~常昇魂から真赤激~広島伝説

carp15lovesportscarp

常昇魂から真赤激の2年間は、黒田が戻ってきてくれた奇跡の2年間。高額オファーを蹴ってメジャーから黒田が帰って来るという、まさかの報を聞き、矢も楯もたまらず、何か言わねばと思わず始めてしまったブログです。東京在住。親子揃って熱狂的カ もっと見る
  • 昨日のページビュー:96
  • 累計のページビュー:3151093
  • (11月23日現在)

最新の記事

2017年カープドラフト総括

 今年のドラフトは、ソフトバンクの外れ外れ外れ1位で「吉住晴斗」がコールされたことに象徴されるように思う。  つまりは、1位指名に値する目玉選手、有力即戦力候補が少なかったということだ。  ある程度は事前に報道されていたとおりだが、プロのスカウト陣はそう判断したということ。もちろん指名された選手全てにスター選手になる可能性はあるわけで、それぞれおおいに頑張っていただき、プロ野球を盛り上げていた......続きを読む»

CS完敗。そして、DeNAおめでとう。

一昨日の試合を落とした段階で、シリーズとしての流れを完全に失ってしまったカープ。それでも昨日の5戦目は、初回に2点を先制し、もしかしたら流れを戻せるか、と一瞬思った。しかし、一瞬だけだった。直後に1点返された段階で、勝機ありとみたDeNAは、先発石田を1回で交代させるという継投に出る。これに代表されるように、柔軟で攻めのラミレス采配に、終始、圧倒され続けたシリーズだったということだろう。 この試......続きを読む»

胸をなぜ下す

 2年連続2度目の、ホームで挑戦者を迎えるCSファイナルステージ。単なる1ファンであっても、準備も気構えも、何もかも去年とは全く違う。肝心なのは「しっかり勝ち抜くこと」、すなわち、3つしっかり勝つことのみとわかっている。そのためには初戦を勝つことが非常に大きなポイントなのだが、戦前にあまり強調してしまうと、余計なフラグになりやしないかと自重してきた全国ン百万人のカープファンの皆さま。勝ちましたね!......続きを読む»

2017年ドラフト考2

 中村君ドラ1指名宣言をしたカープだが、カープファンのなかでも、ドラ1中村君熱望派と不要派に大きく分かれていた。 さらには、熱望派の中も、捕手派とサードコンバート派の二つに分かれ、加えて、とにかく取れ派までいるので話がややこしい(笑)。  中村君不要派の主張は、ざっくり言えば、チーム事情というか補強ポイントに則していないということがまず一点。昨年、ドラ4でスーパー捕手、未来のレギュラー捕手坂倉を......続きを読む»

2017年プロ野球ファーム日本選手権

明日の決戦を前に、発表されている出場資格者名簿見てを見てみよう。 カープ 捕手:白濱・船越・坂倉 内野:上本・小窪・堂林・桒原・庄司・美間・青木・メヒア・木村 外野:岩本・下水流・土生・大樹 投手:加藤・横山・昂也・塹江・飯田・藤井・樹也・アドゥワ・戸田・辻・オスカル・長井 昂也=坂倉のバッテリー、四番メヒアが予想され、直近の月間MVP美間の打棒にもおおいに期待したい若き魅力的なメンバーだと思......続きを読む»

今夜の試合の楽しみ方

パ・リーグの2位3位争いは決定してはいないが、昨日、西武・菊池雄星投手が投げ勝ったことで粗方決まったと言っていいだろう。今日からは、ほぼ消化試合、セ・リーグの方はすでに完全な消化試合だ。いち早く全日程を終えたカープとしてはその消化試合すらないのだが、それでもやっている試合をチラ見したり、ネットで経過を確認したりしている野球に飢えている全国ン百万人のカープファンの皆さま。朗報です(笑)。今夜の試合は......続きを読む»

88勝51敗4分 勝率0.633

2017年のカープ、レギュラーシーズンが他チームに先んじて昨日終了。文句なしの成績だろう。球団最高勝率、2年連続2桁ゲーム差の優勝、もう凄すぎて、少し居心地が悪いくらいだ(笑)。 黒田が居なくなり、沢村賞投手のエース・ジョンソンが早々に離脱しわずか6勝、最多勝投手・野村祐輔9勝止まり、守護神中崎翔太離脱、若き四番・鈴木誠也骨折離脱・・・と、マイナス要素満載なのに、この成績には改めて驚くしかない。......続きを読む»

2017年ドラフト考~育成のカープ?~

 長年カープファンを続けている立場としては、しばしば言われるところの「育成のカープ」という賛辞には、かなりの、相当の、脇汗をかくほどの、強烈な違和感がある(笑)。育成のカープだとしても、それは自前で育成するしかなかったからだ。しかも、やっと育って主力になった選手を放出し、FAは出ていくだけ・・・の繰り返し。 それもこれも、独立採算制の貧乏球団だったからだ。「だった」と、思い切って、過去形で書いて......続きを読む»

CSに向けて

 今のカープにとって重要なのは、来月18日からの「CSファイナルに向けての調整」。勝ち負けは一切関係ない。わかっちゃいるけど、負けると少しだけ面白くない(笑)。大瀬良もノムスケも10勝目逃しちゃったし・・・。  どんな場合であれ、負け試合を見るのは面白くないというのがファンの心理だけど、CSで敗退はもっと面白くない、いや、もっともっともっともっともっと・・・面白くない。ここまで来れば、勝ち負けも......続きを読む»

清宮君のプロ入り宣言と、藤井皓哉に隠されたメッセージ

 早実の清宮君がプロ入り宣言をした。  個人的な意見としては、カープとしても清宮君あるいは広陵の中村君に果敢に行くべきだろうと思う。どちらも10年のひとりと言われる逸材。みすみす逃す手はない。もちろん、かつての野茂競合時のように、佐々岡一本釣りのようなことができればそれも否定しないが、これだけの逸材を蹴って一本釣りをするに値するような投手は見当たらない。    ドラフトについては改めて書くが、これ......続きを読む»

セ・リーグ連覇~その象徴的シーン~

 思っていたより、何倍も嬉しい優勝だった。  思っていたより、何倍も苦しい優勝だった。  一つの試合を勝つ難しさも改めて教えられた。  現時点で11ゲーム差をつけた圧勝かもしれないが、それは数字上のこと。他チームファンの友人に「マジック1は事実上優勝、たとえ全敗しても優勝」と、言われなくてもそんなことはわかってはいたが、最後は、いやあ、長かった。しんどかった。  だからこそ、優勝の瞬間は喜びが爆発......続きを読む»

その日ではなかったということ

新井さんのホームランが出た瞬間、カープファンのほとんど誰もが「歓喜の瞬間」を予感したと思う。薮田の15勝目、中崎胴上げ投手・・・、そこまでリアルの想像できた。雨天中止が濃厚と報道されるなか、広島市内だけは雲間にあって「天も味方した」とも思った。負けてもらっては困る阪神(笑)の甲子園のゲームは中止に。もう、このまま勝てばいい。引き分けでもいい。しかし・・・。 どんなにゲーム差が離れていようが、優勝......続きを読む»

マジック1

急にお腹が痛くなり、会社を早退。帰り途、スタイニーボトルのビールを買う。そう、セルフビールかけ用の、である。 もちろん、腹痛は早退するための方便。家に帰ると我が息子もきっちりテレビの前にスタンバイしていた。NHK総合サブチャンネルでも放送していることを伝え、JSportと、どちらで観戦するか話し合う。見慣れているJSportにしようかということになったが、CMになったタイミングでNHKに。結局そ......続きを読む»

マジック2

 ついに来た。マジック2。阪神・巨人戦次第だが、明日、優勝が決まる予感が強くする。カープの先発はジョンソン、阪神に対峙する巨人の先発は菅野投手。舞台は整ったと言っていい。  思えば、昨年の今頃は、四半世紀ぶりの優勝に舞い上がっていた。昨年同時期の自分のブログを見ても狼狽えぶりがよくわかる。それ比べ、連覇目前の今年は冷静にマジックのカウントダウンをしている。まさか、こんな事があるとは、数年前のカー......続きを読む»

マジック4

 マジック対象の2位阪神が引き分けたのでマジックはひとつ減って4。これでギリギリ14日の胴上げ、2軍の選手も含めた全選手、全スタッフ参加可能な9月14日優勝の可能性は残った。  が、それにはカープ連勝だけでなく、阪神連敗という他力本願の条件が付く。カープ連勝はすなわちDeNA連敗で、阪神連敗は巨人連勝と同義であるため、CS争いは巨人がDeNAを交わし、1.5ゲーム差で3位になっているということ。......続きを読む»

2017年、広島伝説終章

 日曜日の試合に勝つと、ゲームのない週明け月曜日は幸せなのだが、何だろう、この微妙な感覚は。  今シーズンはもう平穏で幸せな月曜日はないからかもしれない。  何も今週必ず優勝が決まるから、とおごっているわけではない。おそらくは決まる(笑)し、決まってほしいが、もしも来週にずれ込んでも、来週月曜日は旗日で試合が組まれているからだ。  終わりと言っても、ハッピーエンドがほぼ約束されているので、寂し......続きを読む»

マジック6

 優勝へのカウントダウンが止まらない。  金曜はもう誰がどうみても薮田様。規定投球回数に届くことは残念ながらないだろうが、MVP級の活躍であることはカープファンなら誰しも認めるところだろう。  本日、土曜は・・・しいて言えば、足。しかし、四球・四球・四球・三塁打で1点しか取れないなんて、初めて見た(笑)。が、繰り返し盗塁死を喫しながらも1点しっかり取ったことに、拍手すべきなのかもしれない。積極的......続きを読む»

はじめから野間?

 スタメンに野間の名を見て、「隙あらば野間」の緒方カープ1年目を思い出した。野間は今シーズン、特にここ数試合は、その足で存在感を発揮し、チームに欠かせない存在になりつつあったが、まさか「はじめから野間」とは・・・。  もし終盤、松山が塁に出て代走が必要な場合はどうするのだ。守備固めはどうするんだ・・・。  人間、誰しも程度の差こそあれ、自己顕示欲、自己肯定欲みたいなものがあるが、緒方監督は自身......続きを読む»

書きたいことがありすぎて

 連夜のサヨナラ勝ち、連夜のアッベ&アンパンマンの活躍、連夜の足を使ったカープ野球、絵に描いたような全員野球、逆転のカープ。だったら、殊勲の會澤を真っ先に挙げるべきだろうし、でも、今季安打ゼロながら盗塁3の上本も俎上に上げたい。中村祐太の安定ぶり、成長ぶりもおおいに讃えたい。マジック10、今季最多貯金31、5連勝と、良いことづくめで、いったい何を書いたらいいかわからない(笑)。  3村(野村・中......続きを読む»

The Roosevelt Game

 これぞ野球観戦の醍醐味、ルーズベルトゲームだ。もちろん、勝ったからそう言えるのであって、負ければ醍醐味なんてとてもとても言えない(笑)。諦めかけていたかもしれない相手を勢いづかせ、かつ、相当のダメージを受ける試合だった。  そうなったのは、あくまで、この「試合展開」ゆえ。戦前は3連戦で1勝できれば十分、という余裕があったのだ。  その試合展開をざっくりと振り返っておこう。一晩経ち、興奮も収ま......続きを読む»

ヤクルト一気飲み

いきなり例え話で恐縮だが、スコアが3-3の終盤でも、追いつかれての同点と、追いついての同点では意味は全く違う。 カウントもそう。同じフルカウントでも、2ストライクナッシングからのものと、3ボールからのものでは天と地ほど意味が違う。 この場合の意味とは、心理的に有利か不利かというものだが、ゲーム差も同じ。5.5ゲーム差も、ゲーム差なしから引き離したものと、11ゲーム差から縮められたものでは意味が違......続きを読む»

出よ、救世主

 昨晩のサッカー日本代表は稀に見る完勝で、6回連続6回目のワールドカップ出場を決めた。対して、我がカープは、東京出身の祐太と広島出身の田口というマッチアップだったが、格の違いを見せつけられたカタチで完敗に近い敗戦。ゲーム進行は早く、ザッピングしながらサッカーとカープを視ていた当方、おかげで後半からはサッカー観戦に集中できた。まさか、選手たちも、サッカーが観たかったのではないでしょうね!?さすがにない......続きを読む»

今夜も菊池涼介を見たい

相撲に勝って勝負に負ける。 弱かった頃のカープには、ちょくちょくあったなあと・・・。そんなことを思い出した昨日の東京ドーム、対巨人戦だったが、誰の目にも明らかに押されまくっていた試合にも関わらず、見事に勝ちきったカープ。いや、劣っていたのはヒット数やチャンスの数であって、得点ではないのだから、野球としても立派な勝ちだ。「ピッチャーはヒットを打たれるのは仕方ない。最少失点で抑えられるかどうか」の黒田......続きを読む»

エルドレッドが心配だ

ジョンソンの復帰快投勝利のおかげで、横浜での「悪夢」の3連敗も「ただの3連敗」になった。 カープにとって、とにかく避けなければいけないのは「大型連敗」。3連敗で止まれば大きな問題はない。ただし、3連敗して勝つ、また3連敗して勝つの2割5分ペースでは、もちろんマズイ。しかし、翌日、広輔が自身初のグラスラを放ち、今季初のお立ち台で連勝し、その懸念もなくなった。 昨晩の試合は、負けはしたがあの菊池の......続きを読む»

DeNAファンの皆さんおめでとうございます

視点を替えて、DeNAの立場からすれば、狂喜乱舞の3タテ、3連続サヨナラ勝ちということ。快挙である。 それでも首位とは10ゲーム差、4位とは3.5ゲームでCS進出ラインキープに一息つき、2位とも3.5ゲーム差でホームCSが見え隠れしてきた、ということだ。 サヨナラ勝ちということは、前半のビハインドをひっくり返したということであって、先発陣は打ち込まれたということ。ムードは最高潮でも課題は大いに残......続きを読む»

言葉がない

連続サヨナラ負けなんてどうでもいい。いや、どうでもよくはないか。でも、そんな気持ちにさせられる鈴木誠也骨折。まさかの事態に言葉がない。 担架で運ばれはしたが、捻挫程度の軽症であってくれと願ったが、その願いも虚しく・・・。 今季はほぼ絶望。カープは打率3割、打点90の四番主砲なしで残りの30試合弱を戦わなければならなくなった。幸い、選手生命に関わる怪我ではないので、誠也曰くの「無敵な体」になって元......続きを読む»

三連発被弾サヨナラ敗戦と甲子園

全国ン百万人のカープファンの皆さん、相手チームクリーンナップに3連発を浴びてのサヨナラ負けという、球史初という衝撃的な敗戦も、直後に感じた愕然とした気持ち、呆然とした感覚も、どうだろう一晩たったたら大分、軽減してきたのではないかと思うのだが、いかがお過ごしでしょうか。 って、甲子園の決勝にくぎ付けでしたよね野球ファンは。 そもそも、昨日はどんな勝ち方をしようが(戦前に負けるとは思っていなかった)......続きを読む»

吹っ切れた

ホーム・マツダでの対ヤクルト3戦合わせて、タイムリーはたった1本。その1本がサヨナラヒットになり、2勝1敗カード勝ち越しは結果的には文句なしだが、そのタイムリーもエンタイトルツーベースということは、グラウンドレベルの普通のタイムリーはまったくなかったということになる(苦笑)。タイムリーなんて無くても勝てるんだよ、と嘯いてもいいのだが、昨日の試合、1-5で8回の攻撃を迎えた時点では「これはまずい」と......続きを読む»

石原のカウントダウン

中村祐太105球6回完封から、勝ちパターンの一岡、中崎、今村の必勝リレーができたのも、前日の勝ちパターン温存のおかげだろう。中崎、今村は球速も上がらす切れもイマイチで危うかったが、それでもなんとか凌いで、若き右腕に4勝目を付けたのは紛れもなくチーム力。しかし、それでも、中継ぎの疲弊は明らかに見て取れる。今日の薮田、明日の岡田がどれだけ長いイニングを投げられるか。それ次第でリリーフ陣の負担は大きく変......続きを読む»

サヨナラ負けでよかった

8月15~17日の阪神3連戦は3連敗しなければマジック再点灯というカード。試合内容はともあれ、ノムスケ、大瀬良で連勝した後を受けての昨日は「負けてもいい試合」だったことは確か。ただし、3点ビハインドを追いついたからには、勝ってしかるべき試合に変化したように見えたが、冷静に振り返れば、延長にもつれ込まないでよかったと考えるべきだ。 もし、中田廉が9回裏を0点に抑えれば、一岡、中崎、今村を使わねばなら......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 10

このブログの記事ランキング

  1. 投手・岡田アキタケは素晴らしい選択~2015広島カープドラフトを振り返って~
  2. 誤審
  3. 緒方監督のコメントに光明をみた
  4. 2017年ドラフト考~育成のカープ?~
  5. 岩本、下水流抹消
  6. 優勝へのラストピース
  7. 2015カープドラフト戦略
  8. 監督とは因果な商売
  9. 年俸とFA
  10. 緒方カープの集大成

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss