ジャンル別一覧:卓球

卓球・グランドファイナル2017 石川、平野、伊藤、早田、張本など出場!

【0 to zeroのhorizon】

今季ワールドツアーで活躍した選手のみが出場できる卓球グランドファイナル2017。 12月14日に開幕します。 参考:12/14~卓球女子 グランドファイナル2017 試合結果、出場選手、組み合わせ 日本選手は世界的に見ても、積極的にワールドツアーの大会に出場しています。 そのため、多くの選手がグランドファイナルに出場予定となっております。 ちなみに、昨年の女子シングルスの優勝は、中国の朱雨玲でした......続きを読む»

卓球部・全日本学生選抜選手権大会

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

11月24、25日 大阪・東和薬品RACTABドーム サブアリーナ 大会ごとに成長続ける吉田が堂々のベスト8入り!    全日学でベスト16入り(ランク入り)を決めた選手と強化部、各学連推薦、留学生を合わせた計38名が8ブロックに分かれリーグ戦による予選を行い、各ブロックの上位2名が決勝トーナメントに進み、優勝者を決めるこの大会。中大からは定松祐輔主将(文4)、宮本幸典(文4)、一ノ瀬拓巳(法2)......続きを読む»

卓球女子 2大会連続優勝の早田ひなも出場、スペインOP2017の組み合わせ発表!

【0 to zeroのhorizon】

スペイン・オープン2017のシード選手・組み合わせが発表されました。 参考:卓球女子 スペイン・オープン2017 組み合わせ このページでは卓球女子についてみていきます。 この大会には、日本選手も出場しています。 注目は、ドイツ・オープン、スウェーデン・オープンのダブルスで連続優勝をはたした早田ひなです。 ドイツでは平野美宇、スウェーデンでは伊藤美誠と組んで優勝しています(平野、伊藤、早田は全員1......続きを読む»

卓球と陸上競技が1・2位、最近注目し始めたスポーツ競技ランキング

【スポーツマーケティングレポート】

9月に行った調査で「最近注目し始めたスポーツ競技」を聞いたところ、1位は卓球、2位は陸上競技(トラック)となりました。 卓球はリオ五輪でのメダル獲得。それに続く、17歳の平野美宇選手や、14歳の張本智和選手の活躍がありました。また、来年10月には新しい「Tリーグ」の開幕も決まっており、今後が注目されます。 陸上競技は8月に行われた世界陸上での、日本選手の躍進が影響していると思われます。男子200......続きを読む»

初ペア、初優勝の平野、早田も出場のスウェーデンOP2017 シード組み合わせ発表!

【0 to zeroのhorizon】

スウェーデン・オープン2017は11月13日より予選が始まっています。 本戦、シード選手の組み合わせも決定しました。 参考:卓球女子 スウェーデン・オープン2017 組み合わせ 直近のドイツ・オープン2017は日本選手の健闘が目立った大会でした。 特に女子は多くの中国選手も出場しており、苦戦も予想されました。 しかし、石川佳純がシングルスでベスト4、平野,早田がダブルスで優勝という結果でした。 一......続きを読む»

卓球ドイツOP2017 石川、伊藤が8強! 14歳張本は複で中国勢から大金星!

【0 to zeroのhorizon】

ドイツ・オープン2017が現在行われています。 世界のトップ選手が集まるPlatinumというカテゴリーで、強豪との対決が続いています。 女子を中心に見ていきますが、今大会は中国勢の参加が多い大会となっています。 参考:卓球女子 ドイツ・オープン2017 トーナメント、組み合わせ                                               予選から日本選手が多く登場し......続きを読む»

卓球ドイツOP2017 石川、平野、伊藤、丹羽、水谷、張本らシード選手の組み合わせ発表!

【0 to zeroのhorizon】

卓球ドイツ・オープン2017が11月7日に開幕しましたが、本戦の組み合わせが発表されました。 参考:卓球女子 ドイツ・オープン2017 組み合わせ 現在は予選が行われており、シングルス32枠のうちの16枠をめぐる戦いとなります。 シングルスは、予選を免除されているシード選手16人の組み合わせが男女とも決まりました。 日本選手のシード選手は…                            ......続きを読む»

卓球ドイツOP2017 11/7開幕! 日本勢は石川、平野、伊藤、水谷、丹羽などトップ選手も出場!

【0 to zeroのhorizon】

ワールドツアー・プラチナとなるドイツ・オープン2017が明日(11/7)より開幕します。 すでに予選の組み合わせが発表されています。 日本勢は男女とも多くの選手が出場しています。 女子では加藤美優(17位、)芝田沙季(30位、ベルギーで優勝)、浜本由惟(28位)ら、男子は大島祐哉(21位)、吉村真晴(25位)などが予選から出場となります。 この大会はプラチナというカテゴリーとなるため、世界のトッ......続きを読む»

卓球女子 ベルギーOP2017 4強に佐藤瞳、浜本由惟、芝田沙季が進出!

【0 to zeroのhorizon】

ベルギーで行われているベルギー・オープン2017。 女子シングルスは64枠で本戦を争っていますが、ベスト4が決まりました。                                                   日本選手の勝ち上がり状況 佐藤瞳(12位):4強進出 橋本帆乃香(13位):ベスト8で敗退 浜本由惟(28位):4強進出 芝田沙季(30位):4強進出 小塩遥菜(314位......続きを読む»

卓球女子 ベルギー・オープン2017・組み合わせ決定 佐藤、橋本、浜本、芝田らが出場!

【0 to zeroのhorizon】

ベルギー・オープン2017の組み合わせが決定しました。                                            日本の出場選手(女子) 佐藤瞳(12位) 橋本帆乃香(13位) 浜本由惟(28位) 芝田沙季(30位) 小塩遥菜(314位)                                            …の5名が本戦にエントリーしています。  ちな......続きを読む»

女子卓球部・全日本大学総合卓球選手権大会個人の部(シングルス)

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

10月29日 所沢市民体育館 新時代の到来へ チームの成長を実感  ベスト8進出を懸けた戦いから始まった大会4日目。28日に行われた4回戦で山本怜主将(文4)と美濃口千夏(文3)、瀬山咲希(文2)がベスト16に入り、試合に臨んだ。  「最後まで守り切れなかった」(瀬山)。目標だったベスト4には惜しくも手が届かなかった。今大会、唯一ベスト8入りを決めた瀬山。「成長を感じている」と大場監督からの信頼......続きを読む»

卓球部・全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)シングルス

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

10月27~29日 所沢市民体育館 最初と最後それぞれの懸ける思い シングルスは最高16強で終わる  ダブルスは2日間の戦いだが、1回戦から勝ち上がる者は3日間戦い抜かなければいけないシングルス。ダブルス同様に予選免除者に厳しい予選を勝ち抜いた部員全12選手が出場。その中で初めての全日学の吉田大輔(文1)とダブルスを制した定松祐輔主将(文4)と宮本幸典(文4)がランク入り。ベスト8を懸けた戦いは......続きを読む»

卓球部・全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)ダブルス

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

10月27~28日 所沢市民体育館 貫いた自分たちの形 有終の美を飾る!  全日学(インカレ)個人の部が開幕した。中大からは予選免除者4組と厳しい予選を勝ち抜いた2組、部員全12選手6組が出場。その中でベスト8に3組が残り、さらに定松祐輔主将(文4)・宮本幸典(文4)組が最後の全日学で優勝を決めた。 ▲優勝カップを二人で持つ定松主将(右)・宮本組    3年次の春リーグから組み始めた、定松主......続きを読む»

卓球女子・W杯2017 平野美宇が4強進出、準決勝で中国の劉詩雯と対戦へ!

【0 to zeroのhorizon】

カナダで行われている卓球女子・ワールドカップ2017。 1回戦、2回戦が終わり、ベスト4がでそろっています。 日本から出場しているのは石川佳純(5位)、平野美宇(6位)の2人になります。 1回戦で石川は香港の李皓晴(香港・42位)と対戦しましたが、フルセット3-4で敗れました。 ワールドカップに出場するたびに成績をあげてきた石川ですが(前回の出場では準優勝)、今大会は初戦で敗退となってしまいまし......続きを読む»

卓球女子・W杯2017 組み合わせ決定 2連覇かかる平野美宇は44位、石川佳純は42位と初戦!

【0 to zeroのhorizon】

卓球女子・ワールドカップ2017は1日目が終わり、2日目の日程が決まりました。 決勝トーナメントの組み合わせも決まり、予選を免除されていたシード選手も登場します。 日本からはエース格の石川佳純、2連覇がかかる平野美宇が出場します。 ワールドカップといえば、2016年に平野が優勝、飛躍するきっかけの一つとなった大会です。                                         ......続きを読む»

女子卓球部・全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

10月28日 所沢市民体育館 ダブルス3組がベスト8に!!  秋季リーグ戦を2位で終え、悔しい思いをしてから約1カ月。インカレ(個人)が開幕した。女子ダブルスに中大からは4組が出場し、全組が2回戦からの登場となった。ベスト8に3組が残り、明日の準々決勝以上と、シングルスにも期待が懸かる。 ▲山本・明神組  だれが予想しただろうか。山本怜(文4)・明神佑実(文4)組が初戦敗退を喫した。  2ゲー......続きを読む»

卓球ワールドカップ2017 男子は水谷、丹羽の組み合わせが決定 女子は石川、平野が出場予定!

【0 to zeroのhorizon】

10月20日に開幕した男子ワールドカップ2017。 グループ予選が終わり、決勝トーナメントの組み合わせが決まりました。 なお、日本から出場している水谷隼(7位)、丹羽孝希(8位)はシードとなり、決勝トーナメントからの登場となります。 ※( )は最新の世界ランキング                                            1回戦の対戦カード 水谷隼VSアルナ(ナイジェリア......続きを読む»

卓球女子・日本選手3人が4強 準決勝で伊藤美誠と加藤美優が対戦!(ポーランド・オープン2017)

【0 to zeroのhorizon】

ポーランド・オープン2017は11月8日に大会5日目を迎えます。 卓球女子シングルスには、日本選手が7人出場しています。                                            日本選手の状況 伊藤美誠(7位):ベスト4進出 木原美悠(106位):2回戦敗退 大藤沙月(231位):ベスト8敗退 塩見真希(41位):3回戦敗退 加藤美優(21位):ベスト4進出 芝田沙季......続きを読む»

卓球女子ポーランド・オープン2017 組み合わせ決定 伊藤美誠、加藤美優らに優勝の期待がかかる!

【0 to zeroのhorizon】

ポーランド・オープン2017は予選が終わり、本日より本戦が始まります。 今大会には日本から7選手が出場しています。 予選には大藤沙月が出場、2連勝で本戦に進みました。 その他の6選手は、本戦から出場のシード選手となっています。                                            本戦1回戦の対戦カード 伊藤美誠(7位)VS DOVAL Ilka(ノルウェー・395位......続きを読む»

10/4~卓球女子 ポーランドOP2017 伊藤美誠、加藤美優など日本選手は7人出場予定!

【0 to zeroのhorizon】

ポーランドのチェンストホバで10月4日に開幕するポーランド・オープン2017(チャレンジ)。 女子の方では日本から、7人の選手が出場予定となっております。 先日のオーストリア・オープンでは、シングルスの4強がすべてが中国勢という状況でした。しかも、丁寧、朱雨玲、劉詩文といったトップ選手は出場していませんでした。 中国の層の厚さ、強さが際立つ大会でしたが、日本選手では早田ひなのベスト8が最高でした。......続きを読む»

リオ五輪後に人気上昇の卓球が、新リーグ「Tリーグ」を立ち上げ

【スポーツマーケティングレポート】

9月15日、卓球の「Tリーグ」が、1部リーグ「Tプレミアリーグ」参入チームの公募を開始しました。 TリーグはTプレミアリーグを頂点としたピラミッド型のリーグ構想で、ドイツを参考にしています。ドイツには1~16部まであり、そのうちの1部と2部がブンデスリーガと呼ばれ、選手は報酬を貰いながらプロ選手として戦っています。また、外国人選手も参加しています。 Tリーグでは将来的に、世界レベルのプロが集まる......続きを読む»

全組み合わせ決定 女子・単に日本選手が14人出場、石川、平野は初戦で中国勢と対戦!(オーストリア・オープン2017)

【0 to zeroのhorizon】

オーストリア・オープン2017は予選が終わり、9月21日より本戦が始まります。 全組み合わせも決まりました。 女子シングルスを見ていくと、32枠のドローのうち、日本選手は14人が出場することになりました。 シードで出場が決まっていたのが、石川、平野、佐藤、橋本、早田、加藤美優、森、塩見の8人でした。 さらに予選を勝ち上がったのが、浜本、芝田、前田、長崎、加藤杏華、松澤の6人になります。 また、今回......続きを読む»

卓球女子 オーストリア・オープン2017 組み合わせ発表 日本勢は石川、平野など8人がシード、予選免除!

【0 to zeroのhorizon】

※( )は最新の世界ランキング アジアカップ2017は、平野が3位、石川が4位という結果に終わりました。 休む間もなく、9/19開幕のオーストリア・オープンが始まっています。 シード選手の組み合わせが発表され、日本選手は8人がシード(予選免除)となりました(ドローサイズ:32名)。                                               シード選手 石川佳純(......続きを読む»

9/19~卓球オーストリア・オープン2017 石川佳純、平野美宇、早田ひな、橋本帆乃香ら出場!

【0 to zeroのhorizon】

※( )は最新の世界ランキング。 9月15日に開幕したアジアカップ2017が終わりました。 出場した選手は休む間もなく、9月19日開幕のオーストリア・オープンにのぞむことになります。 ちなみに、アジアカップに出場したのは石川佳純(5位)、平野美宇(6位)、水谷隼(8位)、丹羽孝希(9位)の4人でした。                                           アジアカップ2......続きを読む»

卓球部・秋季関東学生卓球リーグ戦対明大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

9月17日 所沢市民体育館 王者の力に圧倒される その中で見せた4年生ダブルスの意地  全勝の明大対一敗の中大の優勝決定戦。春と同じ伊丹雄飛(法1)対森薗の対戦からスタートしたが、王者・明大の気迫をまえに前半戦シングルスで3人ともストレートで敗れた。ダブルスは、日大戦以来の定松祐輔主将(文4)・宮本幸典(文4)組がフルセットの末に森薗・渡辺組に勝利。しかし、今季負けなしだった一ノ瀬も相手の勢いに......続きを読む»

卓球部・秋季関東学生卓球リーグ戦対早大、専大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

9月16日 所沢市民体育館 大きな1勝が望みを繋げた いざ、明大と優勝決定戦へ  4連勝で下位校との対戦を終え、これからは「三強」との勝負の後半戦。全勝同士の対戦となった早大には、4-3で激戦を制し、続く専大には敗れたが、5勝1敗。優勝争いは、全勝の明大と一敗の中大の直接対決に全てが懸かることになった。 ▲エース対決を制した定松主将  1番手伊丹雄飛(法1)が落とし迎えた2番手は希望が丘高......続きを読む»

女子卓球部・秋季関東学生卓球リーグ戦 後半戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

9月16~18日 所沢市民体育館 春秋連覇ならず 秋季リーグ戦を2位で終える 9・16 4戦目対日大戦 後半戦白星スタート!  前半戦3連勝と勢いに乗ってむかえたリーグ戦後半。相手は日大。第1シングルスは山本怜主将(文4)。3-0で勝利しエースの貫禄を見せる。しかし、第2シングルスの美濃口千夏(文3)が1-3で敗れてしまう。続く第1ダブルスの秋田佳菜子(文3)・森田彩音(法2)組も第1セットを......続きを読む»

卓球部・秋季関東学生卓球リーグ戦 対法大戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

9月15日 所沢市民体育館 4連勝の快進撃! 勢いに乗り優勝を目指す  これまで開幕3連勝をあげ、4戦目の相手は比較的相性の良い法大。「3強」との戦いに向けては勝たなければならない相手だった。先頭の定松祐輔主将(文4)が3-0のストレートで勝利を収めると、その後次々と勝利を重ね4-1で白星を挙げた。 ▲ガッツポーズを決める定松主将  先日の日大戦、埼玉工大戦と同様に先頭を切ったのはチームの......続きを読む»

卓球・アジアカップ2017 決勝トーナメントの組み合わせ決定 予選は石川、水谷が3連勝、平野は1勝2敗…

【0 to zeroのhorizon】

インドで行われているアジアカップ2017。 初日には予選グループが行われました。 各組4名で争予選グループですが、日本勢はどうだったでしょうか…!?                                            予選グループの結果 男子 水谷隼(8位):3勝0敗 丹羽孝希(9位):2勝1敗 女子 石川佳純(5位):3勝0敗 平野美宇(6位):1勝2敗             ......続きを読む»

卓球 アジアカップ2017 予選・組み合わせ決定 平野美宇は朱雨玲、石川佳純は馮天薇と同グループに!

【0 to zeroのhorizon】

9月15日に開幕するアジアカップ2017。 日本のトップ選手が、アジアの強豪に挑みます。 大会ですがインドで行われ、時差は―3時間30分ほどとなっています。                                             日本からの参加選手 男子 水谷隼(8位) 丹羽孝希(9位) 女子 石川佳純(5位) 平野美宇(6位)                            ......続きを読む»

アジアカップ開幕! こんなインド卓球はイヤだ 

【田端到の東京五輪&ヤクルト・スワローズ研究所】

 卓球のアジアカップが、9月15日から17日までインドのアーメダバードで開催される。  日本からは男子の水谷隼と丹羽孝希、女子の石川佳純と平野美宇が出場。男女それぞれ16人による少数精鋭の大会だ。中国からは男子が樊振東と林高遠、女子は劉詩文と朱雨玲が出場する。  15日の1次リーグ、日本女子のスケジュールは以下の通り。時刻は日本時間。 ●平野美宇 15日13時半 ユ・モンユ 15日18時半 朱雨玲......続きを読む»

卓球9/15アジアカップ2017が開幕 日本からは石川佳純、平野美宇、水谷隼、丹羽孝希が出場!

【0 to zeroのhorizon】

9月15日より、インドでアジアカップ2017が行われます。 アジアの強豪と日本勢のトップ2人が対戦することになります。 この大会は、アジアの各国、最大2人が出場する大会となります。 日本の女子は石川佳純(5位)・平野美宇(6位)、男子は水谷隼(8位)・丹羽孝希(9位)が出場予定となっています。 ちなみに、2016年のアジアカップは…                                 ......続きを読む»

卓球部・秋季関東学生卓球リーグ戦 対日大、埼玉工大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

9月8日 港区スポーツセンター 無傷の3連勝! 優勝へ向け勝負の後半戦へ  全日学で敗れた筑波大を降す、絶好のスタートを切った中大。この日の相手は、昨季、中大よりも下位だった日大と埼玉工大だ。ただ日大はこの春、敗北を喫した難敵。しかし、2試合とも危なげない試合運びで勝利、優勝戦線に名乗りを上げた。 ▲約1年ぶりのリーグ戦出場となった高橋拓。チームに勢いをもたらした  「負けたらだめだ、とい......続きを読む»

女子卓球部・秋季関東学生卓球リーグ戦 前半戦

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

9月7、8日 港区スポーツセンター 9・7 1戦目対青学大戦 危なげなく初戦を制す! ▲ストレート勝ちを決めた山本主将  春秋制覇を目指し臨んだ青学大との1戦目。今季で最後のリーグ戦となる第1シングルスの山本怜主将(文4)は3-0のストレート勝ちを決める。流れに乗りたい第2シングルスの伊藤佑里子(法3)だが、相手が得意とするカットに対応しきれず1-3で敗戦。今年の関東選手権で2冠を達成した実......続きを読む»

卓球部・関東学生卓球秋季リーグ戦対筑波大

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

9月7日 港区スポーツセンター 「三強」撃破へ勝負の秋開幕! 白星スタートで好発進!  「春は3位、秋は優勝」という目標を掲げていた中大。春季リーグ戦を3位で終え、最低限をクリア。そして、迎えた秋。春4位と苦しんだものの全日学(団体インカレ)で優勝の明大。春季リーグ全勝優勝の専大。上村、緒方を軸に安定した力のある早大。この三校が優勝争いの中心になる。目標の優勝に向けてはこの三校を破らなければなら......続きを読む»

全中国運動会団体準決勝 樊振東(解放軍)VS許 昕(上海市)~中国トップ同士の試合も熱い~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

 樊振東3-2許 昕 11-13、11-5、7-11、13-11、11-8 ヨーロッパのチェコで日本勢が大活躍したが、中国選手の姿はほとんど見えなかった。 チェコオープンの期間中、中国選手は遊んでいたわけではなく、中国で4年に1度開かれる全中国運動会の卓球競技の代表選手として個人とチームの名誉の為に戦っていました。 団体戦が先に行われ、この記事を書いている段階で、準決勝まで日程を消化。世界選手権......続きを読む»

チェコオープン女子ダブルス決勝 みまひなワールドツアー初制覇!

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

女子ダブルス決勝 伊藤美誠・早田ひな3-2エクホルム・ポータ 11-5、8-11、8-11、11-6、11-8 みまひなペアがスウェーデンのエクホルムとハンガリーのポータの国際ペアに競り勝ち、みまひなが見事ワールドツアー初優勝を成し遂げた。 みまひなペアの強さと相性の良さはだけでなく、対戦相手のエクホルム・ポータの国際ペアの強さも際立っていた。 ヨーロッパ系の大きな体に似合わない、一点ずつサイン......続きを読む»

チェコオープン決勝 伊藤美誠VS石川佳純 ~美誠ちゃん魔法のサーブを手に入れる~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

伊藤美誠4-1石川佳純 11-5,13-15,11-3,11-9,11-4 伊藤と石川がブルガリアオープンに続いて決勝で再び対戦。対戦成績は石川の4戦全勝、先週のブルガリアオープンでは石川のプレーになすすべもなく敗れたことから、石川優位に進むかと思われたが、試合はまさかの伊藤の圧勝劇だった。 チェコオープンでは伊藤のサーブがキレ味が鋭く、この試合サーブエースだけで10点近く奪っていた。1週間前に......続きを読む»

チェコオープン 張本史上最年少ツアー優勝 ~張本の進化が止まらない~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

張本智和4-2ティモ・ボル 11-3、4-11、8-11、11-9、11-6、11-9 チェコオープンで張本とボルとの3回目の対戦で、対戦成績はボルの2勝。 ただ、直近のT2ではボルがわずか1ポイント差での辛くも勝利を得ている。 試合は1ゲーム目は張本、2ゲーム目はボルがサーブから相手を崩し、互いに楽にゲームをモノにする。 1-1で迎えた3ゲーム目一進一退の攻防でポイントは5-5.ここでボルに......続きを読む»

卓球 決勝に石川佳純、伊藤美誠、張本智和、吉村真晴らが進出、優勝に王手!(チェコ・オープン2017)

【0 to zeroのhorizon】

8月15日~行われたブルガリア・オープンでは、ベスト16に進んだ女子選手は、全員が日本選手でした。 そして、決勝戦は石川佳純(7位)VS伊藤美誠(11位)となりました。 結果は石川佳純が4-0(12-10,11-4,11-6,11-5)とし、貫録の勝利をおさめました。 石川はこの大会では、2回戦で森薗美月(97位)、準々決勝で笹尾明日香(109位)、準決勝で加藤美優(30位)と、若手日本選手を破って......続きを読む»

卓球女子・決勝カードは石川佳純VS伊藤美誠、男女・単複すべてで日本選手が優勝の可能性!(ブルガリア・オープン2017)

【0 to zeroのhorizon】

ブルガリア・オープン2017も、8月20日に決勝戦が行われます。 日本女子を見ていくと、シングルス本戦には16人が出場しました。 1回戦では海外勢とそれぞれあたり、16人全員が突破。 32枠で争う本戦トーナメントなので、ベスト16以降のカードは、すべてが日本人対決という驚きの状況になりました。 ここでは、ベスト8以降についてみていきます。                              ......続きを読む»

卓球女子 日本勢16人全員が1回戦突破 ベスト16以降、すべて日本人対決!(ブルガリア・オープン2017)

【0 to zeroのhorizon】

8月17日から本戦が行われているブルガリア・オープン。 アジアの強豪国である中国、香港などが不在となっています。 そのため、ランキング上位が集まる日本勢に優勝の期待がかかる大会となっています。 1回戦は日本勢VS海外勢という図式でした。 32枠で争う女子シングルス・本戦ですが、日本選手は16人が出場しています。 そのため、全員が勝つとその時点で日本勢しかいなくなり、日本選手の優勝が決まることにな......続きを読む»

卓球 全組み合わせ決定 日本選手は女子16人、男子11人が本戦に出場!(ブルガリア・オープン2017 )

【0 to zeroのhorizon】

ブルガリア・オープン2017ですが、予選が終わりました。 本戦が8月17日から始まります。 女子の日本選手ですが、16人が本戦に出場します。 本戦の出場枠は32人なので、半数を日本選手が占めています。 予選から勝ち上がったのは、前田美優(69位)、森薗美月(97位)、笹尾明日香(109位)の3人になります。 昨年は石垣優香が優勝している大会ですが、今年も日本選手の優勝が有力です。 石川佳純(7位......続きを読む»

卓球女子・ブルガリアOP2017 組み合わせ発表 石川、伊藤ら日本選手は13人がシードに!

【0 to zeroのhorizon】

ブルガリア・オープンの予選が8月15日から始まります。 本戦の方は、予選免除のシード選手の組み合わせが発表されました。 女子を見ていくと、シード16人のうち、13人の日本選手がシードとなっています。                                              日本のシード選手 石川佳純(7位) 伊藤美誠(11位) 佐藤瞳(12位) 橋本帆乃香(15位) 早田ひな(24位......続きを読む»

新卓球大会T2 早田ひなVS孫穎莎 ~ルールは変わっても卓球の実力は変わらない~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

プロ卓球T2も中盤戦第三節に突入。 T2で好調の早田ひなが孫穎莎との試合に挑む。 試合前の台上練習の時ひなちゃんがショートカットの水色のTシャツを着た男性と打ち合っていて、T2は異性でも試合を組むのか~と思っていたら孫穎莎だった(^^;) 主催者も孫穎莎に水色のTシャツを着せるんじゃない。まぎらわしいやろ!! と突っ込みを入れている間に試合が始まる。 試合は孫穎莎がスピードの緩急織り交ぜながらコ......続きを読む»

卓球女子 次のワールドツアーは…8/15ブルガリアOP2017 昨年は日本勢がベスト8に7人進出!

【0 to zeroのhorizon】

7月2日にオーストラリア・オープンが行われました。 この大会の日本勢の最高成績は、ベスト8でした。 女子は塩見真希、芝田沙季、男子は水谷隼、𠮷田雅己、松平健太、大島祐哉が準々決勝まで進んでいます。 ちなみに、女子のベスト4は全員が中国勢でした。 そのオーストラリア・オープンから一か月以上あいて行われるワールドツアーが、ブルガリア・オープンになります。 この大会には日本勢が出場予定です。 女子は石......続きを読む»

T2ルールを卓球団体戦の公式ルールにしてほしい

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

私は中学校の時卓球部でした。(超へたくそでしたが・・・・) その頃の中学卓球の団体戦は 第1.2試合がシングルス、第3試合がダブルス、第4.5試合がシングルスの計5試合で構成され、シングルスで4人・ダブルスで2人の計6人が登録し、団体戦を行っていました。 それから10数年後、テレビ東京で世界卓球が全国放送されるようになり、団体戦をテレビ観戦すると、試合形式は大きく様変わりしていました。 試合は......続きを読む»

新卓球大会 T2APAC ~ひなちゃんを中心に見るとT2はより楽しめる~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

マレーシアのジョホールバルで行われている新プロ卓球リーグT2APACも6試合が終了。チームメイスに所属する早田ひなが好調です。 早田の所属するチームメイスは5勝1敗、早田自身の戦績も7試合で4勝1分け2敗。 負けた相手も現在絶好調の中国の孫と台湾の鄭怡静のみで、奪ったゲーム数は17、得失ゲーム差は+9とチームのポイントゲッターとなっています。 痛めていた膝の状態が良くなってきているようで、試合中......続きを読む»

オーストラリアオープン決勝 サムソノフVSシモン ~ヨーロッパの巨人はまだまだ健在~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

オーストライリアオープン男子決勝 ブラディミル・サムソノフ4-1ゴジ・シモン 11-13、11-8、11-5、11-8,11-8 試合の動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=e3dVfmc-_nc 41歳サムソノフがシモンを4-1で下し、オーストラリアオープンを優勝し、ITTFツアーシングルス優勝記録を27に伸ばした。 試合はサムソノフが終始主導権を握......続きを読む»

卓球部・第87回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)予選ブロック

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

7月7日 北海道立総合体育センター 予選ブロック2連勝で決勝トーナメント進出!  今季リーグ戦を3位で終えた中大。関東学生などの個人戦をはさみ、迎えた全日学(団体の部)。1日目は予選リーグを戦い八戸工大、松山大に2連勝。明日からはいよいよ勝負の決勝トーナメントが始まる。 ▲坂野のフォアハンド  大事な初戦のトップバッターを任されたのは伊丹雄飛(法1)。1ゲームを奪われるが、その後は立て直し......続きを読む»

オーストラリアオープン準々決勝 日本代表VSヨーロッパの猛者

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

オーストラリアオープン準々決勝 松平健太1-4ブラディミル・サムソノフ 8-11,9-11,11-8,8-11,9-11, サムソノフでかい! サムソノフ側から試合を見るとサムソノフが進撃の巨人の5メートル級巨人に見える(笑) マツケンがサーブで仕掛け、早い展開に持っていこうとするが、サムソノフがパワーとリーチでねじ伏せる展開が続く。サムソノフはパワーだけでなく、時々放つ遅いボールも有効に使......続きを読む»

オーストラリアオープン 準々決勝 水谷VSCHO ~韓国選手も侮れない~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

オーストラリアオープン男子準々決勝 水谷隼3-4CHO Seungmin 9-11,11-8,5-11,7-11,11-6,11-8,4-11 日本のエース水谷と韓国の新鋭19歳のCHO Seungmin(どのサイト見てもカタカナ、漢字表記が見当たらない。誰か日本名教えてほしい・・・)が対決。好試合が展開されました。 1ゲーム目、CHOのうまいレシーブが光った。9-7からフォアドライブとバックか......続きを読む»

女子卓球部・関東学生卓球選手権大会 3日目

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

6月30日 水元総合スポーツアリーナ シングルス 伊藤が優勝!  2日目の試合でベスト16に残った5人が出場した3日目。1日目のダブルスで優勝を決めた伊藤佑里子(法3)が、シングルスとの二冠を達成した。その他にも森田彩音(法2)がベスト4、明神佑実(文4)がベスト8入りを果たした。  瀬山咲希(文2)と美濃口千夏(文3)は惜しくも3日目の初戦である6回戦で敗退するが、ベスト16入り。 ▲準々......続きを読む»

オーストラリアオープン 男子シングルス1回戦 ~中国勢がいなくても勝つのは難しい~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

水谷隼4-0徐賢徳 11-9,11-8,11-5,11-8 水谷の調子はイマイチだったが、順当勝ち。 1.2ゲーム目は競った展開だったが、強力なフォアを打たせない徹底したバックサイド攻撃とゲーム終盤での多彩なサーブからの展開でゲームをものにする。 3.4ゲーム目は徐賢徳が要所でポイントを落とすと連続であっさりボールを追わなくなるプレーが見られるなど、水谷との精神面の成熟度の差も感じられた。 張本智......続きを読む»

卓球オーストラリア・オープン2017 全組み合わせが決定 石川、平野、伊藤、佐藤が初戦で中国勢と対戦!

【0 to zeroのhorizon】

オーストラリア・オープンは予選が終わり、7月4日から本戦が行われています。 女子シングルスでは、日本のトップ4が中国勢と当たる組み合わせになりました。                                              1回戦の対戦相手 石川佳純(6位)VSCHEN Xingtong(-) 平野美宇(7位)VSGU Yuting(52位) 伊藤美誠(10位)VSZHANG Qi......続きを読む»

卓球オーストラリアオープン ~張本の史上最年少優勝あるかもしれない~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

オーストラリアオープンが本日から開幕。 前回の中国オープンで途中棄権した中国TOP3の動向に注目が集まりましたが、TOP3は欠場し、中国勢は不参加。出場しないのは中国勢だけでなく、世界トップ10プレーヤーであるドイツのオフチャノフとボル、香港の黄鎮廷も不参加。15人のシードのうち、7人が日本人が占め、NO1とNO2シードを日本勢が独占するという男子日本代表にとって願ってもない展開となりました。 ま......続きを読む»

卓球オーストラリア・オープン2017 シード組み合わせ決定! 石川、平野、水谷、張本らが本戦へ!

【0 to zeroのhorizon】

ジャパン・オープン、中国・オープンに続くワールドツアーの大会、オーストラリア・オープン2017が開幕し、予選が行われています。 まず、大きなニュースとしては、中国オープンで途中棄権した男子選手は、オーストラリアも全員が出場をキャンセルしました。 この大会の出場予定に馬龍(1位の)の名前はありませんでしたが、樊振東(2位)、許昕(3位)ら7人の中国選手の出場が取りやめになっています。 一方、女子の方は......続きを読む»

卓球部・関東学生選手権大会

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

6月28~30日 水元総合スポーツセンター 4強の壁厚く、単複ともに8強で終わる  リーグ戦が終わり約1カ月が経ち、28日から30日まで関東学生選手権大会が行われた。初日のダブルスでは、昨年優勝した定松祐輔主将(文4)・宮本幸典(文4)組は連覇を目指したが5回戦敗退。和田貴稀(商3)・岩城友聖(文2)組、高橋拓己(文3)・高橋徹(文2)組が進んだ8強入りが最高だった。  シングルスは同じく定松主......続きを読む»

新卓球大会 T2は卓球以外の潜在能力が高そう

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

前のコラムではルール面からT2を考察してみました。 今回選手たちの服装からT2を考えてみたいと思います。 実際にyoutubeで観戦してみて、卓球は競技面よりファッションブランドとしてのポテンシャルの方が高いように感じました。 T2で選手たちが着用していたのは、普段の卓球のユニフォームとは異なるTシャツ+短パンの組み合わせ。Tシャツを着ていることから街中で卓球をプレーしている感じで、国際試合のユ......続きを読む»

新卓球大会 T2 APACのルールについて

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

youtubeで新卓球大会T2 APACを観戦しました。 前のコラムでT2は24分間以内にたくさん得点したほうが勝ちのシステムと紹介したけど、実際はただ多く取れば良いということではなく、いくつか従来の卓球大会とは異なる仕掛けがされていました。主なルール変更点は下の通りです。 ①デュースがない。 10-10になった場合でも次の1本で試合は決まる。この場合どちらかの11-10で試合は終わります。 ......続きを読む»

女子卓球部・関東学生卓球選手権大会 2日目

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

6月29日 水元総合スポーツアリーナ シングルス 5人がベスト16入り!  うだるような暑さの体育館の中、シングルスが始まった。 まず最初にベスト16を決めたのは、明神佑実(文4)だ。4回戦、出だしに少しつまづいたもののすぐ持ち直し、3-1で5回戦へ。相手は今年の全日本選手権であの伊藤美誠(スターツSC E/A)を破った安藤(専大)。シーソーゲームの末もつれ込んだファイナルセットは、苦しみながら......続きを読む»

女子卓球部・関東学生卓球選手権大会1日目

【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

6月28日 葛飾区水元総合スポーツセンター体育館 伊藤・瀬山ペアがダブルス優勝! 伊藤佑里子(法3)・瀬山咲希(文2)組が関東学生卓球選手権大会ダブルスで優勝を果たした。最大の山場は決勝戦。専大のペア相手にいきなり2ゲームを奪われ、絶体絶命の窮地に陥る。しかし、そこから3ゲームを連取。底力を発揮し、見事頂点に輝いた。 ▲相手に打ち込む瀬山 ▲攻め込む伊藤 他にも、秋田佳菜子(文3)・......続きを読む»

新卓球大会 T2 APAC開幕

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

6月28日マレーシアのジョホールバルで新しい卓球大会T2 APAC(T2 ASIA-PACIFIC TABLE TENNIS LEAGUE)開幕。 ITTFワールドツアーの冠スポンサーSeamaster主催で行われ、一番の特徴は24分の時間制限の付いた試合形式だ。1ゲーム11点マッチの形式は変わらないが、勝敗は24分間内に多くの得点を挙げた選手が勝ちとなる。従来の3or4ゲーム先取方式の試合とは異......続きを読む»

中国男子代表集団ボイコットについて ~前回早とちりな記事を書いてしまって申し訳ありません~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

まず最初に中国男子代表の集団ボイコット事件を当ブログで勝手に日本選手から中国選手が逃げ出したと解釈し、本当に申し訳ありません。ボイコット事件は面子を守る以上に深い意味が隠されていました。 このボイコット事件のおおまかな概略は、劉国梁総監督が中国オープン初日に退任。大会期間中に中国トップ3が棄権し、選手たちが中国版ツィッターに監督解任を批判するツィートした事件でした。 事件を考える前に中国のスポー......続きを読む»

中国オープン 男子ダブルス決勝 ~地味なプレーがタイトルをもたらした~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

中国オープン男子ダブルス決勝 吉村・上田ペア3-1張本・木造ペア 12-10,9-11,11-8,11-9 卓球界の盟主中国でまさかの日本人ペア同士の決勝となったこの試合 両者全く譲らない互角の好ゲームが展開された 1ゲーム目取ったら取られるシーソーゲーム。両者譲らぬままデュースまでもつれる。 ここで上田のツッツキを木造が空振り、次のプレーで吉村が3球目をフリックで決め1ゲーム目をモノにする。 ......続きを読む»

中国オープン 張本VSボル ~新鋭の勢いVS皇帝の経験値~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

準決勝 張本1-4ボル 11-6,9-11,8-11,10-12,5-11 ドイツの皇帝ボルがベテランの味を活かして新鋭張本の挑戦を退けた。 1ゲーム目張本が速い展開でボルを圧倒する。ドイツのレジェンドを意識しているのか、いつもより気合が入っているようで、チョレイの声が大きい。勢いを活かして1ゲーム目を張本がモノにする。 2ゲーム目ボルがベテランの味を出し始める。ボルがスピードの緩急を活かした......続きを読む»

中国オープン 丹羽VS張本 ~丹羽の立場が危ない~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

準々決勝 張本4-0丹羽 11-9,11-6,11-5,11-6 張本のストレート勝ち。内容も張本の完勝だった。 丹羽が勝つチャンスは1ゲーム目しかなかった。 1ゲーム目の張本はバックやスマッシュがオーバーしたりとタイミングがあっていない様子だった。こういう時に丹羽はポイントを稼いでおきたかったのだが、自分から攻めてポイントを取ることができない。結局拮抗した展開のままゲームカウントは9-9となる......続きを読む»

卓球・中国オープン2017 13歳・張本が快進撃で4強! 女子は中国勢が強さを見せる!

【0 to zeroのhorizon】

中国オープンは男女ともシングルス・準々決勝が行われました。 2回戦では、男子・中国選手が試合をボイコット、馬龍(1位)、樊振東(2位)、許昕(3位)らが試合を棄権しました。 理由は明らかではありませんが、監督人事などで卓球協会と不和があるとも言われています。 ともかく、中国勢が姿を消したことで、ベスト8には日本選手・4人が進出しました。                                ......続きを読む»

中国オープン 張本・木造ペア ~13歳と17歳が金メダルペアに勝ってしまった~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

男子ダブルス準決勝 張本智和/木造勇人ペア 3-2 樊振東/許昕ペア 6-11/5-11/11-7/11-9/14-12 13歳の張本と17歳の木造が世界卓球金メダルの樊振東/許昕ペアを破る大金星を挙げた。 この日本卓球の歴史に名が残るであろう大逆転劇を振り返っていきたい。 1ゲーム目は堅さがあったのか?バックハンドやレシーブのミスが目立ち、中国ペアに主導権を譲ってしまう。最後も自分たちのサーブ......続きを読む»

中国オープン 張本VSサムソノフ ~100年に1人の素材と生きるレジェンド~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

中国オープン1回戦。最大の注目カードは13歳の新鋭張本と41歳の大ベテランサムソノフの28歳差対決だ。 サムソノフは41歳ではあるが、昨年のリオ五輪では4位。現在の世界ランクも12位。 張本が生まれる前の時代に世界NO1に輝き、張本が成長している間ずっと世界のトップ戦線で戦い続けたヨーロッパ卓球界のレジェンドだ。現在も第一線で戦い続けている鉄人でもある。 試合はフルゲームまでもつれる。張本がドラ......続きを読む»

卓球・中国オープン2017 日本勢・女子は石川、平野など6人、男子は13歳の張本など7人がベスト16進出!

【0 to zeroのhorizon】

中国オープン2017は、本戦1回戦が行われました。 日本選手は女子が9人、男子は11人、本戦・1回戦にのぞみました。                                           1回戦突破の選手 女子 石川佳純(6位) 平野美宇(7位) 伊藤美誠(10位) 佐藤瞳(12位) 早田ひな(19位) 森さくら(35位) 男子 丹羽孝希(9位) 松平健太(18位) 村松雄斗(21位)......続きを読む»

中国オープン みまひなペア復活の勝利

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

世界卓球で銅メダルを獲得した伊藤美誠と早田ひなのみまひなペアが中国オープンにエントリー 早田は萩村杯を膝の怪我で棄権していただけに、今回みまひなペアは試合ができるかどうか不安だった。 動画で試合を見ると、怪我明け緒戦なのに世界卓球銅メダルをとった自信からなのか、二人からは風格さえ感じられ、韓国ペアをまったく寄せ付けずストレート勝ちをおさめた。見事な復帰戦だったと思う。 次は陳夢と朱雨玲の中国ペア......続きを読む»

卓球女子・中国オープン2017 全組み合わせ決定 日本選手は石川、平野など本戦に9人出場、橋本、森ら4人が予選突破!

【0 to zeroのhorizon】

ジャパン・オープンからほぼ間をおかずに行われる中国オープン。 ジャパン・オープンに出場しなかった中国トップ3…丁寧、劉詩文、朱雨玲も出場するレベルの高い大会となります。 ちなみに、ジャパン・オープンの優勝は中国のSUN Yingshaでした。 また、日本選手の最高成績は、平野美宇、伊藤美誠のベスト8でした。 中国オープンは本戦32枠の組み合わせが決まり、日本選手・女子は9人が出場となります(男子は......続きを読む»

中国オープン 木原VS孫穎莎 ~真剣勝負する気にもならないレベル差~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

萩村杯の熱戦冷める間もなく中国・成都でチャイナオープンが開幕。 予選トーナメントで萩村杯一般女子優勝の孫穎莎とU-21女子で史上最年少優勝まであと一歩に迫った木原美悠が対戦した。 結論から言えば、レベル差がありすぎて木原は孫穎莎の相手にならなかった。 第1ゲームは孫が11-1でモノにする。孫は第1ゲームで木原との実力差を察知したようで、第2ゲーム以降は気持ちの入っていない適当なプレーを連発し、孫......続きを読む»

中国版・平野美宇台風再び? 卓球中国オープン

【田端到の東京五輪&ヤクルト・スワローズ研究所】

 卓球のジャパンオープンは中国の16歳、孫穎莎(スンインシャ)が女子シングルスに優勝。ダブルスと合わせて二冠達成した。  みうみまと同じ2000年生まれで、昨年9月のアジアジュニアでは平野美宇をストレートで負かした若手。世界選手権の前には平野美宇の模倣選手を務めた。  という話は以前にも書いたが、調べようと思って「スン・インシャ」で検索したら、私のその記事がトップに出てきて驚いた。やったー、どうせ......続きを読む»

卓球萩村杯 吉村・丹羽ペア ~アップダウンサービスの明と暗~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

銀メダルを獲得した吉村・丹羽ペアにとってアップダウンサービスという決め手の明と暗が出た大会だった。 明るい部分が出たのは同国対決となった準決勝の森園・大島ペア戦 取った3ゲームはいずれも9-9、9-7、10-8から吉村にサーブが回り、 吉村のアップダウンサービスで先手を取った展開で試合をものにできた。 暗い部分となって出たのは決勝の馬龍・許昕ペア戦 1ゲーム目は拮抗した試合内容で、9-7とポ......続きを読む»

卓球女子 中国オープン2017のシード・組み合わせが発表 石川、平野、伊藤らは予選免除、中国トップ3も参戦!

【0 to zeroのhorizon】

直近に行われたジャパン・オープンでは、平野美宇、伊藤美誠のベスト8が日本選手の最高成績でした。 2人とも中国選手に準々決勝で敗戦しており、中国勢の壁はまだまだ高いのかなという印象もあります。 一方で、佐藤瞳はYUAN Xuejiao(-)、伊藤美誠は陳可(-)を破るなど、中国勢に勝利しており健闘も光りました。 今大会はジャパン・オープンには不出場だった丁寧(1位)、劉詩文(2位)、朱雨玲(3位)とい......続きを読む»

卓球萩村杯 ~水谷再出発~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

世界卓球で13歳の張本に敗れ、このまま日本代表から後退していくかもしれないと思われた水谷が3位入賞を果たした。そこで日本のエースがショックを払しょくし、再スタートを切るきっかけとなった2試合を振り返ってみたい。 ◆準々決勝 対李尚洙 水谷 4(6、9、ー4、ー6、ー8、7、10)3 李尚洙 前の試合中国代表のを破り、勢いにのる李尚洙が相手。水谷にとって厳しい戦いが予想されていた。 試合はお互いサー......続きを読む»

卓球萩村杯 伊藤VS王 ~見た目は女子校生、心は卓球の鬼~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

準々決勝で伊藤と王が激突。 同世代の日中ライバル対決だが、過去の対戦成績は伊藤の3戦全敗。 伊藤の苦戦が予想されたが、試合は王のアップダウンサービスを読んだ伊藤が主導権を握る。第1・第2セットを幸先よく連取。第3セットは序盤王が逆襲、3-9とリードされる。しかし伊藤が怒涛の追い上げを見せ、10-10のデュースに持ち込み、相手サーブからの4球目をスマッシュで決め、11-10とついにセットポイントを握......続きを読む»

萩村杯 平野VS陳夢 ~逆襲の陳夢の怨念パワーは凄まじかった~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

東アジア選手権決勝で激突した平野と陳夢が再び激突。 アジア選手権で敗れ、反省文を書かされた上に体育館に張り出された陳夢の憎しみと恨みのパワーのすさまじさを思い知らされることになった。 陳夢の怨念はまずサーブに乗り移った。 1球ごとに違う球種、スピード、コースに出すだけでなく、サーブを出す立ち位置まで変える念の入れよう。 フォア前に横回転のサーブだしたらサイドラインから球が横に逃げる程キレていた。 ......続きを読む»

王国の背中は見えて来たが、その背中はやはり厚い。

【観戦のすゝめ】

2017 JAPAN OPEN TOKYOを観に行って来ました。 今月の上旬に行われた世界卓球選手権では日本勢が好成績を挙げたので、その余韻が残っているかと思い珍しく前売りを買っていたんですが、そうでもなかった。(笑) 大会は6/14(水)から始まっていましたが、張本くんが予選敗退したとか、石川佳純が負けたとかニュースでちょっとやっていただけでしたからね。 ミーハー的には張本くんは観てみたかった......続きを読む»

卓球ジャパン・オープン2017 ベスト8に平野、伊藤、水谷、丹羽が進出!

【0 to zeroのhorizon】

ジャパン・オープン2017が行われていますが、1回戦、2回戦が終了して、ベスト8が出そろいました。 昨年を振り返ると、女子の最高成績は早田ひな(当時37位)のベスト8でした。 石川、伊藤は2回戦敗退、平野、福原などは1回戦敗退でした。 今年は昨年の成績を超えられるか注目です。                                            1回戦に日本勢8人が出場した女子シン......続きを読む»

卓球ジャパン・オープン2017 ベスト8に平野、伊藤、水谷、丹羽が進出!

【0 to zeroのhorizon】

ジャパン・オープン2017が行われていますが、1回戦、2回戦が終了して、ベスト8が出そろいました。 昨年を振り返ると、女子の最高成績は早田ひな(当時37位)のベスト8でした。 石川、伊藤は2回戦敗退、平野、福原などは1回戦敗退でした。 今年は昨年の成績を超えられるか注目です。                                            1回戦に日本勢8人が出場した女子シン......続きを読む»

卓球萩村杯女子 ~中国との差は縮まっている~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

今日は女子で日中対決3試合が行われ、日本が2勝1敗と勝ち越した! 注目の3試合を振り返りたいと思う。 石川佳純VS王曼昱 王曼昱のアップダウンサービスは石川にまったく通用しなかった。 たぶんミックスダブルスの相方から見分け方を教わったものと思われる。 相手のアップダウンサービスの脅威を取り除き、石川有利に試合は進むかと思われたが、2セット目以降は王曼昱がサーブ以外の部分でも石川と渡り合えるところ......続きを読む»

萩村杯 張本VS梁靖崑 ~13歳の可能性と課題~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

youtubeで張本VS梁靖崑の試合を観戦。 張本は可能性を見せたものの試合内容は完敗だった。 通用していた部分もたくさんあった。たとえば ・中国のトップ選手相手でもサービスエースが取れるくらいキレのあるサーブとサーブの多彩さ ・バックハンドでの強打時にどのコースに打ってくるか分からないバックハンドスマッシュ ・天性の当て感と守備力 ・打つ直前までコースが分からないバックハンドチキータ これら......続きを読む»

萩村杯女子トーナメント ~日本代表VS平野のコピー選手~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

アジア大会で平野が中国代表選手に3連勝後、中国は平野対策として平野のコピー選手を作ったことが日本でもニュースになった。 世界選手権では中国のエース丁寧が平野を破り、コピー作戦は成功に終わったが、平野のコピーとして使われた若手選手が、平野のコピーではなく、萩村杯にノーシード選手として送り込まれた。 元々実力者の彼女らは当然のように予選を突破。 本大会では日本の若手と全面対決しそうな雰囲気がただよう。 ......続きを読む»

ジャパン・オープン2017・全組み合わせ決定 日本から女子は石川、平野ら8人、男子は水谷ら10人が本戦出場!(荻村杯)

【0 to zeroのhorizon】

ジャパン・オープン2017は予選が終わり、シングルスは明日6月16日から本戦が始まります。 男女とも、本戦32枠の出場選手が決まりました。                                            日本選手・女子 石川佳純(6位) 平野美宇(7位) 伊藤美誠(10位) 佐藤瞳(12位) 橋本帆乃香(16位) 早田ひな(19位) 加藤美優(25位) 森さくら(35位)   ......続きを読む»

萩村杯男子予選トーナメント ~予選なのに張本の相手が強すぎる~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

今日から予選トーナメントが開幕。 予選トーナメントはシードを外れたノーシードの中から本選進出決定者を決めるトーナメントなのですが、いきなり大注目のカードが組まれる可能性が出てきた。 世界卓球で史上最年少でベスト8入りした張本と中国期待の若手梁靖崑が本選進出決定戦で当たることになりそうなのである。 張本の活躍は説明するまでもないが、対戦相手の梁靖崑がかなり強い。 中国代表選手として出ているだけで......続きを読む»

萩村杯女子プレビュー~日本の若きカットマンの挑戦に注目~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

萩村杯が明日開幕。 今日になってようやく組み分けが発表になりました。 大会前日になってようやくトーナメントが分かる大会はどうなの? という気持ちはあるが、興味深い山もできたので展望を予想していきたい。 (馮天薇ブロック) 4馮天薇/シンガポール 予選勝者 予選勝者 17社凱栞/香港 18単暁娜/ドイツ 予選勝者 予選勝者 予選勝者 12佐藤瞳 世界ランキング4位の馮天薇が第一シードのこの大会 ......続きを読む»

ジャパン・オープン2017 シードの組み合わせが発表! 石川、平野、伊藤、水谷、張本など出場!

【0 to zeroのhorizon】

ドイツで行われていた世界卓球では、メダルラッシュを見せた日本代表。                                            世界卓球・獲得メダル 金:混合ダブルス(石川・吉村) 銀:男子ダブルス(森薗・大島) 銅:男子ダブルス(丹羽・吉村) 銅:女子シングルス(平野美宇) 銅:女子ダブルス(伊藤・早田)                                  ......続きを読む»

世界卓球を終えて。平野美宇対策と混合ダブルスの新ペア

【田端到の東京五輪&ヤクルト・スワローズ研究所】

●平野美宇対策として、中国がどんな作戦を立てて今大会にのぞんだのか。 これは丁寧との一戦後、李隼コーチが中国メディアのインタビューに具体的に答えている。李隼コーチは張怡寧、李暁霞らを育ててきた名伯楽。 「戦術的にもっとも重要だったのは、平野に対してバックスピン(ツッツキ)のボールを多く使うこと。平野はトップスピン(ドライヴ)の打ち合いには強いが、バックスピンはそうでもない。ツッツキの球をドライヴ......続きを読む»

世界卓球~日本代表選手のインタビューについて思うこと~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

本日の午後ドイツからの直行便で選手団が帰国。 200人のファンや報道陣が出迎え、全国ネットのワイドショーで選手のインタビューが流されている 姿に日本人の世界卓球への関心の高さをうかがえる。 卓球は暗いスポーツと認知されていた時代に卓球部に所属していた自分には 全国規模のワイドショーで卓球選手のインタビューが生で流れるのは 日本で卓球の人気上昇を象徴しているようでとてもうれしい。 インタビューを受......続きを読む»

世界のどこより早く大舞台を経験した日本卓球陣ティーンエージャー

【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

世界卓球2017が終わりました。 進境著しくかつての強さを取り戻しつつある日本卓球陣。 今回混合ダブルスで石川・吉村組が金メダル。 男子ダブルスで森薗・大島組が銀、丹羽・吉村組が銅。 女子ダブルスが伊藤・早田の16歳コンビが銅メダル。 女子シングルスでハリケーン平野が銅メダル。 その他にも男子シングルスで史上最年少13歳で張本少年が堂々のベスト8。 東京オリンピックに向けては正に視界良好と言って差し......続きを読む»

世界卓球女子ダブルス準決勝 

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

負けたけど、可能性は十分見せつけた試合だった。 台上プレーでは負けていなかったし、16歳同士のコンビネーションもとてもよかった。 ただ、明るい未来への将来性は見せてくれたが、金メダルまでの距離は男子ダブルスの大島・森園ペアに比べると少し遠いとも感じた。 遠く感じられた理由は取られた4セットですべて4ポイント以上連続で取られている場面があることだ。 相手が狙いや戦術が変更した時に対応が遅れて連続......続きを読む»

世界卓球《張本VS許昕》~驚異の中学生~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

13歳が世界最強ペンホルダー許昕相手にどれだけ通用するかな? と思いながら見ていたが、普通に通用していたのでビックリしました。 打ち合いでも負けない。 許昕の裏をかくフリックやバックハンドを見せる。 サービスエースも何本か取っていた。 世界最強ペンホルダー相手でも格下感はほとんど感じさせなかった。 それどころか末恐ろしいプレーまで披露してくれた。 セットカウント1-3で迎えた第5セットゲームカ......続きを読む»

やっと少し中国の背中が見えて来たかな。

【観戦のすゝめ】

2017世界卓球選手権ドイツ大会(個人戦) 最後まで勝ち残っていた伊藤・早田が女子ダブルス準決勝で敗退し、日本勢の世界卓球選手権は終了してしまいました。 ・男子シングルス 張本智和 男女通じて史上最年少ベスト8 ・女子シングルス 平野美宇 48年ぶり銅メダル獲得 ・男子ダブルス  大島祐哉・森薗政崇 48年ぶり銀メダル獲得          吉村真晴・丹羽考希 銅メダル獲得 ・女子ダブルス  伊......続きを読む»

世界卓球男子ダブルス決勝~ダブルスで中国を破る日は近い~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

男子ダブルス決勝をyoutubeで観戦。 いや~惜しかった。 セットカウントこそ1-4で完敗のように見えるが、試合内容はほぼ互角。 森園と大島のイケメンダブルスに勝利の女神がもう少し思いを寄せてくれていたら 日本人二人の首に金メダルがぶら下がっていただろう。 本当にあの一打が入っていたらとか、あれが決まっていたら勝敗が逆転していた と思わせる場面ばかりの試合だった。 個人に目を向けても森園のサー......続きを読む»

世界卓球ミックスダブル決勝戦~自分たちの武器を信じる大切さ~

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

ついにこの日が来ました! 日本卓球48年ぶりの金メダル!! 個人的には金メダル取れてうれしいという気持ちより ついに取ったんだ~と しみじみと味わうような喜びが徐々に広がるような気持ちです。 決勝戦を見て改めて思ったこと それは自分の得意技を持つ大切さ。 ここでいう得意技とは 石川・吉村ペアが得意とするサーブとドライブの事。 この決勝戦4セット目まで 石川・吉村ペアはドライブと台上で払うプレ......続きを読む»

世界卓球2017で日本旋風、メダル5個確定! 48年ぶりに獲得した平野美宇は世界1位との準決勝へ!

【0 to zeroのhorizon】

世界卓球2017がドイツのデュッセルドルフで行われています。 デュッセルドルフはヨーロッパ屈指の日本人街がある場所でもあります。 そういった部分でやりやすさもあるのでしょうか…今大会は日本選手が大いに活躍しています。 リオ五輪では、女子団体(銅)、男子団体(銀)、水谷隼(銅)と、3つのメダルを獲得した日本。 プロリーグ発足に向けた第一歩も決まるなど、卓球が盛り上がっています。 女子の方で見れば、......続きを読む»

世界卓球 ~平野美宇VSフォン~ シンガポールのシンボルアスリートも撃破!

【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

17歳の平野がロンドン五輪銅メダリストのフォンにストレート勝ちした。 勝てた要因はふたつ ひとつはフォンが平野のサーブと展開の速さになれる前に平野から仕掛け、出鼻をくじいたことだ。 平野が仕掛けたポイントは二つ。多彩なサーブレシーブとバックハンドからの高速ラリー 特に最初の2セットはフォンが全く対応できなかった。 シンガポールの英雄に何もさせないほどの卓球をした平野の実力に改めて驚かされる。 ......続きを読む»

  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss