ジャンル別一覧:J1・ルヴァン杯

第933回toto 予想のまとめ

【当てtoto】

みなさん、こんにちは。小幡です。 今週の予想が出揃いました。 今節、一番pt差があるのが、福岡-群馬戦の福岡で、+185ptとなっています。 その他、仙台、FC東京、徳島が160pt差以上あります。 前節はキャリーオーバーが発生し、約9000万円が2人当選とBIGな配当金が出ました。 浦和-清水戦は、清水勝ちの投票率が約6%でしたが、やはり不安は的中し、引き分けでした。 レーティ......続きを読む»

【J1第13節】 新潟戦@ユアテックスタジアム仙台

【せんだいサッカー日和】

久々の更新になりました。 今週末はJ1第13節。仙台は明後日の日曜の13時からホームで新潟戦。 【J1順位表】 下位9クラブの順位。 順位 クラブ 勝点 得失差 10 磐田  15 0 11 鳥栖  15 -2 12 清水  14 -2 13 仙台  14 -11 14 甲府  13 -4 15 札幌  12 -7 —(J1残留ライン)—————– 16 広島  9 -8 17 新潟  8 ......続きを読む»

それでも結局やる鹿ない!!!

【サッカーをぼそぼそつぶやく】

アウェイ広州ACL。負けた……。これは痛い…。 とにかく今はせっかくここまで勝ち進んできたACLが、次勝たないと終わってしまうという事実だけ。 手ごわい相手ですが、とにかくチーム一丸となって腹をくくってやるしかないんだということ。 とにかく今目の前のことを全力でやるしかないということ。 ここで負けたら次、ACLにいつ出場できるかもわからない。 苦しい状況ですが、むやみに前に出ていく必要はな......続きを読む»

好調、柏レイソル、代表初選出の中村航輔は輝くか?

【当てtoto】

第933回toto 布施の予想   サッカーファンの皆さん、こんばんは、布施誠です。昨日はアジア最終予選・イラク戦に臨む日本代表のメンバーが発表になりましたね。6月7日に国内でシリアとの親善試合を戦って13日にイラクとアウエーでアジア最終予選という日程ですが、どうなるか?予選突破はもちろんですが、新しく選ばれたMF加藤恒平(RECベロエ・スタラ・ザゴラ)のほか、GK中村航輔(柏レイソル)、DF宇賀神......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】天才から学ぶ天才でないクラブの立て直し方 ~呂比須アルビの船出~

【白鳥城の騒霊】

将棋界の天才といえば藤井聡太(14)。 サッカー界の天才といえば久保建英(15)。 藤井四段が世間を驚かしたひとつが羽生善治三冠を破った対局。 羽生三冠が「全く隙がない将棋を指した」「どこが敗因かわからない」といわれるほど、藤井の出来でした。 たしかこのとき羽生三冠は、「(藤井四段が)まったくミスをしなかった。途中どこかでミスするものだけど、それもなかった」と言ってました。 ミスをしない。当たり......続きを読む»

【ルヴァン杯 第6節】 vsヴィッセル神戸~ヤバイ。

【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

セレッソ大阪 vs ヴィッセル神戸  5/24(水)  19:00 K.O. at キンチョウスタジアム  セレッソ大阪 1-0 ヴィッセル神戸    11分 藤本(セレッソ) ホンマにこの監督はヤバいです。 基本、ミッドウィークやカップ戦はスルーの管理人ですが、 書かずにはいられませんでした。 ルヴァン杯もグループリーグを無敗で切り抜けました。 次節、神戸の結果次第ではありますが、現在は首......続きを読む»

5/24アルビレックス新潟VSヴァンフォーレ甲府【ルヴァン杯第6節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

本日のスタメン [GK] 21 守田 達弥 [DF] 25 長谷川 巧 33 西村 竜馬 2 大野 和成 26 酒井 高聖 [MF] 15 本間 勲 13 加藤 大 29 森 俊介 20 端山 豪 23 酒井 宣福 [FW] 16 平松 宗 【こうずのチーム採点・寸評】 アルビレックス新潟 5.5 良かった点から。 右SBの長谷川が非常に良かった。クロスの質、状況判断......続きを読む»

フレイレ賛否両論(△3-3浦和)

【m_maruのエスパルス観戦日記】

・浦和の3点目 https://www.jleague.jp/video/detail/5286/ 1)興梠,楔を受けるフリをしてスルー 2)フレイレ,目の前を通り過ぎるボールに気を取られ,興梠から一瞬目を離す 3)関根がボールを受ける 4)興梠,関根がボールを受けたのを確認してスプリント開始 5-1)フレイレ,興梠を見失いつつも,関根からのパスを警戒して後ろに下がる 5-2)↑とほぼ同時に,......続きを読む»

小さな巨人

【ダブルボギーの憂鬱】

「小さな巨人」、このドラマ面白くて好きですが別にドラマの話ではありません。 今年の川崎にピッタリのタイトルです。 大島が試合を作り、阿部・長谷川がシュートを決める。シーズン当初にこんな川崎フロンターレを誰がイメージしたでしょうか? 正にチーム阿部、チーム大島です。 特に大島復帰後は全勝です。 昨夜の試合は大島僚太と中村憲剛のボランチの差がはっきり表れたように感じました。 中村憲剛は下がってゲームメイ......続きを読む»

清水エスパルスの勇気という名の攻撃 浦和レッズの覚悟という名の攻撃

【猫に小判】

勝負というのは、時に誰も予測ができないほどの展開になることがある。 正直、あれだけ押し込まれていたのにもかかわらず、2点差をひっくり返すとかもう訳が分からなくて面白い。あの展開でゴラッソ2発とか予測不可能。勇気と覚悟がぶつかり合うとそれはクレイジー。 ■中盤の空洞化 3-6-1でスタートするレッズ、というよりミシャスタイルのビルドアップは中盤を空洞化させる世界でもまれな希少なスタイル。......続きを読む»

ええ加減に…

【ゆるゆるレッズサポ】

浦和3-3清水  疲れた。本当に疲れたこの試合。疲れたし、憤懣やるかたない試合。新潟戦の感想では、6-1という点差ほど内容は良くなく、不安である旨を記したが、この試合はそれが多少なりとも当たった感じ。少なくとも、優勝を狙うチームの試合ではなかっただろう。今から決めつけるのも何だが、このままではレッズは今年も優勝できないのではないかという思いが強くなった試合であった。 ・暑い  5月というのに30......続きを読む»

2017 Jリーグ 12節

【no title】

J1① 鹿島−川崎 お互いACLがあるとはいえ、金曜の夜には勿体ない試合 今シーズンより過密日程の影響を受けているのは鹿島の方だろうか?選手層は川崎よりも厚い気がするが、戦術の浸透度は川崎に分があるように思う。 この日はレアンドロ、金森が先発していたがこれといった活躍は出来ず。特にレアンドロはチームのブレーキになっていた 一番気になったのは粘りの無さ。先制点はカウンターだったので仕方ないとし......続きを読む»

内容と結果が伴うには~J1第12節 横浜Fマリノスvsベガルタ仙台~

【ヒグのサッカー観戦日記】

 2週連続の更新です。横浜Fマリノス戦を取り上げます。  前節、甲府に勝利し連敗を脱したマリノス。開幕直後こそ好調だったものの、ここ最近は勝ったり負けたりが続いている様子。今節は前田が前節と変わって先発で起用されている。  一方、最下位大宮に手痛い敗戦を喫した仙台。立て直しを図りたい今節はクリスランに代わって奥埜を起用。ワントップに石原、シャドーにリャンと奥埜という形を取った。また、ベンチには開幕......続きを読む»

5/20アルビレックス新潟VS北海道コンサドーレ札幌【Jリーグ第12節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 1 大谷 幸輝 DF 27 堀米悠斗 4 ソン ジュフン 24 川口 尚紀 50 富澤 清太郎 MF 8 小泉 慶 10 チアゴ ガリャルド 7 ホニ 30 ロメロ フランク 9 山崎 亮平 FW 49 鈴木 武蔵 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟6.5 呂比須監督の初陣ということで期待を大きくしてDAZN観戦。 結果は1-0で勝利。ホームでの勝利......続きを読む»

どん底から這い上がるために

【ピッチに紫の風が吹く】

先週、大阪の地で言葉を発することが出来なかった。 日曜日の朝、町内の溝掃除に参加して、そこからキンチョウスタジアムに向けて新幹線に乗るために車を走らせた。 キックオフが15:00だった為、試合開始には十分に着く予定だ。 こだまが着く最寄り駅でなく、のぞみが着く駅まで走りのぞみに乗った。 約1時間で新大阪に到着。 そこで、東京に出張に行っていた旦那と合流しキンチョウスタジアムに。 15:00キック......続きを読む»

【広島】新着ツイートに戦々恐々 ~甲府戦を終えて~

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

2017年5月20日、土曜日。 今回は、映像で観ることができなかった甲府-広島戦について、素朴に書いてみようと思います。 まず、スタメンから工藤と千葉ちゃんが外れましたが、私は、外れるならば塩ちゃんの方かな、と実は思ってました。 今年は現状、特に塩ちゃんと青ちゃんが、責任感が強すぎるあまり、入れ込みすぎて、逆に上手くいっていない感じでした。 なので、塩ちゃんには一度、ベンチから試合を観ること、を......続きを読む»

【鹿島】 vs 川崎。厳しい戦いは我々が望んだもの。下を向いてはいけない

【常勝紅鹿】

第12節 鹿島 0-3 川崎 (19, 失点) (45, 失点) (61, 失点) 12時過ぎに帰宅し、疲れていたので今朝がた試合を見た。後半は見ているのが辛かった。 いやはや、こんな展開になる感じではなかったが、あれよあれよと決められてしまい…。1失点目、2失点目はクォンスンテが一度は見事なセービングをみせたが、味方の援護もなく、それぞれ2度目のシュートで決められてしまった。クォンスンテに......続きを読む»

成果と課題

【サンチェ体操が出来ました!】

今日のヴァンフォーレ甲府戦、守備をみてるとまだまだ先行きは不安だなと思いました… 攻撃のコンビネーションが良くなりつつあるのは、セレッソ大阪戦の1点目をみても明らかかと 今日の成果は、1点目の皆川のターン、これに尽きるんではないでしょうか あの位置で前向いたのにシュート打たないから、一瞬ガクッとなりましたが… あと、同点になる少し前の青山からのクロスに合わせたヘッドは決めて欲しい… それでも、次......続きを読む»

浦和サッカーは危険と隣り合わせ

【地球は青い!】

これまた久しぶりの更新。これを機にまた次の試合から毎試合更新していければ、と思っている。 本日は、最初なので少し長くなる。 12節まで終わって勝ち点23。順位は今はどうでもいい。順位を気にしていると相対的に引っ張られて取れる勝ち点も失ってしまう。大切なことは昨年ベースの勝ち点をひたすら目指すこと。そう考えると、今年は数字的には全く伸ばせていない。 本日の清水戦。非常にサポーターにとってはフラスト......続きを読む»

【2勝目】C大阪戦から何が変わったのか?【甲府戦】

【紫熊のサンフレ観戦記】

前節大敗してしまったセレッソ大阪戦。 仕事だったのでネットで結果を見て…。 なかなか内容をチェックする気にならなくて一週間経ってしまいました。 なんとかダイジェストのみ確認して見ましたが、なんのことはない単純に自分達のミスでやられた試合でしたね。 キープしたい楔をカットされてのカウンター&してはいけない空振りのスライディング。 どうにもマークを外してしまうセットプレイ。 先制点の......続きを読む»

「J1」清水の戦い、連勝&逆転負け。

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

祝!!立田、U-19日本代表選出!! 3/11 明治安田生命J1リーグ 第3節 アルビレックス新潟VS清水エスパルス @デンカビッグスワンスタジアム 試合結果 新潟 0ー2 清水 得点者 鄭大世(清水)   76分 松原后(清水) 90+3分 マン・オブ・ザ・マッチ    【松原后】 得点に、守備でも奮闘。 ゴールデンボール  【鄭大世】 先制弾。 3/18 明治安田生命J1リ......続きを読む»

【第12節】 vs大宮アルディージャ~ユン監督の修正力による”強さ”。

【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

セレッソ大阪 vs 大宮アルディージャ  5/20(土)  16:00 K.O. at NACK5スタジアム大宮 ①スタメン    健勇           山村  曜   清武    ソウザ  蛍 丸橋 達也 ヨニッチ 陸    ジンヒョン ②試合結果  セレッソ大阪 3 - 0 大宮アルディージャ  63分 清武(セレッソ大阪)  76分 山村(セレッソ大阪)  86分 健......続きを読む»

J1・J2入れ替え戦について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】  先日、Jリーグ実行委員会が開催され、J1、J2入れ替え戦について議論が行われましたが、継続審議になったようです。今回はまた、新しい形のプレーオフ案も出てきたようです。2つのメディア報道を続けて抜粋して紹介。     【J1は賛成、J2反対多く Jリーグ入れ替え戦議論:日刊スポーツ】  各クラブの社長らが集まるJ2実行委員会が16日に開催され、実行委員会では、来季の入れ替え戦復活につ......続きを読む»

呂比須監督初陣に向けて

【アルビレックス新潟シンドローム】

火曜日から着任してシステム変更含めて濃いトレーニングをしてきたと各メディアの報道を見たところ、どうやらシステムは4-4-2から4-2-3-1へと変更するようだ。 守備の安定というシステム変更というよりも個人的にはチアゴをトップ下、ホニをサイドで使う点で攻撃が以前よりやりやすくなるのでは?という感想を持った。 札幌とは終盤まで残留争いのライバルとなる可能性があるので、なんとしてでもここで勝利をして......続きを読む»

第931回toto 予想のまとめ

【当てtoto】

みなさん、こんばんは。小幡です。 先週は、mini-totoB組が200円の投資で約2500円が当選いたしました。 今週は、totoが約9500万円のキャリーオーバーが出ていますね。 というわけで、私のレーティング予想も、100pt差が5試合と、キャリーオーバーを狙い撃ちするには絶好となっております。 2.札幌 +113 5.G大阪 +146 6.浦和 +190 10......続きを読む»

ACLのために、今日の試合は仕方がないと自分に言い聞かせる。 鹿島 0-3 川崎

【二つの歓喜をもう一度!】

早々と優磨のヘディングが決まっていれば・・・・ 決定機の数では勝りながら、得点は奪えず。 金崎が一矢報いそうになりましたが、GKの壁が・・・ 植田の負傷で巡ってきたチャンス、そのチャンスをもらった町田までも負傷退場。 ちょっとけが人が多すぎて苦しくなってます。 しかし、今日の敗戦はACLのためと割り切るしかないです。 今のメンバーで、今日の試合も来週の広州戦もとなると、 まだ先は長く、挽回可能な......続きを読む»

VS川崎 0-3 ●

【鹿浜応援blog】

ホームで勝てない呪縛というか、相手以上の内容で上回っても結局敗戦です またもカシマスタジアムで敗戦でした 前半の内容は鹿島が上回っていました、決定機、ボール支配共に鹿島が上回っていたものの、ゴールは川崎に2発のみ 川崎の教科書通りのカウンター2発に沈み、ゴール欠乏症のみが鹿島に残された前半でした 決定力の差が試合結果の差です 前半、優磨に訪れた3度の決定機、どれもゴールに繋がらず、2度目の決定機......続きを読む»

【ベガルタ】過密日程、いったん終わり

【ことサッカー】

J1リーグ第11節 大宮アルディージャ VS ベガルタ仙台 2017年5月14日(日)17:00K.O. 大宮2-1仙台 @NACK5スタジアム大宮 日曜の試合から4日たち、 ようやく平静をとりもどしつつある。 時の経過にはヒーリング効果があり、 傷ついた心をいやしてくれる。 あんな時代もあったねと、いつか笑って話せるような、 そんな時が来ることを願いつつ。 ・・・と、いうくらい、大宮戦の敗戦......続きを読む»

呂比須新監督就任のアルビレックス新潟、大丈夫か?

【当てtoto】

第931回toto 布施の予想   サッカーファンの皆さん、こんばんは、布施誠です。今回は4試合予想してみました。前回は3試合予想して2試合が当たりましたが、さて今回はどうなることか。  ところでアルビレックス新潟、元気がないですね。2004年にJ1昇格して以来J1に留まってはいますが、ここ数年は下位に低迷するシーズンが多く、中位さえうかがうのが厳しいのが現状です。今季は新監督の三浦文丈氏に早々に見......続きを読む»

【広島】思い出した「エール」の言葉を、今、サンフレッチェに送る。

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

1.「同志」へのエールを思い出していた 勝利できずに苦しんでいるサンフレッチェ広島を見ていて、何度か思い出していたことがあります。 2014年10月、私は、「オリジナル10の同志として ~清水戦レビュー~」という記事を書きました。 当時、清水エスパルスは、大宮やC大阪などと、厳しい残留争いの真っ只中にいました。 この広島-清水戦は、3-1で広島が勝利したのですが、2-0になったとき、清水ベンチは......続きを読む»

呂比須ワグナー 監督就任会見を見て

【アルビレックス新潟シンドローム】

メンタル的な部分から入っていく パスを繋いで攻撃をするサッカー いい選手はいる 俺が決めるというストライカーを使いたい 反町と親交がありアルビは気にしていたチーム 気になった部分を抜き出してみた。 守ってカウンターを掲げた三浦アルビは、その根幹の守備が崩壊して悲惨な状況であるので、パスサッカーがどうってことはないんだが、去年の吉田アルビで散々ポゼッションサッカーができずに低迷したチームだ......続きを読む»

この試合を糧にできるかどうか~J1第11節 大宮アルディージャvsベガルタ仙台~

【ヒグのサッカー観戦日記】

 さて、今回は大宮アルディージャ戦を取り上げます。二回連続で大宮戦になったのはたまたまです。  前節は札幌に敗れた大宮。ミッドウィークのルヴァンカップでも打ち合いの末にFC東京に敗れている。今節は3-5-2のシステムから4-4-2のシステムに戻した。ケガ明けの菊地がスタメンに復帰。またムルジャもスタメンで起用されている。  前節はFC東京に敗れた仙台。惜しいシーンを作りながらも決めきることができず......続きを読む»

2017Jリーグ 第11節 新潟✕浦和 流れは自ら引き寄せろ!

【浦和な生活】

この日は全国的に母の日ってことで朝からイオンへいって買い物して実家へ。プレゼントを購入してたい焼きの手土産持参で。実家に着くと何故か息子はギャン泣き・・・じぃじを見てなんだかびっくりした様子。お父ちゃんがいきなり老けちゃったのか?って思ったのかなぁ。お父ちゃんはあなたを抱っこしていたけどw 少しあやして落ち着かせたら、とりあえずご飯食べちまえ~ってことで食べさせたら・・・その後はそれはもう暴れたい放......続きを読む»

常勝を支える

【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

2週間でたくさんのことがあった。痛感したのはプロスポーツ選手で一番最悪なのは怪我をすること。起こってしまったことはしょうがない。誰が悪いわけではない。連戦による疲労。満身創痍のCBをフォロー。心無い人間からの心傷。一番傷つき、一番悔しいのが誰か。鹿島の一員なら誰でもわかる。休ませるべきだった。そんなコメントを目にする。それをしないから常勝だ。心無い人間の行いですら、そのせいにはしてはいけない。誰も悪......続きを読む»

色々と痛すぎる1試合。 鹿島 1-2 神戸

【二つの歓喜をもう一度!】

今日もホームで敗れ、1節で首位を明け渡してしまいました。 4分ペドロが先制点を奪ってくれていれば、試合は大きく違っていたんですけどね。 相変わらずチャンスメイクのは優れていますが、決定的に得点力が不足しています。 その後、2点立て続けに失点。 1つ目はFKからの競り合いで、結果的に西のオウンゴール。 その後立て続けに、渡辺に今季初得点を献上。町田がマークを外される痛恨の失点でした。 もう1回前半......続きを読む»

内容が…

【ゆるゆるレッズサポ】

○浦和6-1新潟 ・不安材料  公式戦3連敗中、しかもいずれも無得点の浦和。リーグ戦3連敗中で17位に沈む新潟。どちらも冴えない状態のチーム同士の対戦。リーグ戦における過去の対戦成績は、浦和の20勝5分1敗と非常に相性が良いものの、ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)では4勝2敗、一昨年はビッグスワンで5-0で負けたこともある。決して侮れない相手である。また、出場停止中の森脇選手の代わりをどうするの......続きを読む»

【第11節】 vsサンフレッチェ広島~キヨのメリ・デメリが良くわかるゲーム。

【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島  5/14(日)  15:00 K.O. at キンチョウスタジアム ①スタメン    健勇           山村  曜   清武    ソウザ  蛍 丸橋 達也 ヨニッチ 陸    ジンヒョン ②試合結果  セレッソ大阪 5 - 2 サンフレッチェ広島  13分 ロペス(広島)  29分 健勇(セレッソ大阪)  32分 清武(セレッ......続きを読む»

継続と変化

【サンチェ体操が出来ました!】

本日のセレッソ大阪戦で強く感じたこと ・CKでの2失点、相手に前をとられてる ・前線でボールロストが多くキープできない 札幌戦や横浜戦での目を覆うような失点以降、 DF陣含め改善に取り組んでるはずだろう 前線も連携を高めるべく練習してるだろう 前線も今日の1点目のコンビネーションは、 リーグでは今年初くらいに綺麗な崩しだったが、 相変わらず前線での安易なボールロストが多い 今日はそもそも前半......続きを読む»

神戸戦。またもホームで惨敗…敗因を分析

【サッカーをぼそぼそつぶやく】

神戸戦の敗因はいくつか挙げられる。 植田の欠場、遠藤、レオの負傷交代、立ち上がりの失点、不運、ACLでの疲労…… 様々な不運が重なったともいえる敗戦だったが、負けは負け。またホームで黒星を献上してしまった。 ただこれら全てが無かったとしても果たして勝てていただろうか? ……勝っていたかもしれない、ただジュビロ戦のように負けていたかもしれない。 そう。今のホームでは圧倒的に”安心感”が足り......続きを読む»

【鹿島】 vs 神戸。こういう日もある…

【常勝紅鹿】

第11節 鹿島 1-2 神戸 (10, 失点) (14, 失点) 89, レアンドロ カシスタで今季4度目の敗戦。しかし、今日の試合ほど不運が続いてしまうと、選手の努力次第ではどうにもならないのではとも思う。 開始直後のアントラーズの流れは決して悪くなかったが、西のオウンゴールで失点すると、直後にも失点。さらにポスト直撃のシュートを浴びるなど、苦しんだ。また、良い流れで試合に入っていた遠藤を前......続きを読む»

VS神戸 1-2 ●

【鹿浜応援blog】

酷すぎる試合でした、今シーズンのカシマスタジアム、同じことの繰り返しで何度も何度も敗戦を喫しています 試合内容は磐田戦と全く同じと言っていいでしょう 前半にエンジンがかからず失点、後半になってチャンスを作るも時すでに遅し 今シーズンのホームではこのような試合しか出来ないみたいですね なぜこうも前半にエンジンがかからないのか 試合の入りは鹿島が神戸を上回っていました それがセットプレーからのOGで......続きを読む»

勝ちが欲しいのはヤマヤマだが、前向きな内容だったんじゃなかろうか? ~神戸戦レビュー~

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

0.まえがき SANFRECCE Diary に書いてありましたが、5月10日にルヴァン杯で鳥栖を破るまで、4月7日のG大阪戦から1ヵ月以上、サンフレッチェ広島は勝利から遠ざかっていました。 長らく続く低成績のせいか、このところ、広島系ブログへのアクションが弱まっている気がします。 特に、(自ブログに限った話ではないのですが、)敗戦直後に載った記事へのアクセス数や「支持する」数が、私の想像よりも......続きを読む»

「J1」清水の戦い、遅ればせながら、いざ開幕!!

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

いざ開幕!!(遅い) 2/25 明治安田生命J1リーグ 第1節 清水エスパルスVSヴィッセル神戸 @IAIスタジアム日本平 試合結果 清水 0ー1 神戸 得点者 橋本和(神戸) 71分 マン・オブ・ザ・マッチ    【橋本和】 決勝点。  ゴールデンボール 【キム・スンギュ】 クリーンシート。 3/4 明治安田生命J1リーグ 第2節 サンフレッチェ広島VS清水エスパルス @エデ......続きを読む»

サポートショップ制度について(全クラブチェック) 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】  読者の方のリクエストで、この記事を更新しました。確かに少し古くなっていました。前の記事では未実施だったところが、いくつも実施になりました。J1ではすべてのクラブが導入しています。つまり、J1にふさわしいクラブのスタンダードという事なのでしょう。J3にも元J2クラブが増えてきたので、今回J3クラブも掲載しました。このサポートショップ(協賛店)制度は、当ブログの評価基準の「Jクラブの付......続きを読む»

レオシルバを無視したJリーグの調査の仕方には、到底納得できない

【情熱を真紅の鹿と共に】

色々言いたいこと、許せないことを、 ずっと整理して考えていたが、 怒り、悲しみ、憤り、悔しみ、 これらの感情が助長し、 私自身の特徴であり欠点である、 長すぎる文章というのが、 止まりそうにもないので、 それを凍結し、要点だけまとめて、 出すことしたい。 森脇選手がレオシルバに暴言を放ったと、 小笠原選手が主張し、 そしてレオシルバ選手も、 同様に森脇選手に、暴言があったことを、 悲しむコメントを......続きを読む»

第929回toto 予想のまとめ

【当てtoto】

皆さん、こんばんは。小幡です。 今週の予想が出揃いました。 私のレーティング予想は、今節は3試合です。 比較的、すんなり100pt差以上の試合をピックアップすることができました。 5.セレッソ大阪   +117pt 6.ガンバ大阪    +155pt 8.浦和       +276pt 200pt以上差がある浦和は、対戦相手の新潟の勝ち・引き分けが現時点では10%を切ってますが、......続きを読む»

【鹿島】罵倒か差別か、ではなく

【常勝紅鹿】

まずはACL首位突破を祝いたい。リーグは首位、ACLも1位通過と、痛快極まりない。「首位はアントラーズ」とはなんと甘美な響きだろうか。 次の相手は広州恒大。ACLでの実績では断然格上だが、そうした相手と戦うことにこそ意義がある。しびれるような戦いを、そして勝利を期待したい。 さて、レオシルバ、小笠原と森脇の騒動で裁定が下った。これについてスポナビでも多くの方々が鋭い指摘をされている。あえてそれらに......続きを読む»

森脇良太の侮辱発言の本質と、小笠原満男のキャプテンシー。原因は認識のズレ。

【赤の血潮と、青の魂】

5/4の浦和VS鹿島で起きた森脇良太のレオ・シルバに「くせえんだよ」から始まった侮辱発言問題。 その後の森脇の謝罪会見も腑に落ちないこともあり、いろいろと考えさせられました。 差別ではなく挑発 サッカーのフィールドでは感情的になった選手間で汚い言葉が飛び交うことはままあります。 2006 FIFAワールドカップ決勝で、フランス代表のジネディーヌ・ジダンがイタリア代表のマルコ・マテラッツィの挑発......続きを読む»

中位から上位をうかがうジュビロ磐田。次節は中村対決。

【当てtoto】

第929回toto 布施の予想   サッカーファンの皆さん、こんばんは、布施誠です。浦和レッズ、ここに来て2連敗とやや心配ですね。先日の鹿島アントラーズ戦はホーム負けの上に森脇良太選手の暴言事件など後味も良くありません。次節は監督が代わったアルビレックス新潟戦です。ここで立て直せるかどうか、注目です。さて現在首位の鹿島アントラーズ。相変わらずの試合巧者ぶりは目立ちますが、ここまで相手を圧倒する迫力は......続きを読む»

【ルヴァン杯】まずは一段落の今期ホーム初勝利 ~鳥栖戦雑感~

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

2017年5月10日、水曜日。 試合開始直前にスタメンを見て、稲垣がDFに名を連ねていて驚きました。 多分、甲府時代にやってたはずだけど、じゃあ航平がワイドなのかな、とか何とか、つらつらと考えてしまいました。 そして、中国新聞で既報の通り、中林が復帰後初スタメンとなりましたが、「そういやあ、(鳥栖は)古巣だったよなあ」と思い出す私。 もしかしてポイチさん、狙ったのかな(笑)。 結果は、フェリペ......続きを読む»

姿勢

【ゆるゆるレッズサポ】

●浦和0-1鹿島  この重要な試合。当然のことながら私は埼スタに駆けつけたかったのだが、2日以降、仕事で西日本に滞在しているので叶わず。しかも通信環境が劣悪でDAZN配信を見ることもできず、8日になってようやく途切れ途切れで電波が入るようになり、この試合の状況をネットニュースや種々のサイトで確認している状況。それらの情報を総合すると、要するに、うまく1点を取られて、あとは「鹿島られて」完敗というと......続きを読む»

大嘘付き

【アントラーズ魂】

「今までメディアの皆さんともそうですけど、他の選手と触れあう中でも嘘をついて生きてきた人生ではないと自分では思っている」と言い切った。・・・ 「僕を応援してくださる方や浦和レッズを応援してくださる方、サッカーが好きで、ほかのチームを応援してくださっている方。また、鹿島アントラーズの皆さん、試合中に熱くなってしまって小笠原選手とレオシルバ選手に不快な思いをさせてしまったこと。日本のサッカーファンの皆さ......続きを読む»

ACLは川崎?広州恒大?あと森脇事件で覚える違和感。

【二つの歓喜をもう一度!】

まず明日、ACL最終戦があります。 川崎は2位通過だと思っていたんですが、どうやら1位で通過したようです。 この結果、明日鹿島勝ち → 1位通過でR16は広州      鹿島引き分け以下 → 2位通過でR16は川崎 となりました。 予選の結果だけで判断する限り、今回の広州はとてつもなく強いわけではなさそうです。 逆に鹿島的には川崎のほうがきっとやりにくいです。 最終戦は勝ちに行くと、相手が決ま......続きを読む»

【ベガルタ】G.W. 悲喜こもごも

【ことサッカー】

ルヴァン杯GS第4節 大宮アルディージャ VS ベガルタ仙台 2017年5月3日(水)15:00K.O. 大宮1-2仙台 @NACK5スタジアム大宮 えーと、前回書いたとおり、 過密日程で、ガス欠気味でした。 しかし、試合はしっかりチェックしてました。 2戦まとめてコメントします。 (詳細な試合経過は省略) 昭和の日は土曜とかぶって、実質、この日が連休初日。 個人的に3日は、レディースVS日テ......続きを読む»

森脇の処分について

【浦和な生活】

Jリーグより抜粋 【処分理由】 2017年5月4日(木・祝)2017明治安田生命J1リーグ 第10節(浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ)の試合において森脇 良太選手が相手選手に対して不適切な発言をした疑いがある旨、マッチコミッショナーより報告を受けた。 かかる報告を受けて、規律委員会にてマッチコミッショナーおよび審判員からの報告書、試合映像を基に検証の上、同選手に対してヒアリングを行うなど、事実......続きを読む»

試合後の独り言「確実な力」2017リーグ第10節 柏レイソル1-0セレッソ大阪@日立台

【柏から世界へ 〜ビッククラブへの道〜】

今節の日立台の観客動員数は、今シーズン最高の1万4015人でホーム開幕戦のガンバ以来のソールドアウトでした。 私は残念ながら行けませんでしたが、満員の日立台の雰囲気は選手の背中を確実にあと一歩押したことでしょう! 得点シーンでは、クリスティアーノが諦めずに走って詰め、相手のクリアがクリスの体に当たりゴールに吸い込まれていきました。 ボールが跳ね返った方向はラッキーだったのかもしれませんが、あと一歩......続きを読む»

【鹿島】 vs 浦和。アウェーで浦和を撃破!

【常勝紅鹿】

J1 第10節 浦和 0-1 鹿島 24, 金崎 GWは平日より忙しかった。浦和戦を深夜に見ることはなんとかできたが、疲労と次の日の準備でレビューを書く時間がまったくなかった…。 試合はご存じのとおり、金崎の1点で逃げきり、鹿島が勝利。CS第二戦、ゼロックス杯に続き、対浦和戦3連勝となった。浦和としては今季初めてホームで敗れたことになる。鹿島ファンとしては実に痛快な結果であった。 浦和のラフ......続きを読む»

2017Jリーグ第10節 浦和☓鹿島 気迫はいざこざではなくプレーで魅せろ

【浦和な生活】

ゴールデン・ウィークを世間の人々は楽しんだんだろうけど、29,30は前日までの仕事の具合で出勤になるかもしれず(結果ならなかったが)、1~4までは出勤日。5日のみ公休。で会社的には3日間だけだったんですが、4月の振替が溜まっていたので4日は休んで4連休とそこそこGW気分を味わいました。 んで、GW初日は鹿島戦。大宮戦に続いて2試合連続で振り返りたくはないですが、物凄くサクっと振り返ります。 明治......続きを読む»

《セレッソ》アノ失点はいただけないなぁ~

【南大阪に吹くマリンの風】

J1第10節 @日立柏サッカー場 セレッソ大阪 0 - 1 柏レイソル 更新遅くなったのでサクッと雑感だけですが・・・ アノ失点は『不注意』やったんじゃないのかな? クリアしようとした丸橋はクリスティアーノ選手が追いかけてきてるの見えてなかったのかな? ジンヒョンもゴール飛び出してるんですよね?しかしマルにボール入る方が遥かに早いポジションだったので、「セオリー」としてはサッとゴール前に戻らないと......続きを読む»

ドクトルの帰還

【ピッチに紫の風が吹く】

ドクトルがピッチに帰ってきた。 言わずとも森崎和幸の事である。 森保監督は「ピッチの中の監督」と、 前監督のペトロビッチ監督からは「ドクトル和」と呼ばれた。 今年のキャンプの最中、タイへの遠征中にキャンプから離脱した。 帰国したとの一報が、公式サイトで発表された時にオーバートレーニング症候群の再発が頭をよぎった。 その後も、和の事には触れない。 「やはり・・・」と思った。 落胆と言うよりも、4回目......続きを読む»

vs 甲府 ~敵地でなんとか勝ち点1をゲット~

【全ては磐田の勝利のために】

こんにちは。更新が久しぶりになりました、croissantです。 今日から、試合終了後に簡単な試合の印象や感想を書いていきます。 本日、2017年5月7日の14:00から、ジュビロ磐田は、ヴァンフォーレ甲府と敵地の山梨中銀スタジアム(ここ6年で勝っていないスタジアム)で戦いました。 前節からの磐田のメンバー変更としては、怪我明けのカミンスキー選手、森下選手、ムサエフ選手、中村俊輔選手が戻ってき......続きを読む»

試合後の独り言「レイソルの新しい色」2017リーグ第9節 アルビレックス新潟0-1柏レイソル@デンカビッグスワンスタジアム

【柏から世界へ 〜ビッククラブへの道〜】

GWの連戦、初っ端ということで新潟まで遠征してきました!! 新潟はとても良い所で、見所もたくさんあるし、市街地を離れると一気に田んぼになり、お米生産が盛んなんだなぁと思わせる独特の景色で県内を車で走っているだけで楽しかったです。 ビックスワンは初めてきましたが、良いスタジアムですね。 陸上競技場と併設ですが傾斜があるので見やすいですし 屋根も羨ましい そして大型ビジョンもあり アウェイか......続きを読む»

2017年版清水エスパルス Q&A

【猫に小判】

Q.1 ここまでのチームは順調? A. 落とした勝ち点はあるものの、奮闘していると言っていい。 ここまで10試合やって3勝3分け4敗。鹿島戦や大宮戦みたいに「勝ち点落としちった!」というゲームはあるものの、昇格チームにしてはまずまずのスタートを切ったと言えるでしょう。我々は昇格チーム。今シーズン当たるすべてのチームが格上です。それを忘れてはいけない。なので序盤で降格圏内から少しでも離れている今の順......続きを読む»

【おかえり】続くホーム未勝利【ドクトル】

【紫熊のサンフレ観戦記】

どれだけこの時をまた望んだでしょう。 欠場の理由を考えると早く戻ってきて欲しい反面、無理をして欲しくない思いもあり。 ルヴァンのセレッソ戦、見る事は叶いませんでしたがスタメンに名前があるだけで胸が高まりました。 またカズがピッチに戻ってきた、それだけで涙が出そうになる。 今日のリーグ神戸戦、後半野上との交代でリーグ戦復帰を果たすと復帰2戦目とは思えない抜群の安定感。 エレガントなボール奪取、......続きを読む»

【第10節】 vs柏レイソル~お互いに苦しんだハイプレス。

【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

セレッソ大阪 vs 柏レイソル  5/6(土)  14:00 K.O. at 日立柏サッカー場 ①スタメン    健勇           山村  曜   清武    ソウザ  蛍 丸橋 達也 ヨニッチ 陸    ジンヒョン ②試合結果  セレッソ大阪 0 - 1 柏レイソル  57分 クリスティアーノ(柏) ③試合展開 2分 曜が中央でバランスを崩しながらも粘って前の健勇......続きを読む»

Jリーグホームスタジアム訪問記~清水エスパルス~

【This is J-league】

 “清水”と聞けば、サッカーファンでなくとも多くの人が清水エスパルスを連想させるだろう。全国的に見ても決して大きい街とは言えない清水が、高い知名度を得るようになったのは紛れもなくエスパルスという存在にある。オリジナル10の1つとしてJリーグ開幕時からJリーグを支え、清水の地で成長を続けてきたエスパルスというクラブ、そしてこの清水という街には一体どのような光景が広がっているのか。エスパルスのホームスタ......続きを読む»

サンフレッチェの現状

【のんびりスポーツを見よう】

栄光を掴んだ2015シーズンから2年。抜けた選手たちを考えれば、苦戦はあるだろう とは思っていましたがまさかここまでとは…という戦いが続いています。   ・主力の高齢化 ・プレッシングにチャレンジ中 ・長年の課題(セットプレー守備)が課題のまま ・スタジアム問題を考えると不調は時期が悪い   と頭が痛いことばかりなのですが、応援する側が出来ることは信じて応援すること しかありません。何か、小さく......続きを読む»

運も実力のうち  柏レイソル1-0セレッソ大阪

【弱くてもドラゴンズファン続けます】

サッカーの記事は初投稿となります。 あまりサッカーに関しては詳しくないので、非常に内容が薄っぺらいものになるのをご了承ください。 まず前半ですが、両チームプレスをきっちりしていくチーム同士ということとあり、決定機が生まれない試合でした。 その中では、セレッソが押していました。レイソルに関してはボールを自陣前→中盤→前線へとつないでいく形が作れず、開幕直後の調子がつかない時期と同じような形。レイソル......続きを読む»

大島の存在

【ダブルボギーの憂鬱】

新潟戦、まだまだ大島の能力からすれば50%くらいのパフォーマンスだったと思いますが、あの状態でも試合をコントロール出来る能力には脱帽です。 ネットも大島が相棒だと極端にプレーが変わり、ボランチが安定すれば攻守に良いリズムが生まれます。 明らかに川崎フロンターレは大島のチームと言って良いでしょう。 解説の福田氏が言っていたようにハイネルのポジションチェンジという采配もありながら、ハイネル・長谷川・阿部......続きを読む»

D1第10節G大阪vs清水

【DAZNサッカー観戦記】

5月5日のこどもの日 吹田サッカースタジアムで開催された第10節 G大阪vs清水の一戦。 休日のデイゲームということもあってか客入りは上々。アウェイの清水サポーターもしっかり陣取ってましたね。 入りはお互いに固く、前半を0ー0で折り返す。 G大阪は前節から復帰した長沢とアデミウソンの2トップが時折スピードに乗った攻撃を仕掛けるも得点には至らず。 対する清水はチョンテセとチアゴの2トップが前からしっか......続きを読む»

第927回toto 予想のまとめ

【当てtoto】

みなさん、こんばんは。小幡です。 今週の予想が出揃いました。 今節は、私と新井さんの2人予想です。 ここに来て、私のレーティング予想も、pt差の無いカードが続き、苦戦しております。 そんな中、 2.神戸 9.愛媛 が、アウェーとホームという違いはあるものの、両クラブとも対戦相手よりptが120以上上回っております。ここは素直に両者の勝ちと予想します。 あとは、全てpt差100以内......続きを読む»

普通にピッチ内で溶け込んでることが既にスゴイ!久保建英がJ1トップデビュー!

【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

 5月3日、水曜日。日曜日から中2日で再び味スタを再訪した。  この日のカードはJリーグカップ・ルヴァン杯、Groupリーグ第4節。対戦相手は4月のリーグ戦で苦杯を舐めたコンサドーレ札幌になる。  戦前から期待の15歳、久保建英がトップチームに合流し、この試合でJ1デビューを果たすとの報があったのを受けて、そのデビュー戦を拝もう!と思い立ったのが馳せ参じた理由になる。GW中の開催ということも客......続きを読む»

【広島】「継続」という言葉だけが独り歩きしている

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

0.まえがき 以前読んだショートショート(小説の一種)の作品で、こういう話がありました。 ある老舗の食品会社が、長年変わらぬ味で愛されている商品(確かお菓子か何か)を販売していました。 あるとき、ライバル会社(か何か)が、その商品のレシピを盗み出し、その味を再現した商品を開発し、販売を始めました。 「これであの会社を蹴落とせる」と思っていたのですが、想定外に評判が良くない。 結局、その後発の商品......続きを読む»

お馴染みの負けパターン。でも、まだあるから VS鹿島

【パルシェン】

少し前まで浦和は長谷川健太監督のG大阪に勝てる気がしなかった。 今年の1-1に終わったアウェイゲームも内容は浦和の圧勝と言われていたけど、実際はG大阪の試合だったと感じています。 そして最近は浦和にとってもうひとつのG大阪が現れた。それが2016年Jリーグ覇者・鹿島アントラーズ。おそらく昨日の試合は全国のJリーグファンが観ていたことでしょう。・・・まあかなりボコボコにやられました。(笑) 過去に......続きを読む»

J1リーグ 浦和 対 鹿島戦を観て

【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

現代の日本サッカーの頂点に立つ両チーム。 J1リーグで首位を競う両チームの戦いは見ごたえのある試合でした。 観客も約6万人、チケット完売、この日は、この1試合のみとしたJリーグの試合スケジュールもなかなかのもの。 Jリーガやサッカー関係者などを含めて多くの方々がTV観戦したのではないでしょうか。 試合は鹿島のDF力が目に着きました。特に両CBのマークする相手を自由にさせない相手との距離感......続きを読む»

浦和戦騒動についての見解

【鹿浜応援blog】

今回のブログはいち鹿島サポーターとしての見解を元に綴っていきますので、内容に偏りがあることだけご了承下さい 報道にもあったように、森脇、小笠原の間にいざこざがあった模様でした テレビで見ている分にも、何か言い争っているなというのは感じましたが、小笠原はチームの士気を高めるパフォーマンスとしてあの様な激高をすることがあるので、そこまで気に留めてはいませんでした しかし、報道の内容にもあったように、......続きを読む»

埼玉スタジアムでスコア以上の快勝、ほこ × たて 対決制し暫定首位に。 鹿島 1-0 浦和

【二つの歓喜をもう一度!】

今日唯一のJリーグ、勝たねばならない浦和戦。 スコアは1-0でしたが、スコア以上に完勝した試合でした。 今季ホーム無敗の浦和とビジター全勝の鹿島、 リーグ屈指のほこ × たて 対決は鹿島に軍配が上がりました。 鹿島から来たメールに、伊東がスタメンとありました。 西ではなく、伊東を起用したんだと思ったら、いないのは山本。 作戦か怪我かはわかりませんが、左サイドを西が担いました。 結果、西が関根を抑......続きを読む»

【浦和レッズ】負けてはいけない鹿島戦でウノゼロ敗戦!「勝利の女神を振り向かせるのは技術」とは。

【黒髪のかねろの整理場所】

 まあ、これ以上やっても限界だってことはわかったよね。そういう時だってあるじゃん。5年前、22歳。ぼくは好きな女の人がいた。その人は5歳年上のなかなかの美人さんだった。だけれど、後から聞いたらものすごく男グセの悪い魔性の女だったというオチ。  そのあとも、私の好きになる人なる人、みんな彼氏がいるとか、なんかビジネスやっている人ととかそんなのばっかりだった。別に好きでもないのにお茶を誘われて、向こうか......続きを読む»

浦和−鹿島

【no title】

今シーズン鹿島には補強の割にリーグの負け数が多いというのが率直な印象 ACLの影響があるとはいえ、開幕で躓き10試合で3敗は決して少なくはないし対戦相手を見ても、終盤まで優勝を争う可能性があるのはセレッソくらいか 迎えた浦和戦。前節のダービーで最下位の大宮に敗れたホームチームは、威信を取り戻すためにも相当な意気込みでこの試合に挑んできた事だろう。 この試合ボールを長く保持したのは浦和だった ......続きを読む»

若手の躍動~ルヴァンカップグループA第4節 大宮アルディージャvsベガルタ仙台~

【ヒグのサッカー観戦日記】

 今回は現地観戦してきた大宮アルディージャ戦を取り上げます。  日曜日のさいたまダービーでようやく今季初勝利を挙げた大宮。この勢いを更に加速させていきたい、そんな最初の試合。大宮は過密日程でターンオーバーを敢行した。それでも大前、ムルジャが2トップ。なかなか波に乗れない2トップがこの試合できっかけを掴むことができたのか。  一方、清水2連戦を連勝で終えた仙台。徐々にであるが今シーズン取り組んでいる......続きを読む»

VS浦和 0-1 ○

【鹿浜応援blog】

浦和に完封勝利、暫定ながら今季初の首位奪取となりました これぞ鹿島という戦い方でした、先制し堅い守備で守り勝つ、この戦い方が出来ているときは負けることはありません、それが鹿島です 試合はお互いに堅い展開でしたが、次第に動き始めた中盤以降、金崎のゴールで先制しました、金崎らしい強引なシュートが相手に当たり、幸運にもゴールに吸い込まれていきました まさに、打たなきゃ入らないを体現したゴールでした、攻......続きを読む»

何がチームを駄目にしているのか

【ピッチに紫の風が吹く】

今日も、渋滞に巻き込まれながらスタジアムに向かった。 GWの真っ只中、5連休の初日の一番いい日にルヴァン杯のホームでの試合が行われた。 相手はセレッソ大阪。 セレッソサポーターも、うんざりする渋滞に巻き込まれ大変だっただろう。 チームはオリジナル10の内の一つとして、今年25周年を迎える。 私の周りのサポーターには、その頃からのサポーターもたくさんいる。 その中ではまだまだ新参者ではあるが、そろそ......続きを読む»

遠藤保仁が出場できないとはいえ

【スポーツ えっせい】

 先日 日産スタジアム行われたサッカーのJ1横浜―G大阪戦でG大阪 のMF遠藤保仁がコンディションが悪くないにも拘わらず、スタメン から外れただけでなく途中出場もなかったという事が話題になって いた。  確かに遠藤がベンチ入りしたのに全く試合に出場しなかったのは 横浜フリューゲルスのルーキーだった98年以来という事だ5から19年 もの間、試合に出場し続けていた事は凄いし遠藤の偉大さを実感する わけ......続きを読む»

【浦和レッズ】さいたまダービー予想外の敗戦!「ラファエル・シルバが真のチームの一員になった」とは。

【黒髪のかねろの整理場所】

 さいたまダービー敗戦。まさか開幕から勝利数0だった大宮に足元を掬われるとはね。と思ったんだけれど、先日DAZNで見逃し配信していたエル・クラシコを見て考えを改めた。そうだ。これこそがダービーマッチよ。チーム状態とは一切合切が断たれ、目の前の試合だけがすべてになる感覚。  だからこそ、終了間際にセルジ・ロベルトはドリブルで中へと切れ込み、ジョルディ・アルバはアンドレ・ゴメスからのパスが来ると信じて走......続きを読む»

またやらかした浦和サポ・・・

【浦和な生活】

すみません。 先に謝っておきます。 いや、俺はやってないですよw 知り合いもやってません。 でも、ものすごく遠いとは思いますが間接的に知り合いかもしれないのでw 今回の件ですが・・・ ダービーマッチの貴重なチケットを持っていて何してやがる。 そんなことするんだったら、俺によこせと。 俺のが応援しっかりするわ。 って思っている浦和サポ多数でしょう。 まー、血気盛んというかタダのバカというか。 ど......続きを読む»

カズの帰還、その喜びと少しの憂い

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

2017年5月3日。 本日行われるルヴァン杯、広島-C大阪戦で、森崎和幸が出場する(予定)である、と中国新聞が報じました。 大本営による試合当日の報道なので、アクシデントがない限り(あってほしくもないが)、復帰はまず間違いないでしょう。 少し前、詳しい日時は忘れましたが、中野和也さんが、「練習に復帰したカズが慢性疲労症候群を再発していたこと」を記事にされました。 その時、私はまず、「ああ、情報が解......続きを読む»

【ベガルタ】第9節 VS清水 完勝&過密日程の鑑賞ってしんどい

【ことサッカー】

J1リーグ第9節 清水エスパルス VS ベガルタ仙台 2017年4月30日(土)13:00K.O. 清水0-3仙台 @IAIスタジアム日本平 そんなわけで、ルヴァン杯から、中3日での清水戦。 磐田戦に続き、前々日から清水入り。 いまから暑さ対策? 私は仙台から静岡への参戦は経験がないが、 まあ、前回もこのパターンで結果的には勝利しているし、 コンディション作りには有効な模様。 そういえば、清水......続きを読む»

気迫

【ゆるゆるレッズサポ】

●浦和0-1大宮  今年初のダービー。好天に恵まれた満員のNACK5スタジアム。TOTOでは浦和の支持率が約83%。8割以上の人が浦和の勝利を予想したとのこと。最近の両チームの成績を見れば、そうなるのは当然と言えば当然か。私は、 「ダービーだけに相手はそれなりに対策を立てて必死で来るだろうから少々怖い面もあるが、まぁ大丈夫だろう。」 という思い。ところが、その 「まぁ大丈夫だろう」 という思いは、......続きを読む»

広島不調の原因は?データで状況確認(簡易)

【4本目の矢 ~サンフレへの提言~】

かなり久しぶりに記事を書きます。 と言っても、最近はまともに試合も見れておらず、ハイライトや記事を読むばかりで、きちんとした考察ができる状況ではありません。 そこで、いつも試合結果と併せて見ている『football LAB』の実績データから、客観的に状況を読み取りたいと思います。(簡易的ではありますが・・・) 今回参照するデータはこちらです。↓ サンフレッチェ広島2017シーズン ひとまず『S......続きを読む»

第926回toto 予想のまとめ

【当てtoto】

みなさん、こんばんは。小幡です。 今週の予想が出揃いました。 さてさて、私のレーティング予想ですが、100pt以上の差がある試合が3試合でした。 しかし、その内訳が100pt差、101pt差、167pt差とぎりぎり100pt差の試合が2試合もあり 前途多難です。 ただ、キャリーオーバーがありますので、いつもよりは多く買えます。なので、点数を多く 買うことで、レーティングの信頼度をカバー......続きを読む»

横浜・F・マリノス大改造計画

【多趣味過ぎるブログ】

リーグ戦において、柏戦、G大阪戦と、完全に相手が練習してきた通りにハメられてしまう連敗となった。 策を用意してきた柏と、その完璧にハマったゲームを予習してきたG大阪という関係であり、 今後、マリノスと戦うチームにとって、特に柏のやり方は模範解答であり、テンプレート化するだろう。 ロングカウンター依存からの脱却に苦しむ現状 昨秋に齋藤をキーパーソンとして、低いDFラインからの速攻、ダイレ......続きを読む»

さいたまダービーの波乱で目覚めるか?大宮アルディージャ

【当てtoto】

第926回toto 布施の予想   サッカーファンの皆さん、こんばんは、布施誠です。先日のさいたまダービー(大宮アルディージャ VS 浦和レッズ)、波乱が起きてしまいましたね。私は波乱までは読んだ(引き分け予想でした)のですが、浦和レッズに黒星は付け切れませんでした。残念。レッズもACLも含めればJリーグ開幕からそろそろ疲れが出る頃。今回の負けを上手く切り替えて欲しいものです。一方の大宮アルディージ......続きを読む»

ピーカン☆味スタで何とか勝ち点3を奪取!

【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

 暑かった。  とにかく暑かった。無風状態のスタンドに燦々と照りつける日差しが眩しいだけでなく、とにかく暑くてバッチリ日焼けまでしてしまう有様。昨日の調布の最高気温が21℃と聞いてにわかには信じられない気もするが、ただ、暑くて堪らないわりには汗はそんなにかかなかった。とすると、やはりそれくらいの気温だったのだろうか…。  まぁ、観ている者でさえそんな状態なのだから、当然、ピッチ内でプレーする選手た......続きを読む»

ポジションにいるだけのボランチ

【ダブルボギーの憂鬱】

まさかの森谷・谷口のボランチ、予想通り大失敗。 森谷ボランチは消去法的に仕方ないとして谷口をボランチにするくらいなら田坂か長谷川、あるいはハイネルを起用した方が良かったように感じます。 谷口を入れるなら3ボランチ以外はあり得ない事がよくわかった試合でした。 谷口はユーティリティプレイヤーとして見られているようですが、フロンターレにあっては明らかにパスの能力が劣っていると感じます。 大島・ネットという......続きを読む»

【決め切れ】逞しき洋次郎【FC東京】

【紫熊のサンフレ観戦記】

久しぶりにリアルタイムで広島の試合を見る事ができました。 3年ぶりかな?にJリーグに帰還した洋次郎擁するFC東京が相手です。 相変わらず惚れ惚れするゲームセンスに相当強くなったフィジカルコンタクト。 できれば広島のユニフォームで観たかったよね。 試合は一進一退の攻防でどっちに転んでもおかしくない内容だったかと思いますが、コーナーから丸山選手に押し込まれて先制を許すとそのまま得点は動く事なく敗戦......続きを読む»

【第9節】 vsフロンターレ川崎~目には目を中央には中央を。

【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

セレッソ大阪 vs フロンターレ川崎  4/30(日)  19:00 K.O. at ヤンマスタジアム長居 ①スタメン    健勇           山村  曜   清武    ソウザ  蛍 丸橋 達也 ヨニッチ 陸    ジンヒョン キヨがクニの代わりに入ります。 もちろん一つの大きなポイント。 後でゆっくりと。 ②結果  セレッソ大阪 2-0 フロンターレ川崎    67......続きを読む»

2017Jリーグ第9節 大宮☓浦和 ダービーは結果が全て

【浦和な生活】

この日は朝から前職上司の訃報が入った。既に退職して10年近く経っているのだが、俺が若いときに社会人としてのイロハを身をもって教えてくれた方と言っても過言ではない。結婚式の乾杯の挨拶をお願いした方でもある。この上司はとても頭の回転がよく、喋りに関しては超一流。一方で事務仕事はカラキシ。しかも遅刻はするわ定時で上がって毎晩呑んだくれるわ部下に金借りるわである意味しょーもない上司でもあったけど、なんだかわ......続きを読む»

《セレッソ》ユン采配恐るべし!!!

【南大阪に吹くマリンの風】

J1 第9節 @ヤンマースタジアム セレッソ大阪 2 - 0 川崎フロンターレ 今週はミッドウィークにルヴァンカップがあり、4-4と今季のセレッソらしくない打ち合いでドローに。 リーグ戦の前2節連続で追いつかれるドローゲームを続けており、この試合は追いつきはせど「らしくない」試合やったことで、メンツが異なるとはいえどうかな?と予想していた試合でしたが見事に勝利しました。 スタメンですが、右サイド......続きを読む»

やっとホームで勝利、行かなくて後悔(昌子有言実行)。 鹿島 2-1 鳥栖

【二つの歓喜をもう一度!】

違うスポーツ観戦をしに行っていたので、観たのはDAZNのハイライトだけです。 昌子が観戦に来なかったことを後悔させると発言してましたが、 第3節以来のホーム勝利を、自らの得点で有言実行しました。 昌子が与えたPKはちょっと勿体ない失点でしたが、大きなピンチはない試合展開だったようです。 土居はうまい仕掛けからPKを奪取しました。 これを金崎がしっかり右サイドに蹴り込み同点。 金崎はいつもPK......続きを読む»

自信が深まる勝利~J1第9節 清水エスパルスvsベガルタ仙台~

【ヒグのサッカー観戦日記】

 まさかの3週連続更新です。今回は清水エスパルス戦を取り上げます。  水曜日のルヴァンカップと同じカードになった今節、仙台が勝利してこの試合を迎えることができた。仙台のスタメンは前節・広島戦から、匠に代わってリャン。それ以外は変更なし。ベンチにはルヴァンカップで結果を出した椎橋が入った。  一方、水曜日の試合を敗れて迎えた清水。ホームでは未だ勝ててないらしい。スタメンは前節・川崎戦から変更なし。策......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss