ジャンル別一覧:J1・ルヴァン杯

《セレッソ》やろうとしてることは間違ってない。今は辛抱の時。

【南大阪に吹くマリンの風】

J1 第23節 2017年 8月19日 @ヤマハスタジアム(磐田) セレッソ大阪 1 - 1 ジュビロ磐田 最後の最後で残念な結果でありました。 やはり磐田さんは飛び道具持ってる中村俊輔さんの存在が大きいですね。 後半41分に決められた俊輔選手⇒川又選手のホットライン。 個人技だけに頼るのではなく、こーゆー連携を持ってるチームは大崩れせんのやろな?と感じました。 俊輔選手だけやなく、サイ......続きを読む»

【鹿島】 vs 清水。首位快走を支える金崎の活躍

【常勝紅鹿】

第23節 鹿島 2-0 清水 17, レアンドロ 87, 金崎 出張帰りでヘトヘトの状態で見逃し再生で見た。17分に中央を抜け出したレアンドロが決めてから87分に金崎が追加点をあげるまでの70分、なかなかゴールが生まれず、モヤモヤだった。 試合は完全に鹿島ペースだったし、チョン・テセを欠く清水の攻撃は迫力不足だった。だが、多くのチャンスを決められない鹿島は攻撃のペースを乱れていった。鈴木の投入......続きを読む»

無敗が途切れた次戦・ 試された“修正力”――鹿島アントラーズ2-0清水エスパルス【雑感】

【Memories of the game】

 個人的には「無敗が途切れた次戦」ということで、この試合を注目していた。  連勝が止まった途端、調子を崩しずるずると順位を下げていくケースは少なくない。鹿島アントラーズもそうなってしまうのか、それともここで踏み留まれるのか。ある意味、今後を占う一戦になるのではないかと。  結果は、2-0。完勝といってよい試合内容だろう。  清水エスパルスは、元々の相性の悪さに加え、首位を争うセレッソ大阪を逆......続きを読む»

苦戦必至のACL川崎戦、どうしようかね

【地球は青い!】

五分の戦いだった。決定機の数も同じだけあったが、運もあり、勝ち切った。ただ、決定機は同じだけあったものの、浦和の方がチャンスの場面でフリーでのフィニッシュまで持っていけていた一方で、後半の東京は浦和がブロックを作っていたこともあってか、シュートレンジは遠めだった。ポストという結果を見ると運もあったが、2点目を先に崩し切った浦和に軍配が上がったことは勝ちに値していたと評しても良いと思う。 そして、浦......続きを読む»

攻撃の形 - 2017 J1 第23節 vsガンバ大阪@吹田スタ

【太陽王発電観測所】

ガンバの選手の並びから、左サイドから攻めてくるのが想像できる。 ■ 柏の両サイドからの攻撃 立ち上がり、柏のロングパスをカットされピンチを迎える。ハモンは前線で、ユンソギョンも高い位置をとっており、左サイドがガラ空きになる。アデミウソン、ファンフィジョとダイレクトで繋ぎ、倉田のシュートは航輔がセーブ。 仕切り直して、レイソルのビルドアップ。前節清水戦の後半と同じく、大谷が最終ラインの真ん中......続きを読む»

鹿島アントラ-ズ 清水エスパルス 小感

【ニコ小鉢その2(仮)】

昨晩の関東は、凄まじい雷雨。 雷雨中断の試合など見たくないので、このカードをチョイス。 鹿嶋市も関東圏ですが、雷雲の進路から逸れていることは確認済でした。 ■鹿島アントラ-ズ 今季2度目の観戦。ただ大岩剛監督体制になってからは初観戦です。 前節は川崎に敗北したものの、新体制後は順調に勝ち点を積み上げています。この試合も、ほぼ90分試合の主導権を握り、2×0で勝利しました。 サッカーの内容もだいぶ......続きを読む»

巧みな修正から逆転劇~J1第23節 アルビレックス新潟vsベガルタ仙台~

【ヒグのサッカー観戦日記】

 さて、今回はアルビレックス新潟戦を取り上げます。  仙台は平岡が出場停止明け。前節良かった大岩を中央に配置し、平岡を右、椎橋を左のセンターバックに起用した。それ以外は変更点なし。ベンチには新加入の野津田が入った。  呂比須ワグナー就任初陣以降、勝利がない新潟。勝ち点は未だに9で、かなりまずい状況である。この夏には大武、磯村、タンキ、小川、富山を多くの選手を補強した。前節からスタメンには変更ないが......続きを読む»

【第23節】 vsジュビロ磐田~さすがの修正力!も一瞬のスキに屈する。

【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

セレッソ大阪 vs 清水エスパルス 8/9(水)  18:30 K.O. at ヤマハスタジアム ①スタメン     健勇 リカルド           曜        宏太    ソウザ  蛍 丸橋 達也  ヨニッチ 陸    ジンヒョン 山村が負傷によりリカルドが先発。 他、達也、陸が先発に復帰です。 ②試合結果  セレッソ大阪 1 - 1 ジュビロ磐田  37分 健勇(......続きを読む»

第951回toto 予想のまとめ

【当てtoto】

みなさん、こんばんは。小幡です。 今週の予想が出揃いました。 先週は、3試合中2試合的中で、レーティング差100pt以上の試合は当てました。ただ、レーティング僅差で引き分け1点予想したガンバ大阪-磐田戦は外れてしまいましたね。ただ、この試合投票率ではガンバの勝ちが50%超でしたが、レーティングではほどんど差がありませんでしたので、磐田が勝っても何ら不思議はない状況でした。 さて、では今週の......続きを読む»

試合後の独り言「下平監督のやりくり上手術」2017リーグ第22節 清水エスパルス1-4柏レイソル@IAIスタジアム日本平

【柏から世界へ 〜ビッククラブへの道〜】

中3日、真夏の連戦、最終戦。 しかも前節退場となったディエゴ、ボギョンがいません。 とは言え、手塚だけ怪我でいませんが、連勝時のメンバーはほぼ揃っています。 相手清水は3連勝、さらに上位セレッソを逆転で倒して勢いに乗っています。 さらに言うのであれば、首位鹿島と勝ち点7差があります。これ以上離されると優勝は厳しくなります。 テレ朝的に言うと、「絶対に負けられない試合」なわけです。 私は現地参戦......続きを読む»

優勝する為の得点力を優勝時と比較してみる

【柏から世界へ 〜ビッククラブへの道〜】

鳥栖戦では1点が遠く、得点力不足を感じました。 優勝するには確実にもう少し得点アップが必要になります。 それが、負け試合を引き分けに、引き分けを勝ちに持って行く決定的な差だからです! そーいや優勝した年の得点はどんなもんだったんだろう?と思ってちょっと調べてみました。 優勝した時は レアンドロ15点 TJ13点 ジョルジ11点 キタジ9点 工藤7点 10点、1桁後半とる選手が何人かいたんですよね......続きを読む»

FC東京vs神戸(8月13日)の観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

なんだかんだで、どういうわけだか、今年はあまりFC東京トップチームの試合を見ておりません。。。 マッチレポはコチラ     この試合、ナイターでしたので、時間がたくさんある。せっかくなんで観光しようと、八王子城なんぞに行ってみた。高尾山程度なら何度か登ったことがあるし、「険阻な城と行っても、所詮、都内でしょ!?」ってナメていたら・・・、死ぬかと思ったよ。景色は良かったけど、そんだけ見......続きを読む»

試合後の独り言「苦しい試合でも確実に積み上がっているチーム力」2017リーグ第21節 柏レイソル0-0サガン鳥栖@日立台

【柏から世界へ 〜ビッククラブへの道〜】

最近はアウェイも参戦しつつ、ホーム皆勤賞が続いておりますが、お陰でゴール裏から見えないプレイを確認する為にダゾーンで見直しているのでブログが中々進みません。 と言い訳をしてみたりしましたが、単に文章能力が乏しくて遅いだけです。すみません!! ただ、私が書いてないセレッソ、ベガルタ、神戸、鳥栖を 太陽王発電観測所さんがしっかりと書いております! 太陽王発電観測所さんがの記事はしっかりと分析がされてお......続きを読む»

混戦のJ1、ヴィッセル神戸の再浮上は?

【当てtoto】

第951回toto 布施の予想   サッカーファンの皆さん、こんばんは、布施誠です。J1面白くなってきましたね。前節、川崎フロンターレが首位鹿島を下したことから、その首位鹿島から5位の柏レイソルまでが勝ち点4差でひしめき合う混戦です。予想外と言っては失礼ですがシーズン前はあまり評判のよくなかった横浜F・マリノスも現在は3位に付けていて元気です。次節は監督が交代して再度、上位進出を狙うヴィッセル神戸と......続きを読む»

Jリーグホームスタジアム訪問記~ヴィッセル神戸~

【This is J-league】

 世界的スタープレイヤーであるポドルスキ獲得に成功し、日本中に衝撃を与えたヴィッセル神戸。そんなJリーグにとってフォルラン以来の大物選手の獲得に成功したヴィッセルは今、Jリーグで最も勢いのあるクラブと言って良い。万年残留争いの常連であったクラブが、楽天という強力な盾を手にし、楽天マネーを投じることで急成長を果たしている。そんなヴィッセルのホームスタジアムであるノエビアスタジアム(以下ノエスタ)を訪れ......続きを読む»

【浦和レッズ】8/15 マウリシオ初登場

【スポーツが好き過ぎて】

2017年8月15日 スルガ銀行チャンピオンシップ <浦和レッズ 1-0 シャペコエンセ> GK 榎本 DF 森脇(65分→遠藤)、マウリシオ、槙野 MF 駒井(65分→菊池)、柏木、阿部、宇賀神(78分→平川)、ラファエル・シルバ、武藤(90分+8分→長澤) FW ズラタン(90分+8分→オナイウ阿道) 浦和 得点 90分+4分 阿部(PK) 「Vamos nos encontrar......続きを読む»

柏vs鳥栖(8月9日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

柏のチケットはローソンチケットで買うべきとを最近になって知りました。 マッチレポはコチラ     平日だったので、確実に電車に座ろうと、16時台に品川始発の常磐線に乗りました。必然的に夕食は柏で食べることになるのですが、こってりしたラーメンが食べたくて仕方なかったので、駅周辺徘徊の果てに、がっつり食べさせていただきました。     レイソルといえば、昔からヨネックス。お付き......続きを読む»

誰がポドルスキを殺すのか?

【東京ドームに計画停電を!】

題名は、有名なマザーグースの歌「クックロビン」の翻案です。 「クックロビン」は、陰鬱でとても暗い歌です。 現在のポドルスキの状況と非常に似通っています。 これまで(8/17現在)、ポドルスキはリーグ戦で4試合に出場しました。 初戦は2ゴールと気を吐きましたが、その後の3試合はノーゴール。 それどころか、ほとんどチャンスにも絡めていません。 そのため、ポドルスキはイライラが募っており、仲間とも口論に......続きを読む»

今夏移籍選手を踏まえてスタメンを妄想

【アルビレックス新潟シンドローム】

今夏移籍加入選手が5人と、過去を見ても多い状況で、次節の仙台戦は鳥栖から加入した2人も出場が見込めそうだということから、完全に個人的主観でのスタメンを書いてみようと思います。 前回の記事で書いた通り、今のアルビはロングスロー、セットプレー、カウンターの3本柱が攻撃の軸となっています。 それをベースに現有戦力でのベストメンバーはどうなるか妄想してみました。 GK 大谷 DF 矢野 大武 富澤 堀......続きを読む»

スルガ銀行杯 浦和☓シャペコエンセ リスペクトがスタジアムを包み込んだ

【浦和な生活】

初代ルヴァンカップ王者として挑むスルガ銀行杯。日程的に圧迫されるし、夏のこの時期にやらなくても・・・とは思うけど、相手の事情も有っての日程。しかも相手は大変な飛行機事故で再起を図るシャペコエンセ(ブラジル)。浦和も監督が変わってこの試合はある意味重要な試合でもある。新戦力のマウリシオのデビュー戦でも有ったし、後半戦の巻き返しを占い上でも重要な一戦だ。 スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAIT......続きを読む»

「切り替え・走力・球際」~J1第22節 ベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島~

【ヒグのサッカー観戦日記】

 すこし遅くなりましたが更新です。サンフレッチェ広島戦を取り上げます。  仙台は平岡が出場停止。代わりにセンターバックを務めるのは大岩。右のセンターバックには椎橋が起用された。また前節ベンチだった古林、奥埜、西村、石原はスタメンに戻った。  一方の広島。監督交代後はシステムを4-2-3-1に変更している。ここ2試合では結果を出し徐々に調子を上げてきている。今節は攻守の要である青山が出場停止。代わり......続きを読む»

試合経験

【You's world news co.,】

横浜F・マリノスから4選手が相次いでレンタル移籍をした。 FC岐阜へ中島賢星、アビスパ福岡へ仲川輝人、ヴァンフォーレ甲府へ高野遼、そして名古屋グランパスへ新井一耀が移籍した。 後半戦が始まり、ACL出場圏内を目指せる位置にいる状態で、スターティングメンバーを劇的に変えることはできない。 また、若手を試す場として用いられていたルヴァンカップも敗退が決まっており、各ポジションの序列を考えると、この4選......続きを読む»

攻撃的に - 2017 J1 第22節 vs清水エスパルス@アイスタ

【太陽王発電観測所】

チアゴ・アウベスとチョンテセがいないと思って清水の怪我人情報を調べたら、結構多いのね。シーズン序盤に河合がアキレス腱断裂の重症、DFでは犬飼、前線は冒頭の二人に加え白崎と、辛い台所事情の模様。柏は、前節退場によりディエゴ・オリベイラとキムボギョンが欠場。 ■ 清水の左サイド 立ち上がりは、柏がビルドアップから、クリスや武富が顔を出して受けて、攻撃のチャンスを伺う。攻撃の狙いが見られたの......続きを読む»

8/13アルビレックス新潟VS大宮アルディージャ【Jリーグ第22節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 1 大谷 幸輝 DF 8 小泉 慶 27 堀米 悠斗 50 富澤 清太郎 44 大武 峻 MF 6 磯村 亮太 9 山崎 亮平 13 加藤 大 10 チアゴ ガリャルド 19 矢野 貴章 FW 11 ドウグラス タンキ 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5 良かった点から… チャンスは作れている。最後の精度だけ。 セットプレー、ロングスロー、カウ......続きを読む»

【第21節】 vs清水エスパルス~真夏を乗り切る術はあるのか?

【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

セレッソ大阪 vs 清水エスパルス 8/9(水)  19:00 K.O. at IHIスタジアム日本平 ①スタメン     健勇         山村          曜        宏太    ソウザ  蛍 丸橋 木本 ヨニッチ 田中祐    ジンヒョン 山村が復帰します。達也は間に合わず。 ②試合結果  セレッソ大阪 2 - 3 清水エスパルス  24分 山村(C大阪)......続きを読む»

完敗――川崎フロンターレ3-1鹿島アントラーズ<戦評>

【Memories of the game】

 1-3。文字通り、完敗だ。両チームのパフォーマンスの差が、そのままスコアに表れた結果だろう。  鹿島の選手達の動きが、若干重いように感じられた。例えば競り合いの時、今までなら相手より一歩先に体を入れられていたものが、僅かながら遅れてしまう。そのためファールで止めるしかなくなったり、相手に守備網を突破されてしまったりといった場面が目立った。  それでもスコアレスで折り返していれば、後半で巻き返......続きを読む»

ここまでの完敗は久々ですね。 鹿島 1-3 川崎

【二つの歓喜をもう一度!】

いやあ、完敗ですね。 前半から全くボールをもたせてもらえず、ピンチの数は数知れず。 こういう試合でも我慢してものにしてきた鹿島ですが、 もしその流れにしたいのであれば、前半39分のビッグチャンスを 決めておかないといけない試合でした。 失点した時間がアディショナルタイムに入っていた時間と、 後半開始して早々。どちらも取られ時間が悪かったですが、 どちらも形としては完璧に崩されたので仕方ないです。 ......続きを読む»

【鹿島】 vs 川崎。大敗だが、流れを変えられる選手はいた

【常勝紅鹿】

第22節 川崎 3-1 鹿島 (45+1, 失点) (46, 失点) (72, 失点) 87, 鈴木 大岩監督の特徴は、選手のポジションをどんどん変更することだ。 西を中央で使おうとし、遠藤をボランチにし、今日は中村をフォワードで起用した。 ただ、それは怪我人がいてやむにやまれず、というわけではない。ボランチにせよフォワードにせよ、選手層は厚いが、あえてコンバートをさせるかのような布陣をする。......続きを読む»

<鹿島>川崎戦の感想 ~ツキもなかった~

【サッカーをぼそぼそつぶやく】

ふう・・・。まあこんな日もあるか。川崎戦の率直な感想を書きます。全部結果論ですけどね。 この試合、いつもの布陣ではなくアツタカがトップに入りました。 ペドロが怪我していて、土居が最近イマイチなので、こういうことになったのかな。自分も今日の試合前にはとても期待していました。 ……が、この試合はボールキープ力の高い川崎相手に、ラインが下がって押し込めない状態が続いていました。 なので、この試合に......続きを読む»

【広島】仙台戦直前にちょっとだけ。

【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

早い話、順番を間違えたんです。 5月27日に広島-磐田戦があり、翌28日に日本ダービーと大相撲夏場所千秋楽があったので、時系列に磐田戦の記事を最初に書いておけば良かったものを、書きやすい方から書いてしまって。 両方とも先触れの記事を書いたので、それを受けての記事を書く必要があった、のは事実なんですが、結果として、磐田戦のレビューが書けなかったことも、また事実なんですよね。 それ以来、約3ヵ月弱。 ......続きを読む»

《セレッソ》雰囲気に呑まれましたね

【南大阪に吹くマリンの風】

J1第21節 @IAIスタジアム日本平 セレッソ大阪 2 - 3 清水エスパルス 見事なまでの大逆転負けでありました。 ミッドウィークの公式戦で試合経過を避けながら過ごしていましたが・・・ スマホにピッピキ×2飛んでくるんですよね。何らの速報が。 結局映像見る前に敗戦を知ってしまいました。 そんなもあって、映像確認するのが・・・負けた試合を見直すのはメンタル的に難しい。 そんな一戦でした......続きを読む»

レンタル放出とレンタル獲得

【アルビレックス新潟シンドローム】

西村選手が山形へ、平松選手が長崎へレンタル移籍することが発表された数時間後、鳥栖から小川選手と富山選手をレンタル移籍で獲得したと発表がありました。 西村選手は、散々穴だとされたソン選手からスタメンを奪えない段階で武者修行リストには入っていたのかなと推察しています。 平松選手も同じくタンキ選手が加入した今、武蔵との2番手3番手争いに甘んじています。 彼らは片道切符だと思うくらいの覚悟で結果を出し......続きを読む»

J1版清水エスパルスの変化/J1仕様への試行錯誤

【猫に小判】

2月に開幕したJ1も、今季もう後半戦に入りました。あっという間でした。 我らがエスパルスはここまで1度も降格圏に入ることなく、昇格組としては一見順調な道を歩んでいるなと思います。ですが、2年ぶりに戦うJ1の舞台は難しい。J1のチームへアジャストするために、ここまでどんな変化をしてきたのか見ていきます。 ■序盤戦の戦い 昨シーズンJ2で猛威を振るったパスサッカーですが、今季序盤はそのサッカ......続きを読む»

J1・J2クラブのSNS事情(FB・Instagam)について

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】  他チームサポらしい読者の方から、SNS事情について記事依頼をいただいていました。「その後どうなんですか?」「最新状況を教えて下さい」という感じで。いろいろ映るんでしょうね。当ブログは基本的に、記事依頼があれば応える方針なので、今回全クラブチェックをさせていただきました。各クラブのSNSのアイコンをクリックして、出てきた公式SNSページを対象にしました。あくまで参考情報ですが、貼って......続きを読む»

両者仕損じる - 2017 J1 第21節 vsサガン鳥栖@日立台

【太陽王発電観測所】

手塚が怪我により長期離脱となった。手塚が抜けたボランチは、小林がスタメン。 立ち上がり、柏がボールを保持するも、アタッキングサードからの攻撃が思うように進まない。逆に、鳥栖が奪ってから、豊田・イバルボを起点に決定機をつくる。原川が二列目から飛び出し、小林のディフェンスを振り切って、サイドを抉ってからグラウンダーのクロス。ゴール前のおそらく1mもないところで合わせたイバルボのシュートは枠上に......続きを読む»

第949回toto 予想のまとめ、前回小幡はtoto3等に1試合外れ!

【当てtoto】

みなさん、こんばんは。小幡です。 今週の予想が出揃いました。 私のレーティング予想ですが、今週は100pt以上差がついているカードが2試合しかありませんでした。 7.+104 9.+145 そして、その次が70pt差と、今回は大混戦の模様です。 そこで、おそらく今回が初めてだと思うのですが、pt差がごく小さいカードを引き分け予想にしてみたいと思います。 4.+4 13.+8 の2試......続きを読む»

首位、鹿島に川崎フロンターレの壁、更なる混戦か?一歩抜け出しか?

【当てtoto】

第949回toto 布施の予想   サッカーファンの皆さん、こんばんは、布施誠です。前節のさいたまダービー引き分けでしたね。TV放送でしっかり最後まで見ましたが、やはり上位同士のさいたまダービーが見たかった、それが第一の印象でしょうか。浦和レッズも大宮アルディージャも今季はサポーターの期待を裏切る成績ですからね。そういう意味では今季はダービーと言ったらセレッソ大阪が元気な大阪ダービーなのかも知れませ......続きを読む»

【鹿島】 vs 神戸。Jリーグチャンピオンの底力

【常勝紅鹿】

第21節 神戸 1-2 鹿島 (49, 失点) 69, 金崎 86, 金崎 W杯優勝を知るポドルスキ加入で活気づくJリーグ。平日開催にも関わらず1万9000人もの観客が詰めかけた。 一方でJリーグにおいて、一人の外国人スター選手がチーム順位を一変させる、ということが起こる状況は本当に望ましいことなのか、とも思う。ポドルスキが大活躍することはJリーグへの注目を高めさせるだろうが、そうなると世界最......続きを読む»

トランジションという新たな課題~J1第21節 ベガルタ仙台vsジュビロ磐田~

【ヒグのサッカー観戦日記】

 前節、鹿島アントラーズに0-2で敗れた仙台。3連戦の2戦目、今節はホームにジュビロ磐田を迎えての一戦となった。  仙台は前節から5人スタメンを入れ替えた。左のセンターバックに増嶋、右ウイングバックに蜂須賀、シャドーを匠とリャン、そしてワントップにクリスランが名を連ねた。前3人を入れ替えたことで、どのように変化が起こるのかがこの試合の注目点と言える。  一方の磐田。前節・広島戦で敗れはしたものの、......続きを読む»

甲府☓浦和 さらば関根

【浦和な生活】

世間は夏休みですが私は夏休みってものが存在しない会社に勤めておりまして。でも、有休消化を推奨する期間というものが有り、それををどこで使おうかな~って後半戦の日程を楽しみにしていたのですが、行きたいアウェイは月初だったり、ACLは川崎だし、ルヴァンも月末で微妙だしなんて考えていたら、甲府戦の日に。今回は久しぶりに北越谷のお店にお邪魔してPV観戦とやらをやりました。家でまったり見るのもいいけど、大人数で......続きを読む»

浦和は泥船なんかじゃない

【地球は青い!】

監督交代後、2試合目。 大宮戦の延長のように感じた試合であった。相手が変わっても良くなった点は継続し、悪かった点もそのまま継続という感じであったと思う。中3日なので、と思われる部分もあるが、私は少しずつ堀監督のチームはこのサッカーの先にあるのではないか、とも感じ始めた。 浦和が1番変わった点は、中盤と後ろの連携。だからこそ、前線からの守備が目立ち、機能する。前から追うことくらいはミシャの時もやっ......続きを読む»

見事な逆転勝利で首位浮上。 鹿島 2-1 神戸

【二つの歓喜をもう一度!】

今、Jの話題を独り占めしているポドルスキー擁する神戸戦。 その神戸を逆転で退け、首位に再浮上しました。 中々鹿島の時間にはならない試合、 前半15分頃から立て続けにビッグチャンスを作られましたが、 全員で体を張ってよく守りました。 しかし、ポドルスキーはボールを持たせるとやはり脅威ですね。 15分のシーンは、植田が体を当てたにもかかわらず、 入れ替わられフリーにさせてしまいました。 チャンスの数で......続きを読む»

8/9アルビレックス新潟VS川崎フロンターレ【Jリーグ第21節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 21 守田 達弥 DF 4 ソン ジュフン 27 堀米 悠斗 24 川口 尚紀 44 大武 峻 MF 6 磯村 亮太 7 ホニ 8 小泉 慶 10 チアゴ ガリャルド 19 矢野 貴章 FW 11 ドウグラス タンキ 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5 良かった点から… タンキのキープ力と、個人での打開、前からの守備はとても良いと感じた。あとは周......続きを読む»

Jリーグホームスタジアム訪問記~FC東京~

【This is J-league】

 不思議なことにJリーグには54ものクラブがあるにも関わらず、都心を拠点に置いて活動しているクラブが存在しない。こうした状況が続いていたが長い間続いていたが、念願であった都心におけるサッカー専用スタジアムの建設への動きが具体的な動きを見せ始めたことで、これまで西東京エリアを主な活動拠点としてきたFC東京の都心移転が現実的なものになり始めた。そうした中、FC東京のホームスタジアムである味の素スタジアム......続きを読む»

浦和☓大宮 流れは自らの力で変えるしかない!

【浦和な生活】

ちょっと仕事やらなんやらが忙しくて更新が遅くなりました。 なんとか甲府戦前には間に合ったので、ご勘弁を。 ミシャから堀へ指揮官が交代となった初戦。ここ数ヶ月の悪い流れを払拭させるには最大の手を打った浦和。そしてダービー。なんちゃらダービーというのは数多くあれど、J1では唯一の本物のダービー。そして浦和と大宮の歴史なことを踏まえて、どちらも気合が入る一戦だ。ターニングポイントにしたい試合だったが・・......続きを読む»

《セレッソ》少し不安は和らいだかな?

【南大阪に吹くマリンの風】

2017年 8月 5日 J1 第20節 @キンチョウスタジアム セレッソ大阪 3 - 1 北海道コンサドーレ札幌 前節の大阪ダービーはガンバ大阪さんに完敗。 悔しいというよりも虚脱感がワタシは強く、2節浦和レッズ戦の敗戦ん時の様な『チカラの差』を魅せつけられた印象が強く、今節を迎えるにあたり、ヒジョーに不安でありました。 そんで、その不安に追い打ちをかけるよーに、今季躍進の原動力である山村が足首......続きを読む»

ポルディ不発 - 2017 J1 第20節 vsヴィッセル神戸@日立台

【太陽王発電観測所】

いつも同じ席で観戦するのだけど、この試合はあまりの人気から、その座席が取れなくて、いつもと違うところからの観戦となった。観る角度が変わると、いつものピッチの風景も新鮮に見える。試合前のアップから、やはりポドルスキを追いかけてしまう。シュート練習は思わず笑った。その凄さに。蹴ったなと思ったら、ゴールしたボールがネットから跳ね返ってきてた(笑)。シュートしたボールのスピードがエグい。こんなん撃たれたら止......続きを読む»

試合の雑感~J1第20節 鹿島アントラーズvsベガルタ仙台~

【ヒグのサッカー観戦日記】

さて、今回は鹿島アントラーズ戦を取り上げます。しかし濃霧のためまったく試合が見れなかったため、今回は試合の雑感として書きたいと思います。  仙台のスタメンの変更点は2つ。右のウイングバックに新加入の古林。シャドーの一角に奥埜が起用された。また前節と代わらず椎橋がスタメン。ルヴァンカップで成長した若手が徐々にリーグ戦でも出場できるようになり、チームの底上げを感じる。  鹿島のスタメンは、この3連戦......続きを読む»

あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~

【Memories of the game】

 確かに、やってはいけないミスである。宇賀神友弥にしても、遠藤航にしても、相当責められても仕方がない。あの1プレーが、失点に直結してしまったのだから。  しかし、今季の浦和レッズは、見ていて思わず「何でだよっ」と言いたくなるような、単純なミス絡みの失点があまりにも多い。  これはザッケローニ監督時代末期の日本代表にもよく見られた光景だが、一度ならず、二度も三度も続いているとなると、これは個人の......続きを読む»

【鹿島】 vs 仙台。霧、霧、霧。勝ってよかった

【常勝紅鹿】

第20節 鹿島 2-0 仙台 45+3, 土居 90+2, 鈴木 開始してしばらくはネットの調子が悪く、DAZNの画面は2秒おきに読み込みと遅い再生を繰り返し、それの改善を図っているとスタジアムに深い霧が。動画がなめらかに動く頃には、見ても何が何やらわからないことに。 正直、サッカーを見ている、と思える状況ではなかった。 「霧の中でも落ち着いてプレーしている」ということを実況や解説が度々言っ......続きを読む»

【第20節】  vs北海道コンサドーレ札幌~敗戦、ケガ人、苦手もユン監督がいれば。

【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

セレッソ大阪 vs コンサドーレ札幌 8/5(土)  19:00 K.O. at キンチョウスタジアム ①スタメン     健勇 リカルド          曜        宏太    ソウザ  蛍 丸橋 木本 ヨニッチ 田中祐    ジンヒョン 山村がケガ。代役はリカルド。 言うまでもなく一つの大きな変化点です。 加えて達也、陸も外れて木本&祐介。 不動のレギュラーから3人も代わ......続きを読む»

【 アウェイ】とにかく結果【磐田戦】

【紫熊のサンフレ観戦記】

8月6日。 この特別な日にスポーツで、好きな事で一喜一憂できる事に改めて感謝します。 5日のアウェイ磐田戦でござます。 6連勝中でさらに松井選手がポーランドへ移籍という事で気合いが入ってそうでした。 ただ中盤のムサエフ選手と駿が出場できない事がどう転ぶかというところ。 広島は前節と同じメンバー構成。 前半、壮也が中村俊輔選手を倒してPK献上。 これを俊輔選手が自ら決めて先制を許す。 壮......続きを読む»

関根移籍?・・・うん、問題なしだ

【地球は青い!】

いやまた急な移籍ですな。最近流行ってるの? でも心配するな浦和サポたちよ、たぶん関根いなくても問題ない。サッカーって形を変えるチームスポーツなんだよ。 もちろんダメージではあるが、それは今の関根仕様になっているサッカーだから。やっぱり誰か上手い選手がいるとどうしてもそこばかり使いたがるようになる。原口の時もそうだった。でもそれが本当に最善なのかは分からない。 それに原口が抜けた時でも持ちこたえ......続きを読む»

関根貴大の移籍 レッズは本格的に変革期へ

【パルシェン】

関根貴大、インゴルシュタットに移籍。いつかは移籍すると感じていたものの、突然の移籍決定には驚きを隠せなかった。 何故1部ではなく、2部なのか?と思った方々がいるかもしれない。最初は私もそう思った。ただ、ポジションがウイングバックであり、ゴールやアシスト数が少なかったことや、ドイツで戦うにはフィジカル面で不安がある(ちなみに私は十分通用すると思っている)ことを考えると、1部のクラブからオファーを受け......続きを読む»

横浜・F・マリノス ゲーム回顧 Jリーグ第20節アルビレックス新潟戦 2017年8月5日

【多趣味過ぎるブログ】

横浜・F・マリノスのゲームを観ている試合中のツイートをまとめた物です。 Jリーグ第20節 アルビレックス新潟戦 2017年8月5日 試合前 久しぶりのトップ下先発となる前田、そして新潟の命運をかけたタンキが果たしてどれほどのものか。#fmarinos— Speir_s (@Speir_s) 2017年8月5日 前半 飯倉、ファンタジーいらない #fma......続きを読む»

浦和レッズ  大宮アルディージャ 小感

【ニコ小鉢その2(仮)】

酷暑が続く中、良いゲームを予想・選択する作業は毎週の悩みですが、今週は迷う必要なし。埼玉ダービーです。どれだけ暑かろうが、選手のモチベーションが下がることは考えられません。 もっとも、両チームとも今季は不調。双方とも監督交代の憂き目に合っています。それはゲームパフォーンマンスにも多少なり悪影響するだろうなと予め覚悟していましたが、悪い意味でその予想は当たりました。大味な試合内容でした。 ■大宮アル......続きを読む»

【浦和レッズ】8/5 大きな変化が必要です。

【スポーツが好き過ぎて】

2017年8月5日 2017年J1リーグ 第20節 <浦和レッズ 2ー2 大宮アルディージャ> GK 西川 DF 森脇、遠藤、宇賀神 MF 関根、柏木、阿部、菊地(80分→駒井)、ズラタン(90分+2分→李)、武藤 FW 興梠(75分→ラファエル・シルバ) 浦和 得点 26分 興梠 69分 柏木 大宮 得点 66分 マテウス 88分 瀬川 「まだ新監督の初陣だし」で済ませていいので......続きを読む»

浦和、剥がさないといけない固定概念

【地球は青い!】

大宮戦、この試合では何も判断できない。 何故か。 まず、この試合の浦和は今までとは全く異なる戦いをしていた。結局今までのミシャサッカーじゃん、と言われる方もいらっしゃるかもしれないが、同じなのはシステムとビルドアップの手段くらいではなかったか。 基本は守備から入る。いつもより若干プレスが連動していて、ラインは2~3mくらい低かった。特筆すべきはチャレンジした後のカバーが早かったこと。これが相手......続きを読む»

久々に霧にやられた試合でした。 鹿島 2-0 仙台

【二つの歓喜をもう一度!】

ルヴァンカップの前哨戦、のはずでした。 が、霧がすごいの何の。 試合ですか?正味ほとんど見えていませんね。 結構前の、4-1位で勝った東京戦を思い出しましたよ。 あの霧でも、選手たちにはしっかりボール見えているんですね。 ちゃんとボール繋がってましたし、ナイスセーブもありましたし。 優麿がまた少し調子を上げてきたのは、 ペドロが離脱している現状では光明です。 その得点となるパスをくれた金崎、去就......続きを読む»

8/5アルビレックス新潟VS横浜Fマリノス【Jリーグ第20節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 21 守田 達弥 DF 4 ソン ジュフン 27 堀米 悠斗 8 小泉 慶 44 大武 峻 MF 6 磯村 亮太 7 ホニ 13 加藤 大 30 ロメロ フランク 19 矢野 貴章 FW 11 ドウグラス タンキ 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5 良かった点から… タンキが結構身体張れるし、ボール奪取も出来るし、一人で突破できるし期待が持てる選手......続きを読む»

7/30アルビレックス新潟VSFC東京【Jリーグ第19節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 21 守田 達弥 DF 4 ソン ジュフン 27 堀米 悠斗 8 小泉 慶 44 大武 峻 MF 6 磯村 亮太 7 ホニ 10 チアゴ ガリャルド 30 ロメロ フランク 19 矢野 貴章 FW 16 平松 宗 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5.5 良かった点から… アウェーで勝ち点1を取れたのは大きい。 なにより今日は守田が少なく見積もっても......続きを読む»

「J1」清水の戦い、未勝利のち、惨敗。

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

リーグ戦、どっちに転ぶか? 5/27 明治安田生命J1リーグ 第13節 清水エスパルスVS横浜F・マリノス @IAIスタジアム日本平 試合結果 清水 1ー3 横浜FM 得点者 松原健(横浜FM)         15分 白崎凌兵(清水)         50分 ウーゴ・ヴィエイラ(横浜FM)   52分 90+4分 マン・オブ・ザ・マッチ 【ウーゴ・ヴィエイラ】 決勝弾含むマルチゴール......続きを読む»

【J1第20節】 鹿島戦@県立カシマサッカースタジアム

【せんだいサッカー日和】

今回も久々の更新になりました。 今夜はJ1リーグ戦の第20節。仙台は18時半から県立カシマサッカースタジアムで鹿島戦。 DFラインには、DF大岩、DF平岡、先日プロA契約に変更したMF椎橋という先発予想。 右のWBにはMF古林で、シャドーにはMF奥埜、FW西村、1TOPはFW石原か。 【J1順位表】 残留争いとなる下位の順位。 仙台と降格圏内の大宮との差は『7』 清水と札幌以外はリーグ戦の......続きを読む»

Jリーグホームスタジアム訪問記~横浜F・マリノス~

【This is J-league】

 外資の力を借りて抜本的なクラブ改革を敢行しているクラブがある。Jリーグ創設期から名門クラブとしてJリーグに君臨し、輝かしい歴史を持つ。そのクラブこそ横浜F・マリノスだ。大都市横浜をホームタウンとし、クラブ創設以降、日産という強力なスポンサーと共に歩んできたマリノスが、シティグループという外資を参入させ抜本的な改革を敢行している。そんな中、マリノスのホームタウンである日産スタジアムに訪れ、マリノスの......続きを読む»

第947回toto 予想のまとめ

【当てtoto】

みなさん、こんばんは。小幡です。 今週の予想が出揃いました。 私のレーティング予想は、今節5試合です。 1.-154 3.-225 4.+176 5.+206 6.+129 ptも150以上が4試合と、最近の中ではptに差が付いている試合が多いです。 しかも、キャリーオーバーが発生中ということで、買うほうも力が入ってしまいます。 私は、上の5試合をシングル、他の8試合をトリプルにし、マ......続きを読む»

《セレッソ》2度目の難関に突入

【南大阪に吹くマリンの風】

明日はホームで北海道コンサドーレ札幌さんと対戦です。 今週の記事では、 曜一朗が疲労によりルヴァンカップ決勝リーグの抽選会を欠席。 けど、京セラドームのバファローズ戦の始球式ならぬ蹴球式には登場。 この記事でエラいカキコミがよーけありましたけど、 大阪から東京、それもお台場まで行くのと、舞洲から京セラドーム行くのを一緒にすなよって。 東京駅なり羽田空港からお台場いく距離よりも、舞洲からド......続きを読む»

週末のさいたまダービー。注目度は薄いが両チーム生き残りを賭けた一戦かも。

【当てtoto】

第947回toto 布施の予想   サッカーファンの皆さん、こんばんは、布施誠です。前回の私の予想、簡単にまとめると浦和レッズは苦戦、ヴィッセル神戸のポドルスキは不発、大阪ダービーはガンバ大阪の勝ちでした。結果として当てたのはガンバ大阪 VS セレッソ大阪の大阪ダービーのみ。神戸ポドルスキは爆発し、浦和レッズは苦戦どころか完敗でペトロビッチ監督は試合後に解任されました。浦和レッズの状態の悪さは引き分......続きを読む»

レッズが変わるために

【サッカーバカのブログ】

7人で攻めて点が獲れず、3人で守り切れず。 これがレッズの現状。 そして、ミシャが解任された。 まぁ、2011年に残留争いをしてどん底を経験したレッズを、1年で3位にまで押し上げ、その後5年間でACL圏内に3回引き上げてくれた。 その影響で選手は疲弊していったのかもしれないけど。 2015年のガンバ以外、JリーグチャンピオンがACLを適当に闘って早々に敗退する中で、2年連続でベスト16に進......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ラモス瑠偉氏の「雪国クラブ差別発言」にレッドカードを! ~ジャパン・プレミアリーグとはJクラブをふるいにかけるための制度である~

【白鳥城の騒霊】

<月刊ラモス>柴崎よ太陽になれ プレミアリーグ創設提案(中日スポーツ) 2017年7月29日 ラモス瑠偉氏が吼えてますね。 秋春制議論が、これほど長く続いている理由は簡単です。 Jリーグを現在の春秋制から秋春制移行したいという人と春秋制のままでいいという人の意見で二分化されているからです。 「春秋制のままでいい」と秋春制移行に反対する人たちの多くは「寒冷地、雪の多い......続きを読む»

ペトロビッチの捉え違い――「負けたが内容は悪くなかった試合」ってあるのか!?

【Memories of the game】

―― 今日は残念ながら敗れたが、決して悪いゲームではなかった。ウチは負けるといつも批判されるが、今日はそんなゲームではなかった。浦和はいつも結果を厳しく見られるチームなので。今日は両チームとも素晴らしいゲームをした。スペクタクルだった。満員のスタジアムで見た方、テレビで見た方、みんなが満足しただろう。もちろん勝ちたかったが、良いゲームができたし、悪くなかった。  先日解任された浦和レッズ・ペトロ......続きを読む»

痛恨のドロー - 2017 J1 第19節 vsベガルタ仙台@ユアスタ

【太陽王発電観測所】

仙台に勝てない…。 この試合を含めて、6試合で2分4敗。今季に限っては、3月のリーグ前半戦、5月のルヴァンGL、そしてこの試合と、3試合連続で後半ATに失点。相性ではなく、仙台が柏をいつもうまく抑えている。しかし、なぜこうも、後半ATに失点するのか… ■仙台ペースの前半 立ち上がりこそ、勢い良くシュートまで行く攻撃があったものの、次第に仙台の守備に圧され、思うように攻められなくなる。......続きを読む»

数年後、ミシャにありがとうと言える結果を

【パルシェン】

ペトロビッチ監督が解任された。 今日で解任されるんじゃないかと予感したあの広島戦から約1ヶ月、ついにそれは現実のものとなった。1ヶ月前に書いた通り、解任はやむなしであったと思う。 今回はまず私がペトロビッチ監督について、個人的に感じていたマイナス点とプラス点を載せておくのと、そして今後の浦和について求めたいことを述べておく。 まずはミシャのマイナス点とプラス点から。 [マイナス点] ① 可変......続きを読む»

解任

【ゆるゆるレッズサポ】

●浦和0-2札幌 ・ピリオド  この対戦前、 「この試合で負けることがあったら、ミシャ監督は解任されるかもな。」 という気がしていた。確固たる根拠はなかったのだが、報道されている限りで知る浦和のチームを取り巻く雰囲気から、何となくそういう気がしていた。もしかしたら、同じように感じていた浦和サポの人たちは多いかも知れない。そして、結果は皆さん御承知の通り。残留争いをしている札幌を相手に、無得点2失点......続きを読む»

札幌☓浦和 ミシャ最後の采配

【浦和な生活】

今シーズンの日程が発表された時から札幌遠征は計画しておりました。 某北海道の番組が好きで長いこと見ておりますが、結婚した頃から嫁が猛烈な勢いでハマり、なんだかんだ毎年北海道へ行っております。昨年も生まれたばかりの息子を連れて1泊しており、今回は意気込んで3泊することに。 試合の前々日入りする予定を組んでおりましたが、その2日前に息子がまさかの発熱!病院に連れていき翌日には熱が下がったのですが、念のた......続きを読む»

“強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

【Memories of the game】

 前半は、相手がよく守れていたと思う。  残留圏ぎりぎりを争っているヴァンフォーレ甲府は、まず失点しないことに重きを置き、守備に人数を割いていた。このような戦法を“引きこもり”“消極的”と批判する向きもあろうが、正しい選択だと思う。戦力差を考えれば、割り切った戦い方がベターだ。  しかし、なかなかチャンスを作れない時間が続いても、鹿島アントラーズの選手達は落ち着いているように見えた。焦って前掛......続きを読む»

鹿島戦を見て

【ファジアーノ頑張れ!】

鹿島戦、ダゾーンでほぼフルタイム観戦させてもらいました 観戦した感想は、吉田監督の考え方が変わらなければ降格するだろうという感想です 得点が取れないから攻撃に重きを置いた考え方になっているなと感じました この考え方自体が、得点を奪えない大きな要因になっていると思っています いい攻撃は、いい守備からだと思います 吉田監督は、ウィルソン選手やドゥドゥ選手が得点を奪えていない、チームとして得点を奪えていな......続きを読む»

攻撃と守備をつなぐもの~J1第19節 ベガルタ仙台vs柏レイソル~

【ヒグのサッカー観戦日記】

 夏の中断期間が明けました。リーグ戦が再開です。柏レイソル戦を取り上げます。  中断期間前は大阪勢と神戸に3連敗。この3試合で10失点と守備に課題がある仙台。中断期間は守備に時間を掛けた。夏の補強では名古屋からウイングバックの古林を補強。さっそくベンチ入りをした。一方で石川直樹が札幌へ完全移籍となった。  スタメンでは契約上の関係で増嶋が出場できない。代わりに椎橋。ルヴァンカップで台頭した若手がリ......続きを読む»

もう一度取り戻そう”浦和レッズ”を

【地球は青い!】

ペトロビッチ監督が解任された。よく遅きに失すなどと言われているが、私はそうでもないと思う。前にも言ったように今年優勝するという選択肢は浦和にはもう大分前にはなかった。浦和が取るべき選択肢は2通りだった。監督そのままで、それなりに良い順位で終わるか、監督を変えて今年を捨てるか。予想と違ったことは、監督そのままで本当に回復の兆しが見えなかったこと。内容は良くはないが、例年通り、それなりの順位の所までは戻......続きを読む»

《セレッソ》これが現在の立ち位置。繰り返さないことが重要

【南大阪に吹くマリンの風】

J1第19節 2017年 7月29日 @吹田スタジアム セレッソ大阪 1 - 3 ガンバ大阪 吹田スタ初の大阪ダービーマッチ。 当日は家族で夜祭行く計画(嫁が勝手に決めた)でしたが 出発直前に勇気を出して ワシ「あのぉ~家居ていいですか・・・」 嫁 「なんで?」 ワシ「今日はダービーマッチなのでLIVEでサッカー観たいので・・・」 嫁 「にーちゃんは?お祭り行くの?ほなとーちゃんは留守番ね」 と......続きを読む»

【ホーム】欲しいのは勝点【鳥栖戦】

【紫熊のサンフレ観戦記】

サマーブレイクを明けましてリーグ戦も再開です。 久留米より姉一家の帰省に合わせてアウェイ寄りの指定席での観戦。 アウェイ寄りなので仕方ありませんが周りの9割は鳥栖サポの方々、 何故か広島人の母親も鳥栖を応援するという、 タオマフを回すのもはばかられるまさかの逆アウェイ状態。 ルヴァン杯はハイライトしか確認していないのでヨンセン監督の采配試合は初観戦。 久しぶりに広島の4バックを見ます。 ど......続きを読む»

札幌対浦和の雑感

【サッカー観戦記】

※選手の敬称略 ◆札幌の1点目 都倉対槙野のマッチアップで、単純に槙野の力負け。 このシーンのスロー再生でもわかるけど、槙野は相手のユニフォームを掴んでディフェンスする。本当にやめて欲しい(槙野だけではないけど) 槙野はよく、子どもに夢を与える、というような事を言うけど、ユニフォーム掴むのって、反則でしょう? 今の時代、こっそりやっても、リプレイのスロー再生でバレバレ。 Jリーグで、ユニ掴......続きを読む»

【第19節】 大阪ダービー~1分遅れた交代が命取り。

【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

セレッソ大阪 vs ガンバ大阪 7/29(土)  19:00 K.O. at 市立吹田サッカースタジアム ①スタメン     健勇         山村  曜        宏太    ソウザ  蛍 丸橋 木本 ヨニッチ 陸    ジンヒョン ②試合結果  セレッソ大阪 1 - 3 ガンバ大阪  51分 杉本(C大阪)  65分 ファン・ウィジョ(G大阪)  77分 三浦(G大阪......続きを読む»

前代未聞の交代劇 VS 札幌

【パルシェン】

今回はまだ後半しか観ていないけどそれでも更新します。普段はこんな事は絶対にしないのですがあまりに酷い采配に怒りを抑えきれないので見逃し配信で観る前に更新することにしました。 昨日は1日中色々と用事があって残念な事に浦和もポドルスキも観られなかったのだけど、さらに残念だったのは浦和の結果速報のページを開いた時と、その試合の情報を見た時でした。 【VS 札幌 前代未聞の交代劇】 あの、まず衝撃的だ......続きを読む»

ルヴァン杯へのJ2クラブの参戦について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】  先日、Jリーグ理事会が開催され、ルヴァン杯へのJ2クラブの参戦が決議されたようです。まあ、前から出ていた話ですが、正式に決まりましたね。フットボールチャンネルで丁寧に解説されていました。以下、抜粋して紹介。     【ルヴァン杯、17年ぶりJ2クラブ参戦という一大改革。日程面の問題と競技上の公平性は?】  25日のJリーグ理事会で、ルヴァン杯に、来季からJ2で最大2チーム参加させる......続きを読む»

浦和は過去ではなく、今、目の前を直視せよ

【地球は青い!】

戦前の予想通り厳しいものだった。高さのある札幌にしかもアウエー。上位の安定しているチーム以外は新戦力も加わってきている。みんな前回とは変化しているのだ。浦和が変化を求めなかったが、まわりはみんな変化している。現状維持は衰退と同義だ。浦和の中の時間は昨年で止まっている。 これまで同じことをやって同じように出来たからといって、次も同じになるとは限らない。あの3枚替えも同じだ。前、事なきを得た所でリスキ......続きを読む»

VSヴァンフォーレ甲府戦。~安倍ちゃん初ゴール~

【サッカーをぼそぼそつぶやく】

久々の投稿となります。 まず、先日のヴァンフォーレ甲府戦。 肉SHOCK。 -お疲れ様です。 肉がわんさか食べられるということで、この日はあまりサッカーの詳しくない連れと見に行ったのですが、カシスタのクオリティの高いグルメに「ええ!!!うますぎ」と感動していました。 試合の方も、得点がたくさん入ってくれて「金崎選手がうまいわぁ~」とか言ってましたね。(笑) え~、スタッフのみなさん本当に......続きを読む»

悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~

【Memories of the game】

 悪いことは言わないから、ペトロビッチ監督をもう辞めさせるべきだと思う。これ以上続けさせても、何も良いことはない。選手達にとっても、監督自身にとっても、何より浦和レッズというチームにとっても。  どう考えても、いたずらに傷口を広げていくだけである。  先に告白しておくと、私は鹿島アントラーズのファンだ。したがって、このところの“ライバル”浦和レッズの不調と監督解任騒動には、非常に複雑な思いを抱......続きを読む»

【鹿島】 vs 甲府。ハイプレスをかわして大勝(でも危なげも)

【常勝紅鹿】

第19節 鹿島 3-0 甲府 46, 金崎 62, 鈴木 90, 安部 セビージャを破った鹿島が甲府相手に次元の違いを見せた。 試合前には不穏なニュースが続いた。神戸が金崎にオファーを出すだとか、ペドロ・ジュニオールが練習で骨折したとか。前者は可能性は極めて低いし、神戸には田中、渡邉、ハーフナー、ポドルスキと豪華絢爛のFW陣がすでにいる。後者は正直残念だ。レオシルバが戻ってきて、PJの調子もあ......続きを読む»

完勝したけど、FWの良い事と、悪い事が。 鹿島 3-0 甲府

【二つの歓喜をもう一度!】

前半は、正直あまり見所のない試合。 開始早々のレアンドロのちょっと弱いシュートと、 山本のバー直撃ヘディングシュート。 それ以外攻めも守りも、特記することのない試合。 後半に試合が動きます。 開始早々、金崎決定機を迎え、しっかり決めて先制。 さらに、前回のセビージャ戦で自信をふかめた?若武者二人が躍動。 まずは金崎のクロスをうまく優麿がボレーで合わせ追加点。 非常に良い時間に素晴らしいゴールが生ま......続きを読む»

「J1」清水の戦い、まだまだ、まだまだ続く、未勝利。

【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

リーグ戦再開、今夏の補強は無し? 5/14 明治安田生命J1リーグ 第11節 清水エスパルスVSサガン鳥栖 @IAIスタジアム日本平 試合結果 清水 1ー1 鳥栖 得点者 チアゴ・アウべス(清水)   23分 水野晃樹(鳥栖)     90+4分 マン・オブ・ザ・マッチ   【水野晃樹】 終了直前に同点弾。  ゴールデンボール 【チアゴ・アウべス】 先制弾。 5/20 明治安田......続きを読む»

浦和レッズから貴重な勝ち点3を獲得!<北海道コンサドーレ札幌>

【北海道に住むスポーツ観戦好きの30代後半男】

ヤフーページの「話題のキーワードランキング」のようなものを見たら、 16時44分時点で、 1位 槙野 2位 都倉 4位 ミシャ 5位 3枚替え 6位 浦和 8位 ジェイ ということで、これで今日の試合の全てが語られている感じです(^^) 3万3千人が入った札幌ドームの試合で「札幌2-0浦和」の嬉しい結果に。 UHBという北海道ローカル放送でのテレビ観戦でしたが、 試合の感想を箇条書きで(戦術......続きを読む»

Jリーグ秋春制について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】  数年前からいわゆる「秋春制(正確には夏春制)」への移行構想について、何度となく取りざたされています。口にしてるのはもっぱら、日本協会の田嶋会長のようですが、そう簡単に結論が出る話ではないと思います。6月から7月にかけてJリーグの各委員会で、田嶋会長が参加してJリーグ側を説得していたようです。まずは、一連の流れをマスコミ報道をもとに抜粋して紹介したいと思います。     【J実行委:......続きを読む»

最下位フロントの致命的大失態!新加入選手の登録不備で出場出来ず!

【アルビレックス新潟シンドローム】

今朝のニュースで、新加入選手の外国人FWタンキ選手が、メキシコ側との書類の不備で明日のFC東京戦を欠場することがわかった。 アルビレックス新潟も一企業ではあるが、一般企業とは異なるプロサッカークラブという組織である。 試合は待ってくれないし、降格がほぼ決まりかけている状況で中断期間に獲得した選手を起用することが出来ないとは何事か? 私は常々今期のアルビの試合の記事を書くごとにフロント批判をして......続きを読む»

第946回toto 予想のまとめ

【当てtoto】

みなさん、おはようございます。小幡です。 今週の予想が出そろいました。 まず、私のレーティング予想ですが、今節一番レーティング差が大きいのは、FC東京ー新潟戦です。ホームアドバンテージを加えると200pt以上の差になります。FC東京は今年決して良い成績とはいえませんが、降格の危機にある新潟とはかなりレーティング差がつきました。FC東京勝ちの予想です。 続いては鹿島ー甲府戦、こちらは鹿......続きを読む»

週末は大阪ダービーにポドルスキのデビュー戦と関西が熱い

【当てtoto】

第946回toto 布施の予想   サッカーファンの皆さん、こんばんは、布施誠です。週末のJ1は注目のカード目白押しですね。まず首位セレッソ大阪にガンバ大阪が挑む大阪ダービー。続いて元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキのデビュー戦となりそうなヴィッセル神戸 VS 大宮アルディージャがあります。ポドルスキは22日のベガルタ仙台とのプレシーズンマッチではまずまずの仕上がりと伝えられており、公式戦デビューが......続きを読む»

アクション リアクション

【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

 大岩監督はファン・サポーターにも気持ちを伝えることが上手い。目指していること=結果の評価・チーム状況=選手状態。コミュニケーションもファンサービスの一つになる。これも日本人監督の素晴らしさ。  2014年無冠・2015年1冠・2016年2冠。25年で3度しかない監督解任が2度。結果が出ない。敗因に選手の出来を公然とコメントする時期もあった。その時フロントは選手の側にいた。勝てない時期はリアクション......続きを読む»

《セレッソ》清原は徳島へ、丸岡は長崎へレンタル移籍

【南大阪に吹くマリンの風】

夏の移籍ウインドーがOPENしたJリーグ 今夏の移籍期間の目玉いえば、ヴィッセル神戸さんに加入したポドルスキー選手。 Jリーグではフォルラン以来の大物外国人であります。 フォルラン獲得時のセレッソの失敗は、フォルランブランドに監督がついてきてなかったことだとワタシは考察しております。 そーゆー意味でいくと、神戸さんはネルシーニョという優秀な監督さんが指揮を執るチームなので、うまくコントロール......続きを読む»

どうした? 浦和レッズ!

【サッカーのネットショップ店長ブログ】

個人的な視点から見た、 現状の浦和レッズについて書いてみました。 今シーズン始まる前は、 最大のライバルは「浦和レッズ」であり、 「鹿島アントラーズ」より、 優勝の可能性が高いと思っていました。 6月下旬、フロンターレに敗れ、 「連勝できなければ監督辞める」と 監督が発言したときはビックリしました。 ※数戦の成績にもビックリ 結果は、 18位の新潟に逆転勝利。 J2の熊本に1点差勝利で、 ......続きを読む»

もはや浦和の試合がお笑い番組に見えてきた VS C大阪

【パルシェン】

もはやお笑い番組を観てる感覚にしかなれなくなってきた。そのせいか、なんだか最近はむしろ面白くなってきたぞ。 ・VS セレッソ大阪 首位チームに2-4負け、内容は完敗。 敗因を語るつもりはない、何故ならそれについてはこのブログで3年間飽きるほど語ってきたことだからだ。過去に書いた敗因をコピペして投稿しても大丈夫なほど全然課題が解決されていない。これに関しては何とも言いようがない。ただお笑い番組とし......続きを読む»

《セレッソ》前半、昔ながらのセレッソ。後半、ユンサッカーのセレッソ

【南大阪に吹くマリンの風】

J1 第22節 @ヤンマースタジアム長居 セレッソ大阪 4 - 2 浦和レッズ 今節は浦和さんのスルガ銀行カップ出場による繰り上げ開催でこの試合のみ。 この1週間は浦和さんに得体の知れない方が一方的に喧嘩を吹っ掛け、試合当日はその該当者が大阪で公務とのことで大阪に居てたっぽいので『どうかヤンマーには来るな』と願っていましたが、幸いに来場した気配はない。 今季ヤンマーでのビックマッチといえばvsガ......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss