~常昇魂から真赤激~広島伝説

セ・リーグ連覇~その象徴的シーン~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 思っていたより、何倍も嬉しい優勝だった。  思っていたより、何倍も苦しい優勝だった。  一つの試合を勝つ難しさも改めて教えられた。  現時点で11ゲーム差をつけた圧勝かもしれないが、それは数字上のこと。他チームファンの友人に「マジック1は事実上優勝、たとえ全敗しても優勝」と、言われなくてもそんなことはわかってはいたが、最後は、いやあ、長かった。しんどかった。  だからこそ、優勝の瞬間は喜びが爆発した。

 シーズン前は、もちろんカープの優勝、連覇を予想した。そりゃあそうだよ、根っからのカープファンであり、17.5ゲーム差でぶっちぎったのだから。黒田が抜けた穴は大きい、連覇は他チームのマークが厳しく難しいもの、などと指摘されても、揺るぎなかった。

 だが、これは他チームのファンとて同じだろう。  トリプルFAで補強した巨人、糸井が入った阪神、ビシエドに加え新加入ゲレーロが脅威に思えた中日、日本の四番を擁して初のCS出場からさらに上を見据えるDeNA。個人的には、2015年の覇者で、山田、バレンティンを中心に強打者が並ぶヤクルトが一番強敵かと思った。  どこのファンも、それなりの根拠を並べ、我がチームこそ優勝と信じていただろう。

 どこか特定のチームのファンであれば、当然ながら主観が入る。客観的な予想などあり得ない。

 ファンの揺るぎない予想、優勝確信など、その程度のものなのだ。    振り返れば、今季は首位に最大離されて2.5ゲーム。GWには9点差を逆転され、8月には3連続サヨナラ負けを喫するが、5月後半に首位奪回を果たして以降は独走で、8月頭には11ゲーム差。2位阪神に迫られたと言っても最接近で5.5ゲーム差まで。完勝とさえ言ってもいいが、そう言えるのは優勝を決めた今だからこそ。あのソフトバンクでさえ、昨年は11.5ゲーム差を逆転されたという恐怖が常にあった。

 それこそ客観的に見れば首位からの転落などあり得ない状況になっても、最悪のシナリオを完全に打ち消すことはできなかった。ようやく、わすかに安心したのはマジックが再々々点灯してからだ。

 私たちファンも当事者として共に苦しみ、共に戦ってきたからだろう。そうした熱いファンがカープには多いのかもしれない。見事なまでに赤く染まった甲子園のスタンドを見て、早くも試合前から熱いものがこみ上げてきた。

 優勝の瞬間、緒方監督が涙をぬぐっていたが、私が感涙したのは胴上げのシーン。この日、7番に「降格」したエルドレッドが、先頭に立って全力で緒方を支え胴上げしていた、あのシーンだ。バティスタが5番で自分は7番。この境遇に腐らず、6回で代えられても腐らず、チームの優勝を全力で喜ぶ姿に不覚にも涙が出た。今年は去年と違い、思いっきり笑うことができる優勝だと思っていたのに・・・。11回の胴上げは、エルドレッドのアドレナリン爆発のせい(笑)。

 そう、カープの助っ人外国人選手は、ただの助っ人ではない。日本人と全く同じ、チームの一員、完全なるチームの一員なのだ。共に喜び、共に苦しみ、地域に馴染み、チームに染まる。今季2度の離脱で思うような活躍ができなかったジョンソンも全力でマウンドに駆け付けた。8回を抑えたジャクソンが、いつものジャクソンスマイルではなく思いっきり吼えたシーンとバティスタの勝ち越しタイムリーはこの試合のハイライトだろう。

 レフトスタンドへの優勝挨拶のあと、誠也をおぶってベンチまで運んだエルドレッドに姿は、今のカープの姿を如実に示した象徴、ずっと忘れないと思う。

 カープの強さはチーム力。これだけはFAやお金では補えない。一朝一夕では出来上がらない。    そんなチームを好きになり、応援できる自分が、とても誇らしくもある。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
カープ
緒方監督
エルドレッド
クリスジョンソン
ジャクソン
サビエル・バティスタ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

超すげえ!

〇と食事経験ありとは・・・!超凄いっすね。
しかも貴重な情報、ありがとうございます。
ひ・・・・・・非常に、心強いです。丸なしで、チーム一丸にはなれません。
キクマルあっての、今のカープです。

コメント&情報、ありがとうございました。

セ・リーグ連覇~その象徴的シーン~

〇ちゃんはFA権を行使してカープを離れることは無いと思います、何故か?
以前縁有って食事を一緒した時自分から『僕はカープ球団がお前はチーム必要ないと言われない限り自分からは出ません』と・・・、何で?と聞いたら『面倒くさいから』だそうです。
63番をつけていた時代ですからかなり昔の話ですが・・・。(笑)
ついでに『背番号9を狙え』と言ったら、同じく『面倒くさいから63番で良い』と言ってましたが、シッカリ9番付けましたけどね・・・。

コメントありがとうございます

黄金期ですね、そう思います。
でも3連覇4連覇5連覇6連覇・・・ぐらいして、誰もが認める黄金期にしてほしいし、そうなる可能性十分の布陣です。仰るのよう問題はFAですが、来年取得の丸は、コメントからどうやらカープ愛があふれているようで、ひとまずほっとしています。黄金期の中心選手に必要不可欠な選手です。

丸が前田智徳氏を尊敬しているということも、もうひとつの根拠です。

タナキクマル誠也安部西川アンパンマン、そしてバティスタ。打てる捕手會澤、磯村、期待の坂倉。新井さんとエル様、うーたんがあと1.2年としてもなかなか素晴らしいラインナップですが、もう一枚、「核」が欲しい。贅沢ですけど(笑)。とにかく彼らの流出がなく、適度な血の入れ替えがあれば無敵の黄金期がやってきそうな、そんな気もしています。

カープオンリーさんコメントありがとうございます。そしておめでとうございます!

コメントありがとうございます

>すばらしいチームワークは、お金だけでの補強では絶対成立しえないもの。
>自分を必要としてくれていると確かに実感でき、居場所がしっかりとあり、
>そしてこれまでの歩みと実績があるからこそ、チームや首脳陣への信頼が
>変わったり、揺らぐことはないものと思います。

ほんと、その通りだと思います。
さまざまな優勝特集記事を読むと、今季のカープもチーム崩壊の大きな危機もあったゆおですね。
そういうものを乗り越え、さらにチーム力が上がっていったのでしょう。

翻って、我々も居場所と自分の存在意義みたいなものはとても重要だと認識しました。
何のために、誰のために、何をするか。
常に自問しなければと思っている今日このごろです。

ココさんコメントありがとうございます。そしておめでとうございます。

こんな記事も読みたい

落とせないゲーム。取りきった勝利に光明を見る。【ベイスターズファンの慟哭】

2018年の来シーズンこそ「マリーンズ優勝でございます」とアナウンスしていただこうではないか【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

レギュラーシーズン:17/09/18、対東京ヤクルトスワローズ【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

【日本シリーズ妄想の宴】『カープの末脚はソフトバンクに届くのか』【©カープ狂の宴】

カープ二連覇おめでとう!!\(^0^)/~甲子園球場観戦記~【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

リーグ優勝【かずのすけの日記】

まだまだシーズン終了までの楽しみは続く【忘れ物を全員で取りに行くぞ!Carp2017】

広島東洋カープ37年ぶりの連覇達成【来季に向けて】

ブロガープロフィール

profile-iconcarp15lovesportscarp

常昇魂から真赤激の2年間は、黒田が戻ってきてくれた奇跡の2年間。高額オファーを蹴ってメジャーから黒田が帰って来るという、まさかの報を聞き、矢も楯もたまらず、何か言わねばと思わず始めてしまったブログです。東京在住。親子揃って熱狂的カープファン。夫婦ともども結婚前からカープファン。衣笠の豪快な振りに惹かれ、古葉監督を崇拝し・・・。今のイチオシは、他の多くのファン、ブロガーと被ってしまうのですが(笑)、やっぱり・・・・菊池、とにかく涼介、エリア33。新しい潜在能力豊なカープ次代の戦力をいち早く、発見、発掘するのも大きな楽しみとしながらカープを語っています。
  • 昨日のページビュー:62
  • 累計のページビュー:3155868

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 投手・岡田アキタケは素晴らしい選択~2015広島カープドラフトを振り返って~
  2. 誤審
  3. 緒方監督のコメントに光明をみた
  4. 2017年ドラフト考~育成のカープ?~
  5. 岩本、下水流抹消
  6. 優勝へのラストピース
  7. 2015カープドラフト戦略
  8. 監督とは因果な商売
  9. 年俸とFA
  10. 緒方カープの集大成

月別アーカイブ

2017
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss