ジャンル別一覧:プロレス

昭和58年第1回IWGP決勝リーグ戦 オールカラー完全詳報 アントニオ猪木対ハルク・ホーガン アンドレ・ザ・ジャイアント、キラー・カーン、前田日明

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、移転祝いのお土産について更新した。 チケット&トラベルT-1移転祝いでプロ野球、プロレスファンなどのお客さんから頂いたお土産を紹介 また悪球打ちの野球ブログでは、イースタン・ロッテ戦、夢のKK神話復活 桑田真澄 清原和博について更新した。 2017年は浦安で初のイースタン・ロッテ公式戦を開催!ZOZOマリン(4試合)、船橋(1試合)、市原(3試合)8試合......続きを読む»

ベストバウト’2017

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  5月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。  また、今回は上半期ベストバウトの選定をします。  とはいえ、リコシェvsオスプレイがあった月のベストバウトは決まりかな と思います。  ということは来月のベストバウトともおそらくオカダvsオメガとなるの でしょう。  MVPは誰でしょうか。5月といえばジュニアの季節。スーパージュニアか ら選びたいとこ......続きを読む»

FMW パンフ00年11月横浜 冬木対ハヤブサ、01年8月駒沢 ハヤブサ対金村、さらば邪道!大仁田厚、邪道降臨 00年7月大仁田対三四郎 ビデオ

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、ビジネスの鉄則について更新した。 儲けさせてもらったら利益を還元するのはビジネスの鉄則だが、それを怠り自分の利益ばかり考えていると思わぬところで足元をすくわれる また悪球打ちの野球ブログでは、千葉ロッテ シーズンクーポン、ジャイアンツグッズについて更新した。 千葉ロッテ戦(ZOZOマリン)のプラチナ試合が使えるのはシーズンクーポンだけ ネット、電話で事前予約可能......続きを読む»

【プロレス】BULLETCLUB、ファレ、そして福岡

【西の落伍家】

新日本プロレスには、BULLETCLUBというヒールユニットが存在する。その人気は高く、海外のプロレスファンにもその名は知れ渡っている。 そんなBULLETCLUBの結成の地が福岡であるということを覚えている人はどのくらいいるだろうか。 2013年、福岡国際センターにてBULLETCLUBは旗揚げされた。創設メンバーは現在WWEに所属するプリンス・デヴィット、そしてバッドラック・ファレであった。......続きを読む»

新店舗はプロレスグッズが売れる!? チケット&トラベルT-1はJR水道橋駅近くに移転

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前に悪球打ちの野球ブログで、千葉ロッテ(ZOZOマリン)内野自由席引換券とパ・リーグ順位予想について更新した。 これがファンサービスと言えるのか? 利用不可の試合が増えて使いづらくなった千葉ロッテ(ZOZOマリン)TEAM26内野自由席引換券 T-1の2017年パ・リーグ順位予想→1ソフトバンク、2オリックス、3ロッテ、4西武、5日本ハム、6楽天 前評判が低い時のオリックスは・・・ 4/......続きを読む»

ベストバウト’2017

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  4月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。  4月は大日本のリーグ戦と新日本の両国大会、チャンピオンカーニバル がありました。  ベストバウトですが、オカダのIWGP戦があった月は、もう決まりですね。  思い起こせばオカダは2012年に凱旋以来、ほぼ毎年のようにベストバウ トを獲得してきました。2017年は1.4東京ドームのオメガ戦がいきなり年間......続きを読む»

チャンカン初日行ってきました

【プロレスファンタジスタン】

「チャンカン初日行ってきました」 双月 なんとなく会場へ行くのが億劫になってしまう心の病(言い過ぎです)を患い 気が付けば8年。この度、いくつかのきっかけが重なって、全日本チャンピオ ンカーニバル開幕戦、後楽園ホール大会に行ってきました。主だった団体で、 そういえば全日だけ行ったことがなく、いつか諏訪魔とか見たいとは思ってい たので、そういう流れです。秋山と和田京平以外、全員初見です。 指定席は......続きを読む»

最も早いG1予想

【プロレスファンタジスタン】

最も早いG1予想 彩  新日本はG1公式戦をABブロック相互に行うようになり、その結果 選手の過労を軽減し、長いシリーズを組むことができ収益を上げてきた。 その結果地方会開催も増えたため、地方のファン層もG1に取り込むこ とができ、何層にも「正のスパイラル」を発生させてきた。  余談ではあるが、その結果、スーパージュニアの後楽園大会が土日で 行われることがなくなり残念な限りである。新日本のスーパ......続きを読む»

1968年~2016年の女子プロレス激闘史の中で、05年「女子プロオールスター戦 T-1グランプリ」を外した時点で柳澤健の本は読むに値しない

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、チケット&トラベルT-1移転に関するお知らせについて更新した。 チケット&トラベルT-1移転に関するお知らせ 4/15(土)15時から17(月)夕方頃まで、電話、メールの対応ができません また悪球打ちの野球ブログでは、ライオンズ マジェスティックリュック、バスタオル(売切れ)、DVDとイースタン・リーグ 楽天戦について更新した。 埼玉西武ライオンズ マジェスティ......続きを読む»

1968年(S43年)の G 馬場

【スポーツ よもやま話】

1968年(S43年)のG・馬場を振り返る 前年末に TBSプロレスの旗揚げが決まり G東郷のブッキング する 豪華外人レスラーも決まり 旗揚げ戦は TWWA世界チャンピオンルー・テーズに  TBSとして 日本人エースに抜擢された G・草津が1968年1月3日 挑戦する試合を オープニングとしていた。 これに対抗し 老舗 日本プロレスは 急遽 同日に G・馬場 VS リソウスキーの  インター選......続きを読む»

一刻も早く頭突き系の技と頭から落とす技を禁止するべきだ。

【行ったら帰らぬ片道切符。】

新日本プロレスの柴田勝頼が、オカダカズチカとのIWGPヘビー級選手権試合の後、体調不良を訴えて救急車で病院に搬送され、硬膜下出血と診断され緊急手術を受けた。 術後の経過は良好だそうだが、依然予断を許さないそうだ。 この話を聴いて、真っ先に思った事は「柴田がリング上で第二の三沢にならなくて本当に良かった」という事だ。 つい最近も、本間のケガがあった。 WWEのクリス・ベノアが一家心中になった原因は......続きを読む»

【プロレス】なぜファレがオカダを投げている?

【西の落伍家】

なんだ?一体何が起こっている? 記憶が確かならば、私は数分前までメインイベントのオカダ・カズチカ対柴田勝頼のタイトルマッチを見ていたはずだ。 30分を超える闘いの末にオカダが柴田を下してベルトを防衛したはずだ。オカダは勝者となったはずだ。 それなのに目の前のリングには敗者のようにオカダが横たわっている。なんだ?何が起こった? 本日両国国技館で行われた、新日本プロレスの興行「サクラジェネシス」......続きを読む»

【プロレス】ありのままで

【西の落伍家】

日本を離れて約1年、遂にこの時がやってきた。 現地時間の今月4日、フロリダ州オーランドで開催されたWWEのスマックダウン大会にて、中邑真輔が待望の一軍デビューを果たした。所属していた新日本プロレスからWWEに籍を移し、下部組織のNXTでデビューしてから約1年。満を持しての昇格といえるだろう。 これから彼がどのようにトップ戦線に入ってくるのか、そしてどのようにして歴史に名を刻んでくれるのか、その行......続きを読む»

チケット&トラベルT-1電撃移転!不義理したプロレス団体とプロレスラーへの復讐が移転を決断するきっかけとなった

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前に悪球打ちの野球ブログで、第2回WBC 日本代表応援クリアファイル、甲子園熱闘伝説と東京ヤクルトスワローズ 2017年CREWユニフォーム、つば九郎とらんぷについて更新した。 第2回WBC 日本代表応援クリアファイル 松坂、球児、小笠原、岩村、川崎、青木 甲子園熱闘伝説~王貞治から斎藤祐樹まで~ 東京ヤクルトスワローズ 2017年CREWユニフォーム 白地に緑のピンストライプ、つば九郎と......続きを読む»

新日本プロレス 佐々木健介対川田利明初対決、全日本プロレス 川田&天龍10年ぶり復活 パンフ、新日本取材拒否中の観戦記 週刊プロレス増刊号

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、2・18「ガチトークフタミ62 二見×平井丈雅代表~あのブチキレトークから10年~」について更新した。 二見社長、佐山聡氏&桜木裕司選手との意外な関係を初告白!平井丈雅代表の「リアルジャパン」と初代タイガーマスク佐山総監への熱い想いを激白 また悪球打ちの野球ブログでは、千葉ロッテ公式戦と北海道日本ハム公式戦について更新した。 3年連続入場料金値上げ!千葉ロッ......続きを読む»

ベストバウト’2017

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  3月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。  3月といえば大日本と新日本のトーナメントが注目です。MVPは文句 なくニュージャパンカップ優勝の柴田選手ですね。ニュージャパンカップ ベストバウトとしては、準決勝の柴田vs石井がよかったですね。  ニュージャパンカップと言えば棚橋、オメガの本命二人が1回戦で消え るという波乱がありました。間違いなく台......続きを読む»

1966年(S41年)の G 馬場

【スポーツ よもやま話】

1966年(S41年)のG・馬場を振り返る G・馬場にとっては 最も脂の乗り切った時期であったろう。 1965年暮れに 力道山ゆかりの復活インターナショナル チャンピオンになり、何かと 馬場人気に嫉妬していた  日プロ社長の豊登が 公金横領で 日本プロレスを退社する   1月 に 28歳となった G・馬場は名実ともに日本プロレス の 大看板のエースレスラー件 日プロ役員となる。 G・馬場を 不動のエ......続きを読む»

【プロレス】春男となった柴田勝頼。約束を果たしにオカダの元へ。

【西の落伍家】

 「感じる痛みは、嘘をつかない!」  執拗な肩への攻めを受けきった後だからか、それとも初めてニュージャパンカップを制したからか。柴田勝頼のその言葉には何だか妙な説得力があった。  今日3月20日、新潟・アオーレ長岡。チケットは全て完売という状況の中新日本プロレス春の最強戦士決定戦であるニュージャパンカップの決勝戦が行われた。決勝の舞台に進んだのは柴田勝頼とバッドラック・ファレ。どちらが勝っても初......続きを読む»

プロレス総選挙

【プロレスファンタジスタン】

プロレス総選挙 彩  3月12日の深夜、「史上初!現役・OBレスラー200人&ファン1万人 が選ぶプロレス総選挙」と題した番組がテレビ朝日で放送されました。 1:アントニオ猪木 2:ジャイアント馬場 3:初代タイガーマスク 4:オカダ・カズチカ 5:力道山 6:棚橋弘至 7:ジャンボ鶴田 8:獣神サンダー・ライガー 9:三沢光晴 10:スタン・ハンセン 11:長州力 12:武藤敬司 13:小橋建......続きを読む»

「京都プロレス復活祭~祇園の出陣~」を観戦しました。

【プロレスファンタジスタン】

京都プロレス / 平田 3月12日に開催された「京都プロレス復活祭~祇園の出陣~」を観戦しました。 観に行った経緯は、小学一年生の娘がお世話になっている学童クラブの友達の お父さんが京都プロレスの興行を手伝っているらしく、娘が前座?の花園寄席の プログラムめくり役を友達に頼まれ、是非担当したいと言うことで参加しました。 興行の雰囲気はYoshiさんに誘われてお手伝いをした「羽曳野プロレス」を思い ......続きを読む»

二見社長「不義理したプロレスラー、プロレス団体は許さない」 3・26(日)重大発表&○○○最後のガチトークフタミ塾63 二見×ターザン山本!

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前に悪球打ちの野球ブログで、横浜DeNA公式戦と、侍ジャパンについて更新した。 値上げの球団が多い中、首都圏の球団の中では唯一の一般入場料金据え置き 横浜DeNAベイスターズ(横浜スタジアム)17年公式戦 何のための強化試合だったのか?侍ジャパン日本代表のメンバーはWBCよりもペナントを優先したい各球団に配慮した人選 情や周りに流される小久保 チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・......続きを読む»

”プロレス総選挙”の記事を見て感じたこと

【でぷスポ13号館】

関連記事を幾つか読んでいて 平家物語の冒頭部分を思い出した。 ”諸行無常の響きあり” ”盛者必衰の理をあらはす” 本来ならWBC中継の 延長による割を食らい 久しぶりの ゴールデンタイム放送が 叶わなかったのだから 同様に野球放送の延長で たびたび迷惑を被っている ドラマファンのように 怒るべきところだと思うのだが 関連記事を読んだら 深夜帯の視聴率4.8%を 「うれしい波紋」とばかりに ......続きを読む»

プロレス総選挙に ついて

【スポーツ えっせい】

 WBC日本代表初のタイブレークにもつれ込んだ12日のオランダ 戦後にTV朝日でOAされたのがプロレス総選挙で、オールタイムの プロレスラー達の人気投票のベスト20が発表されたのだった。  本来21:00過ぎからの予定だったのがWBCオランダ戦が0:00前 までかかったので始まった時には日付が変わっていたものの、翌日が 休日だったので最後まで見る事ができ なかなか楽しめた。  結果は1位:アン......続きを読む»

「論証アントニオ猪木 歴史が語る猪木の真実」、「燃闘30年史 ジャイアント馬場 アントニオ猪木」、IWA国際プロレス2000年パンフ

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、2・4「ガチトークフタミ塾61 二見×KINGレイナ」と、二次会参加者のみ知る重大発表について更新した。 キャラなのか?ナチュラルなのか?危ない女子格闘家とガチトーク!そして、二次会では爆弾発言!参加者のみ知る重大発表 また、悪球打ちの野球ブログでは、累計アクセス数が700万超え達成と、埼玉西武公式戦について更新した。 やっぱり“T-1”は悪球打ちby23ブ......続きを読む»

ベストバウト’2017

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  こないだ年が明けたと思ったらもう3月です。  2月のベストバウトを選定しなければなりません。  2月はわりと例年各団体とも静かなシーズンかなと思います。巨大な 新日本帝国が目覚める前にそのほかの団体ではこの時期に何か仕掛 けるのもいいかもしれませんね。  かといってやはりいい試合は新日本から出やすいですね。2月のベス トバウトはオカダvs鈴木がいいか......続きを読む»

WMFプロレス パンフ 旗揚げ戦、03年7月後楽園、FLASH、1周年記念大会、ガイドブック ハヤブサ、ミスター雁之助

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、「T-1興行」映像担当の秋山汰駒さんが亡くなっていた件について、悪球打ちの野球ブログでは、巨人公式戦とヤクルト公式戦ついて更新した。 GOD氏と再会!「T-1興行」映像担当の秋山汰駒さんが40歳の若さで亡くなっていたという、衝撃的な事実を知る なお、巨人公式戦記事の2/14付のアクセス数は8118だった。 4年連続入場料金値上げ 2017年巨人公式戦 昨年は......続きを読む»

全日本プロレスパンフ 98年10月三冠戦 小橋対三沢、99年3月三冠戦 田上対ベイター、世界タッグ小橋、秋山対三沢、小川 泉田純さんについて

【極上の“T-1二見激情”見参】

2・18(土)19時30分「ガチトークフタミ塾62 二見社長×平井丈雅代表」水道橋・UGP4階会議室で開催。 二見社長のブチキレトークから10年 「リアルジャパン」平井丈雅代表が「ガチトークフタミ塾62」初参戦!2・18(土)水道橋 あのブチキレトークから10年 2・18(土)ガチトークフタミ塾62 二見社長×リアルジャパン 平井丈雅代表 水道橋 本題の前にオフィシャルブログで世界らん展 日本......続きを読む»

二見社長のブチキレトークから10年 「リアルジャパン」平井丈雅代表が「ガチトークフタミ塾62」初参戦!2・18(土)水道橋

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前に悪球打ち野球ブログで、東京ヤクルトオープン戦について更新した。 東京ヤクルトスワローズ(神宮球場)2017年オープン戦は昨年より4試合増えて7試合 入場料金は据え置き 2017年2月18日(土)「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.62 二見社長×平井丈雅代表~あのブチキレトークから10年~」を東京・水道橋「株式会社UGP・4階会議室」で開催することになった。 以下、二見のコメントと概要......続きを読む»

WWFマニアツアー1994年5月 天龍、アンダーテイカー、ヨコヅナ WAR旗揚げ4周年記念大会 96年7月両国 天龍対高田初対決 パンフ

【極上の“T-1二見激情”見参】

2・4(土)18時30分より「ガチトークフタミ塾61 二見社長×KINGレイナ」を水道橋UGP・4階会議室で開催。 期待の大型新人女子格闘家のKINGレイナが「ガチトークフタミ塾」初参戦!二見社長と初遭遇 2・4(土)水道橋 2・4(土)冬の時期恒例の女子格闘技イベント ガチトークフタミ塾61 二見社長×KINGレイナ~期待の大型新人と初遭遇~ 本題の前にオフィシャルブログで、チームSEI☆Z......続きを読む»

プロレス、格闘技ブログの極上の二見激情の累計アクセス数が、約10年半掛かって500万 片やプロ野球ブログは約9年で700万

【極上の“T-1二見激情”見参】

2・4(土)「ガチトークフタミ塾61 二見社長×KINGレイナ」を水道橋UGP・4階会議室で開催。 期待の大型新人女子格闘家のKINGレイナが「ガチトークフタミ塾」初参戦!二見社長と初遭遇 2・4(土)水道橋 2・4(土)冬の時期恒例の女子格闘技イベント ガチトークフタミ塾61 二見社長×KINGレイナ~期待の大型新人と初遭遇~ 本題の前にオフィシャルブログで、テーブルウエア・フェスティバルに......続きを読む»

S38年12月 デストロイヤーとヘーシンクの以外な関係

【スポーツ よもやま話】

Aヘーシンクといえば S36年のパリ 世界柔道選手権 で 無差別級で初の外人チャンピオンになり 日本柔道 に衝撃をあたえ S39年 東京オリンピックでも 雪辱 に燃える 日本柔道を返り討ちにした オランダの柔道家. S40年の リオデジャネイロの世界選手権で優勝後 引退 その後 (お金)のため S48年 日本TVの誘い に乗り G馬場の 全日プロレスで やりたくもない プロレスに転向し......続きを読む»

新日本プロレス25年史 創立25周年記念愛蔵版 猪木、坂口、タイガーマスク、前田 カラー名鑑 IWGP全記録&歴代王者名鑑

【極上の“T-1二見激情”見参】

1月22日(日)18時30分から「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.60 二見社長×シャーク土屋~激情と裁恐、最後の咆哮~」を水道橋UGP・4階会議室で開催。 全く予測が付かないガチトーク 激情と裁恐、最後の咆哮 1・22(日)フタミ塾60 二見社長×シャーク土屋 激情 二見社長×裁恐 シャーク土屋、最後の咆哮 1・22(日)全く予測が付かないガチトークフタミ塾60 本題の前にオフィシャルブログ......続きを読む»

観戦記1260 WBAスーパーフェザー級王座戦 ジェスレル・コラレスvs内山高志

【人生マイペンライ】

《本日のTV観賞》 2016年の年末ボクシング7世界戦ラッシュ!WBOスーパーフライ級王座戦 井上尚弥vs河野公平 『観戦記1251』 IBFライトフライ級王座戦 八重樫東vsサマートレック・ゴーキャットジム 『観戦記1254』 WBAフライ級王座戦 井岡一翔vsスタンプ・キャットニワット 『観戦記1256』 WBAライトフライ級王座戦 田口良一vsカルロス・カニサレス 『観戦記1258』 IBF......続きを読む»

UWFインター 94年ワールドトーナメント2回戦 パンフ、IWA JAPAN 1周年記念 インディだって夢をみる 川崎球場 パンフ

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、昨年の12月23日に行われた「ガチトークフタミ塾59 二見×ターザン山本!」について更新した。 競馬ではダメ人間に成り下がるもプロレスの「レス」について話題に移るとターザン山本節が炸裂!ガチトークフタミ塾で、白熱した二見激情、ターザンワールドが展開! 1月22日(日)18時30分「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.60 二見社長×シャーク土屋~激情と裁恐、最後の......続きを読む»

ベストバウト’2017

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  1月のベストバウトはちょっとはやいですが、日本のプロレス界年間最 大のビッグイベント「イッテンヨン」から選ぶのが妥当だと思います。そし てオカダvsオメガで決まりですね。  この試合は1年が始まったばかりにもかかわらずすでに「年間ベストバ ウト」の呼び声が高いです。実際そうなってしまうかもしれませんが。通 常、タイトルマッチの後には次の挑戦者が現れそうな......続きを読む»

オカダを誇りに思い、ケニーに敬意を表し、ヒロムに期待する

【新日とホークスと】

1.4東京ドーム、会場で観戦してきました。 どの試合もそれぞれの色があって面白かったですが、個人的ベストバウトはやはりこの試合になります。 オカダ・カズチカVSケニー・オメガ。 正直、今まで見た試合の中で一番面白かったです。ケニーの苛烈な攻撃を何度も受けながらもそれでも立ち上がるオカダの姿に力が入り、終盤に何度膝を叩き込まれても手首を離さない姿に心が震えました。あそこまで鬼気迫る表情のオカダを見......続きを読む»

激情 二見社長×裁恐 シャーク土屋、最後の咆哮 1・22(日)全く予測が付かないガチトークフタミ塾60

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前に悪球打ち野球ブログで、ライオンズグッズについて更新した(画像はピンバッチ)。 ライオンズ キューブパズル、栗山クリアファイル、岸、浅村、炭谷、岡本篤、大崎、十亀、岡本洋、坂田 16年ピンバッチ、埼玉対千葉タオル、ビクトリーバルーン、うちわ 2017年1月22日(日)「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.60 二見社長×シャーク土屋~激情と裁恐、最後の咆哮~」を東京・水道橋「株式会社UG......続きを読む»

彩的プロレス殿堂’2017

【プロレスファンタジスタン】

彩的プロレス殿堂’2017 彩  1月といえば彩のプロレス殿堂。  彩のプロレス殿堂は「長年にわたりプロレス界に貢献し、団体内外を問 わず輝かしいタイトル歴を有し、引退後もプロレスファンの記憶に残る、 あるいは残り続けるであろうプロレスラー」に送られます。    さて、昨年までに殿堂入りしているレスラーたちを見てみましょう。  彩的プロレス殿堂  力道山  ジャイアント馬場  アントニオ猪木 ......続きを読む»

ノアがT-1の近くに移転!プロレス団体が水道橋に事務所を構えるのは意外にもマット界初の出来事?

【極上の“T-1二見激情”見参】

1・8(日)チームSEI☆ZA撮影会&サイン会と山口日昇プロデューサー×二見社長のトークショーを水道橋UGP4階会議室で開催。 ガールズ武道エンターテインメントSEI☆ZAが旗揚げ前最後の撮影会&サイン会 山口日昇プロデューサー×二見社長が初のトークショー 1・8(日)水道橋 1・8(日)ガールズ武道エンターテインメント チームSEI☆ZAが旗揚げ前最後の撮影会&サイン会 山口日昇プロデューサー......続きを読む»

初代佐山、2代目三沢、3代目金本、4代目15年の系譜 タイガーマスク名勝負 甦る黄金の虎伝説 リアルジャパン初代タイガー35周年パンフ

【極上の“T-1二見激情”見参】

1・8(日)水道橋UGP4階会議室で、チームSEI☆ZA撮影会&サイン会と山口日昇プロデューサー×二見社長のトークショーを開催。 ガールズ武道エンターテインメントSEI☆ZAが旗揚げ前最後の撮影会&サイン会 山口日昇プロデューサー×二見社長が初のトークショー 1・8(日)水道橋 1・8(日)ガールズ武道エンターテインメント チームSEI☆ZAが旗揚げ前最後の撮影会&サイン会 山口日昇プロデューサ......続きを読む»

ノアのヘビー級トップどころがジュニアだらけになる。仕方ないけど、これでいいの?

【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

新体制ノアの初シリーズ。 鈴木軍が居なくなって、どうなるか期待半分、不安半分だったが。 拳王、小峠のジュニアトップどころがヘビー級進出を明言。 杉浦や丸藤はヘビー級を主戦場にしているが、まあ説得力はあるんじゃないかと思っている。 中嶋も大丈夫だと思っている。 拳王にはもしかしたらヘビーでもと期待したいが、小峠はどうなんだろ。 彼が嫌いというわけじゃないが、あまりにも線が細すぎる。 その線の細さ......続きを読む»

ベストバウト’2017

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ  早いもんで、すでに2017年に向けてスタートです。  12月のベストバウトは事実上の鈴木軍ラストマッチとなった中島vs鈴 木ですね。  今回は東○スポーツのプロレス大賞を検証してみましょう。  私が選んだベストバウトはオカダvs内藤でしたが、プロレス大賞ではオ カダvs丸藤でした。  実は私もこの二つのどちらにしようか迷ったのですが、オカダvs丸藤......続きを読む»

プロレス大賞、MVPに関しては文句無しだが……

【新日とホークスと】

久々にプロレスに関して投稿します。 先日、東スポが制定するプロレス大賞が発表されました。各賞に関しては流し見程度にしか見ていないのですが内藤のMVPに関してはほぼ文句無しの選出ではないでしょうか。 去年までの大ブーイングを大歓声に変えてしまった内藤の覚醒ぶりは次期エースと呼ばれていた頃の目標とは違う道のりになってしまいましたが、これもプロレスの面白さなんでしょうね。今年の東京ドームまではオカダ時代......続きを読む»

技の品評会&予定調和のプロレス、ギャンブル依存撲滅 12・23(祝)二見社長×ターザン山本!「最近のプロレスはレスリングの要素がほとんど無くなった」

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前に悪球打ち野球ブログで、埼玉西武ライオンズ戦の入場料金と、大谷翔平記念書、北海道日本ハムレジェンドユニフォームについて取り上げた。 なお、西武の記事の11/26付のアクセス数は8890、画像のマウンテンパーカは売切れ。 来年西武ドームでの埼玉西武ライオンズ戦の入場料金を値上げするなら、座席のリニューアルをしてから値上げをするのが筋 球界初!大谷翔平、投手の先頭打者本塁打記念書、北海......続きを読む»

最近のプロレスは第1試合からメインまで大技のオンパレードだが、ジ・ウインガー デビュー25周年記念試合は質の高いレスリングを見ることができた

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、DEEP JEWELSニコ生LIVEに初出演した件について更新した。 DEEP JEWELSニコ生LIVEに初出演した感想 佐伯代表は整理・整頓&きれい好きで几帳面な方、黒部三奈選手は一般社会常識のある真面目な女子格闘家 また、悪球打ち野球ブログでは、石川雅規 通算150勝利達成下敷きと、12/12(月)JAPAN X BOWLについて取り上げた。 石川雅規......続きを読む»

ベストバウト’2016

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  いよいよ2016年年間ベストバウトを発表するときが来ました。  と、その前に11月のベストバウトは今後の期待もしつつ、宮原vs諏訪 魔とします。MVPはグローバルリーグ戦優勝者鈴木ってことで。  今年は新日本ひとり勝ちに拍車のかかった一年でした。ベストバウトも 軒並み新日本のビッグマッチが連なり、オメガ、内藤、エルガンらの名前 が多いですね。  下半......続きを読む»

力道山死後の 「日本プロレス 12月」

【スポーツ よもやま話】

今年も 師走12月となりました 力道山 が S38年  喧嘩が元で あーと いう間に 死亡したのも 12月でした。 その後 日本プロレスの 12月というのは 振り返って 見ると 印象深い 月であることを感じます S38年  力道山死亡 S39年  力道山 1周忌興行で 豊登 が デストロイヤー       から 悲願の WWA世界選手権を奪取する。 S40年  豊登 離脱のために G......続きを読む»

1974年の 坂口征二

【スポーツ よもやま話】

古いプロレスのビデオを見ました S49年 大巨人といわれた アンドレ・ザ・ジャイアント が 新日本プロレスに初来襲し 猪木、坂口と 初対決というビデオですが、そのころ小僧だった 自分は 「猪木 対 アンドレ」にばかり気がいって おり 坂口征二(坂口憲次の父)とアンドレの試合 の印象がなかった。当時 柔道をがっちりやった先輩に 世間は「ブラジルでコーヒー栽培してた猪木や」 「野球くずれ......続きを読む»

昭和の名脇役プロレスラー・永源遥を偲ぶ

【スポーツ えっせい】

 一昨日28日に元プロレスラーの永源遥が急性心筋梗塞を起こし サウナで倒れ亡くなったとの事。  永源遥といえば全日本プロレス時代に渕正信や大熊元司と悪役 商会という3人タッグチームを組んでジャイアント馬場やラッシャ ー木村らが結成したファミリー軍団と前座試合を戦ったり、百田 光雄との宿命の対決やファイト中に喉元を殴打させて観客席への 唾飛ばしで名を馳せていた。  もともと私が永源遥を知ったのはプ......続きを読む»

1995年 週刊ゴング増刊 第1回覆面ワールド・リーグ戦 観戦展望号、WAR主催 スーパーJカップ 2ndパンフ

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、久保田利伸 シェイク・イット・パラダイス、ミッフィー あったかブランケット、スープボウルについて更新した。 久保田利伸ファーストアルバム シェイク・イット・パラダイス 流星のサドル、Missing ミッフィー あったかブランケット、スープボウル 画像の第2回WBC 日本代表応援 6選手クリアファイルは売切れ。 侍ジャパン強化試合の選出???だらけ、小久保は監......続きを読む»

【NOAHグローバルリーグ戦】鈴木みのるの「時限爆弾」妄想

【もしNOAH】

<新生ノアはこの4人の爆発に期待> どれも結構前に撮った写真です(^_^;) いよいよ11/23(水・祝)後楽園ホールにて、グローバルリーグ決勝戦を迎えます。鈴木みのるが長期に渡り匂わせてきた「過去とは規模が違う時限爆弾」とは一体なんなんだ…、と、プロレスファンの関心を集めていますが、さすがにこの決勝戦の試合中、もしくは試合後には爆発するものと推察されます。 ここまで期待値が高まっ(て......続きを読む»

「T-1興行」に7回参戦歴のあるシャーク土屋が右足切断と右胸の全摘を告白!11・24「FMW」で引退式

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、吉川晃司 Shyness Overdrive TOUR 1992 ビデオについて更新した。 吉川晃司 Shyness Overdrive TOUR 1992 ビデオ FANTASIA、ジェラシーを微笑みにかえて また悪球打ちの野球ブログでは、千葉ロッテ 初代ブラックユニフォーム、ビジターユニモデルTシャツ、大地ビックリマンシール、福浦ピンバッジ、今年の日本シリ......続きを読む»

全日本プロレス 2011年世界最強タッグパンフ、INOKI BOM-BA-YE 11年12月2日 両国パンフ、完本 1976年のアントニオ猪木

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、11・9(水)「DEEP&DEEP JEWELS ニコニコ生LIVE」にゲスト出演する件について更新した。 11・9(水)佐伯代表がMCの「DEEP&DEEP JEWELS ニコニコ生LIVE」に二見がゲスト出演 専用のサイト⇒ 11/9(水)21時~22時 DEEP&DEEP JEWELS ニコニコ生LIVE vol.84 ゲスト:二見社長 また悪球打ちの野球......続きを読む»

2016彩的プロレスMVP

【プロレスファンタジスタン】

2016彩的プロレスMVP 彩  11月になりました。  業界一早い彩の年間MVPの発表です。 ☆最高興業賞 4.10 新日本(両国大会)  振り返ってみると、SANADA、オスプレイの新日本登場、内藤のIWGP 戴冠など歴史が変わった1日でした。 ☆最優秀タッグ賞 ヤノマルフジ 丸藤正道&矢野通  このタッグチームは2016年を象徴するチームとして活躍しました。ほ かにも邪道・外道、関本......続きを読む»

第二次UWFオフィシャルルールブック 1989年5月4日 新格闘技伝説

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、T-1開業21周年にお客さんから頂いた電報、お土産について、悪球打ちの野球ブログでは、川端慎吾ボブルヘッド、山田哲人クリアファイルなどスワローズグッズについて更新した。 チケット&トラベルT-1開業21周年にお客さんから頂いた電報、お土産を一気に紹介 川端慎吾ボブルヘッド、山田哲人クリアファイル、石川、川端、畠山、小川、雄平 15年選手ピンバッジ、川端、バレン......続きを読む»

ベストバウト’2016

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  10月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    10月は新日本の両国大会、NOAHの横浜大会などのビッグマッチがあ りました。  10月はベストバウトは丸藤vsオカダでしょうね、新日本というかプロレ ス界のビッグマッチですので、このカードを選ばないわけにはいかない ですね。  ただ、年間ベストマッチを期待していたのですが、そこまでではなかっ ......続きを読む»

【2016年⑤WWEコミュニティ・チャンピオンのご紹介♪】

【WWEコミュニティ・チャンピオン~君もWWEチャンピオンになろう!~】

WWEユニバースの皆さん、こんにちは!そしてお待たせしました! 2016年5人目のコミュニティ・チャンピオンを発表します! 兵庫県在住の、なっちさん 10歳 です! 以下、推薦動機になります。 ~★~★~★~★~★~ 私が推薦したいのは、小学5年生の娘のなっちです。 私たちの家族は昨年の12月に現在の場所に引越しをして、不安を抱えながら新生活をスタートしました。 彼女は何も言わない......続きを読む»

二見社長「東北のなんちゃって英雄Sのマスクを剥がすことができなくても化けの皮を剥がす」10・30(日)ガチトークフタミ塾58 二見×ターザン山本!

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前に、悪球打ちの野球ブログを2つ紹介。 画像は、西武ライオンズ エメラルドユニフォーム。 西武ライオンズ エメラルドユニフォーム、岸孝之、栗山巧、秋山翔吾 クールフェイスタオル、菊池雄星、牧田和久、武隈祥太、上本達之、岩尾利弘 ピンバッチ 抱き合わせ販売&便乗値上げ!ユニフォームを配布しない試合よりも、配布する試合のチケット料金を高くした時点で無料配布と言えない 2016年10月30......続きを読む»

限定品 昭和の新日本プロレスが甦る日 記念特製メダル 「夢のオールスター戦」映像初公開も僅か4分足らずで客席からは延長コールも

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、大物男子プロレスラーSがT社長に借りた●●●万円を返さない件について更新した。 大物男子プロレスラーSに●●●万円を貸していたT社長の会社が倒産!?Sは1円も返済せずに水道橋でイベント三昧 また、悪球打ちの野球ブログの記事を2つ紹介。 画像は、山田久志 直筆サイン入り 阪急ブレーブス 応援旗(売切れ)。 Bsオリ達デー ユニフォーム、山田久志 直筆サイン入り ......続きを読む»

9年前(2007年)の二見インタビュー記事で語っていた、プロレス、格闘技チケット部門の急激な縮小スパイラルについて

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、ジェフグルメカード 全国共通お食事券ついて更新した。 ジェフグルメカード 全国共通お食事券 水道橋・神保町で使える飲食店 松屋、吉野家、モスバーガー、日高屋、ガスト、デニーズ、笑笑、坐・和民、ビッグエコー、ほか また、悪球打ちの野球ブログの記事を3つ紹介(残り2つは下段へ)。 画像は、ジャイアンツ 16年オレンジユニホーム。 毎年デザインは同じ&巨人の人気が落......続きを読む»

タイガーマスクとダイナマイトキッド

【スポーツ えっせい】

 今日BSプレミアムでOAされたアナザーストーリーズ・運命の分岐 点ではタイガーマスクが扱われていた。  タイガーマスクについては ちょうど雑誌Numberの中で柳澤健氏の 連載ノンフィクション・1984年のUWFでも扱われていたので、その なぞり的な番組構成だろうと思っていたしアントニオ猪木や新間寿 らが出ていたので1984年のUWFほど内実に迫る内容ではないと考え て見ていたのだが終盤になって......続きを読む»

リアルジャパンプロレス パンフ(16・6・23 関本対船木 再戦) チケットT-1のプロレス・格闘技グッズ関連は縮小へ

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、ファンブログで取り上げられた第1回「T-1グランプリ」観戦記について更新した。 第1回「T-1グランプリ」観戦記 二見社長とビンス・マクマホンは真逆 猪木イズムを体現したのが二見 また、悪球打ちの野球ブログの記事を4つ紹介(残り2つは下段へ)。 画像は、ジャイアンツ オリジナルクリアファイル(売切れ)。 亀井善行、澤村拓一、高木勇人、ポレダ、小林誠司、岡本和真......続きを読む»

ベストバウト’2016

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  9月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    9月は全日本の王道トーナメント、ドラゴンゲートやNOAHなどのビッグマ ッチがありました。  いい試合がありましたね。エルガンvs内藤。  この一年エルガン、オメガ、内藤が絡む試合は名勝負が続出しました。 乱入を非難する声もありますが、ロスの乱入は試合の流れは変えても、 勝負の行方には関係のないと......続きを読む»

MVPノミネート

【プロレスファンタジスタン】

MVPノミネート 彩  彩のMVPは11月発表、つまりあと2ヶ月しかないわけです。  MVPノミネートを発表しちゃいます。 ○内藤哲也(ロス)  飛ぶ鳥を落とす勢いだった上半期、G1さえとれば内藤のMVPは確実 だったのですが・・、といいつつ、まだMVP最右翼です。 ○KUSHIDA(新日本)  IWGP王者のままSUPER-J-CUP優勝・・実績的には十分です。両国 のメインは見えたか。 ......続きを読む»

「チケット&トラベルT-1」開業21周年!プロレス部門では「大日本プロレス」が一番の売れ筋

【極上の“T-1二見激情”見参】

8月23日は「チケット&トラベルT-1」開業記念日。 2016年8月23日で「チケット&トラベルT-1」は21周年を迎えることができました。 21年間営業できたのも千葉ロッテファンを始めとするプロ野球ファンやプロレス、格闘技ファンなど、売上に貢献してくれたお客様のおかげです。 売上に貢献しているお客様には深く感謝しています。 今後とも変わらぬご支援ほどよろしくお願いいたします。 なお、売上に貢献......続きを読む»

ベストバウト’2016

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  8月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    8月はなんといってもG1ですね。  ちょっと前までは公式戦全部をチェックするなんてことは到底不可能だっ たわけですが、今では新日本ワールド、999円ですべて見ることができる ようになりました。    あとは時間を見つけて見るとよいわけですが、私は両国3連戦に足を運 んだのでそのなかではやはりオカダv......続きを読む»

【SPORTS WEEKLY No.26】ジュニア戦士の夢舞台

【SPORTS WEEKLY】

ジュニアレスラーの夢の舞台。そして輝く場所。それがSUPER J-CUPである。このJ-CUPは過去多くのスーパースターを生んできた。代表例は第1回大会に参戦したハヤブサである。当時は今よりもメジャー団体とインディー団体の差があった時代だった。そんな中で当時からジュニアのトップスターだった獣神サンダーライガーを相手に互角の戦いを見せた。試合に敗れたものの、当時のプロレスファンに大きなインパクトを与え......続きを読む»

G1ランキング2016

【プロレスファンタジスタン】

G1ランキング2016 彩  G1が終わりました。  優勝以外、混戦過ぎて誰が強いのかわからない!という方のために、 G1ランキングを作成してみました。  たとえば、オカダと棚橋は得点も同じで直接対決も引き分けですが上位 陣にどれだけ星を取っているか見てみますと、1位後藤には両者勝利 ですが、4位ファレと丸藤には棚橋は両者に勝利、オカダは両者に負け ているので、順位は棚橋の方が上になります。 ◇......続きを読む»

毎年思う。今年のG1こそ過去最高のG1だと。ケニーは、さらなる段階へ。

【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

ハマスタから帰ってきて、新日本プロレスワールドのタイムシフト観戦。 ケニーは昨日もすごい試合をやってのけたが、今日の試合もまた凄まじい試合だった。 飯伏の得意技を連発。その後は、BC歴代リーダーの必殺技のオンパレードから片翼の天使でフィニッシュ。 ケニーオメガの歴史。そして、バレットクラブの歴史を観客の披露した上での極上のフルコースだった。 昨日の記事で書いた期待どおりに、最後は日本語で締め。 ......続きを読む»

混沌の荒武者の正念場

【新日とホークスと】

ご無沙汰しています。中々仕事が忙しく、時間が取れませんでしたが今回はどうしても書きたいと思い、筆を執りました。 自分が休んでいる間、新日本プロレス内では大きなうねりが起きました。 中邑、AJ、アンダーソン、ギャローズといった主力選手の離脱に始まりエルガン、柴田の所属契約締結、ヨシタツの復帰、待ちに待ったけど想像以上の内藤の覚醒とホントに見る人を飽きさせない展開が続いています。 そんな中、自分が中邑、......続きを読む»

BCとロスインゴの頂上対決は、想像を絶する試合に。

【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

両国3連戦の初日、メインのオカダVS棚橋は期待通りの凄い試合だった。 過去に何度もやっている黄金カードだが、飽きることなく毎回すごい試合をやってくれる。 しかし、二日目のメイン。内藤VSケニーは本当にすごい試合だった。 BCとLos Ingobernables de Japonの頂上対決は初だが、また一つ新日本の黄金カードが増えたなと思わせてくれた。 AJが抜けた後の新日におけるBCのボスはケニ......続きを読む»

キャプテン・ノアは、平柳の引退を止めなかったのだろうか。

【プロレスファンタジスタン】

■ プロレスフリカケ ■  どうも、桃太郎です。  先週は、NOAHの平柳玄藩が、現役引退を発表しました。なんか変だなあ と思ったので、色々と考えてみました。  8/1の引退会見でこんなことを言っています。 「試合を見てもらえばわかるとおり、ケガや身体が悪いわけではなく、今後の  ことを考えて。あまりいま、深くは言わないですけれど、引退を決めました」  もし職場で同僚が「オレ、会社辞めます......続きを読む»

ベストバウト’2016

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  7月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    G1に火祭りにSUPER-J-CUP、NOAHではタッグリーグ戦があります。な にもこれだけ7月に集めなくてもよいと思いますが。  新日本は今年のG1にSUPER-J-CUPをぶつけてきました。  これってどうなんでしょう。私は前回大会がクリスマス前だったこと を考えると、年末の風物詩としたらどう......続きを読む»

【2016年④WWEコミュニティ・チャンピオンのご紹介♪】

【WWEコミュニティ・チャンピオン~君もWWEチャンピオンになろう!~】

WWEユニバースの皆さん、こんにちは!そしてお待たせしました! 2016年4人目のコミュニティ・チャンピオンを発表します! 宮城県在住の、のどか君 6歳 です! 以下、推薦動機になります。 ~★~★~★~★~★~ 今回私が推薦したいのは、息子の「のどか」です。 コンビニで熊本地震の募金をしたのをキッカケに、募金活動をしているのを見ると自分のお小遣いから、少額ではありますが進んで募金して......続きを読む»

7月18日になると、必ず思い出すのが小橋vs健介

【スポ感の記憶】

7月18日になると、必ず思い出す。 2005年のノアの7・18東京ドーム大会を。 プロレスの東京ドーム大会というと、多くの人が1・4を連想するだろうが、わたしにとってのプロレスの東京ドーム大会というと、新日vsUインターが行われた1995年の10・9か、この7・18なのである。 とにかくこの大会のセミファイナルで行われた小橋vs健介に、感動がいっぱいあったのだ。 その1は、小橋が入場のときに、......続きを読む»

7・24(日)大日本プロレス 両国国技館大会 水道橋のチケット&トラベルT-1前売券販売状況

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、ヤフオクが全てと思い込んでいる無知な落札者について更新した(内容は過激)。 T-1などの金券ショップの相場を調べずに、ヤフオクが全てと思い込んでいる無知な落札者(巨人ファン)がいる限り、出品者は儲かって笑いが止まらない 悪球打ちの野球ブログの記事を3つ紹介(残り1つは下段の雑談コーナーへ)。 巨人戦 スターシート デザインチケット。 2016年 読売ジャイアンツ......続きを読む»

船木だけにとどまらず、藤田まで。大仁田は、Uも猪木イズムも相手する。

【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

カシンVSパンディータのワンマッチ興行なんて、すごいことやるなと思ったが、まさか大仁田がパンダになるとは。 結果を先に見て、あれ?カシンが負けるって。とびっくりしたら、よく見たら大仁田だったんだね。 しかし、本当のサプライズは試合後。藤田が現れた。大仁田に対戦表明!おお。 藤田には悪いけど、去年の天龍引退興行で、個人的に藤田の株は下がった。 IGFではいいかもしれないが、純プロレスをやらせると塩......続きを読む»

WWEコミュニティ・チャンピオン表彰式2016レポート!

【WWEコミュニティ・チャンピオン~君もWWEチャンピオンになろう!~】

2016年7月1日(金)、2日(土)に東京・両国国技館でWWE日本公演「WWE Live」が開催されました。 公演2日目にあたる7月2日、「自分のためではなく人のためになにかをする」高校生以下のWWEユニバースを応援するWWEの社会貢献活動「WWEコミュニティ・チャンピオン」の表彰式が行われ、スーパースターのベッキー・リンチとタイタス・オニールが駆けつけてくれました! WWEスーパース......続きを読む»

G1とSUPER-J-CUP

【プロレスファンタジスタン】

G1とSUPER-J-CUP 彩  時を同じくしてG1とSUPER-J-CUPが開催される。  G1は中邑、AJ、アンダーソンら昨年のG1戦士たちがこぞってWWE に移籍し、戦力ダウンが予想されたが内藤のMVP級の活躍とオメガ のブレイク、SANADAらの参戦により、棚橋の欠場も苦にしない新日 本大国を大阪城ホールで見せつけた。  そして久しぶりに外敵枠がもうけられ、NOAHの丸藤とまさかの中嶋......続きを読む»

ターザン山本!氏と一緒にプロレス観戦は終了!今後は参加資格のある7名のみを対象に非公式開催

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前に、悪球打ちの野球ブログの記事を3つ紹介。 千葉ロッテ 2016年マリンフェスタユニフォーム、オリジナルキャップ(売切れ)、卓上カレンダー(売切れ)。 千葉ロッテマリーンズ 2016年マリンフェスタユニフォーム、デサントオリジナルキャップ、卓上カレンダー 横浜DeNA ボールパークポンチョ、内野指定席C引換券(ともに売切れ)。 横浜DeNAベイスターズ ボールパークポンチョ(マリンくん......続きを読む»

【G1クライマックス】不遇の天才・ノア丸藤の躍動に期待

【もしNOAH】

【昨年12月の大田区体育館、鈴木みのる戦後の丸藤】 ノアの丸藤と中嶋がG1クライマックスに参戦する。久しぶりにワクワクしている。ノア勢では、過去に秋山・杉浦・丸藤・潮崎が参戦してきたが、決勝進出できたのは秋山のみ。ノア所属の優勝者はまだいない。 丸藤・中嶋はともに体格はJrヘビーだが、積み重ねてきたプロレスの激しさではむしろ正真正銘のヘビー級よりも「激しさ・強さ」を発揮できるプロレス品......続きを読む»

ベストバウト’2016 

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  下半期初回6月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    6月と言えばジュニアの季節、他の追随を許さない新日本の勢いは止 まらず、優勝のオスプレイに月間MVPを差し上げます。    どうも新日本よりの選考になりがちですが新日本の大阪城ホールにベ ストバウトがありそうですね。大方の予想は内藤の勝利??だったのか なと思いましたし、私もそうでしたがオ......続きを読む»

MVPの行方

【プロレスファンタジスタン】

 MVPの行方 彩  ここでいうMVPとは言うまでもなく、年間MVPのことである。    上半期は内藤色一色だったこともあり、このまま行くのかと思われたが、 6月の大一番で内藤はオカダに散ってしまった。私は4月の両国で内藤 は何が何でも反則でも乱入でもオカダからフォールを奪うべきと書き込み、 内藤はそのとおり異色のIWGP王者となった。  内藤はG1を制すれば10月の両国を待たずともおそらく年間......続きを読む»

新日本のあくなき挑戦。ラダーマッチ。そして、青木真也は?

【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

昨日は横浜スタジアムでベイスターズの負けを見届けて、直帰。すぐに新日本プロレスワールドにて、大阪大会を観戦。 個人的に注目していたのが、IWGPジュニア、ICラダーマッチ、IWGPヘビーの3試合。 まずは、KUSHIDA対オスプレイ。 オスプレイがスーパージュニアを制覇したことで、リマッチが実現。 今回は、オスプレイが勝つだろうと思っていたが、KUSHIDAの防衛。正直、オスプレイが王者になった......続きを読む»

ターザン山本!氏の価値を分かっていない人が多過ぎる(怒) ターザン氏の取り巻きの存在がターザン氏を駄目にしている

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、田原俊彦のレコード 誘惑スレスレ、ラブ・シュプール、ピエロについて更新した。 田原俊彦 レコード(EP) 誘惑スレスレ、ラブ・シュプール(16ページの写真集ジャケット+写真4枚)、ピエロ また悪球打ちの野球ブログで、山田哲人 トリプル3Dボブルヘッド、スワローズ ロゴ入りサイン用ボール、ファンブック、中村悠平ピンバッジと、松井稼頭央、嶋基宏、聖澤諒、銀次 My......続きを読む»

潮崎がNOAH入団。鈴木軍との抗争もいいが、そろそろNOAHも勝負しないと。

【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

潮崎がNOAH入団。三沢さんの命日に。 NOAHのメンツを見渡した時に、潮崎以外のエース候補が見当たらない。 個人的には中嶋にも期待したいけど、実績がなさすぎるので、まだ早い。 前日、ベンジャミン相手に防衛。まあ、防衛失敗を予想してたファンは0だろうから、まあ安泰のNOAHらしい。 鈴木軍との抗争も潮崎が王者となって新しい世界が見られそうかと思ったら、そうでも無さそう。 杉浦が試合後に襲撃したこと......続きを読む»

新日本プロレス 闘魂戦士 1995年選手名鑑、全日本プロレス 02スーパーパワーシリーズ(馬場杯 武藤、小島、天龍)、06エキサイトシリーズ(本間サイン入り)パンフ

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、COMPLEX ROMANTIC 1990 TOUR パンフについて更新した。 吉川晃司、布袋寅泰 COMPLEX ROMANTIC 1990 TOUR パンフ A3サイズ 50ページ また悪球打ちの野球ブログで、大谷翔平クリアファイル、北海道新幹線カラーユニフォーム、ファイターズロゴ入り練習球と、読売ジャイアンツ ビジターユニホーム、アランチョ・ネロ オレン......続きを読む»

【2016年③WWEコミュニティ・チャンピオンのご紹介♪】

【WWEコミュニティ・チャンピオン~君もWWEチャンピオンになろう!~】

WWEユニバースの皆さん、こんにちは!そしてお待たせしました! 2016年3人目のコミュニティ・チャンピオンを発表します! 青森県在住のマリブーさん、16歳 です! 以下、応募動機になります。 ~★~★~★~★~★~ 今回は自推で私、マリブーが立候補します。 私は最近WWEコミュニティ・チャンピオンというのを知り、 ぜひなりたいと思い応募しました。 私は、いろんな人を笑顔にしたいと思......続きを読む»

ビッグマウス・ラウド2(柴田勝頼対小島聡)&旗揚げ戦大入り袋、闘龍門JAPAN 02年9月有明、02年12月 パンフ

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、6・23(木)ターザン山本!氏と一緒にプロレス観戦、第四弾リアルジャパンについて更新した。 第四弾はリアルジャパン!6・23(木)ターザン山本!氏と一緒にプロレス観戦できる方を限定2名募集!ターザンバッチ&ポートレート付 また悪球打ちの野球ブログで、東京ヤクルト戦(神宮)外野自由席招待券と埼玉西武 16年ワンショルダーバッグ、10年応援フラッグについて取り上げ......続きを読む»

プロレスリング・ノア 永源遥引退記念興行パンフ、小橋建太 ファイティングボックスコレクション、直筆サイン入りカード

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、伝説のライブビデオBOOWY 1224について更新した。 BOOWY 1224 1987年12月24日 渋谷公会堂で解散宣言を行なった伝説のライブビデオ また悪球打ちの野球ブログで、工藤公康と鳥谷敬 直筆サイン入り 生写真について取り上げた。 工藤公康 直筆サイン入り 生写真(六切りサイズ) 額装(額入り) 2004年読売ジャイアンツ時代 鳥谷敬 直筆サイ......続きを読む»

ベストバウト’2016

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  さて、5月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    5月と言えばジュニアの季節、他の追随を許さない新日本の勢いは止 まりません。  今回のスーパージュニアは史上最高レベルだと思われます。その中で 最も注目されたリコシェvsオスプレイにベストバウトを差し上げます。  この対戦は世界的にも注目されましたが、注目されてその上を行くの は大変です。し......続きを読む»

潮崎が真のエースにならないと。まずは入団か。

【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

潮崎が杉浦から奪取。この結果については当然。負けていたら、本当にノアは次がいない。 まずは鈴木軍からベンジャミン。去年のリーグ戦決勝にも駆り出された。ポテンシャルは申し分無い仕事人のイメージ。試合内容は間違いは無さそう。 とはいえ、ノアの試合内容については折り紙付き。問題は、鈴木軍との抗争でのノア勢のやる気の見えなさ。いや、ヤル気はあるか。取り返す気があるんだか無いんだか。 はっきり言うと、ノアか......続きを読む»

棚橋のケガは本当だろうけど、ケニーの攻撃が影響?

【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

棚橋の欠場が発表された。左肩剥離骨折に二頭筋断裂。 えー。凄いケガじゃん。 ケニーとのIC王座戦が決まっていて、前哨戦の後楽園。試合後にラダーを使って、結構左腕をやられていた。新日本ファンには、ラダーを使っての攻撃は衝撃的ではなかっただろうか。 自分は事前に棚橋の左肩の情報は知らなかったので、欠場が発表された時は、あの攻撃は一線を越えてしまったのかと思っていた。 よくよく調べてみると、その前から左......続きを読む»

新日本プロレス 02・8・29 藤田対高山、中邑デビュー戦、10・14 永田対藤田、03・1・4 永田対バーネット、闘魂スペシャル172、特別号、05年G1クライマックス

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログの最新記事があまりにも過激過ぎるので、受身が取れる方だけ読むように。 ■△な女子プロオタク=仕事ができない、カネがない、女子プロレスラーに●いで40、50過ぎても略  一度もなしという顛末を反面教師にできないなんちゃってフリーク また悪球打ちの野球ブログで、昭和61年 第58回選抜高校野球大会 帝京高校 出場記念ボールと、松井秀喜 直筆サイン入り 2001年オールスタ......続きを読む»

新日本プロレス 02・1・4 秋山準対永田裕志、02・5・2闘魂記念日 蝶野正洋対三沢光晴 パンフ、闘魂スペシャル165、167、168、170(G1クライマックス)

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、5・30(月)ターザン山本!氏と一緒にプロレス観戦(大日本)できる方の募集をした。 好評につき第三弾!5・30(月)ターザン山本!氏と一緒にプロレス観戦(大日本)できる方を限定2名募集!解説&ターザンバッチ付 また悪球打ちの野球ブログで、読売ジャイアンツ 06年春季キャンプマスコミ関係者限定帽子、ボンフィンホルダー、オレンジタオル(売切れ)と、千葉ロッテオフィシャ......続きを読む»

新日本プロレス 闘魂戦士マガジン 2002年 武藤敬司MVP、蝶野正洋、メモリアルNJPW、中邑真輔 00年、01年 闘魂スペシャル153、164

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログの最新記事は超過激。 一度更新したブログの記事を後になって全文削除するくらいなら最初から取り上げるな(怒) また悪球打ちの野球ブログで、埼玉西武ライオンズ(西武ドーム)株主優待券と、田中将大 07年東北楽天時代直筆サイン入り 額装生写真について取り上げた。 埼玉西武ライオンズ(西武ドーム)株主優待券はGW・巨人戦・特定日でも内野指定席Aと引換え可能 大宮は内野自由席......続きを読む»

ロスインゴ頑張れ。バレクラも頑張れ。

【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

ロスインゴベルナブレスの人気は、すごそうだ。といっても、今のところ内藤個人が支持をされている感じに思う。 EVILやBUSHIも頑張ってるんだろうけど、まだ何も結果を残していない。 さしあたり、EVILは後藤に勝つのはもちろんトップどころからピンを奪わないと。タッグでも何でもいいから。 まだ先だけど、G1にはエントリーされるだろうから、大物食いを期待。 BUSHIは、ジュニアのパートナーは居ないか......続きを読む»

ベストバウト’2016

【プロレスファンタジスタン】

ベストバウト’2016 ホワイトキャッツ  さて、4月のベストバウトはどの対戦がよいでしょうか。    4月といえば新日本の両国大会のパンチ力が強く印象に残ります。  内藤のIWGP初戴冠もありますが、試合はジュニアのオスプレイ、リコ シェらが盛り上げましたね。  内藤の試合スタイルはベストバウトとして選んでよいものかかなり疑 問です。というのもここ数年の新日本のIWGP戦はオカダ、棚橋、AJ......続きを読む»

新日本プロレス 闘魂戦士マガジン 2000年~02年 棚橋弘至、藤波辰爾、木戸修引退、G-EGGS特集、蝶野正洋トークバトル

【極上の“T-1二見激情”見参】

本題の前にオフィシャルブログで、「息吹」主催の「エスオベーション」が破産したことについて更新した。 驚愕!ファンブログで、「T-1グランプリ」と同じ時期に旗揚げをした女子プロレス「息吹」主催の「エスオベーション」が破産したことを知る また悪球打ちの野球ブログで、ヤクルトスワローズ 昭和40年~50年代の応援旗などのグッズ情報と、千葉ロッテマリーンズ 15年日程ポスターについて取り上げた。 ......続きを読む»

最も早いG1予想

【プロレスファンタジスタン】

最も早いG1予想 彩  毎年最も早いG1予想をお届けしています。  今年も公式戦19大会ということは参加人数は20人と予想できます。  さて、今年は中邑、AJ、飯伏、アンダーソン、ギャローズが離脱と いうことで新日本的にはピンチではありますが、逆に若い選手にはチ ャンスでもあります。  出場選手ですが、常連組、  本隊 棚橋 真壁 柴田 本間 エルガン  第3世代 小島 天山 永田  CHAOS......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss