大阪に住んでいてカープファンになった

リリーフ陣の救済策(案)

このエントリーをはてなブックマークに追加

中田廉と鈴木誠也が登録抹消、堂林翔太、九里亜蓮が昇格したのだが・・・。九里は23日のファームでの試合で、1回25球を投げている。今日、九里が登板となれば、24時間以上空いているとは言え、連投になる。

デーゲームの後のナイトゲームということだが、前日まで由宇で試合をしていた中、少なくとも、昨日の中田廉が打たれた後以降に招集がかかっているという状況。

今日は、雨とかで流れない限り、確実にリリーフの出番があるのにも関わらず、リリーフで投げられる投手が少ない状況で、九里は移動を含めた連投を強いられる可能性が高い。

ファームにいる間、休んだりして調整してきただろうから、今すぐ九里が連投で壊れるということはないだろうが、タイミングとしては決して良くはない。

今村は昨日、ノースローだったそうだが、1日で状況が好転できる程度の疲労ではない。これは中崎も同じこと。いっそ、中崎と今村を1度落として、しっかり休ませた後に登録してもらいたかった。 投げられない投手が多過ぎる状況で試合をするのは、これまたケガのリスクが高くなる。現場がどういう判断をするかは分からないが、今村、中崎、ジャクソンは今日は投げられないと考えておくべきだろう。

一岡もこの中に入れたいが、この3人の中なら一岡は疲労度が比較的マシなハズだ。残っているリリーフは、ブレイシアと佐藤祥万、そして今日中田と入れ替わった九里。多く見積もって4人だけ。

薮田、岡田が今週一時的にだけでもいいから、ここに入り、来週は大瀬良がローテ1回飛ばしてリリーフに入る、というカタチを取り、その間、今村と中崎の登板はなしにして、しっかりと休養を与えて調整させるようにする。

そうすれば、取り返しがつく可能性は残されている。ファームの公式戦が24~31日までない今なら(練習試合もないという決めつけではあるが)、こういうスクランブルを組むことが可能になる。

登録枠は25日、26日、30日と、先発1枠分を用意するだけで済むし、ファームの選手からすればチャンス。早い回に崩れれば、入れ替えでロングリリーフないし、第2先発が可能なピッチャーを補充してもいい。

この補充のために、できれば休ませる今村と中崎を落とすということをしてほしかったが、それが難しいなら、野手を落としてでも実現してもらいたい。

ジャクソンは、昨日51球なので、今日どころか、明日明後日は休ませるべきで、できれば最短で27日としてもらいたい。一岡と九里、ブレイシアは、今日投げたとしたら、球数にもよるが中2日以上の休みが必要となるだろう。

そうなると、佐藤祥万しかリリーフがいない状況になってしまう。だからこその薮田、岡田、大瀬良の一時リリーフ転向案というわけである。

明日がジョンソン登板であれば、ファームのローテでは26日は加藤が中6日で投げられる。27日は前回通りにいくとアドゥワだが、まだ厳しそうなので、中村恭平や戸田あたりを上げ、30日には塹江を投げさせることができる。

正直、心許ないが、この作戦ができるのは今しかないので、ダメ元でいいから試してもらいたい。リリーフをここまで痛めつけたのだから、ここで負けが込んでも潰すよりはマシだ。

これでも、まだなんとか首位は保てると思う。その後の試合で今村中崎、一岡、ジャクソンの状態が戻れば、誠也がいない状況ではあるが、これ以上のケガ人が出なければ、充分勝ち切れる力はあると思う。

現状、私が思いつく救済策はこれくらいしかない。

誠也が来年戻ってくるという趣旨のコメントを出したようだ。これで無理して誠也の選手生命が途絶えることがなくなった、という意味では非常に安心した。もちろん、ケガが今後プレーに影響を及ぼさないという保証はないが、復帰を急いで棒に振ることが心配だっただけに、そういう選択をしなかった誠也を褒めてあげたい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
連投
ケガ
救済策
疲労
ファーム
大瀬良
薮田
岡田
リリーフ
一岡
ジャクソン
九里
鈴木誠也
中崎
今村
広島カープ
広島
カープ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「リリーフ陣の救済策(案)」へのコメント

単純に2軍で一番イキのいい球を投げてる投手を試せばどうでしょうか。

辻空。

「リリーフ陣の救済策(案)」へのコメント

現在先発で回っている岡田、薮田、大瀬良を一時的にブルペンに入れるですか

ブルペンの頭数を増やしたい考えなのかもしれませんが、リリーフの救済でチームの救済というかバランスは保たれているのでしょうか?

先発調整に専念していた投手がリリーフで連投する故障のリスクは?

そもそも、ローテを飛ばしている最中に何試合登板できるスケジュールを想定しているのでしょうか?

先発で100球程度投げた後休養し次の試合に向けて調整、また先発する

例えば先発後中3でブルペンに入り次の先発前に中4開けたとして、ブルペンには6日間のみ

連投を避けた場合3試合がギリギリ
そもそもどんなシチュエーションで登板させるのか?たった数試合のために取るリスクに見合うのか?

あまりにも非現実的な提案のように思います

リリーフ陣の救済策(案)

はじめまして。
救済策ですか。
中継ぎ陣をなんとかしないとというのは
畝さんのなかでも頭が痛いのでしょうね。
2位以下とは7ゲーム差以上離れているとは
いえ、早めに手を打って、対策するのは賛成です。

しかし、先発陣をリリーフに回すほど先発に余裕が
あるわけではないですし、大幅な配置転換は大きな
リスクも伴います。そのリスクを背負うまで致命的な
状態では無いですし、一、二軍の入れ替えくらいで
よいのではないでしょうか。

こんな記事も読みたい

カープの魅力。【Carpe diem 野球はドラマ!】

昨年8月の阪神戦三連敗→巨人戦三連勝を思い出させる今のベイスターズ【温故知新ベイスターズ~2017】

あの日見た「5回無失点」と、「ライバル対決」をもう一度。 【#16 原樹理】【神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~】

苦しまずして栄光無し【日本一を目指して】

言葉がない【広島伝説~常昇魂から真赤激~】

鈴木誠也のいない夏 キーマンは堂林と野間と會澤翼!【カープファンの構想と妄想】

【若き四番離脱の宴】『鈴木誠也の穴』【©カープ狂の宴】

遂に起こるべくして起こった中継ぎ崩壊【カープ備忘録】

ブロガープロフィール

profile-iconcarp_boss

  • 昨日のページビュー:28
  • 累計のページビュー:655704

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 藤浪の対応に見る、カープとタイガースの差
  2. 今の藤浪にはタイガースの職場環境は合わないのでは?
  3. ファイターズ岡、カープ中崎論争
  4. 投壊しはじめた投手陣と鈴木誠也のケガ
  5. 優勝目前で謎采配その代償
  6. カープの悩ましいサウスポー問題
  7. 機転を利かせた菊池の守備と藤浪の2軍降格について
  8. 今村と中崎をつぎ込んでしまったか
  9. カープ開幕戦から
  10. 薮田の完封がなかったら…

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
2016
10
04
03
2015
08
06
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss