カープおやじのひとりごと

2017年のカープ「感謝!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな衝撃はひさしぶりかもしれない。

連覇の興奮も冷めやらず、さて今年こそ日本一に向けて、まっしぐらに進んでいこうという矢先、降ってわいたような石井・河田両コーチの今季終了をもっての辞任!

思い起こせば、緒方カープの1年目は、監督とあるコーチの確執もあり4位という結果で終わった。

そのオフに行われた石井コーチの走塁コーチから打撃コーチへの配置転換、そして河田氏の走塁・守備コーチとしてのカープへの復帰が25年ぶりのセリーグ制覇、そして連覇への道筋をつけたといっても過言ではなかろう。

石井タクローコーチ 卓越した打撃理論はもちろんのこと、選手たちに「厳しい練習からこそ生まれる確かな技術」を教え込んでくれた。

選手に対してのみならず、各選手の打撃の調子を正確に把握し、スタメンを監督に進言し、監督もそれを信頼して、戦力に厚みをつけてくれた。

実戦においては、相手先発が下手投げと予告されれば、フリーバッティングに登板し、何百球もアンダースローでバッティング投手をやってくれた。 こんなコーチ、今まで聞いたこともない。本当に頭が下がる思いだ。

河田コーチ、 足がある選手が多いにもかかわらず、足を使った攻撃が今一つであった近年のカープ。

西武ライオンズのコーチ経験で培われた確かな走塁技術、3塁コーチとしての的確な走塁判断を通して、カープ伝統の「機動力野球」をものの見事にレベルアップさせてくれた。

コーチボックスから手がグルグル廻り、菊池が、丸が、コースケが、野間が、、、どんどん本塁に還ってくる。 ファンにとっては、心躍る瞬間を何度も演出してくれた。

外野守備も格段に進歩した。松山がそれほど浅くないレフトフライを捕球して、タッチアップ走者を本塁で間一髪アウトにしたプレーが今でも蘇ってくる。刺した松山本人がびっくりしたくらいの技術の向上ぶりだった。

これも地道なノックの賜物だろう。

現代プロ野球では困難と言われている連覇を果たし、このコーチングスタッフで3連覇、4連覇を狙っていくのがふつうだろう。 だが、両コーチは今回、そろって退団という選択をされた。

理由は個人的な面もあるようなのでコメントは差し控えるが、ある面では、非常に潔い選択だろうと思う。

このたびの両コーチの退任は、 「俺たちが教えて、俺たちがやらせるという時期はもう終了だよ。ここからは、お前たちの力で自分自身を高めていく時期だよ。そしてそれが成就したときこそ、真のカープ黄金時代だよ。」というメッセージ のようにも受け取れる。

最後に、ファンのひとりとして、 「タクローさん、河田さん、カープ連覇というすばらしい体験を私たちファンにもさせてくれて、本当に感謝しています。今後のお二人の人生がさらに素晴らしいものになるよう、心よりお祈りしています。」という言葉を贈りたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年のカープ「感謝!」

思い起こせば、タクローさんが選手としてカープに来てくれてから、チームの野手の雰囲気が少しずつ変わっていってましたね。
タクローさんの場合、指導力のひとつとしての「発言力」というのがスゴイと思います。
安部を評して、「お前は『覇気がない』」 この一言が安部を覚醒させたんですから。
人を立たせるのに、言葉の数は重要ではなく、本質をついていれば「ひとこと」で十分。
いや~、勉強になります。

河田さんは、これまた卓越した技術とノウハウをお持ちですが、さらに選手たちの心をつかんだのは、「明るさとひたむきさ」じゃないかなと思います。
愚直なまでに自分のポリシーを貫くひたむきさが選手のみならず、ファンの心もつかんだのでしょうね。

そんなお二人、すでに「ヤクルト入閣か?」と噂されています。
もしこれが実現すれば、相当手強い相手となりそうです。
来年のことに思いをはせれば、ファンさえも気が引き締まりますが、われわれにはその前に大仕事が控えています。
両コーチには「カープでの集大成」として、自らで花道を飾ってほしいですね!

コメントありがとうございました。

「2017年のカープ「感謝!」」へのコメント

CS前に大きなニュースが飛び込みましたね。
お二方に共通してることですが、カープ以外のプロ野球を経験されていること(他にもいらっしゃいますが。)

『良く練習するなぁ』と話してるのを何かで見たことがあります、

そして、大胆な指導と助言もチームを最強にするキッカケになりましたね。

『失敗したら、間違っていたらコーチの責任』やらせるだけでなく、一緒に汗を流す、
こんな素晴らしいコーチはなかなか巡り会えません。

退団理由は、色々あるかと思いますが、いつの日かもう一度カープのユニフォームに袖を通してくれる日があれば幸いです。

河田・石井コーチの思いも背負って日本一に向かってほしいですね!最高の花道を飾って欲しいですね!

選手が一番驚いてるでしょうね。ただ、いつまでもチームに在籍することはありません。お二方のお力なら、他球団から引く手数多だと思います。

いつライバルになるかもわかりません。

もう一年!とも思いますが、チームが更に強くなるには良いことかもしれません。
無論、淋しい事には変わりません。

来シーズンは、カープ包囲網がさらに厳しくなると思いますが、必ずや日本一を掴み獲り、おごることなく、三連覇を目指してもらいましょう!

とても偉そうな事を申し上げましたが(笑)カープが常勝軍団になるためには避けられない事なんでしょうね。

長々とコメント失礼しました。

2017年のカープ「感謝!」

私ごとですが、かつてカープに関わっていた方と毎週とあることでお逢いしていて、昨晩もその方と「石井コーチと河田コーチの存在なくしては優勝はなかったかもですねー」と話していたところで、今日のニュースは大変ショックでした。

日本一になって、「タクローさん、河田さんありがとうTシャツ」作ってもらいたいです。

コメントありがとうございました。

2017年のカープ「感謝!」

まさに同感です!

仰る通り、見事日本一を勝ち取って、監督の胴上げと共にお世話になったお二人のコーチの胴上げをしてあげてほしいですね。

コメントありがとうございました。

こんな記事も読みたい

先週プラス1試合のジャイアンツ(9月25日~10月3日)最終戦に明日の希望を見た(ことにした)【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

新人王なんて獲らないほうがいい!【ドラゴンベースボール】

2017野球観戦記33。対楽天戦(ZOZOマリン)&6並びだよ。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

CS戦いやすいのはどっち??【来季に向けて】

タイトルを最優先しないラミレス監督に感謝。【二つの歓喜をもう一度!】

今夜の試合の楽しみ方【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

それぞれの秋【カープ一筋40年の独り言】

秋の到来とカープファン【カープ大好き三姉妹】

ブロガープロフィール

profile-iconcarpoyaji

  • 昨日のページビュー:11
  • 累計のページビュー:3576866

(12月03日現在)

関連サイト:twitterアカウント「カープおやじの本音のつぶやき」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015年のカープ「あまりにおそまつなコーチ陣容」
  2. 2016年のカープ「まずは首脳陣の再建 これなくしては何も始まらない」
  3. 黒田博樹と周辺 「今年は何かが違う気がする」
  4. 2015年カープFA戦線「梵英心の憂鬱」
  5. すごかった「生」の中田廉と一岡
  6. 不気味な阿部慎之助と心配なマエケン
  7. 松田オーナーの大きな転換(た、たまげた!)
  8. 雨天中止特別企画 もしも「カープ原辰徳」が誕生していたら
  9. マエケン残留に思うこと
  10. 2015年のカープ 「守護神はだれ?」

月別アーカイブ

2017
10
09
08
06
04
03
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss