~常昇魂から真赤激~広島伝説

三連発被弾サヨナラ敗戦と甲子園

このエントリーをはてなブックマークに追加

全国ン百万人のカープファンの皆さん、相手チームクリーンナップに3連発を浴びてのサヨナラ負けという、球史初という衝撃的な敗戦も、直後に感じた愕然とした気持ち、呆然とした感覚も、どうだろう一晩たったたら大分、軽減してきたのではないかと思うのだが、いかがお過ごしでしょうか。 って、甲子園の決勝にくぎ付けでしたよね野球ファンは。

そもそも、昨日はどんな勝ち方をしようが(戦前に負けるとは思っていなかった)、昨日のスポーツニュースのメーンタイトル、今日のスポーツ新聞一面は、広陵の中村奨成君で決まりだったわけだが、DeNAファンから視れば中村君の一面ジャックは、わかっていたとは言え苦笑ものかもしれない、などと思う。それにしても、漫画みないな展開が繰り広げられた今年の夏の甲子園。そんな試合に慣らされたせいか、はたまたDeNA贔屓のアベマテレビで観戦していたせいか、九分九厘勝ち試合だったあの9回にドラマの予感がゼロだったわけではない。

先の広陵準優勝時の投手、野村祐輔としては、後輩の活躍に刺激されてか、あるいは登板過多のリリーフ陣のことを思ってか、たぶん、その両方で9回続投、完投を志願したのだろう。

となれば、今村の肩ができていなかったとしても仕方ない。

さて甲子園決勝。中村奨成君は今日の3安打で甲子園最多安打19にも並び、本塁打、打点、塁打に加え、安打数も歴代1になった。打率は記録の性質上ランキングは難しいが歴代屈指であることは間違いない。

ドラ1競合間違いなしの選手になった中村奨成君。 カープは「サードコンバート」も視野に、指名に行くような報道があるが、果たしてどうなるか、ドラフトも非常に楽しみになった。

そんな中村奨成君の涙の余韻ほか、甲子園の余韻のせいもあって、いよいよ昨日のショックはすっかり薄らいでいる(笑)。強烈なお灸をすえられたおかげで、今後の戦い、ポストシーズンでの戦いに向け、選手個々、ベンチとも気持ちが引き締まったのではないかと思うこともできる。 決して気持ちが緩んでいたとは思わないが、典型的勝ち試合の展開と順位的な立ち位置が、あの衝撃的結果を生んでしまったことは否定できないからだ。戦略的な見直しも含め、よい転機になればあの敗戦も無駄にはならない。 今季のカープはあの9点差をひっくり返された試合を経験し、より強くなったのだと私は思っている。

それより何より、衝撃の敗戦があってもライバルチーム(正確にはライバルチームのファンの皆さん)が特段勢いづかないことに、「あれれ?」と思ったのは私だけではあるまい。 2位の阪神が付き合いよくサヨナラ負けでマジック消滅危機どころか減ったということもあるが、3位4位で追撃態勢にある巨人、DeNAも・・・。

要するに球史に残る敗戦を喫しようが、すでに最終盤のペナントレースにおいてカープにとっては、昨日の敗戦はただの1敗にすぎないのだ。

今日勝てば、正にそうなる、誰の目にもそうなるのだが・・・。

ところで、中村奨成君。もしカープに入団したら、現役4人目の中村選手になる。現、カープ中村コレクション は、中村恭平(29) 中村亘佑(27) 中村祐太(22) 。もしカープの一員になれば、奨成と名前で呼ばれることになるのは間違いない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
カープ
福井優也
今村猛
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

モノは違いましたが・・・【カープ一筋40年の独り言】

そろそろリリーフ投手のセオリーを破る時か【酔竜の館 スポーツナビ別館 カープの間】

サヨナラ勝ちだけどね【プロ野球燕通信】

た、た、確かに9回裏に白目をむいたけどショートメモリーさ【忘れ物を全員で取りに行くぞ!Carp2017】

「クローザー猛」で日本シリーズは勝てない!・・かも?【カープファンの構想と妄想】

カープ中継ぎ陣の酷使について【頑張れ堂林!!】

監督のお勉強不足なだけでは【no title】

マジックナンバーの有り難み❗️【やっぱりカープがナンバーワン❗️】

ブロガープロフィール

profile-iconcarp15lovesportscarp

常昇魂から真赤激の2年間は、黒田が戻ってきてくれた奇跡の2年間。高額オファーを蹴ってメジャーから黒田が帰って来るという、まさかの報を聞き、矢も楯もたまらず、何か言わねばと思わず始めてしまったブログです。東京在住。親子揃って熱狂的カープファン。夫婦ともども結婚前からカープファン。衣笠の豪快な振りに惹かれ、古葉監督を崇拝し・・・。今のイチオシは、他の多くのファン、ブロガーと被ってしまうのですが(笑)、やっぱり・・・・菊池、とにかく涼介、エリア33。新しい潜在能力豊なカープ次代の戦力をいち早く、発見、発掘するのも大きな楽しみとしながらカープを語っています。
  • 昨日のページビュー:96
  • 累計のページビュー:3151093

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 投手・岡田アキタケは素晴らしい選択~2015広島カープドラフトを振り返って~
  2. 誤審
  3. 緒方監督のコメントに光明をみた
  4. 2017年ドラフト考~育成のカープ?~
  5. 岩本、下水流抹消
  6. 優勝へのラストピース
  7. 2015カープドラフト戦略
  8. 監督とは因果な商売
  9. 年俸とFA
  10. 緒方カープの集大成

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss