートに大袈裟にボールを抱え込むのは勘弁して・・・と思わないでもない今日この頃です。 DF 吉田 6.5 あれはミスと言えばミスかもしれんが、じゃぁ、大......続きを読む»

Physical(フィジカル)の闘い:日本の課題

【運動科楽からスポーツ再考!!】

う〜ん残念、だが負けてはいない。 W杯とはこういう厳しさが予選から繰り広げられるものとはいえ、 本当にしんどい闘いが続くなとつくづく感じます。 2026年からは大幅に参加国が増える。 その分本大会には今よりも出場がたやすくなるかもしれませんが、 本大会でのグループリーグが2戦だけなので、 あっさり敗退ということも十分に考えられる。 個人的には出場までの闘いが厳しい方が価値がある、 と考えるので参......続きを読む»

皆んなが疲れ切った試合でした。

【観戦のすゝめ】

2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選 日本代表 △1ー1△ イラク代表 事前の情報では、香川の負傷離脱、山口も別メニューでの調整、今野も負傷明けということで、特にトップ下とボランチのポジションに誰が入るのか注目されていましたが、トップ下には原口が、ボランチには遠藤と井手口が起用されました。 さすがに初招集で先日のシリア戦に出場していない選手がサプライズ先発することはないだろう......続きを読む»

VSイラク ~吉田と本田以外に誰が何をしたか記憶にない~

【生意気くらいが丁度いい。】

タイトル通りである。 確かに大迫は前線で張った、得点も奪ったが精度を欠いた。 原口はキレのあるドリブルを時折見せたが、デュエルを欠いた。 久保は勢いが失せ、消えるシーンが多かった。 井手口は積極的な守備を見せたが、効果的とは言いづらかった。 遠藤はバランス良く献身的に動いたが、勢いをもたらすプレーは皆無だった。 長友は守備に踏ん張ったが、攻撃に効果的なスパイスはほぼなかった。 酒井宏は......続きを読む»

VSイラク戦前 3つの注目ポイント

【パルシェン】

いよいよ今夜、イラク戦が行われる。 この試合、まだ負けても突破の可能性はあるため、絶対に負けてはいけない戦いではない。W杯出場を決める大切な試合はオーストラリア、サウジアラビアとのゲームである。 しかし、その大切な試合に向けて大きなアドバンテージを得るための「最も重要な試合」として認識すべきなのが今日のイラク戦。今回はそんなイラク戦の、個人的に考える3つの注目ポイントを挙げていこうと思う。 ①......続きを読む»

W杯予選大一番!! 今晩のイラク戦 予想スタメン

【理系男子が送るスポーツ観戦記】

フォーメーション4−3−3     1トップ大迫  FW 左久保  右本田 インサイドハーフ 左原口 右井手口    アンカー遠藤 DF 長友 昌子 吉田 酒井宏       GK川島 ハリルホジッチはポジションによる役割のイメージを明確に持っています。 そんな中、シリア戦で選手のいろんな能力を見極めていました。 4−3−3の肝インサイドハーフには運動量が求められ更にボール奪取・ボール......続きを読む»

トップギアの時間帯。平均的なギアの高さ。それが重要。

【FCKSA66】

戦い方、という事に関して言うと、どの形で戦うのかというシステム、それから、堅守カウンターなのかポゼッションなのか、それも、どこの位置でそれを狙うのか、とか様々あるわけだが、もう1つチームとしての組織的な戦い方において重要なのは、そして、それが日本のサッカーの課題の1つだと思うのだが、どこでギアをトップにするのか、という事。別の言い方をすれば、どこを勝負の時間帯にするのか、という事。 つまり、1......続きを読む»

日本 - イラク スタメン予想  勝ち点1を取ることが一番大事!

【2030年にサッカーワールドカップ優勝を】

このイラク戦はアウェーであり、故障者が重なっているので勝ち点1をもぎ取ることがハリルジャパンの絶対的ミッションでしょう。 香川、山口そして故障明けの今野と、セントラルMFまたはボランチを出来る人材に不安な状況です。 シリア戦で良い動きを見せた本田を生かすメンバーを選びました。 システムは4-2-3-1でトップ下に本田を入れます。 スタメン予想     大迫 原口  本田  久保  今野......続きを読む»

イラク戦で注目されること

【新使徒の『なんでや!は・・・ん関係ないやろ!』】

サッカーW杯アジア最終予選は3チーム横並びで天王山のイラク戦突入ですね。 で、今回は周辺問題について、久しぶりの記事として挙げておこうと思います。 注目されたのは、イラン当局による「日本人サポーター席内の水筒持ち込みの容認」です。 今回の件に関わらず、さらに競技の世界を超えてレジャーなどにおいても「水筒容認」が話題になっています。 (最近では名古屋のレゴランドのケースがありますね) ただ、今回......続きを読む»

オランダ戦(女子) 【 横山以外が決定力不足。それからSBが戦力不足。 】

【FCKSA66】

試合 :国際親善試合 開催日:2017年6月10日 結果 :日本代表勝利 スコア:「1-0」 得点者:横山久美 FW          田中美南 菅澤優衣香 MF     中島依美           籾木結花 MF          猶本光  阪口夢穂 DF      鮫島彩 市瀬菜々 熊谷紗希 大矢歩 GK            山下杏也加 FW          田中美南 横山久美......続きを読む»

2017:A代表:親善試合:H:vsシリア「不安と手応えの入り混じった引き分け」

【蹴鞠談議2】

日本vsシリア:1-1 得点者:19マルデク・マルドキアン(6アムロ・ジェニアト)、17今野 泰幸(5長友 佑都) 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 H:日本 監督 ヴァヒド・ハリルホジッチ:3.0 スタメン 15大迫 勇也:2.5 8原口 元気:3.0、10香川 真司:評価不可、17今野 泰幸:2.5、14久保 裕也:3.0 16山口 蛍:3.0 5長友 ......続きを読む»

6月最初の親善試合は、いつもこんなもの。~シリア戦。

【東京ドームに計画停電を!】

シリア戦は、久しぶりにひどい内容の日本代表戦でしたね。 まぁ、欧州のシーズンが終わった直後の6月の最初の親善試合は、いつもこんな出来です(W杯イヤーを除く)。 だから、心配はしていません。 特に、欧州組は、あまりにもフィジカルコンディションが悪かったですね。 同時期にフランス×パラグアイ、ベルギー×チェコ、イタリア×ウルグアイといった親善試合も行われていたんですが、彼らはそこまでフィジカルコンディ......続きを読む»

シリア戦選手評価 【 昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。本田圭佑。井手口陽介。浅野拓磨。岡崎慎司。乾貴士。 】

【FCKSA66】

昌子源 ACLやCWCで経験があっても、やはり恒常的に海外の選手と対戦しているか否かの差はあると思うし、国内組の選手たちのパフォーマンスが期待値よりも低くなるのは想定内なので、全てはこれからだと思う。吉田とのコンビネーションもそうだし、経験、集中力、その成長幅を大きくする事が重要だと思う。植田と三浦もいれば、その下の世代には中山と冨安もいるので、少ないチャンスをものにする必要があると思う。 ......続きを読む»

日本と世界の差 〜スペインvsコロンビアに学ぶ〜

【J's Football Fan】

最短61秒で読了 日本初 箇条書きサッカーブログ 日本と世界の差 〜スペインvsコロンビアに学ぶ〜 小さいようで 大きいような ただ それでも勝てる可能性があるから 面白いわけで つくづく不思議なスポーツだ 【トラップ】 ・ボールの勢いを滑らかに失くす ・次のプレーへスムーズに移行 ・顔が下がらず広い視野を確保 ・どのポジションも万遍なく上手い 【蹴る】 ・パス *スピードが1.3倍ぐ......続きを読む»

2-72 コーナーキックの事情 国際親善試合 オランダ代表 0-1 なでしこJAPAN

【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

横山選手のゴールでオランダ代表に3試合ぶりに敵地での勝利! 相手を背負いながらターンし、振り切ってからの力強いミドルシュート。 ストライカーと呼ぶに相応しい得点だったと思います。 守備は完封。 山下選手のビッグセーブ(70分)や、 右SBに入った大矢選手のカバーディフェンス(85分)など、 瀬戸際でやっと凌いだプレーも有りましたが、全般的には安定していたように思います。 局面的には、アルガル......続きを読む»

【侍青の風】交代出場組の輝きとシリア戦の各選手採点(シリア戦 1-1)

【サムライブルーの風】

得点者 今野 代表通算得点 今野4 W杯最終予選のイラク戦を前に 調整試合としてシリアと対戦した日本だったが、 前半は、まさに調整試合といった、ゆるい展開となった。 香川の負傷交代はあったものの、 来週のイラク戦に先発予定のそれ以外の選手たちの多くは、 自分の今のコンディションを確認するために、 あえて全力プレーを抑えているような印象だった。 調整試合だから、それはそれで間違っては......続きを読む»

シリア戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。久保裕也。香川真司。今野泰幸。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】

【FCKSA66】

大迫勇也 中盤で攻撃を作れなくても、1トップのところにボールが入れば、そこで良い起点やポストプレイができれば、後は2列目などの選手がサポートで遅れなければ、この試合でもそうだったように決定機は作れると思うから、特に大迫が1トップである場合は、そういう攻撃の比率を増やしても良いのかなと。また、そうやって早いタイミングで最前線の選手に縦パスを入れる事が、ハリルの求めるサッカーでもあると思うので。 ......続きを読む»

なでしこジャパンvsオランダ 親善試合

【球マニアのBLOG】

なでしこ 1-0 オランダ 【得点者】 なでしこ:横山(62分) オランダのプレスはアルガルベ杯の時と同様強度の高いものだったと思います。それをアルガルベでは回避できず、今回は回避できたという一番の要因はコンディションの違いでしょう。それでも直近で対戦していたとあって7番への対処も含め十分な対策を練っており、実際にそれを実行できていた点もチームの成長の証だと思います。 ただ、攻撃面は上手くいっ......続きを読む»

頭の悪いプレーを‘ひたむき’で ごまかしてはいけない

【スポーツ えっせい】

 韓国で開催されているサッカーU-20W杯で日本代表はグループ ステージを1勝1敗1分の3位で通過したものの決勝トーナメント初戦 でベネズエラに延長の末0-1で敗れベスト8進出を逃した。  日本に延長で勝ったベネズエラが昨日ウルグアイ相手の準決勝で 1-1で引き分けPK勝ちして決勝進出を果たしたし、日本とグループ ステージで同組だったイタリアもベスト4に入っているのを見ると 厳しいブロッ......続きを読む»

日本サッカー強化・選手の海外進出ルートについて 小感 

【ニコ小鉢その2(仮)】

久しぶりにコラムっぽいことを書いてみます。 書こう、と思ったきっかけは加藤恒平。ユース卒でも大卒でもないボランチの選手が、日本代表に選出されたことです。 言うまでもなく、Jには他にも数多の優れたボランチの選手がいます。 しかし、日本代表に適格であるのは、海外で経験を積んだ選手であると、それが今回のハリルホジッチの選手選考、また前回の髙萩洋次郎の選出(彼も韓国・豪州で経験を積んでいる)で鮮明に......続きを読む»

シリア戦 【 本田か岡崎か。原口か乾か。昌子か槙野か。ボランチも。 】

【FCKSA66】

試合 :国際親善試合 開催日:2017年6月7日 結果 :引き分け スコア:「1-1」 得点者:マルドキアン 今野泰幸 FW          大迫勇也 MF  原口元気 香川真司  今野泰幸 久保裕也 MF          山口蛍 DF  長友佑都 昌子源   吉田麻也 酒井宏樹 GK          川島永嗣 FW          大迫勇也 MF  原口元気 倉田秋   今野泰......続きを読む»

本田圭佑選手 サイドではなく中盤が適任な理由とは?

【J's Football Fan】

読み易い箇条書き 46秒で読了 【本田選手の特徴】 ・左足の強烈なシュート ・強靭なフィジカル ・広い視野 ・短・中・長/低・高 正確なパス ・味方からの高い信頼に基づく指示出し 【サイドに求められるスキル】 ・ドリブル突破 ・足の速さ ・中に切れ込んでシュート ・激しい上下動(メッシ除く) よって、出来ないことはないが適任ではない、と言えるだろう。 【中盤の仕事とのマッチング】 ・ボールを......続きを読む»

親善試合で重要なのは勝つ事だけではない

【スポーツ えっせい】

 昨日ヴァイド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、13日に テヘランで行なわれるイラクとのアジア最終予選に向けた調整試合 としてシリアと対戦し48分に先制されたが58分に今野泰幸のゴー ルで追い付いて1-1で引き分けた。  吉田麻也とコンビを組んでいた森重の代わりにCBで昌子を起用 するなど4-3-3システムで臨んだ一戦は昌子が48分に左サイド からのクロスをジャンプヘッドでクリアしようとしたも......続きを読む»

シリア戦で見えた、本当の課題

【一般市民のサッカー観戦記】

ロシアW杯最終予選も終盤を迎え、残るゲームはあと3つとなった。 次戦のイラク戦に向け、シリアと親善試合を行い、結果は1-1の引き分け。 あくまで親善試合なので、結果はさほど気にする必要もないとは思うが 日本代表の抱える課題がはっきりと露呈した。 メディアでは前半の代表の出来の悪さを課題と捉えている論調が多いが 前半、シリアに許した決定機はゼロ。 守備面では前半に不合格を言い渡すには辛すぎる。 攻撃......続きを読む»

ベネズエラ戦の日本の守備はなぜ良かったのか。どこが修正されていたのか。

【FCKSA66】

グループステージでは3試合で5失点だった日本の守備。 しかし、ベネズエラ戦ではCKからの1失点で負けはしたが、 全体的には、ベネズエラに多くの大きなチャンスは作らせなかった。 では、ベネズエラ戦の日本の守備はなぜ良かったのだろうか? または、どこが修正されていたのだろうか? 1つには、ラインコントロール。これは、恐れずに高いラインを取るようにしたから、ではなく、意識統一ができていたから、と......続きを読む»

ピタリと止める、ピラリと合う(日本対シリア)

【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

キリンチャレンジカップ、日本代表対シリア。 6月13日、ロシアワールドカップ最終予選イラク戦(アウェイ)に向けての強化試合である。 改めてシリアという国を世界地図で見ると、地中海に面して、国境にはトルコ、イラク、レバノン、ヨルダン、イスラエルなど中東紛争でよく聞く名前の国々が連なっている。 戦争の最中でも彼らはサッカーをしているのである。サッカーを忘れてはいない。極端な話・・国が滅びてもサッカ......続きを読む»

日本VSシリア戦 ~イラク戦に勝つための道しるべ~

【J's Football Fan】

Facebook https://www.facebook.com/jsfootballfan/ 日本VSシリア戦 ~イラク戦に勝つための道しるべ~ 【良かったこと】 ・今野のケガ回復&1ゴール ・大迫の質の高いポストプレーがゴールに直結 ・乾の高い技術と好コンディション ・本田のインサイドハーフが効果的 ・デビューの井手口が普通に活躍 ・ハリルの、選手間の競争を煽るような交代策 【改良するこ......続きを読む»

このユニフォームはどうなんでしょうか?

【「読裏クラブ」のワンツー通し】

また今宵もキリンチャレンジという名の「練習試合」・・・いや、もっと正確にいうと「興行試合」・・・いや、もっともっと正確に言うと「かっぱぎ試合」が行われました。 だんだんと多くの人がそれに気付き出したかのように、スタンドは空席も目立ち。 で、それならもっと別の方法で「かっぱ」いでやるさ!と、言わんばかりのあのユニ。いわゆる「復刻版」かどうかは知りませんが、ついこの前も「ニューモデル」として出た代表......続きを読む»

日本vsシリア 親善試合

【球マニアのBLOG】

日本 1-1 シリア [得点者] 日本:今野(58分) シリア:マルドキアン(3分) 本番は来週。ということを考えればもうちょっとテスト色の濃いメンバー構成を見たかった気もするが、前半の低調な出来は良い反省、気を引き締めることになったと思う。 前半とは打って変わって良い内容だった後半だが、急遽出場することになった倉田を始め、本田や井手口、乾も含めスタメンよりサブ組が揃って良いプレイをしたことは......続きを読む»

終わりにして始まりの地~ドーハから

【サッカーこそ我が命】

ドーハの国際空港から街中に向かうタクシーの中、10分ほどで運転手が「ほら、あそこ」とスタジアムの概観を指さして教えてくれた。 Al ‐Ahli Stadium、正確にはHamad bin Khalifa Stadium。12000人収容。 地元では、アルアリクラブの本拠地として有名だが、日本人には「ドーハの悲劇」の舞台となったスタジアムといったほうがわかるかもしれない。 1993年10月28日......続きを読む»

U-20W杯/守備面改善されるもGOALを奪えずヴェネズエラに延長戦の末惜敗!

【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

 とんだ大恥である。  前回の項において、U-20W杯で日本はヴェネズエラには勝てそうな気がするなんて軽―い気持ちで綴った。ヴェネズエラに対して特に知り得ている情報はなかったが、特にサッカー大国でもないだけに根拠なき楽観論を連ねたわけだが、いやはやヴェネズエラの強いのなんのって!  懐が深く容易にボールを奪えないキープ力を有するセルヒオ・コルドヴァ。左右を逆サイドまで移り変幻自在なドリブルで脅威......続きを読む»

欧州遠征。開花せよ、なでしこ。

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

なでしこジャパン、オランダ・ベルギー遠征へ臨む代表メンバーが発表されました。 前回は驚きの初招集もありと、盛りだくさんの?内容でしたが、今回はどうでしょうか。 GK  山根恵里奈(千葉L) 池田咲紀子(浦和L) 山下杏也加(ベレーザ) DF 鮫島彩(INAC) 佐々木繭(仙台L) 中村楓(新潟L) 市瀬菜々(仙台L) 高木ひかり(神奈川) 大矢歩(愛媛L) 熊谷紗希(リヨン/FRA) MF  ......続きを読む»

選手短評。Uー20W杯2017

【FCKSA66】

GK 小島亨介 波多野豪 山口瑠伊 DF 中山雄太 冨安健洋 DF 舩木翔 杉岡大暉 初瀬亮 藤谷壮 MF 坂井大将 市丸瑞希 板倉滉 原輝綺 MF 三好康児 遠藤渓太 堂安律 FW 久保建英 高木彰人 FW 小川航基 岩崎悠人 田川亨介 小川航基 初戦の南アフリカ戦で1ゴール。 そういう意味でも怪我での離脱は残念だった。 五輪代表でも主軸FWとして期待したい。 岩崎悠人 4試合に出......続きを読む»

FIFA U-20ワールドカップ 日本代表の立ち位置

【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

日本は予選リーグを1勝1分1敗で3位通過。 ラウンド16に進み、決勝トーナメント1回戦のベネズエラとは延長戦まで持ち込んで、勝利を呼び込める寸前の試合をしたが、延長後半CKから失点して姿を消した。 20歳といえば、ほとんどの選手がプロ選手。サッカーで「将来飯を食って行くぞ!」という激しい情熱を持っている世代でもある。 予選で対戦した南米のウルグワイは強かった。個々のポテンシャル、チームとしての......続きを読む»

ベネズエラ戦(Uー20) 【 この大会に出場した事の本当の価値は。 】

【FCKSA66】

試合 :Uー20W杯 トーナメントステージ 第1戦 開催日:2017年5月30日 結果 :ベネズエラ勝利 スコア:「0-1」 得点者:エレーラ FW 岩崎悠人 高木彰人 MF 三好康児 原輝綺 市丸瑞希 堂安律 DF 杉岡大暉 中山雄太 冨安健洋 藤谷壮 GK 小島亨介 FW 田川亨介 久保建英 MF 遠藤渓太 原輝綺 板倉滉 堂安律 DF 杉岡大暉 中山雄太 冨安健洋 藤谷壮 GK 小......続きを読む»

「4-4」による守備ブロック、4バック、その守備のポイントの1つ。

【FCKSA66】

「4-4」による守備ブロック、4バック、 最も守り難い場所はCBとSBの間のところ。 それは文字通りCBとSBの間のスペースを指す事もあれば、 サイドのやや中央寄りというスペースを指す場合もあるが、 とにかくそこのスペースが最も守り難い。 例えば、なでしこジャパンは恒常的にそこが弱点で、 強豪が相手だと意図的にそこを狙われている場合が多く、 縦にでもダイアゴナルにでも、 そこをスピードでぶち抜......続きを読む»

負けてしまった・・・けど、順当

【サッカーは”適正配置”と”相手の無力化”】

U-20ワールドカップ 絶対的エース小川を欠きながらも、きっちりベスト16に辿り着いた 日本の戦力からすれば、決勝トーナメント進出は順当 相手はベネズエラ 野球が国技のような南米で珍しい国だが このU-20代表は、フル代表経験者が多数おり手強いことが予想される スタメンは以下のとおり GK 1 小島 亨介(早稲田大) DF 3 中山 雄太(柏レイソル) 2 藤谷 壮(ヴィッセル神戸) 右SB......続きを読む»

2017:U-20W杯:ラウンド16:中立:vsベネズエラ「消極的采配で流れを失い敗れる」

【蹴鞠談議2】

日本vsベネズエラ:0-1 得点者:8ヤンヘル・エレーラ(16ロナルド・ルセナ) 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 日本 監督 内山 篤:4.0 スタメン 13岩崎 悠人:2.5、18高木 彰人:2.5 8三好 康児:3.0、7堂安 律:2.5 16原 輝綺:3.0、17市丸 瑞希:2.5 15杉岡 大暉:2.5、3中山 雄太:2.5、5冨安 健洋:2.5、2藤谷 壮......続きを読む»

イタリア戦(Uー20) 【 1つでも多く試合を。やはりそれが最重要。 】

【FCKSA66】

試合 :Uー20W杯 グループステージ 第3戦 開催日:2017年5月27日 結果 :引き分け スコア:「2-2」 得点者:オルソリーニ パニコ 堂安律×2 FW 岩崎悠人 田川亨介 MF 遠藤渓太 原輝綺 市丸瑞希 堂安律 DF 杉岡大暉 中山雄太 冨安健洋 初瀬亮 GK 小島亨介 スコア「2-2」の引き分けならば、というのは、そうなる可能性もそうだし、意図的に狙うようなスコアでもない......続きを読む»

おお、引き分け

【サッカーは”適正配置”と”相手の無力化”】

決勝トーナメントがかかったイタリア戦 裏のウルグアイ対南アフリカは、順当にいけばウルグアイの勝利のはずだが、 決勝トーナメント進出が決定しているウルグアイは戦力を落とす可能性が高く、 自力で進出を決めるためには、総得点でB組3位のドイツを上回る2得点以上の引き分けが必要となる イタリア戦のスタメンは以下のとおり 小川は前十字じん帯断裂! 小川中心で組んできたチームなのに、このタイミングで負傷離脱と......続きを読む»

U-20ワールドカップ2017 日本はベネズエラと5/30に対戦! 決勝トーナメント組み合わせ決定!

【0 to zeroのhorizon】

グループDを1勝1敗1分、3位で勝ち上がった日本代表。 初戦の南アフリカに2-1、ウルグアイに0-2、イタリアに2-2という結果でした。 振り返れば、すべての試合で先制点を許す苦しい展開でした。 しかし、どの試合も決してあきらめずに戦った姿勢は、日本のサッカーが歩を確実に前に進めているという印象を受けました。                                            その......続きを読む»

U-20W杯/堂安のSUPER☆GOALで追い付いた日本が決勝T進出!

【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

 正直!この大会でここまでの2試合を観た限り、堂安律がイマイチな出来に映ってならなかった。  日本が初優勝して今大会の切符を手に入れた昨年のAFC U-19選手権では最優秀選手に選出された。このチームの中心であり実力者であることに疑いの余地はない。その活躍が対戦相手の警戒心を生み、要注意な存在としてマークされていたということもあるだろう。  だが、それを考慮しても、緒戦の南アフリカ戦で決勝GOA......続きを読む»

【侍青の風】U20のエース、堂安律の本領発揮!(イタリア戦2-2)

【サムライブルーの風】

得点 堂安2 前半10分までにイタリアに2点のリードを奪われ、 このままでは試合終了までに何失点するんだと思わされた。 思い起こすのは、2004年のアテネ五輪でのイタリア戦だ。 トゥーリオや阿部勇樹、曽ヶ端が守る山本昌邦ジャパンは ジラルディーノ擁するイタリアに 前半3分、前半8分とたて続けにゴールを奪われてしまった。 今回のU20イタリア戦も、 2004年のイタリア戦とまったく同......続きを読む»

引き分けにする事が最優先のイタリア戦。

【FCKSA66】

グループAはイングランドと韓国がグループステージ突破を決め、アルゼンチンが勝点3で3位という結果になった。グループBはベネズエラとメキシコがグループステージ突破を決め、ドイツが勝点4で3位という結果になった。グループCはザンビアが第3戦を残して既にグループステージ突破を決めたが、3位には勝点4の国が入る可能性がある。グループEはフランスが第3戦を残して既にグループステージ突破を決めたが、ここも3位に......続きを読む»

攻めるパス

【~rona9229の日本サッカー応援の軌跡~】

U-20日本代表、決勝ラウンドに進んだんですか?よかったですね。イタリアとの試合はビデオに録ったので、楽しみにしていますが、見る時間あるかなぁ。 ウルグアイとの試合はちょっと見ました。ウルグアイ、危険な香りがプンプンするチームでしたね。南米を制したチームだそうですが、さすがにそういう得点の香りがしていました。 では、どこからそういう香りは漂ってきていたのでしょう?日本のサッカーと、ウルグアイのサ......続きを読む»

2017:U-20W杯:グループステージ:3節:中立:vsイタリア「暗黙の了解」

【蹴鞠談議2】

日本vsイタリア:2-2 得点者:7リカルド・マルキッツァ(9アンドレア・ファビッリ)、17ジュゼッペ・パニコ(16フランチェスコ・カッサータ)、7堂安 律(11遠藤 渓太)、7堂安 律(17市丸 瑞希) 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 日本 監督 内山 篤:2.5 スタメン 13岩崎 悠人:3.0、14田川 亨介:3.0 11遠藤 渓太:2.5、7堂安......続きを読む»

イタリアとお手々つないで

【「読裏クラブ」のワンツー通し】

いやぁ~、久しぶりに懐かしい景色(光景)を見せてもらいました。 それはイタリア戦のラスト5分。 2-2でラスト5分。 このままスコアが動かなければイタリアはグループ2位が確定。日本も3位の6チームのうち上位4チーム入りが確定し、決勝トーナメントに進出確定。 本当は日本は勝って2位狙い・・・なんだろうけど、そんなことをマトモにやって、もし何かの拍子にイタリアに点でも入れられてはすべてがオジャ......続きを読む»

Uー20日本代表、決勝トーナメント進出決定

【スポーツ えっせい】

 韓国で行われているサッカーU20W杯はグループステージ3試合 目を迎え、日本代表は今日行われたイタリア戦で0-2から堂安 律の2ゴールで引き分けに持ち込んで勝ち点を4としD組3位で決 勝トーナメント進出を決めた。  エースの小川航がケガで離脱しピンチに陥った日本はイタリア から開始早々の3分と7分に立て続けにゴールを決められ0-2と リードを許すが、22分に堂安のゴールで1点差に迫ると後半開始 ......続きを読む»

多士済々、波乱含みの代表メンバー。

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

キリンチャレンジカップ・シリア戦&ワールドカップ予選・イラク戦に 挑む代表メンバーが発表されました。今回はガラリと陣容が変わりましたね。 非常に多彩な顔ぶれとなった今回の招集メンバー、いつも通り見ていきましょう。 GK 東口順昭(G大阪) 中村航輔(柏)              ☆日本代表初招集 川島永嗣(FCメス/FRA) DF   宇賀神友弥(浦和)            ☆日本代表初招集......続きを読む»

親善試合のシリア戦とW杯予選のイラク戦へ向けてのメンバーについて。

【FCKSA66】

GK 川島永嗣 東口順昭 中村航輔 DF 吉田麻也 槙野智章 昌子源 三浦弦太 DF 長友佑都 酒井宏樹 酒井高徳 宇賀神友弥 MF 山口蛍 今野泰幸 遠藤航 加藤恒平 井手口陽介 MF 香川真司 倉田秋 FW 原口元気 久保裕也 乾貴士 本田圭佑 FW 大迫勇也 岡崎慎司 浅野拓磨 ボールを奪える、ゴールを奪える、そして、競争、という3つの要素がポイントになったのかなと。シーズン中の国内組、......続きを読む»

【浦和レッズ】宇賀神友弥「捲れ」

【黒髪のかねろの整理場所】

 その名前をネットニュースで見た時の驚きは、今も忘れられない。  いや、レッズのファンとして西川がまさか代表落ちするとは思わなかったし、確かにDFから槙野や遠藤航が選ばれるとも思ってなかった。そうじゃない。もう一人、浦和レッズのとって忘れられないあの男が代表選出されたのだ。  これをどう捉えていいのかは分からない。だが、改めてサッカーというのがいい競技であるなと密かに感動を覚えたものだった。宇賀神友......続きを読む»

U-20W杯 ウルグアイはしたたか?大人のサッカー?日本は組織力がある?

【サックスブルーと共に】

ウルグアイ代表って、したたかで、大人のサッカーだったんですか? 試合後の様々な記事見ててそこがすごい謎でした 引いて守ってカウンターしてたらしたたか? ボールを奪う狙いどころをもって中央はやられないように固めてたら大人のサッカー? 後半ボール奪っても簡単に日本に返してくれてたやん 決定機が何回もあったやん(特に堂安選手のヘッド・・・) あの試合を日本人以外が見て、ウルグアイはしたたかだなー大人のサッ......続きを読む»

ウルグアイ戦(Uー20) 【 この試合を経て次の試合で成長しているかどうか。 】

【FCKSA66】

試合 :Uー20W杯 グループステージ 第2戦 開催日:2017年5月24日 結果 :ウルグアイ代表勝利 スコア:「0-2」 得点者:スキアッパカッセ オリベラ FW 岩崎悠人 小川航基 MF 三好康児 原輝綺 市丸瑞希 堂安律 DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 藤谷壮 GK 小島亨介 FW 久保建英 岩崎悠人 MF 三好康児 坂井大将 市丸瑞希 堂安律 DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋......続きを読む»

2017:U-20W杯:グループステージ:2節:中立:vsウルグアイ「エースの怪我というアクシデントで失った流れを盛り返すも勝利には届かず」

【蹴鞠談議2】

日本vsウルグアイ:0-2 得点者:9ニコラス・スキアッパカッセ(4ホセ・ルイス・ロドリゲス)、5マティアス・オリベラ(6マルセロ・サラッキ) 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 日本 監督 内山 篤:3.0 スタメン 13岩崎 悠人:2.5、9小川 航基:2.5 8三好 康児:2.5、7堂安 律:2.5 16原 輝綺:2.5、17市丸 瑞希:3.0 19船木 翔......続きを読む»

U-20W杯/質という部分での違いを見せ付けられた日本がウルグアイに完敗!

【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

 アディッショナルタイムに入った91分、一気にオーバーラップしてきたマティアス・オリヴェラが、マルセロ・サラッチからの少し浮かせたパスを受けてエリア内に侵入。左足を振り抜いて日本に止めを刺すGOALを決めるまでは、最小得失点差で競った攻防のようにも映ったが、その実、ウルグアイのほうが常に役者が一枚上の試合運びを見せていた。  大人と子供…というと言い過ぎかもしれないが、チームとしての成熟度、攻守にお......続きを読む»

ウルグアイ強し

【サッカーは”適正配置”と”相手の無力化”】

U-20代表 第2戦は南米王者ウルグアイ この世代最強との呼び声も高いチームに、日本はどう対抗していくのかが見もの スタメンは GK 1 小島 亨介(早稲田大) DF 3 中山 雄太(柏レイソル) 2 藤谷 壮(ヴィッセル神戸)右SB 19 舩木 翔(セレッソ大阪) 左SB 5 冨安 健洋(アビスパ福岡) MF 8 三好 康児(川崎フロンター) 左サイド 17 市丸 瑞希(ガンバ大阪) ボラ......続きを読む»

ハンパないデジャブ感。

【「読裏クラブ」のワンツー通し】

U20 W杯のウルグアイ戦。「勝ったらグループリーグ突破!」なんて囃し立ててたけど、相手はウルグアイだぜ?それもイタリアを降したんだぜ?「そんなに簡単に勝てるわけね~じゃん!」と思ってたけど。。。 想定通りというか、予定通りというか、シナリオ通りというか、パターン通りというか。 「~~通り」の表現は皆さんのお好きな表現をお使いになったらよろしいのだが とにかく、何を言いたいか?というと、「この......続きを読む»

南アフリカ戦(Uー20) 【 まずは最初のハードルは乗り越えた。 】

【FCKSA66】

試合 :Uー20W杯 グループステージ 第1戦 開催日:2017年5月21日 結果 :日本代表勝利 スコア:「2-1」 得点者:マージマン 小川航基 堂安律 FW 岩崎悠人 小川航基 MF 三好康児 板倉滉 坂井大将 堂安律 DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 初瀬亮 GK 小島亨介 FW 久保建英 小川航基 MF 遠藤渓太 原輝綺 坂井大将 堂安律 DF 舩木翔 中山雄太 冨安健洋 初瀬......続きを読む»

ワクワクの水曜日。ハラハラ・ドキドキの火曜日。

【「読裏クラブ」のワンツー通し】

ドイツが負けて、ポルトガルが負けて、それに「我がアルゼンチン」までが敗北でスタートしたU-20のワールドカップ。どちらかというと波乱の幕開けといったところか。そんな波乱の中で日本代表は南アフリカを逆転勝ちで終え、初戦で勝ち点3をゲットした。まずはメデタシ、メデタシ。 なんだけど・・・ この試合、どっちが勝っても全然おかしくなかったし、日本はいつものパターンの負け(支配はしても崩せずにカウンターと......続きを読む»

U-20勝つには勝ったが・・・

【サッカーは”適正配置”と”相手の無力化”】

U-20ワールドカップがいよいよ開幕! 10年ぶりの本大会出場! (前回出場は2007年カナダ大会、調子乗り世代・・・隔世の感があるな) 久保くんの選出で、とかく騒がれる今大会 私にとっては、ニュースに不要な煽り要素が入るので はっきりいって迷惑なのだが、 露出が多いのはサッカーファンとしては有難いこと 大会選出メンバーは下記のとおり GK 1 小島 亨介(早稲田大) 12 波多野 豪(FC......続きを読む»

ホンジュラス戦(U-20)を観ての雑感。

【FCKSA66】

スコア「3-2」で勝利したが、まずは攻撃について言うと、セットプレイから2得点、PKで1得点、という事で、今回のチームのストロング・ポイントの1つは、セットプレイから得点を取れる、という事なので、そこは継続されていて良かったと思う。もちろん、流れの中からも得点を取ってはもらいたかったが、今回のチームは、華麗に崩すというよりもゴリゴリ攻める感じの方が良いので、流れの中からではなくても、PKやセットプレ......続きを読む»

【侍青の風】衝撃のファーストプレーと圧巻のアシスト、輝き炸裂の久保建英!(南アフリカ戦2-1)

【サムライブルーの風】

得点 小川1 堂安1 史上初のU19アジア選手権制覇を果たし、 (6戦全勝・しかも無失点) 柏木、槙野、内田、香川などが出場した2007年大会以来、 10年ぶりに出場権を獲得したU20ワールドカップ。 日本のメンバーには、ジュビロの小川航基、ガンバの堂安と、 Jリーグでも注目を集めつつある選手がいる。 しかし、何より話題を集めているのが、 2階級の飛び級でメンバー入りをした バルセ......続きを読む»

15歳久保が決勝点をアシスト、小川、堂安がゴール、日本が南アフリカに逆転勝利!(U-20 ワールドカップ2017)

【0 to zeroのhorizon】

10年ぶりにU-20ワールドカップに出場している日本代表。 予選リーグ、重要な初戦・南アフリカ戦を迎えました。 短期決戦の初戦の重みは誰もが知るところ、勝利が求められる試合になりました。                                                  日本の組み合わせ… 日本(アジア1位) ウルグアイ(南米1位) イタリア(欧州2位) 南アフリカ(アフリカ4位)  ......続きを読む»

2017:U-20W杯:グループステージ:1節:中立:vs南アフリカ「守備に課題も連動した攻撃で逆転勝利」

【蹴鞠談議2】

日本vs南アフリカ:2-1 得点者:オウンゴール(5冨安 健洋)、9小川 航基(13岩崎 悠人)、7堂安 律(20久保 建英) 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 日本 監督 内山 篤:2.5 スタメン 9小川 航基:2.5、13岩崎 悠人:2.5 8三好 康児:2.5、7堂安 律:2.5 10坂井 大将:2.5、4板倉 滉:2.5 19船木 翔:2.5、5冨安 健洋:2......続きを読む»

FIFA U-20ワールドカップ  日本代表第二戦 ウルグアイ代表 予想および結果

【2030年にサッカーワールドカップ優勝を】

第2戦 対ウルグアイ 1-1 △ 日本がポゼッションを高めてウルグアイのカウンターサッカーに負けずに粘り強く戦う。 前半は両者とも得点無く0-0 後半に、日本代表がCKから岩崎が得点を決め先制する。 後半20分から久保登場する。 しかし、カウンターから南米王者の意地の1発を決められ同点にされる。 久保にあった惜しいチャンスを決めきれず、1-1でタイムアップ。 勝ち点4で得失点差で首位......続きを読む»

U-20ワールドカップ2017、日本代表の初陣は5/21南アフリカ戦! 組み合わせや日程は!?

【0 to zeroのhorizon】

10年ぶりにU-20ワールドカップ本大会(開催国:韓国)に出場する日本代表。 いわゆる東京五輪世代である選手が中心となります。 どんなスポーツでも言えることですが、若手選手が活躍すれば、そのスポーツの見通しは明るくなります。 ちなみに、2016年のU-19アジア選手権では、見事に優勝した選手たちとなります。                                               ......続きを読む»

明日からU-20W杯が開幕

【スポーツ えっせい】

 明日から韓国でサッカーのU-20W杯が開幕する。  昨年のアジア予選で優勝し07年カナダ大会以来の出場を果たした 日本代表は21日から始まるグループステージD組で南アフリカ、ウ ルグアイ、イタリアという順番での対戦となった。  今大会は15歳の久保建英が‘飛び級’で選出されているなど例年 になく注目されているのだが対戦相手を見ると初戦の南アフリカこそ アフリカ4位での出場だがウルグアイは南米1......続きを読む»

FIFA U-20ワールドカップ の日本代表を予想する。 南アフリカ戦は?

【2030年にサッカーワールドカップ優勝を】

日本代表は初戦を迎える。 南アフリカとの初戦を戦う「内山U-20ジャパン」の予選リーグを予想する。 第1戦 対南アフリカ 3-1 ○ 前半は硬さが見える戦い方であるが、終了間際に得点を入れ1-0でリードして折り返す。 後半に南アフリカに同点弾を許す。そこから日本の真骨頂、スーパーサブ「久保」を投入する。 動きが良くなった日本代表が、エース小川の得点で勝ち越す。トドメの3点目は久保が世界デビ......続きを読む»

U-20W杯とW杯の関連データ

【Soccer D.B. 管理人のブログ】

今週末からFIFA U-20 World Cup(以下U-20W杯)が開幕します。隔年で行われている世界大会ですが、今年は久しぶりに日本代表が出場するということで注目度が上がっていますね。ということでこのU-20W杯と4年に1回行われる方のFIFA World Cup(以下W杯)について、適当に思い付いた関連データを紹介しようと思います。 紹介するデータは下記の通り ・大陸別成績と大陸間対戦成績の......続きを読む»

結局、北野誠は良い監督なのか??〜横浜FCvs讃岐(5月17日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

カマタマーレの監督さんは誰かさんと同姓同名の北野誠。そして、横浜FCのベンチにいるセカンドGKは北野貴之。そういう意味では北野ダービーだった試合てす。 ■前半 週の真ん中水曜日。ミッドウィークの試合というのは、週末と少し趣が違って、スーツを着ている中年サラリーマンが多い。おそらくスポンサーさん絡みということなのでしょう、管理職っぽいロマンスグレーもちらりほらり。そんなスタジアムが迎えた相手は瀬戸......続きを読む»

岡崎慎司がストライカー的な役割でプレイするためには?

【FCKSA66】

ヴァーディがいるので、ストライカー的な役割でプレイするのは、今のレスターでは難しいかなと。あえて、ヴァーディと同じ土俵で勝負するのも有りだとは思うが、その場合にはスリマニやウジョアとも得点力で争う事になり、3番手以下の序列になってしまった場合には、ほとんど出撃機会は無くなると思う。そもそもとして、ヴァーディの控えになってしまったら、それだけでも出撃機会は激減すると思う。 今のレスターで、ストラ......続きを読む»

サッカーが日本の文化になる日

【socculture】

はじめまして。 この度ブログを立ち上げることになりました管理人のsoccultureと申します。 名前からお分かりの通り サッカーに関するブログを書いていこうと考えてます。 なぜ私が本ブログを立ち上げたかと言いますと 私は「サッカー」というものが日本人に広く定着し、文化として根付き日々の会話の話題の一つになる世の中を夢見ているからです。 サッカーを愛する者として、今よりもっとたくさんの人とサッカ......続きを読む»

J3における実力差はやむをえない〜YS横浜vs鳥取(5月7日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

鳥取とか日本海側って、江戸時代には北前船的なあれこれで、それはそれは繁栄したそうな。米子とか。で、今や世界屈指の港が横浜。なわけで、このカードは新旧港町ダービーですな。 ■前半 J3の試合を見ていて、よく感じるのですが、やっぱり、かつてJ2に所属していたクラブというのは、その頃の蓄積がありますから、サポーターが多いですよね。去年の大分は極端なパターンであるにせよ、鳥取も元J2としての沽券が偲ばれ......続きを読む»

若さの脆さ〜FC東京U23vs琉球(5月6日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

東京と沖縄、、、硫黄島って東京都ですよね。そういう共通点がありますね。平和こそ宿願。 ■前半 キムジョンソン監督率いる琉球って、地味に評判が良いですよね。だから、てっきり、風間さんや大木さんみたいにつなぎ倒す系のパスサッカーなんだと思っていたのですが、あくまでそれは先入観。決して爽快なパス交換で相手をてんてこ舞いにするって感じではない。むしろ、今ひとつ特長が伝わってこないようなサッカー。千鳥のノ......続きを読む»

いつの間にやら強豪チーム〜横浜FCvs愛媛(5月3日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

福田健二って、確か横浜FCでコーチか何かやってますよね。ってことは、福田健二ダービーということになりますかね。     ■前半 横浜FC、絶好調ですね。去年のシーズン途中に監督が今の中田さんに替わって、それと歩調を合わせるように、イバが大爆発。ついでに、ずっとくすぶっていた佐藤謙介も一皮むけた。この2人に牽引されながら、強烈な上昇曲線を描いてきたわけですが、なかでもイバはやっぱり強烈です。逆にいう......続きを読む»

さぁ!今月はワールドカップだぁ~!

【「読裏クラブ」のワンツー通し】

前回のエイプリルフールのネタのアップから一ヶ月。あっという間に5月になってしまった。 で、この5月は!何といっても!待ちに待った!ワールドカップだぜ! え?「読裏さんも耄碌したよなぁ~。ワールドカップって来年じゃん?百歩譲って予選のことを言っているとしても、予選も6月じゃん?」って? チッチッチッ(人差し指を左右に振りながら) ちゃいまんがな!あるんですわ!ワールドカップが!この5月に!し......続きを読む»

U-20ワールドカップ2017の日本代表メンバーが決定、15歳の久保も選出 初戦は5/21南アフリカ戦!

【0 to zeroのhorizon】

韓国で開催されるU-20ワールドカップに出場する日本代表メンバーが発表されました。 グループDに入った日本代表は5/21南アフリカ、5/24ウルグアイ、5/27イタリアと対戦します。 今回の日本代表の入ったグループDですが、大陸予選の順位ではアジア1位の日本、南米1位のウルグアイ、欧州2位のイタリア、アフリカ4位の南アフリカが入っています。 厳しい組に入りました。 ワールドカップ本戦にのどむ日本......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss